2017
04.19

過干渉と放任

家の近くだからといって、知っている人だからといって安心できない近ごろの事件。
一人っ子孫、学校の近くに住んでいるけれど、母親はいっそう目を光らせることになるのだろうか。
ただでさえ過干渉と思うのに。

過干渉で思いだしたこと。昔の親に過干渉なんて言葉あったのだろうか。
1時間に1本あったかどうかの田舎のバスで、小学生の私は一人で隣町まで歯医者通いをしてたなあ。
この子ならできると思われていたんだろうか。深く考えないで放り出されたのだろうか。

話は変って。
高校性の時、親友が授業中にバタッとよく倒れました。
その子が大学病院で診察してもらうことになって、私が付き添いとして行ったことがありました。保健室の先生に頼まれたのです。
検査結果は私も同席して聞いたので、「過換気症候群」という病名を知りました。
片道3時間以上の道のり、夕方学校に帰り、保健室の先生に報告しました。
なんで私だったのか。公休の判をもらってまで付き添いをさせられた経緯が思い出せません。
なんて大らかだったんでしょう。今なら考えられないことですよね。親が行かなかったということ。

放りっぱなしの昔が良かったと言うのではないのですが、私の娘・息子を見ていると、関わりすぎると思います。
手綱のゆるめ具合をもっと学ぶべきです。
まあ、孫のことだから、我が子じゃないから言えるよね。

s-P_20170419_152443.jpg
さほど広くはない場所ですが
いちめん たんぽぽ
♪ 花の くびか~ざ~り~ って歌いました

ご存知ですか? 加橋かつみ


Comment:14  Trackback:0
トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/825-25525c23
トラックバック
コメント
私がまだ小学校に入る前、家の庭の隅で、食あたりか何かでゲ~ゲ~吐いているところへ母親が外出から帰ってきましたが、そんな私を見ても、知らんぷりして家に入っていきました。
母親に嫌われていた記憶はないのですが、その場の情景は半世紀以上経った今も、鮮やかに憶えています。
当時は、こんなのが当たり前だったのかな・・・。
ヒデジイdot 2017.04.20 00:07 | 編集
「花の首飾り・・・」

ザ・タイガースだったですよね?

グループサウンズ、いまとなっては懐かしい思い出です。
kmomotadot 2017.04.20 07:44 | 編集
わすれ草さん おはようございます。

高校生の時の付き添い体験
とっても驚きました。
今だったら 考えられないことですね。
ほんと おおらかって言うか なんていうか・・・
それにしても
きっと わすれ草さん しっかりした生徒さんだったからかな。
そんなふうにも思いました。

花の首飾り もちろん 知ってますよ~🎵

おり~ぶdot 2017.04.20 08:45 | 編集
あはは~😊 GS時代の懐かしいメロディー蘇ります^^

そうね 今の子育て 「過干渉と危なっかしい放任」のどちらかかしらね。産まれて間もない赤ちゃんを他人任せ(乳児園)にしてる感覚も理解できないし。。。(女性の社会進出は確かに良いのですが)

親戚の子供は 小学生でもママがいないと何もできない一人っ子(-_-;) 学校の送り迎えから塾送迎~おやつから遊びまで@@おばあちゃんに委ねてる友人宅の孫…友達できないよね・・・と心配。私立受験なので当たり前なんだそうです。

少子化ってこうなるのでしょうか?我々の老後(今も)不安です💦

我が孫はまだ1歳ですが…我々時代とはあまりの育児方針の違いに一切口は出してません(笑)
時代の変化に…「あ そう」としか言えません( 一一)
Happy☆dot 2017.04.20 08:55 | 編集
 ☆ヒデジイさん、おはようございます。

鮮やかに覚えている光景。なぜそこなんでしょう。
傷ついていて覚えているって訳じゃなさそうですものね。

私は娘から言われたことがあります。
「お母さんって、手を繋ごうとしたらふり払われた」
え~~、そんなこと・・・したんだ、私、って落ち込みました。
「あなたにとって大事なことなのに、覚えてなくてゴメンね」と謝りました。
わすれ草dot 2017.04.20 11:00 | 編集
 ☆kmomotaさん、おはようございます。

タイガース、その頃は別に特別ファンではなかったけど、青春から遠くなった今、なんてことない歌が懐かしいです。

わすれ草dot 2017.04.20 11:14 | 編集
 ☆おり~ぶさん、こんにちは。

ね、今ならあり得ない経験でしょ。
なぜだったのか、今度友にあったら話題にしてみよう~

働いてはいたけれど、両親いたのにですよ。
付き添う私だって、遠くの都会の大学病院なんて、初めて行ったのですからね、よく行けたなあって思いました。
わすれ草dot 2017.04.20 11:32 | 編集
 ☆Happy☆さん、こんにちは。

GS、Happy☆さんはどんな曲を思い出します?
私は「銀河のロマンス」が一番です。
その時は思わなかったけれど、ジュリーって歌うまいんだねって近ごろは思います。

過干渉と放任、極端は困りますよね。
子育ての渦中にいる人たちには、ほどほどのところが分からないのかしらね。

昔覚えた育児書情報は何の役にも立ちません。若いものに、フンと思われます。
黙っておく、賢い選択です(笑)
わすれ草dot 2017.04.20 12:03 | 編集
こんばんは。

今は恐ろしい事が多いので過保護もしょうがないと思いますが
私なんか子供の頃熱を出しても母は働きに行っていましたので
一人で布団で寝てました。
それでも寂しいとも思いませんでした。

昔は子供も親も強かったですね。

わすれ草さんが仰る様に、孫は私の子供では無いので
ほっておきます。
マロンとカリンdot 2017.04.20 18:01 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、こんばんは。

私の母も働いていましたから、おいて行かれました。
麻疹で高熱を出していた時、一人で寝ていた記憶があります。
学校の参観日も来たことはなかったと思います。
寂しいなんて思いませんでしたね。
確かに強かったのでしょうね。そんなものだと思っていたんでしょうね。

孫のこと心のうちでは心配ですけど、婆の意見なんか求められることは少ないし、求められた時は親は自分の決めたことを確認するだけだしね。
わすれ草dot 2017.04.20 19:54 | 編集
こんばんは♪

花の首飾り、知ってるどころか歌詞は怪しいけど歌えますよ
50年くらい前の歌なのに自分でも不思議です。
今では昨日や一昨日の事は直ぐ忘れるし、勉強しても10個覚えたら
9個は翌日には忘れてしまうのに不思議です、この頭

孫は僕らの時代から比べたら過保護でしょうね
我が家は子供については自立優先で放任主義、というより自分達が第一
それが近所では子供を大事にしない鬼夫婦と言われましたが
子供は何とも思ってなくて、逆にそれが良かったと今思ってるようです。

だから孫にも同じように育てたいと言ってました。
でもジジババの僕達はパパママには何も言いません
責任が取れないですから
メタさんdot 2017.04.20 19:59 | 編集
 ☆メタさん、こんばんは。

GSの最盛期には私はキャーっというにはチト薹が立ってしまってたかな? 
今頃になってジュリーの声に癒しを感じます。

孫が命のような爺婆を見かけますが、所詮、私たちは爺婆の域を出ることはないんだから、ただ無責任に甘やかすだけです。
我が子に厳しくした分ネ。
わすれ草dot 2017.04.20 21:10 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.04.20 21:13 | 編集
 ☆鍵コメさん、こんばんは。

ブログへお返事いたしました。
わすれ草dot 2017.04.20 21:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top