2017
02.17

強風の日

Category: 介護
春いちばんが吹いたのだそうですね。
こんな強風の日は辛いことを思い出します。
あの人が逝ったのも朝から強風が吹く秋の日でしたから。
きょうまで、あの人の最後を書くことが出来なかったけれど、きょうは書けそうなので記録しておきます。記録です。

「ご主人、本当によく頑張りました。考えていたよりずっと頑張っておられました。2,3日、若いからもう少し・・・けれど、週を越えることはないと思ってください」
と、前日訪問の医師に告げられたのに、こんこんと眠るあの人がいなくなるなんて思えなかった・・・

だからいつもは冷たい手足がきょうは暖かいのを、良い兆候だとさえ思ってた馬鹿な私。
高熱が出ているのだと分かって看護師が急いできてくれて、バイタルチェックは瞳孔反応からでした。

「おとうさん、もう十分がんばったよ。私たちは大丈夫、心配ないから。安心していいよ」
「おとうさん、もういいよ。がんばらなくていいよ」

看護師が時計を確認して。
「え? 今ですか」というほど静かに逝ったのでした。
ゴーッと強い風が木を揺らしていました。
「おとうさん、この風を待ってたんだよきっと。風に乗ってモンゴルへ行ったんだと思う」
そう思いました、不思議にそう思うと心が休まる気がしたのでした。

遊びに行こうよと誘っているみたいな風が吹くときがあります。
そんな時に空を見上げると、飛行機がキラリと光ったり、航空灯が見えたり。
堪らない気持ちになるのです。
でもね、大丈夫。私は元気ですよ。


Comment:16  Trackback:0
2015
10.27

大仕事

Category: 介護
夫にとっては、こんなはずじゃなかっただろう高カロリー輸液の点滴。
経緯はどうだったのか、私の記憶が最近の事なのにあやふやで自信が無くなっているのですが、中心静脈注に同意したことは確かなこと。
そのころはまだ夫は自分の意思を示すことができたので、夫も同意した、はず。

この輸液のせいだったのだろうか、痰に苦しめられていた夫です。
24日土曜日、輸液を断りました。輸液の量を半分にして様子を見ていましたが、痰は確かに減りました。

20日ごろから尿量が減っていて、時折呼吸が荒くなる時間がでていましたが、輸液を減量したせいなのか、時を同じくしただけなのか、日曜日夕方から呼吸の荒さが続いていました。
昨日の往診のおり先生がおっしゃいました。
「ご主人、本当によく頑張りました。考えていたよりずっと頑張っておられました」
2,3日、若いからもう少し・・・けれど、週を越えることはないようです。


娘と交代して起きています。

ーーもう十分頑張ったよ、先生もそうおっしゃってた。
もう頑張らなくてもいいんだよ。私たちは大丈夫。
それぞれに、それなりの覚悟はついているんだから。

ただ一人めそめそおろおろしていた息子も、昨夜姉に諭されて彼の覚悟を示しました。
父の近くに音源を置いて『レット・イット・ビー』を流したあと、少し微笑んで帰って行きました。
カッコつけすぎじゃない? でもいいよ、そうしなきゃ動けなかった弱虫のあんただもの。

09408784.jpg
死ぬことは本当に大仕事だなと感じています。
荒い呼吸を続ける夫は何を思っているのかしら。
息子みたいにカッコつけて去りたかったのじゃないかしら。
自分の美学では到底許されない姿でベッドに横たわっています。
「死ぬのって思っていたより大変なんだよな」
と言っているような気がします。
     


Comment:3  Trackback:0
2015
10.23

彩椛の引っ越し

Category: 介護
きょうから、ママと彩椛が水戸市民になりました。
一時転校のため住民票を移動したのです。
10月10日土曜日に水戸に来て、15日までの秋休みの間じゅう良い子でいてくれました。
16日に登校したものの再び土曜日に水戸に来ていました。
それから毎日夫の病状が安定せず、娘は帰るに帰れずいてくれたのですが、一人看護の私を気遣ってあれこれ考えた末に、彩椛を転校させて一緒に介護をすると提案したのです。

そんなことまでしなくても私は大丈夫だよと言いましたが、訪問看護師さんからは好意を受けたほうが良いとアドバイスされました。
私が倒れては介護そのものが成り立たないことなど考え、私は娘の提案を受けることにしました。
実際一人介護では、買い物に行くことも難しいし、お風呂もさっとシャワーですましていたのでした。

彩椛が心配でしたが、ママの説明を理解して、転校を納得してくれました。
楽しみにしていた遠足に行けなかった代わりに、ディズニーランドへ連れて行くという甘い誘惑もあったのですが。

そんなできごとも知らず、きょうの夫は1日眠っています。話しかければ目を開けますが、すぐにまた眠ってしまいます。
どうしてやれることもできず可哀そうだった痰の詰まりは、きょうはほとんど吸引していません。
抗生剤が効いてきたのでしょうか。

きょうは今のところ穏やかな夜になりそうです。なればいいなあ。
考えなければならないこと、決めなければならないことなど大事なことがあるのですが、それは今夜は考えないでおきましょう。


s-DSCF1066.jpg
退院する前の日
緩和ケア病棟から見た 夕暮れ



Comment:6  Trackback:0
2015
10.19

娘の手伝いを受けて

Category: 介護
ご心配頂いていると思います。
夫も私もがんばっております。

痛みと息苦しさののコントロールはできていますが、痰の排出に苦しんでいます。
痰がからんで窒息しそうになって、緊急にミニトラックをつけました。
日常の吸引は私がやっています。
目が離せません。

酸素を送る機械、痰を吸引する機械などが所狭しと置かれ、すっかり病室となったリビングで今夜も心細い夜が始まりましたが、さいかママが手伝いに来てくれています。
娘はありがたいものです。


Comment:4  Trackback:0
2015
10.13

少し消耗

Category: 介護
一昨日の夜、夫の激しい痛みで消耗している2人です。
それでも私は元気にしています。
いろいろ記録しておきたいことがあるのですが、落ち着いてから書きたいです。

娘に早く寝るようにと叱られています。
おやすみなさい。


Comment:2  Trackback:0
2015
10.11

少し不調

Category: 介護
昨日は彩椛母子が夕方に着きました。3,4泊の予定のようです。
でも昨日の夫は体調不良で、ほとんど彩椛に関心を示すことなく眠っていました。
首から上に冷や汗をかき、身体も冷たく、血圧も低かったので心配しました。

きょうは昨日よりは体調も良いようで彩椛を目で追ったり笑いかけていました。
調子が良かった昼ごろ、髪を洗ってみる? と聞くと、うんというので急いで準備。
ベッドに寝たままシャンプーできる方法で洗いました。
娘に手伝ってもらったので、初めてだったけれど疲れさせないで洗うことができました。
何週間かぶり、さっぱりしたことでしょう。

夕方息子が仕事帰りに寄ったので、食べ物を口にしなくなったときは延命治療は断りたい、と私の気持ちを告げました。
ーー私がそうなったときは、延命治療は断ってね。
ーー俺のその時にももちろん断って欲しい。
と何年か前に話し合っていたことも話しました。
泣き虫息子は目を真っ赤にして、分かったというように頷きました。彩椛ママも同じです。
ーーお父さん頑張ってきたんだから、苦しみを長引かせるのはかわいそうだよ。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・


s-DSCF1093.jpg


きょうは雨ふりだったし、彩椛はおとなしく一人遊びをしています。そこいらいっぱい散らかしほうだいですけど。
私は残り物の毛糸で編み物を始めました。
それを見つけた彩椛は当然、
「わたしもやりたい」
孫には優しく気長に教えられるものなのですね。

s-DSCF1099.jpg
鎖編みを教えたらすぐに上手になったので
細編みを教えました
間違ったらほどかせるのですが
嫌にならずに がんばりました



Comment:4  Trackback:0
2015
10.09

食べなくなったら

Category: 介護
看護師さんがきょうも来てくれました。
夫がトイレから戻って肩で息をしていた時だったので酸素を使いましたが、鼻腔からの吸入は無理だと判断されました。
「100m全力疾走後に鼻での呼吸は無理ですよね、そういう状態です」
口と鼻を覆うタイプに変更されました。

そうこうしているうちにベッドのリース屋さんが来て、作業開始。
ベッドを3モーターに、マットはエアマットに交換しました。
エアマットはヒーターもついているのでこれからの季節嬉しいです。
そして一番嬉しかったこと、背骨と腰骨のところが赤くなって褥瘡の心配をしていたのですが、エアマットにして数時間後、その赤みが取れていました。すごい、エアマット!!


b_ornament_133_1S.jpg


さて、昨日は単純に訪問診療を喜んでいたのですが、よく考えてみると、私たちが求めているのと少し違うのではないかと思えてきました。
それは食べることに関してなのですが、前の病院の主治医(A先生)は、無理に食べなくてもいい、食べたいものを食べたいときに食べたいだけと言います。
今度の往診の先生(B先生)は、食べましょう、食べないと点滴になりますよと言うのです。
この二人の反対意見を考えました。
A先生は緩和の立場、B先生は治療医の立場での考えだと気づきました。
さあ、どうすれば良いのか。
B先生と訪問看護師さんの痒いところに手が届く看護を受けながら、最後の判断はA先生の意見に近いほうがよいと思いました。

末期がん患者や老衰の患者などに施す、水分補給の点滴、中心静脈注などは苦しさを増幅させるだけだという意見があります。
必要のない水分や栄養は心臓に負担がかかって苦しさが増すというのです。
回復の見込みのない患者に中心静脈注は拷問だという意見も読みました。

夫はこの二人の先生の考えの違いをどう考えているのか。
病気になる前に二人で確認したこと、延命措置は断る、でしたが、中心静脈注は人工呼吸器と同様、延命措置なのですね。
夫はこのことは知らない、たぶん。
口からの食物摂取ができなくなったら、野生の動物は死を自覚して静かに死を待つ。私の場合はそれで良い。
夫はどうなのだろう。

元気なうちにここまで話し合っておけばよかった。
けれどたぶん、私が考えること私が良いと思ったことに、夫は異を唱えることはないと思う。
「あんたのいいように」
そう言っていた夫です。
けれど、と考えはさまざま揺れています。
もう少し考ええなければ。子どもたちとも相談したほうがよいのかもしれません。
(こうして書くことで自分の考えを少し整理できるし、介護生活の息抜きにもなっています。うだうだといつもすみません)


Comment:0  Trackback:0
2015
10.08

訪問診療 初回

Category: 介護
きょうは忙しかったあ。
午前中は私の病院。先日の検査結果を聞きに行きましたが、予約時間より待つこと1時間半。
一人置いてきた夫のことが気になるけれど、ここまで待ったのだから帰るわけにいかないとガマン。
結果はやはり期外収縮。多くは心配ない病気だけれど、ちょっと回数が多すぎるようです。
今すぐ治療しなくてもいいけれど、経過観察はしたほうがよいと3月末の予約をさせられました。

お昼を食べさせて少しホッとしたら、すぐ訪問診療の時間。
きのうの看護師さんのリードで必要な事柄が心地よく進んでいきます。
先生も気さくで優しいかたのようです。

まずは、減薬・断薬の事を聞くと、全てそれでよいので様子を見ましょうと言われました。
やりました! 

次は食事の件です。前の病院では無理に食べさせなくても良いと言われていました。
が、この先生は、このままだと中心静脈をすることになりますよとおっしゃいます。
「おいしく食べれば元気になりますよ。何がお好きですか」
すかさず看護師さんが、
「先生が許可されると思って、きのうお酒はどうぞと言ってます」
「いいですね。楽しんでくださいね」

そして酸素をお願いしました。
すると早速夕方には在宅酸素の機器設置に業者が来ました。
携帯酸素もあるので、外出してみようかという気になればいいなあ。

明日はベッドの交換です。
ケアマネジャーも一緒に来て、夫に訪問入浴を勧めたいと言ってます。
身体がだるくて面倒なのかずっとお風呂に入っていないのです。入ってももいいよと言ってくれないかなあ。

s-IMGP3615.jpg
おやまあ、きょうも届きました
末の娘から 大きな西瓜
上の娘の メロンもいっしょに パチリ


  <10月8日処方 覚え書き>
咳止め、去痰薬、吐き気止め、便秘薬を断薬、リンデロンを減薬。

<朝>  
サインバルタ20mg   1
リンデロン0.5mg   4
<8時> オキシコンチン10mg   1
<夕>  
モービック15mg   1
メロキシカム10mg   1   
<20時> オキシコンチン10mg   1
<夜>  
サインバルタ20mg   1     
セロクエル25mg   2
アジャスト40mg   2
<頓服> オキノーム2.5㎎/0.5g 1回1包
     オプソ5mg/2.5mL  1回1包




Comment:0  Trackback:0
2015
10.07

訪問診療所

Category: 介護
退院後の夫と私を支えてくださるのは、ケアマネジャーと訪問医師と看護師です。
昨日、さっそくケアマネジャーが来てくれました。
仰向けに寝てばかりいるのでお尻の骨の部分が少し赤くなっていて、いちばんにそれを相談しました。
ベッドのマットを取り替える手続きをして、訪問医療専門の診療所にもすぐに連絡を取ってくれました。

そしてきょう、診療所から医療ソーシャルワーカーと訪問看護師が来ました。
私がソーシャルワーカーから説明を受けているうちに、夫はバイタルチェックを受けました。
テキパキとしたとても感じの良い看護師さんです。
前の病院でも、一般病棟に比べたら緩和ケアの看護師さんたちはとても良いかたばかりでしたが、この診療所の看護師さんは更に良いかただと思います。
実は夫の薬、必要ないと思われる薬を数種、私が勝手に止めていたのですが、このことを話すと、
「いいと思いますよ。薬が多すぎると思っていました。これでお腹いっぱいになっちゃうわよね。明日先生とも相談の上、薬を整理していきましょね」
と言ってくれました。よかったあ。

「ご主人お酒は好きですか? 好き? それじゃあ、きょうは夕食に奥さんと乾杯なんかどうですか」
「ご主人どこかに行きませんか? ドライブ。紅葉は少し早いけど、行ってらっしゃいな」
「お風呂はどうします? ここに浴槽を持ちこむから、眠ったままでもドボンといきましょうよ。気持ちいいわよ」
嬉しい提案が次々にでてきます。
機能の良いベッドと褥瘡予防マットへの交換、介護しやすい位置にベッドを移動する提案などもあって、頼もしいことです。
骨が当たって赤くなったところもケアしてくれました。ほっとしました。


s-IMGP3613.jpg
上の娘からは 大きなメロン
さいかママからは 西瓜が届きました
夏が過ぎても 西瓜とメロンを欲しがる 父のために



夕食は2人でビールを飲みました。
明日は診療所の先生が来てくださいます。


Comment:6  Trackback:0
2015
10.06

なにかが違う1日

Category: 介護
さっそくうまくいかない・・・・・・
何か違う、きっと私が違ったのです。

朝から調子が悪かったです。
4時にメールの着信音で目が覚めました。友だちの若いナースからです。
夫お気に入りの愉快なナースですが、夜勤の休憩中にメールするのは止めてよね。
少しムッとして返信して、それからが眠れない・・・

あなたの友だちのせいでと言えなくて、頭が痛くて、それでも1日が始まって。
私の気持ちに余裕がなかったせいでしょう。やることが雑だったのか言葉に棘があったのか。
夫の言葉にも優しさがなくて、私を睨むように見るのです。

近ごろ夫と言葉が通じません。
よく聞こえないのか意味を取り違えるのか、トンチンカンなことを言ったりイライラ怒ったりすることが増えています。
よく分かるようにゆっくり言い直したり、耳元で言ったりするのですが、それがまた夫には面白くないらしく、とても嫌な顔をします。

通じない時は何をいってもしても空回りするものです。
きょうは諦めました。
早く寝て明日からまたやり直しです。


s-IMGP3590.jpg



Comment:2  Trackback:0
back-to-top