2017
04.25

進歩 CT撮影

Category:
姉の病院の付添はほぼ半日がかりでした。
検査は恐れていた通りCTによる撮影でした。
6年前の検査の時、CT室へ行く廊下で大の字になって拒否され、情けなくて涙が出たこと、忘れられません。
何10年と医者から遠ざかっていた姉も、手術という大きな経験をしてからは、少しはお利口になったのでしょう、まずはCT室前まで連れて行くことができました。
待つ間に、
「あのね、レントゲンなんだよ。普通のレントゲンは立って撮るけど、CTはベッドに横になって撮るんだよ。寝ているだけなのよ」
「輪切りの写真っていうの、あれ、体を切られると思ってる? まさかそんなことあるわけないんだよ。ほら、みんなピンピンして出てくるでしょ」

呼ばれました。技師さんに状況が伝わっていたのか、とても優しくしてもらってベッドの上へ。
情けないほど不安な顔の姉を残してドアを出ました。
ものの数分で終了。
診断は当初の予想通り、腹壁瘢痕ヘルニアでした。要観察。

診断はでました。そしておまけも。
画像を読んだ医師が主膵管の拡張を見つけたのです。
連休明けにまた病院です。
今度はMRIをと言われましたが、それは姉には無理かもしれない。
体の固定とあの大きな音。絶対無理だろうなぁ。
大きな病気じゃないといいのですが。


s-ぴろりすっかりくたびれた私を笑わせてくれる広島の孫、小学1年生。
「いちねん いっくみ いちばん ○○です」

宿題 「へ」のつくことば。
「へりこばくたーぴろりきん」
孫が今一番興味のあることは人体の不思議。
百科事典の鬼です。

追記
百科事典の「鬼」と思わず書いたのには訳があって、孫は人体の不思議の前は「宇宙の不思議」だったのです。
夢中になる様子は虫を通り越しています。木星の衛星の名前をふいに言われたり、婆たじたじです。



Comment:0  Trackback:0
2017
04.24

思い出のこと

友人と所用があって出かけ、すんだあと市民球場周辺を散歩しました。
淡緑が目に優しく、気持ちよく7千歩。お昼ご飯も一緒にしました。
その際に、ポールの来日ニュースを見た友に、「『きっとご主人と行った <一昨年の公演> を思い出しているだろうね』と話していた」と言われました。
まったくね、また来たね、ポール。息子は今年も行くみたいです。

「ご主人のことをいつも思い出しているんでしょう」と言われた時思いました。
夫のことは、「思い出す」というのとちょっと違って、何をしても、夫に繋がっている、と言ったほうがぴったりすると思うんです。
そう言ったら友は、「いつも一緒なのね」と。
そう、そばにいないことのほうが嘘だと思うくらいに。
いつも心の中で思っている、語りかけている・・・

娘は「おとうさん」と語りかける場所が欲しいと、お墓のことを言ったけれど、私は必要ない、いつも心の中で一緒だから。
夫の遺骨はできるならこのままそばに置いて、私と一緒に海に還してほしいというのが私の望みです。
その頃には娘も分かってくれると思います。
って、母みたいに超長生きしたらどうでしょう。邪魔にされるかしらね。面倒なこと遺言していったってね。

あれ、ポールの話からお骨の話に飛んでしまいました。


s-IMGP4398.jpg
夫の好きな花海棠
今年はあっという間に満開でした
散る前の写真 撮っておいてよかった
翌日には 雨と強風で散ってしまいました


Comment:2  Trackback:0
2017
04.22

カラフルな教科書

180センチ孫が午後からフラッときて、もちろんゲームですよ。
毎日しなきゃいけない課題があるだろうし、3年生、今からでも少しは勉強すること覚えてもらいたいな、喉まで出かかったお説教を飲み込みました。

散歩がてら買い物に出かけて、1時間ぐらいして帰ると、テーブルの上には教科書とワークブックが出ていましたよ。
総身に回りかねる知恵だけれど、少しずつ頭のほうへも運んでいくつもりかもね。
おやつを一緒に食べて、少し婆の話相手になって、またゲームして帰っていきました。

s-IMGP4413.jpg明日も来るからと置いていった教科書。ツヤツヤ、カラフルな教科書ですが、これが重いんです。
計ってみたら、1教科約700g、副読本300g。
これを6教科、ほかにノートや筆記用具、各教科のプリント綴りなど、それから体育のジャージ。
毎日持ち歩いてるんです。肩に食い込みます。
孫は学校が近いからまだいいけれど、遠い子なんて2Km近く歩くのです。
使う単元だけを破いて持って行けばいいんじゃないって言ったら、孫は目を丸くしてましたよ。婆、なんか変?


Comment:8  Trackback:0
2017
04.21

心配事

Category:
姉の内科通院に付き添うために施設に迎えに行きました。
一時的に血圧が高かったので経過を見ることになっています。
血圧は安定してきたので問題なしということですが、新たな問題が見つかったのです。
左腹部がかなり大きく膨らんでいて、何か塊のようなものが触れられるのです。

紹介状をもらって、来週大きな病院を受診です。
姉は60年、どこの病院も行ったことがない医者嫌い、というか病院が怖い。
以前のブログ<MRI>に姉の病院嫌いのことを書いています。
姉は検査の結果大きな子宮筋腫があることが分かって手術をしました。
もちろん簡単ではありませんでした。死ぬほど手術が怖いのです。でも死ぬのはもっと怖いのです。
ちょっとやそっとでは書けないほどの苦労や心労があって、東日本大震災の1週間後、てんやわんやの手術でした。

ああ、それがまた、恐怖のCTやMRI。
検査から騒ぎが始まるのです。また手術となったらどうなるのか。
言って聞かせて理屈の通る姉ではないのです。

ひとつが終わるとまたひとつ。難題が常に私の周りから無くなりません。
なんか不幸自慢みたいですけれど、決してそんなこと。
平安無事に暮らしたいのです、わたしは!

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・


s-IMGP4403.jpgs-IMGP4404.jpg

『医療ソーシャルワーク』
家族会から依頼されて駄文を書きました 中皮腫の特集です 
2冊送られてきました


Comment:6  Trackback:0
2017
04.20

痛い話

草取り、少しずつしています。一気にやると、腰や指を痛めるだけで誰も褒めてくれないことを学びました、ふふっ。
去年秋に切った薔薇の枝をうっかり掴んでしまって指を刺してしまいました。
こういう傷っていつまでも痛いんですよね。
刺し傷の時に夫はそこを固いもので叩きます。
叩いて血を出すのが良いと現場の職人から教わったのだそうです。
痛いんです、傷を叩くんですから。でもふしぎ、そうすると傷の痛みが少なくて早く治ります。

痛い話。
想像力豊かな人は、以下を読まないでくださいね。
どれが1番と痛みに順位はつけられないですが。

石灰沈着性腱板炎は激しい痛みでした。
痛みで目覚めて、寝てることができなくて起き上がって唸っていました。
仕事の約束があって、キャンセルできなかったため出かけましたが、途中でバファリンを飲むもまったく効かず。
夕方整形外科に行くと、先生に「ええっ、これを1日我慢したのかぁ?」と驚かれました。

尾てい骨骨折は、目の前が真っ暗になり、目が見えなくなったかと思いました。
その場でしばらく動けませんでしたが、打身だと思い病院へは行かず。
10年後に座れなくなるような痛みが出て、今度は病院へ行くと、「以前におしりを強打しませんでしたか?」

痛みはさほどでなかったけれど、どうしようと焦った痛い話。
夫と釣りに行った時誤って釣り針を指に引っ掛けました。
これがスッと抜けない。
釣り針には「カエシ」といって、抜こうとすると引っ掛かる小さな突起があるのです。
さあ、どうする・・・ううっ、思い出しただけでぞぞぞ~っとしてきました。
夫が「あっち見てろ」と言い、思い切って抜きました。
二人でフーーー。痛みを感じる余裕もありません。
それから後、夫は釣り針をすべてバーブレスに加工するようになりました。

親指の爪の間に棘が刺さったこと。
ふーっと気が遠くなりました。これが失神というものかと思ったものです。
これはすぐに病院へ行きました。
自分でハンドル握ってというオチを添えて、痛い話を終わります。

_________>〇<_________

s-IMGP4398.jpg

花海棠が咲きはじめたと思ったら 一気に満開
そして雨と風に痛めつけられて 今年は可愛そうです


s-IMGP4396.jpg

やまぶき これも一気に満開
元気になりそうな 鮮やかな黄色


Comment:10  Trackback:0
2017
04.19

過干渉と放任

家の近くだからといって、知っている人だからといって安心できない近ごろの事件。
一人っ子孫、学校の近くに住んでいるけれど、母親はいっそう目を光らせることになるのだろうか。
ただでさえ過干渉と思うのに。

過干渉で思いだしたこと。昔の親に過干渉なんて言葉あったのだろうか。
1時間に1本あったかどうかの田舎のバスで、小学生の私は一人で隣町まで歯医者通いをしてたなあ。
この子ならできると思われていたんだろうか。深く考えないで放り出されたのだろうか。

話は変って。
高校性の時、親友が授業中にバタッとよく倒れました。
その子が大学病院で診察してもらうことになって、私が付き添いとして行ったことがありました。保健室の先生に頼まれたのです。
検査結果は私も同席して聞いたので、「過換気症候群」という病名を知りました。
片道3時間以上の道のり、夕方学校に帰り、保健室の先生に報告しました。
なんで私だったのか。公休の判をもらってまで付き添いをさせられた経緯が思い出せません。
なんて大らかだったんでしょう。今なら考えられないことですよね。親が行かなかったということ。

放りっぱなしの昔が良かったと言うのではないのですが、私の娘・息子を見ていると、関わりすぎると思います。
手綱のゆるめ具合をもっと学ぶべきです。
まあ、孫のことだから、我が子じゃないから言えるよね。

s-P_20170419_152443.jpg
さほど広くはない場所ですが
いちめん たんぽぽ
♪ 花の くびか~ざ~り~ って歌いました

ご存知ですか? 加橋かつみ


Comment:14  Trackback:0
2017
04.18

塩辛

料理嫌い、下手な私ですが、夫が褒めてくれた料理もあることはあるんです。
前にも書いたかと思いますが、塩辛です(料理と言わないかも)。
塩辛は買うもので作るものではなかった実家。でも義母は作っていました。
ただ捌いて塩をまぶすだけと教わって作りましたが、その頃夫は塩辛を食べませんでした。ただ生臭いだけだと。

年経てどこぞの小料理屋で酔った勢いで食べた塩辛がおいしかったと、桃屋の塩辛は食べるようになりました。
その後『サライ』に書いてあった作り方で作った塩辛をいたく気に入り、ちょくちょく作ってくれというようになったのでした。
夫はどこの居酒屋よりおいしいと、唯一褒めてくれ、外で食べることはなかったようです。

夫がいなくなって、唯一自慢の塩辛は作ることがなくなってしましました。

s-IMGP4408.jpg
今夜はこの間の残りの肉を使い切るために、野菜スープにしました。
これまた簡単、切って煮るだけ。
シンプルなこんなスープもおいしいと言ってくれたっけ。
中身はキャベツやかぶ、その時に野菜室にあるものでつくったものでした。
きょうは金時豆の水煮があったので入れました。



Comment:4  Trackback:0
2017
04.16

4月16日の私

南風が吹いて暑いくらいの日でした。
冬物を引っ張り出して洗濯。気持ちよく干し上がって、主婦冥利。
__________★__________

ピアノを久しぶりに弾いて(点訳にかかりっきりだった)、あまりの下手さにガックリ。
おまけに爪を切ったら、小指を深爪して痛くて、ピアノや~めた。
__________★__________

s-P_20170416_191119.jpg彩椛が置いていった折り紙で遊んだけど、こんなものくらいしか折れなくて情けない。
水仙を折りたかったのですが、難しくて投げ出しました。
・・・の割には写真なんか撮ったりして、ハハッ。
__________★__________

包丁研ぎ、丁寧にしました。トマトがスパッと切れて満足。
__________★__________

点訳校正中。
正確な点訳者、間違いがほとんどないです。羨ましくて、私もがんばる! っと。
__________★__________

料理する日としない日が極端で、きょうは少しやる気。
といっても、切って焼いただけ。
お父さん、喜びそうなワイルド料理だね。食べさせてやれなくてゴメンね。
久しぶりのビールちょっと酔ってます。
清らかなバイオリンとピアノの音に心地よく。

s-P_20170416_183037.jpg


Comment:8  Trackback:0
2017
04.13

引っ越し

寒い間、2階の小さな部屋にいました。
階下のLDKは一人には無駄に広くて、おまけに冬の間は日当たりがよくないのです。

お彼岸も過ぎて陽が当たるようになり、引っ越し時かなときょうPCを下しました。
少しだけのつもりで持って行った荷物が増えて、片づけに半日もかかってしましました。
PCを2階に持って上がった時も、スパゲッティ状態の線をさばくのに苦労しましたが、きょうは階下で繋ごうとしたら分からない機器が一つあるのです。
なんのために繋いである何なんだろうと調べたら、それはスイッチングハブでした。
私のPC1台しかないのにハブが必要なのかしら、と試しに抜いてみたら、何の影響もなくPCは動いています。

「ええーっ、繋いだのはお父さんだよねぇ」
ケンカになったかもしれないこの言葉を写真に向かって言いました。
小鼻ヒクヒクさせて、言ってやりたかったなあ。
ムッとした顔が目に浮かびます。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


s-P_20170410_112936.jpgs-P_20170410_112925.jpgs-P_20170410_113018.jpg

先日小松寺に行く途中に撮った花です。
カタクリがちょうど良い具合に咲いていました。
白い花はイチゲの一種だと思います。青紫の花はケマンの一種?
教えていただけると嬉しいです。
さわやかな青紫がとても綺麗でした。



Comment:6  Trackback:0
2017
04.12

鶴岡の言葉

夫が使っていたスマホに山形・峠の山で記録した音声があるのを見つけました。
峠の山の集会所での宴会、みんないい調子になった時の会話です。
山形県鶴岡地方の方言が、同じ東北出身の私でさえ6・7割しか分かりません。
イントネーション、語尾などは福島弁に比べて柔らかくていいなあ、と思います。

この音声をブログに貼りつけたいと、昨夜から格闘していました。
スマホのファイルの拡張子 .3ga を .mp3 に変換して、音声ファイルを編集する、という手順でやりました。
昨夜は試しにやってみてできたので、今日はきちんと編集し直そうと思ったらできなくなってしまいました。
昨夜できたのはどうして・・・?
プログラムをアンインストールしてやり直せばできるかな。

教えてよ、と頼ってた人は、スマホの中で酔っ払いになっています。

お試し編集 峠ノ山の田植え機話 を貼ってみます。


*+:。.。:+*:。.。:+*:。.。:+*:。.。:+*:。.。:+*:。.。:+*:。.。:+*:。.。:+*

s-IMG_1673.jpg

マルタではセント・ジュリアンズ湾に面した
このホテルに連泊


Comment:8  Trackback:0
back-to-top