2015
01.29

労災支給決定

Category: 労災
<労働者災害補償保険 療養・休業補償等 支給決定通知>が届きました。

療養補償(医療費)は新年早々決定の電話をもらっていて、病院と健康保険組合に手続きをしていたところです。
まず病院に支払った窓口負担金が返金されました。
次に、受け取った傷病手当金を健保組合に返納して領収書をもらい、それを労基署に提出して、ようやく支給決定通知が出たのでした。
あちこち行ったり電話をしたり、これまでにいったい何枚の書類を書いたでしょう。
役所の理解できない文章にペンを投げ出し、頭を絞りながら、どうにか通知をもらえるまでこぎつけました。

知らなくていいような知恵が少しはついて頭に残っていますので、これから手続きをする人のための手助けができればいいなあと思っています。


きょうはまた、別の嬉しいニュースもありました。
  http://outthere-japantour.com/

去年中止が分かった時には、もう2度とチャンスはないと思いました。
ポールはそのうち再来日するだろうけれど、それまで夫は元気でいられるだろうかと内心思っていたのですが。
その日が来るとは・・・
兄弟家族で先行予約してチケットをもぎ取ります。

だからね、4月、がんばろうね、渓流釣りも解禁だしね。


Comment:2  Trackback:0
2014
12.23

労災認定等作業場

Category: 労災
夫の胸膜中皮腫は病理診断医が生体検で確定し、職種が建築設備だったので、労災認定は早いだろうとNPOの相談員も言っていましたが、そう簡単ではありませんでした。
提出書類に不備はなかったと思います。
パソコンに現場の写真も残っていたので事実の証明もできました。
それなのに、なぜ? 理由は想像ですが、二つあると思います。
第一は勤めていた会社が、アスベスト関連を認めなかったこと。
第二は労基署の係官の経験不足。

勤めていた会社が一社だったら問題がないのですが、いろいろあって夫は数社に勤めましたので、どの事業所でアスベストに暴露したかは不明です。
中皮腫ではこういう場合、アスベスト関連の最後の会社が労災認定事業所になります。
年代から言えば、もっと若い頃に勤めていた会社でアスベストにばく露したのでしょうが、いつと特定できない病気の性質上、最終事業所がそれになるのだそうです。

厚生労働省のHPには「石綿ばく露作業による労災認定等作業場一覧表」というのがあって、ここに会社の名前が載ります。会社はそれを嫌いました。
HPには次の文があります。

1 公表の趣旨
  石綿ばく露作業による労災認定等事業場の公表は、
(1) 公表事業場で過去に就労していた労働者の方々に対して、石綿ばく露作業に従事した可能性があることの注意を喚起する。
(2) 公表事業場の周辺住民の方々が、ご自身の健康状態を改めて確認する契機とする。
(3) 関係省庁、地方公共団体などが石綿健康被害対策に取り組む際の情報を提供するという観点から行うものです。

これを理解していなかったか、理解させることができなかったか。
会社の体面を慮る社長、労基署の若い係官の駆け引きの甘さ、の両方が遅れている理由ではないかと思います。

けれど先日給与明細を届けに行った時に係官は、
「最優先事案としてまとめておりますので、もう少し時間をください」
と言ってました。
頑張って、青○さん! そうやって公務員として成長していくのよね。


s-DSCF8415.jpg

きょうの手仕事。
結んでいるうちに何かに見えてきて、
「ね、ね、何に見える?」
羽飾りの先住民にしか見えなくなってしまいました。


Comment:0  Trackback:0
2014
11.02

工事写真

Category: 労災
夫が入院中に「中皮腫・・・」と言う話声が廊下から聞こえてきたそうです。
同病者がいるのかと看護師さんに訪ねると、何人か入院中だと言ったそうです。
当然、どの人と特定できることはなかったのですが、一人、そうかと思われる元気な声の患者さんがおられました。
「もしもし」と声をかけられるほど社交的でない私たち(?)は、そのまま退院しましたが気になっています。
病院のがん支援センターには、アスベスト疾患患者会のパンフレットを置かせてもらいましたから、連絡してくださる方がいれば労災申請のお手伝いなどができると思います。

労災申請と言えば、夫の労災は足踏み状態です。
中皮腫の診断は確定しているし、職業上の曝露であることも間違いないのに、なぜ進んでいないのかははっきりとわかりません。
担当者の経験不足かもしれませんが、一生懸命にやってくれていると思います。
中間報告の電話がありましたが、夫が提出した工事経歴が詳しいので、基になる書類があるなら提出してほしいと言うのです。
「工事経歴は夫の記憶によって書いたものでデータはない」
と言うと、何か記録になるようなものは残っていないか探してほしいと言われました。
夫は退職時に個人のファイル類はきれいさっぱりと処分しています。
それから夫は写真のデータを探し続けました。
カメラもパソコンも個人の物を使っていたので、写真のデータが残っていたのです。
ありました。はっきりとアスベストが写っている写真を数枚見つけたのです。

これを持って監督署に行きました。
会社がアスベストを扱っていないというので、事業所認定が遅れていましたが、これで少し前に進めそうです。
それともう一つ、私たちにとって嬉しいことがわかりました。
「会社がアスベスト事業所であると認めようと認めまいと、決めるのはこっち、監督署だから」
と担当者の上司が言ったのです。
重要なのはその工事が確かにあって、夫がそれに携わっていたということらしいです。
その工事現場の下請けの職人さんは、求められれば証言してもいいと言ってくれています。
そのことも監督署に伝えました。

監督署の裁定を待つだけでなく、積極的に動くべきなんだと分かりました。
アスベストセンターの相談員が、「監督署を育ててくださいよ」と言ったことのひとつは、こういうことだったのかもしれません。

きょうの猫の額

s-DSCF8194.jpg
雨に濡れたチョコレートコスモス
涼しくなってまたたくさん咲き始めました
寒くなる前に蕾がみんな咲くといいなあ



Comment:2  Trackback:0
2014
10.15

労基署を育てる

Category: 労災
順調に審査が運ぶのではないかと思っていた労災ですが、少し手間取っているようです。
中皮腫の労災に関しての正しい知識が労基署にも会社にも伝わっていないからだと思います。

一般の労災事故が起きると、雇い主の会社にいわばペナルティが少なくとも二つ与えられます。
会社が負担する労災保険の料率がアップになり、公共工事の入札の際、会社のランクが引き下げられます。
建設業界ではこの二つは大きな痛手になります。規模が小さければなおのことです。

けれど、中皮腫に限ってはこれが適用されないということが知れ渡ってないと思われます。
発病の時期を特定できない中皮腫では、暫定的に最終事業所がその任を負うことになるのですが、当然ペナルティはないのです。
労働基準監督署はこのことをまず、会社の労務関係者にしっかりと伝えるべきだと思うのですが。

お世話になっているアスベストセンターの相談員に、認定の遅れがこのことではないかと話しました。
「わすれ草さんが労基署にどんどん意見を言って知識を与えて、育ててくださいよ」
ということなのです。
家族が労基署の職員を育てる。そんな・・・
悲しいことに、それが現実のようです。
あとに続く人のためにも労基署にきちんと意見を言わなければならない、まず、この私が。
できるかなあ。少し考えを練る時間をとってそれからですね。


きょうの1枚

DSCF8138.jpg
さいちゃんを宇都宮まで送ってきています
自転車の練習を見てもらいたかったんだって
車両乗り入れ禁止の道路です



Comment:4  Trackback:0
2014
10.10

労災 ・ 裁判

Category: 労災
労災の申請後、聞き取りを7月30日に受けてはや2カ月。
待つ身には長い、何をぐずぐずしているんだろうと思います。
家族会のかたたちは、決定まで1年とか2年なんていってますから、たぶん夫の場合は着々と進んでいるほうではないかと思っているのですが。

中皮腫は吸い込んでから発症まで30~40年と長いのでいつ曝露したかの特定ができません。
働いていた会社が複数社あると、どの会社にいた時なのかの特定も難しくなります。
こういう場合は暫定的に最終事業所の労災で対応するということになっています。

夫も複数社に勤めていて、直近の会社はアスベストを扱っていないと断言して証明を拒否しているそうです。
別の会社も一部を認めましたが、証明をやはり渋っているようです。
暫定的に、ということが会社に伝わっていないのではないかと思われます。
建築関係の会社では、労災事故に特に神経を使っています。
事業所に労働基準監督署の調査が入るということは大変なことなのです。
この中皮腫の労災は、足場から落ちて怪我をした労災とは異なるのですが、「ろうさい」という言葉の壁は予想していたとはいえかなり高いと思われます。
私たちもアスベスト労災についきちんと会社にものが言えるように、もっと勉強しなければならないと思います。

きのうはアスベスト裁判の最高裁判決があって、アスベストによる健康被害について国の責任が初めて認められました。
「国が速やかに規制をしなかったのは著しく合理性を欠き違法だ」との全員一致の判決でした。
このニュースを機に、世間の人たちがアスベストのことにもっと関心を持って欲しいと思います。
この先、知らずにアスベストに暴露する危険がどこにでもあるのですから。
現に我が家の近く、小学校の通学路脇の家が昨日解体されましたがたぶん、一部にアスベストを含んだボードがあったと思われます。
なんの対策も取られることなく、重機で家を壊す現場近くを小学生が下校して行きました。
これからはこういう危険を防ぐために、私たちは声を上げていかなければなりません。


先日の記念行事のゲストのかたがたです。

ゲスト1
韓国のアスベスト被害者と家族

ゲスト2
インドネシアの患者と支援者


Comment:2  Trackback:0
2014
07.30

聞き取り調査

Category: 労災
アスベスト被害の労災保険金給付申請をしていましたが、本人聞き取り調査のためきょう労働基準監督署に出向きました。
9時少し前から昼食を挟んで2時ごろまでかかりました。
狭い部屋に机が一つ、椅子が4脚。
警察の取調室みたいとちょっと緊張しました。

アスベスト曝露状況などを書いた申請書に沿って一つひとつ確認し、それをタイプして監督署側の書類を作成していくという具合なので時間がかかりました。
「申請書は誰が作成しましたか」と聞かれたくらい過不足ない申請書だったようです。
おかげで1日で聞き取りを終わることができて、署名捺印しました。
夫の大事な仕事は無事終わりました。

申請から1ヶ月で聞き取りを終えることができたのは、特別早い例のようです。
監督署の係のかた、状況を汲んでくださってありがとうございました。
上司のかたも、より良い調査書にするために、係の若いかたと一緒に文章を練ってくれました。
それもこれも、NPOの相談員のアドバイスのおかげで良い申請書ができたからだと思います。ありがとうございました。
良い人たちに巡り合った幸運を感じています。


きょうの猫の額

秋海棠
秋海棠




Comment:2  Trackback:0
2014
07.28

真面目な予定

Category: 労災
毎日遊び暮らしていますけど、夫の毎日に大事なスケジュールも入っています。
先月26日に労災申請書を提出して、今月18日に厚生年金の書類を届けましたが、すぐに本人の聞き取りをしたいと電話がありました。
明後日、30日に労基署に出向きます。
ここまでは、早い対応をしてもらえていると思います。
本人聞き取りも、提出してある申請書の確認が主なものと思われますので、たぶん問題なく終わるでしょう。
その後は事業所からの聞き取りですが、明後日行った時に、近くの事業所で済むように頼んでみます。

もうひとつは、岡山大のREIC治験の件です。
病院間の書類のやり取りが終わったので、その後、お考えはいかがですかと電話がありました。
まずは詳しい話を伺うのが先なので、来月の半ば、岡山大へ行くことに決めました。

外来で説明を受け、必要な検査も受けたら、いったん自宅へ戻ります。
その検査データに基づいて、研究室や院内の審査があって入院が決定されます。その間2~3週間。
治験は9月初旬になりそうです。

夫は自分の遊びの計画を優先させたいので、もう少し早い時期を希望したのですが、これが最短だということでした。
治験のための入院は特別な管理の下で、決められた病室で行なうため、順番があるようです。

9月なら、1週間の入院のあと、そのまま西方放浪旅に出られるじゃない?
8月は西が暑いから北へ、などとまた簡単に戯けたことを言い出していますが、もういい加減にしませんか。
いくら遊んだら気が済むのでしょう。


蝉の羽化、写真版も見てやってください。
バッテリー切れで、羽が伸びるのを動画では撮れませんでしたが、写真では撮っていました。
夫、会心の写真です。蝉はヒグラシではないかと言ってます。

蝉 1

蝉 2

蝉 3

s-4.jpg

s-5.jpg

s-6.jpg



Comment:0  Trackback:0
2014
07.19

書類発行に駆ける

Category: 労災
労災申請をして3週間。
どうなっているのか、調査はまだかと夫は気にしていました。
進捗状況を聞いてみようかと数日前から思っていたのですが、昨日、労働基準監督署から電話がありました。
手続きの必要から、社会保険事務所に行って「被保険者記録照会回答票」を取って来て欲しいというのです。
あいにく夫はまた出かけていましたので私が行くことにしました。

社会保険事務所に行くと、本人でないので委任状がなければだめだと言われました。
「労災申請のために必要だとからと監督署の○○さんから言われてきたんだけど、それでもだめなの。妻でも? 保険証だって免許証だってあるわよ」
と粘りましたが、受付嬢は規則ですからと。
しょうがない、委任状を受け取って、はて、どうしようか。
家に帰っても夫はいないし、携帯も通じないし・・・
そうだ、家へ帰るよりは近いし、監督署で記入してもらうしかないと思いつきました。

監督署の○○さんに、
「ほかのことに使うんじゃなくて、あなたが必要なのだし、私が了解しているんだから、あなたが書名して」
と頼みました。
そして、社会保険事務所にとってかえして書類を発行してもらい、再び監督署へ。

○○さん 「お聞きになっていると思いますが、労災の書類審査に3カ月は見てください」
わたし  「待てないのです。時間がないのです。斯く斯くの状況で、夫はこれを自分の最後の仕事と思っています。1日でも早くお願いします」 ・・・・・・
○○さん 「わかりました。できるだけ早く」
わたし  「わがままですが、どうぞよろしくお願いします」

次の段階、本人からの状況聴取などの予定が分からないと、西方放浪の旅をいつにして良いか決められません。
その我儘も考慮に入れてもらいたいとお願いしてきました。
○○さん、柔軟な人だといいなぁ。
それにしても、管轄は違えど、役所の間で話は済まされないのかしら。
1枚の書類のために市民がウロウロしなければならないなんて。


きょうの猫の額

グラジオラス
グラジオラス?
(アシダンセラを植えた場所のはず。でも花のつき方も色も、アシダンセラとは違うわ)



Comment:6  Trackback:0
2014
06.23

労災申請、夫の仕事

Category: 労災
1日静かに家で過ごしました。
労災申請の書類を書いていました。
夫が下書きしたのを、私がタイプしました。
40年以上前の工事で、すでにアスベストに曝されていた事実をタイプしながら、何とも言いようのない気持ちでした。
こんな危険なものを、なんの知識もなしに扱って、一生懸命仕事をしてきた。
その結果の発症です。
40年のほとんどを家族のために頑張った結果です。
悲しいです。
40年間、ノホホンと夫の働きに頼っていた自分が腹立たしいのです。

夫は昔の仕事を、懐かしそうに振り返りながら書いていました。
工事の多くは、夫にとって誇れる仕事です。
精神的にも肉体的にも追い込まれて、持てる力いっぱいに成し遂げた現場です。
よくぞここまで詳しく覚えていたものだと感心しました。
その記憶が、必ず申請の役に立つ筈です。

私はその間、夫に頼まれて、拡大鏡を入れる袋を作っていました。
透明な釣り糸を、針穴に通したり結んだりするとき、拡大鏡なしではムリなお歳になっています。
鏡面に傷がつかないような柔らかい袋が良いというものですから、小さなモチーフを編みました。

お見せするほどのものではありませんが、きょうの1枚です。

袋



Comment:4  Trackback:0
2014
06.05

アスベスト患者と家族の会にて

Category: 労災
関東地方が梅雨に入ったと気象庁から発表がありました。
エルニーニョの今年は梅雨明けが遅くなるとか。
下の娘が生まれた年も確かそうでした。
その時は福島の太平洋沿岸に住んでいましたが、布おむつの洗濯が大変でした。
梅雨が明けても北東の風が吹いて霧がかかり、寒い夏だったのを思い出しました。
今年の夏はどうなのでしょう。

さて、昨日は「アスベスト患者と家族の会」に夫と共に出席しました。
中皮腫は、仕事上で曝露した場合は労災として認定されます。
夫の場合も認定される可能性があるということで、手続きを進めることにしました。
労働基準局で申請用紙をもらってくるのを手始めとして、様々な面倒な手続きがあるようです。
夫は5月付で退職したので、それに伴う書類もたくさん書きました。
そう、我が家は書類関係はほとんど私が担当です。
家族の会の担当者のアドバイスを仰ぎながら、認定されるまで頑張らねばなりません。

家族会でこんな話を聞いて少し明るい気持ちになりました。
中皮腫の発症2年後の生存率は約30%と言われていますが、このごろ生存率がもう少し上がっていると感じられる、というのです。
以前は健康診断も満足に受けなかった人たちが、病院に来た時には最終ステージ、というケースが多く、患者数も少なかった中での平均値だったので、生存率が低かったのではないかという考えです。
大勢の中皮腫患者の話を聞いておられる世話人の話なので、私はこのかたの感覚を信じたいと思いました。

明るく前向きに暮らして免疫力をアップさせたら、なにか良い効果が期待できるかもしれない。


きょうの猫の額

あじさい



Comment:6  Trackback:0
back-to-top