2014
09.03

旅行番外編

   番外 1
旅行中のできごとでぜひ書いておきたいことがあります。
奈良2晩め、「奈良町豆腐庵こんどう」を探して暗い街に出ました。
しっかり調べればよかったのに行けばわかるだろうと思ったのは間違い。
奈良町まではたどり着いたのに「こんどう」が分からないのです。
当てずっぽうに歩けど夜の街は何の目印もなく、人通りも少ない。

ランニング中の人に聞きましたが分からないと。
そこへ自転車の30代と思しき女性が、角を曲がるためにスピードをゆるめて通りかかりました。
すかさず尋ねると、知っておられて教えてくださいました。
方向は間違ってなかったと歩き出しましたが、分かりません。
諦めようかと思っていた時に、先ほどの女性がこちらに向かって来ました。
「すみません、通りをひとつ間違ってました。今、確かめてきましたから」
と言ってくださったのです。

私たちが角を曲がるまでそのかたは立っておられました。
なんというご親切。
暗い町屋に灯っているやわらかい灯りのように、感激で胸がいっぱいになりました。

町屋


 
   番外 2
東大寺の柱の落書きが悲しいです。
北村さん、自分のしたことが分かってる?

落書き


  
   番外 3
夫の写真です。
彼はひとの見ないようなところばかりに目がいくようです。
崩れた土塀や字のうすれた扁額に惹かれていました。

東大寺 

東大寺 2

薬師寺唐招提寺 2

唐招提寺 1

(帰って調べてありゃ~。唐招提寺の扁額は、本物は宝物庫の中でこれは複製と知りました)


Comment:4  Trackback:0
2014
09.02

静岡

8月22日、奈良3日目。
法隆寺、できれば室生寺あたりも行きたいなと思っていましたが、暑さでくたびれました。
計画変更。奈良はもういいや、静岡に行こうということになりました。

静岡は、40年前に2人で初めて旅した場所です。
思い出の地へという気持ちもありますが、もう一つ目的がありました。
知り合いのお嬢さんが制作した映画を見に行くことです。

去年の夏モンゴル旅行をしたとき知り合ったお嬢さんと、その後もFacebookでつながっていましたが、そのお嬢さんが映画を制作していたのです。
その映画が初めて劇場上映されていて、最終日が22日の夜、静岡だったというわけです。
たまたま日程が合ったし、帰り道だし、センチメンタルな思い出もある静岡だし・・・

大きくなった静岡の街に驚きながら、静岡シネギャラリーへ。
通りから少し入った「名画座」みたいな古い良い劇場でした。
最終日とあって席もほぼ満席。渡辺監督、よかったね、おめでとう!

ポスター


映画の帰りに歩いた静岡の路地。居酒屋やダイニングバーが多いと思いました。水戸が少なすぎるのかな?
若い人たちが楽しそうに笑い合いあって街を歩いていて、私も愉快な気持ちになりました。

「なんかいいね、愉快だね。岡山、奈良、静岡。思いがけなく旅行ができてよかったわ」


翌日は夏休み最後の土曜日。必ず座れる東名バスにしました。
雨の東名でしたが、足柄付近で富士山が姿を見せて旅の最後締めてくれました。

富士



Comment:4  Trackback:0
2014
09.01

奈良 東大寺 奈良町

唐招提寺からバスに乗って、少し息を吹き返した私たちは、そのまま東大寺に向かいました。大仏殿への参道、夏だからか、鹿の落し物の臭いがきつかったけれど、華厳の教えに従って文句は言いますまい。
そんななか、行き交う人の4分の3は中国からの観光客かと思うほどで、こんな暑い中、物好きな日本人は少数です。
廬舎那仏は大きくいだけで感動が少なかったです。高校時代も、もっぱら金銅八角燈籠ばかりを見ていました。
大仏殿を後にして法華堂・二月堂に向かって坂道をゆっくり、ゆっくり、夫のペースに合わせて歩きました。
二月堂の階段もがんばることができました。

東大寺 1

東大寺 4

東大寺 3


帰り道に興福寺に寄りたかったのですが、もう気力も体力も残ってなくてホテルに戻りました。
JR奈良駅前のスパーホテルに2泊だったのですが、温泉付きでよかったわ。
ストレッチしたあと温泉でゆっくり足をもみほぐしました。
そして夕食ですが、ブログの友から「奈良町豆腐庵こんどう」を教えていただいていましたので電話を入れましたが、やはり飛び込みでは無理でした。
しかたない、ぶらぶら街に出ました。なかなかこれという店がないままに近鉄奈良駅近くまで歩いてしまいましたので、こんどうの店構えだけでも見ようかと奈良町に足を運びました。

こんどう


さてその後です。お腹の空いた夫が不機嫌になったのにこれという店が決まらない。
そのままホテルに戻ろうとする夫と無言のケンカになりました。
しばらくは私も意地になっていましたが、ここはお姉さんの私が折れるしかないでしょう。
結局居酒屋ご飯になりましたが、おいしく食べて、仲よく帰りましたよ。

寝る前にもう一度温泉で体をほぐして寝たせいか、翌日は爽やかに目覚めることができました。
街中温泉 さいこう!



Comment:4  Trackback:0
2014
08.31

奈良 秋篠寺・薬師寺・唐招提寺

急に涼しくなって、あの暑い日の記憶がなくならないうちに奈良観光の話を書いておかなければ。
私は、古寺・仏像に特別に興味がないので的確な感想を書けません。お婆のつぶやきです。

8月21日、まずは秋篠寺を目指してバスに乗りました。
すぐそばに競輪場があるのにもかかわらず、静かな境内です。
庭は苔むして、うすく木洩日に光っていました。
強い日差し、乾いた庭に本堂がありました。
中は薄暗くて床は土間です。
堂内の尊像は何の隔てもなくおわして、手が届く傍まで寄ることができます。
薬師如来を始め、日光・月光菩薩、伎芸天、みなふくよかな顔立ちで見下ろしてくださっています。
伎芸天に向かって右下から見上げたお顔が、慈愛に満ちているように感じました。
十二神将の躍動的な姿に興味を引かれました。

秋篠寺 1秋篠寺 2



次に近鉄電車で西の京の薬師寺と唐招提寺に向かいました。
はじめは薬師寺です。
約50年前、高校の修学旅行で訪れて以来です。
あの時は秋、夕方近かったと思います。東塔を逆光で写して校内の文化祭に出展したのを思い出しました。
が、あの時と何か違う、煌びやかすぎる、コンクリートだ。興味が削がれてしまいました。

薬師寺 2薬師寺 1



暑い日差しの中、疲れた足を引きずって唐招提寺を目指しました。
途中のかき氷の暖簾に惹かれましたが、先ずは目的地へ。
そうそう、エンタシスの柱が美しかったんだわ、思い出した。

唐招提寺 1唐招提寺 4



もう、暑くてクタクタで、口をきくのもおっくうですが、タクシーを待つまでもないと頑張ってバス停へ。
きょうはここまでの予定でしたが、バスに座って涼んでいるうちに欲張って、このまま東大寺まで行こうということになりました。
が、長くなりましたので、きょうはここまでにします。



Comment:2  Trackback:0
2014
08.24

岡山から奈良へ

岡山2日目は朝から検査のため画像センターへ。待つこと4時間超。
午後2時、朝食抜きのお腹に遅い昼食を入れて、すぐに新幹線で新大阪へ。
新大阪駅の乗り換えのコンコース、なんでこんなにゴミゴミしてるの?
何年か前に来た時も、梅田の人の流れにオドオドしたことがあったわ。
東京とはどことなく雰囲気が違うと思いました。

ところで私はどこ方面の電車に乗るんだっけ?
JR京都線西明石行? 
明石って、今通り過ぎてきたわよね、岡山方面に戻るんだろうかとちょっと不安。
案内板を見てホッ。そうだった、新大阪から大坂駅、そして奈良行きに乗り換えるんだった。
その間、夫は全て私任せです。
夫は行き当たりばったり派。私は事前調査派。調査派にしては、詰めが甘かったです。

それにしても暑い。頭がクラクラしてきそうです。
電車の車内案内は駅ごとに乗り換えなど教えてくれるけど、聞いたこともない駅名はボーっとした頭の中では、外国の地名を告げられているように感じました。
「ほんとうにこれ、奈良に向かってるの?」
夫も同じことを思っていたようでした。

奈良へ1

奈良へ2

計画では、夕方の奈良を散策するつもりでしたが、暑い、だるい、そして時間も遅いので散策は中止。
夕食はホテル近くの居酒屋。軽く飲んだだけで、グッタリと早めに寝てしまいました。


Comment:0  Trackback:0
2014
08.20

岡山・曹源寺

岡山には訪れることがあったら1度は行ってみたい場所がありました。
曹源寺というお寺です。
この寺は、岡山藩池田家の菩提寺です。
私の母方の叔父が先代の住職でした。
大叔父の存命中に訪ねたかったのでしたが。
厳しい、凜とした人でしたが、おちゃめなところもある叔父さんでした。
禅宗の戒律を死ぬまで守り通して、檀家を持たない寺としての苦労を笑い話で語る叔父さんでした。
97歳の臨終の日の朝、床に座って自分自身の枕経を唱えた後、昏睡に陥って夕方亡くなったという叔父さんです。

昨日は病院が3時ごろに終わってホテルに着いたのが4時でした。
ホテルからさほど遠くないので食事前に行ってみました。

雲水さんが早朝お掃除するという、きれいに掃き清められた参道を行くと総門です。

表門


境内も庭も塵ひとつなく、箒の目もきれいに整えられていました。

庭


雲水さんは全員海外の人たちで、禅の修行に励んでおられて、岡山市内を托鉢して歩いているそうです。

長年行きたいと思っていた岡山に、思いがけなくこんな形で来ることができました。
きょうは今、奈良のホテルにいます。
明日から2日間、暑さに負けないで奈良巡り楽しみます。多分負けない、負けないつもり。


Comment:0  Trackback:0
2014
08.19

夜行バス

高速夜行バスの旅は、結論、ベケ。
いかな眠りに貪欲な私でも、小間切れにしか眠れませんでした。
シートは広め、倒れる角度も140度を超えるとのうたい文句とはいえ、シートはシートにしか過ぎず、体がきしみました。
おまけに20年前の尾骨骨折の後遺症で痛いんです、尾骨付近が。
横向きに丸まって寝るも、圧力が分散しないので、肩と腰が痛くなって目が覚めるという繰り返しでした。
日中は少し眠いくらいで体は元気でしたが、ホテルの部屋で飲んだ自動販売機の氷結グレープフルーツでヘロヘロです。

病院の話は日を改めて。

きょうの1枚

路面電車
岡山の街、路面電車が健在です。
東京の路面電車、仙台の路面電車、遠い日のガタゴトンが懐かしい響きでした。



Comment:6  Trackback:0
2014
08.18

岡山へ

明日の岡山大受診に向けて、夕方出発します。
いろいろ検討した結果、今回は夜行バスで行くことにしました。
八重洲を20時半に出て、岡山には翌朝7時半到着です。途中は新宿に停まるだけ。
1回お試しに乗ってみます。車中泊は慣れているのでなんとかなるでしょう。

帰りは20日に岡山を出て、奈良に2泊することにしました。
暑くて考えるだけでゲンナリですけど、せっかく関西に行くのだからがんばりますわ。
今朝、急きょ決めたのであたふた調べましたが、岡山からは新幹線で大阪へ。
大阪からは大和路快速で行けばいいのでしょうか?

リュックを背負って行くつもりだったのですが、暑いから着替えを多めに詰めているうちにパンパンになってしまいました。
4泊分を背負うのはちょっと無理。
2人分をひとつのスーツケースに、ちょっと大きいけれど小を兼ねて。
行ってきます。

きょうの1枚

ハイビスカス
娘が育てているハイビスカス
何度もダメになりかけながらも毎年咲いてくれます。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top