2017
08.20

レインリリー

Category: 花々のこと
「ぼくもやりたーい」「わたしもー」
というに決まっている孫たちがいたので、草むしりができませんでした。
それよりなにより、気力が無かった・・・
どうやら気力が戻ってきたので、涼しい庭に出ました。
・・・止められない止まらない症候群、つい無理をしてしまいました。
指がいたーい、体がだるーい、ねむたーい。

s-P_20170820_134610.jpg

7月は少雨で咲かなかったレインリリー。
このところの雨続きでようやく咲き始めました。


Comment:6  Trackback:0
2017
04.14

花海棠

Category: 花々のこと
野菜庫に目ぼしいものが無くなったし、コーヒーも切らして数日寂しい思いをしているし、きょは買い物に行こうと思っていました。
そうしたら休みの長女が行くというので頼んでしまって、コーヒーだけは自分で歩いて行こうと思っていたのに。
きょう1日、何をしてたんだろう。思い出せない。
ホント、何をしてたんだろう、細切れな時間がただ過ぎていっただけの1日だった・・・

花海棠が開きはじめました。
渓流釣りの心躍る季節に咲く花海棠。
病気が分かってすぐ、抗がん剤治療の合間の3年前の3月、夫と選んで植えました。
夫が逝って2回目の春、小さいながら木いっぱいに蕾がついています。

s-P_20170414_170424.jpg


花海棠で思い出すのは、ブログで交流していた指宿のMさん。Mさん宅にも大きな木があるのだそうです。また奄美大島に勤務していたこともあり、奄美のコメントも頂きました。
Mさん、台風の被害は大変でしたね。
楽しいブログ、再開を待っていますよ~


Comment:2  Trackback:0
2017
03.30

春散歩

Category: 花々のこと
s-P_20170330_154131.jpg
家の周りに店がなくて、いちばん近いコンビニで1.7キロ。
散歩がてら歩くのにはちょうどいい。

少し前から咲いていて、写真を撮らせてもらいたくて気になっていたけれど、いつもお留守。
時期を逃してしまうかもしれない。
ごめんなさい、家を特定できないようにしましたから。
大きなミモザの木ですね、羨ましい。
遠くからも黄色く見えていて、近づくとこんもりとすごい質感です。



帰りは用水路の土手の道。
桜のつぼみは茶色から薄い緑色に変わっています。
先にピンクをのぞかせている気の早いつぼみもあって、明日には咲くかしら。
4月、入学式のころは満開ね。
s-P_20170330_160213.jpgs-P_20170330_155751.jpg


Comment:4  Trackback:0
2016
09.30

返り咲きの花も虫も

Category: 花々のこと
湿気のない晴れ間は久しぶり、大物洗濯。
取り込んで畳んだ後で天気予報を見たら明日は雨。きょう乾いてよかったわ。
来週前半はまた台風だって。もうたくさんですね。秋の高気圧、がんばってくださいよ。

庭を見たら車輪梅の返り咲き。実がたくさん生っているのに、木が弱ってしまうでしょうか。

s-P_20160930_164947.jpgs-P_20160930_164916(1).jpg


裏にある柑橘系の小さな木には、何やら見たくないものがいるぅ、ぞぞぞぞ。
(木は実が生らないから分かりませんが、勝手に生えていた、棘が鋭いからもしかしたらグレープフルーツ?)

s-P_20160930_165634.jpgs-P_20160930_165552.jpg


スマホの倍率を最大にして、腰が引けた格好でパシャリ。
写真で見ると、ちょっとかわいいかも。
でもね、これから寒くなるのに君たちどうするの?
はてさて、見つけてしまった私もどうしたらいいんでしょう。


Comment:6  Trackback:0
2016
09.27

彼岸花

Category: 花々のこと
月命日。友人が来てくれて、お互いに夢中でおりゃべり。
お昼はレストランで。他に客は1組だけで、またまた尽きないおしゃべり。
食後は市のはずれの直売所で大きな梨を買い、里山を抜けた道に出たら真っ赤な彼岸花。

P_20160927_141012.jpgs-P_20160927_141029.jpgs-P_20160927_141054.jpg


金木犀の香りもかすかに漂って、秋の始まりを知らせます。
明日は夏日の予報だけれど。


Comment:2  Trackback:0
2016
09.17

ブルーの睡蓮

Category: 花々のこと
宇都宮の彩椛が昨日夕方遊びに来ました。
1か月前に東京に一緒に行った時以来です。
もう母も子も婆も、1か月の出来事をしゃべるのに一生懸命でした。

きょうは水戸植物園のイベントに参加。
薬草園を養命酒製造(株)の協力で整備した記念の企画みたいです。
日本三大提灯のひとつ「水府提灯」を作る会社が、子どものワークショップを担当。
薬草の葉を型にして、和紙に絵具を吹付けて作りました。上手にできました。
寝室へ持っていっっちゃった。写真を撮ってなかった。

大人はその間、水戸藩と薬草、水戸植物園と薬草の話を園長から、養命酒の社員からは薬草と薬膳の話を聞きました。
なかなか興味深い話でしたよ。
お楽しみは、園内のレストランが養命酒の協力で提供している薬膳料理。
薬膳カレーセットを食べました(写真撮り忘れ)。
デザートは緑豆白玉西瓜とハーブティー。

s-P_20160917_114020.jpg


蒸し暑い午後だったので、園内散歩は少しだけ。
きょう嬉しかったのは、熱帯スイレンが見られたことです。
色がよく出ていませんが、きれいな青と白の花です。

s-P_20160917_111331.jpg s-P_20160917_111314.jpg

s-P_20160917_111131.jpg  s-P_20160917_121953.jpg



Comment:0  Trackback:0
2016
08.23

台風のあと

Category: 花々のこと
台風は去ったけれど、お昼前から降り出した雨は雷を伴って時に激しく、夜まで断続的に降っています。

朝、台風の後始末をしに庭に出たら咲いていました、レインリリー。
雨が少なくてカラカラに乾いた庭でしたが、名前の通り一雨で咲いたのね。

201608232213267c5.jpg


さらに嬉しいことに、庭の隅にアシダンセラが一輪。
5年前に球根を買って、翌年は咲いたのに、その次の年からは花の色が変わってしまいガッカリしていたのですが、買い求めた時の色で咲いていました。
何年もかかって小さな球根が肥ったのでしょう。分球した小指の先ほどのを植えっぱなしにしておいただけなのに。
なんて健気な、嬉しいよって声を掛けたいくらい。

20160823220928dac.jpg



実はここまで古いタブレットで書きました。
雷がずっと鳴っていたので、いつものPCはコンセントを抜いたのです。
初めてのことで、真写の縮小に手間取ったり、いろいろ失敗したりでこの辺が限界です。
使いづらいけど慣れなくては。スマホからもサクッとアップできるように工夫しなくちゃ。


Comment:6  Trackback:0
2016
04.10

草むしり

Category: 花々のこと
土曜日は朝7時に家を出て東京へ行く予定でした。
5時半に目が覚めて、起きようかまだ早いかと思っているうちに二度寝してしまったらしく、ハッと起きたのが6時半。
そのまま出ようと思えば出られたのですが、急いで出かけるほどの用事でもなし、こんな時はやめた方が良いと考えました。
外出の用意はしてあったので、彩椛のところに行くのもいいかな、でもね、やっぱり止めておこう。おとなしくしてたほうが良さそう。

暖かいお天気、桜は満開だろうなと思いましたが、そうだ、草むしりをしなくちゃ。
腰痛防止のためにコルセットを装着して、さあがんばりますぞ!
蚊はまだいなくてよかったけれど、やっぱりニョロリ、クネクネは苦手です。
それから落ちている十六夜バラの細い枝が曲者で、何度も指を刺してひどい目にあっているので、皮手袋をしました。大正解!
手を傷つけることなく3時間かかって半分終了。

海棠

花海棠が3分咲きくらいです


そしてきょう、残りの半分を終わらせました。
振り返ると不完全な仕事のあとが見えみえですが、疲れました。
あとは少しずつ、いつものように草の成長との追いかけっこです。

たんぽぽ

去年峠の山から貰ってきたニホンタンポポです。
花弁の下の部分が反り返っていないのでそうだと思います。
これのほかのセイヨウタンポポは可愛そうだけど抜きました。うちの庭はニホンタンポポだけにしたいのです。

スズラン、ギボウシ、ユリなどが芽をだしていて、そうそう、アスパラも鉛筆くらいの太さの芽が出ていました。
これも夫が峠の山から持ってきた種を蒔いて4年目。食べることはできなかったけど、毎年順調に育っているのが嬉しいわ。


Comment:8  Trackback:0
2015
05.13

野ばら

Category: 花々のこと

s-DSCF9149.jpg

童は見たり 野なかの薔薇
清らに咲ける その色愛でつ
飽かずながむ 
紅におう 野なかの薔薇


紅ではないけれど、我が家に咲いた野ばら。
一昨年、カヌーが流れてくるのを待っていた河原の土手の薔薇です。
去年は咲きませんでしたが、きょうとても良い香りを放って咲いてくれました。
フルーティーな香りです。


ちょっと夫と気持ちのすれ違いがあって凹みました。
全て投げ出して遠くに行きたいと思いました。
テキはひと寝入りして起きてきたら、普段と変わらない夫でした。
許してやるものかと思っていましたが、拍子抜けして笑ってしまいました。

ウェルナーとシューベルトの野ばらを一人口ずさみました。


Comment:4  Trackback:0
2015
05.06

待っていてくれた花たち

Category: 花々のこと
山形に行く前に蕾が膨らんでいる花がいくつかあったので、「帰るまで散らないでね」と言い聞かせて出発しました。
言いつけを守った花たちが帰りを待っていてくれました。
予定より早く帰ってよかった!

昨日は息子一家が少し早いけど母の日だねと訪ねてきて、総勢9人の賑やかな食卓を囲みました。
きょうは宇都宮の孫が帰って連休の予定が一段落、ホッと一息つきましたので1週間ぶりに庭に出ました。
花たちを紹介したいと思います。

s-DSCF9123.jpg

タツナミソウ


s-DSCF9120.jpg

アンネのばら


s-DSCF9110.jpg

アザレア


s-DSCF9106.jpg

モッコウバラ


s-DSCF9126.jpg

クレマチス


s-DSCF9130.jpg

鳥が運んできたシャリンバイ




Comment:0  Trackback:0
back-to-top