2017
03.08

『竹林はるか遠く』『続・竹林はるか遠く』

Category: 思うこと
次の1冊の点訳が終わりそうです。『続・竹林はるか遠く』
もしかしたら没になるかもしれない点訳ですが、ぜひやりたかったので見切り発車です。
まず正編を読んでから取り掛かりたいと思い、図書館から借りて読みました。

終戦直前、ソ連軍の侵攻から逃れるために、朝鮮半島羅南から母娘三人で苦難の南下。
ようやく日本に帰れたものの、母親は病死。娘二人が戦後の混乱を物乞いのような暮らしをしながら誇りを持って生き抜く。

私が戦争の記録を読み始めた最初の本は、父が買ってきた『父の戦記』だったのではないかと思います。
父も「戦記」を寄せようと思っていたようですが、朝鮮半島の山の中で、戦闘も知らず、ボーイスカートの延長のような伍長さんだった父の筆は、進まなかったようです。
初版本を読んだのは高校1年生だったか?
戦争の本当の姿を見せられて、私はずいぶんショックを受けました。
戦争を憎みました。罪のない市民が殺すか殺されるかの戦争に投入されて、体も心も失ってしまうことが悲しかった。
そうして私はこの本から、事実はどんな小説にもかなわないとわかり、ドキュメンタリーに傾いていったのでした。

『竹林はるか遠く』『続・竹林はるか遠く』 
はじめにアメリカで出版されて、いくつかの箇所で記述に誤りがあると指摘され問題になったそうです。
けれどその部分をも含めて、戦争によって軍人でない市民の苦しみや、これでもかこれでもかと襲ってくる苦難に立ち向かう、勇気と力が描かれている本だと思います。
作り物ではない強いメッセージを受け取りました。

☆☆☆ ――――――――――――――――――― ☆☆☆




s-IMG_1470.jpgs-IMG_1473.jpg
s-IMG_1474.jpg  
  マルタ騎士団の象徴 マルタ十字
  数100年間 
  数多の人々が踏んだであろう 石段
  すり減った階段が 分かりますか



Comment:7  Trackback:0
2016
12.21

近所でなくて

Category: 思うこと
proxy.jpg

今朝の地方版を飾った写真です。
家からそう遠くない団地の1軒のお宅。10年くらい前から始まったイルミネーションは年々派手になって今年はこんなに。

子どものサッカー繋がりでこの装飾を手伝っていたのが、夫の仕事仲間・飲み友達のNさん。
初めの頃、Nさんは夫にも声をかけたのでしたが、興味がないと断ったようです。
小さく始めた装飾だったのに、いつか庇に電球を飾り、ついには屋根にと作業が難しくなって、高所作業に慣れているNさんは重宝がられていたようです。
何かあったとき誰が補償してくれるんだ、と夫はNさんにいい加減に止めるように言っていましが、どうなっているのか、この派手なイルミネーションを見て一番に思いました。

それにしても、このお宅の家族はこの間、どんな暮らしをしているんでしょう。
大勢の見物人が来てガヤガヤ声はするだろうし、車の音だってするだろうし。
私には理解できません、自宅をイルミネーションでこんなに飾ることが。
隣近所だったらいやだなー。


Comment:2  Trackback:0
2016
11.12

無言の指

Category: 思うこと
s-P_20161107_105035.jpg家族会会報発送作業の手伝いに月一度上京する日でした。
朝7時に家を出ます。駅まで20分弱を歩いて行くのでちょうどいい運動を兼ねてです。

ホームの案内が臨時列車の到着を知らせ、「快速・ぶらり高尾散策号」が到着しました。
どうりでハイキングの格好をした人が多かったわけだ。
列車は「山ばあ」と「山じい」でいっぱいのようでしたよ。
Facebookのネタにしようと写真を撮って、投稿文を入力していました。

乗降口で列の先頭に立って送信ボタンを押そうとしている時に、今度は私の乗る列車が止まりました。
ほんの少しの間があって、横にいた男性が私の斜め前を指さしているのに気づきました。
その指は命令的な威圧感を持ってドアの開閉ボタンを指しているのです。
無言です。
乗降客が少ない駅などではドアの開閉は手動なのですが、目の前のドアは降りる人がいなかったために、乗る人が外からボタンを押さないと開かなかったのです。
慌てて押しましたが、気付いた人が押したって何の不都合もないのにと不愉快になりました。
この人、家でも職場でもこういう偉そうな態度なのかしら。
こういう手合いが、駅員に詰め寄ったりするんだろうなと思いましたよ。

それにしても、無言で伸びてきた腕には驚かされました。
指先ははっきりと「開けろ!」と言っていたのですよ。


Comment:12  Trackback:0
2016
10.28

不経済

Category: 思うこと
きょうは室内温度が日中でも17℃。今シーズン初めてファンヒーターを点けました。
設定温度は低いのですが、それからずーっと点けっぱなしです。
私の部屋は、一人には広すぎるLDK。
カウンターのような長い机にPCを置いて、先日求めた電子ピアノも窓際に。
ほとんど1日をここで過ごすのですが、不経済です。

s-6116.jpg

富士山の初冠雪が遅い年は寒い冬になる傾向があると、気象予報士が言ってました。
今年は昭和31年と並んで最も遅い記録だそうです。どんな冬になるのでしょう。
ブルブルブル。
一昨日、車で灯油を54L買ってきました。車から物置に運ぶのは骨が折れる。
でも、ホームタンクを設置するほどではないしね。
手数料を払っても配達を頼みなさいと娘に言われています。
「お母さんは何でも自分でしようとするけど、もう四捨五入したら70歳なんだからね!」
はいはい、心配かけますけど、もう暫くは大丈夫ですよ。

s-6116.jpg

きょうは溜まった書類を片づけましたが、クレジット明細にNHKの年払いの引き落としがありました。
テレビはほとんど見ないけど、解約するのはね。たまには見たいと思う時もあるし。

一人になって、なんだか不経済なことが増えたと思います。
そうそう、一人のお風呂もね。シャワーではさすがに寒くなりました。


Comment:10  Trackback:0
2016
08.21

ホームドア

Category: 思うこと
先日地下鉄のホームからの転落事故がありました。胸が痛みます。

現場の図を見ると、点字ブロックの一部に柱がかかっていたようです。
駅の柱が先にあって、後から点字ブロックをはめたのでしょうから、工事の時に柱を避けるルートにできなかったのだろうか。
迂回するほうが危ないのだろうか。そのへんのところは分かりません。

長く盲導犬と行動を共にしてきたこの方が、ホームは線路側に盲導犬、というルールを知らなかったはずはないと思います。
なにかそうせざるを得ない事情があったのでしょうか。

こういう事故があると、ホームドアの設置を急げというコメントが出ますが、私はその前にすることがあると思います。
駅のホーム、横断歩道など、危険な所に目の見えない人がいたら、私たちが一声かけることです。

s-moudouken-2.jpg「ホームです。ご一緒しましょうか?」
「席が空いています。お連れしましょうか?」
「信号が青に変わりましたよ」

これだけのことです。

こうして声をかければ、ホームドアが無くたって転落事故は防げると思うのです。
私たちがホームドアになればいいのです。

周りに誰もいなかった訳ではなかったでしょうに。
悔しいです。   
                           (イラストは素材屋小秋さんから)

Comment:4  Trackback:0
2016
05.06

泣くな、わたし

Category: 思うこと
明日故郷へ出かけますが、その途中ぜひよりたい友人がいます。
転移性肺がんで闘病中です。
友は、7年前脳腫瘍でご主人をあっけなく喪い、5年前に大震災と原発事故で故郷を離れ、3年前がんと診断されました。

去年8月末、夫と二人最後になってしまったお出かけ先は、この友の所でした。
そして夫が亡くなる数日前、会いに来てくれたのもこの友でした。


夕方、予定通り明日お邪魔するけれど、体調はどう?とメールしました。
返事は長女からでした。
「実は今、あまり良くない状況です。お構いできませんが、会っていただけたらうれしいです」

もうだめです。思い出が巡って。
私が泣いてはいけない、しっかりしなければ。
まだ若い二人の娘たちが頑張っているというのに。


Comment:2  Trackback:0
2016
05.01

「生きていくより外はない」

Category: 思うこと
「ヨーコさんの“言葉” 」という番組を見たことありますか?
日曜日朝8時55分Eテレ、「趣味の園芸」と「日曜美術館」の間の5分番組です。

    ヨーコさんの“言葉”


「もう十分生きたわ。いつお迎えが来てもいい。でも今日でなくてもいい」
と97歳の友だちの母親が言ったそうです。
そしてヨーコさんはこう言うのでした。

   いつ死ぬかわからぬが、今は生きている。
   生きているうちは、生きてゆくより外はない。

私もヨーコさんのように、生きていく外はないと思います。
でも、「外はない」なんて生きていくのは、早く死んだ人に申し訳ないと思ってしまいました。
私には、したいこと、しなければならないこと、なんてほとんどない。・・・
あっても些細なこと、しなくても心残りなことはたぶん、ない。
でも、夫にはたくさんあった。

「外はない」ではなくて、もっと積極的な生き方を見つけなければならない。
近ごろだらけている。ぼーっとしたまま一日が終わる。
退屈だな、なんて申し訳ないことを思っていたのでした。

蛇足ですが、「生きていくより外はない」は佐野洋子さんらしい含蓄に富む言葉です。
私が受け取ったのは、佐野さんが言おうとしたことではないでしょう。
でも、私はこう思ったということで書いてみました。


Comment:4  Trackback:0
2015
08.13

女たちの太平洋戦争(テレビから) 

Category: 思うこと
NHKスペシャル「女たちの太平洋戦争~従軍看護婦 激戦地の記録~」
夫がチャンネルを合わせて寝てしまったので、私が一人で見ました。

「戦争ってなんだと思いますか」
と問われた看護婦さんはちょっと考えて、
「・・・馬鹿のする仕事やね」

別の看護婦さんは、
「戦争がしたいっていう人がおったら、その人に『インパールの山の中に飯盒持って行ってみい』って言いたいね」
というようなことを言っておられました。

地獄の淵を越えて生き延びた看護婦さんたちの証言でした。
このような貴重な証言を数多く映像として残し、終戦のこの時期ばかりでなく放送すべきだと思います。
生きて語ることができる人たちはどんどん少なくなっていくのですから。


Comment:2  Trackback:0
2015
07.26

思いを伝えられない

Category: 思うこと
5月初旬に、階段から落ちて脊椎圧迫骨折をした夫の友人が、どうしてもお礼をしたいと電話のたびに言うのだそうです。
そんなこと気にしないで、その場にいたら誰だって放っておけなかったよ、と言ってもらうのですが承知してくれません。
治りきっていない人が遠方から来るなんて、そのほうがよほど心配なのだから止めて欲しいのですが、木曜日に知り合いに運転してもらって来るとさっき連絡がありました。

本心を言います、迷惑です。
同じ姿勢は1時間以内と言われている病人です。片道3時間、日帰りするから6時間です。
回復に影響が出たらどうするんです?
物でするお礼なんて、ハッキリ言って困ります。
それを届けに自分の体も考えずに来るなんて、自己満足だけではないですか。
お医者さんの言うことを聞いて、しっかり治すことのほうが、よほど大事なことだと思うのですが。

お見舞いやお礼のしかたって難しい。
それを受けるほうも簡単ではないのです。


*:..。o○☆○o。..:**:..。o○☆○o。..:**:..。o○☆○o。..:**:..。o○☆○o。..:*


s-DSCF9374.jpg

唐突にスニーカーですが
両端が祖父母の
真ん中が中1の孫の27.5cmの靴です
身長はまだ170cmには届きませんが
なんとかの大足
どこまで大きくなるのやら


Comment:2  Trackback:0
2015
06.10

寛容-2

Category: 思うこと

私にもできるかなと2013年11月にこのブログを書きはじめました。
2014年1月、夫の病気入院以来闘病記のようになってしまいましたが、そうでなかったらウダウダと愚痴など呟いていたかもしれません。
始めたころに戻って読んでみました。
「寛容」と題して書いています。
<人は己に対しても他人に対しても、もっと寛容でなければ生きられない。それを妥協などと非難する資格のある人間がいるだろうか>

未だに寛容になれない私がいます。
妥協だってなんだっていいじゃないかと思うことがあるのですが、もういい歳をして、いい加減にしたいとは思っているのです。
でも忘れたころにそれはささくれを毟りに来るのです。
やっぱり寛容な気持ちになれない。

本当の私と、ブログの中で取り澄ましている私、みなさんが知ったら仰天するに違いない。
河原に穴を掘って「・・・・・・」と言ってみたい。
風に揺れた葦が私の気持ちを呟いて伝わるというのもいいなあと思ったりして。

s-IMGP3470.jpg


意味不明でごめんなさい。気持ちが少し疲れています。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top