2016
07.12

草競馬

Category: モンゴル
モンゴル・ウランバートルでは、11日・12日・13日と国のナーダムが行われています。
Facebookから思い出のお知らせがきて懐かしく、きょうはモンゴルのことを少し書いてみます。
私たちは2012年と13年にモンゴルを訪れています。
13年は9日に出発。ナーダムの日を挟んだ5泊6日の旅でした。

11日、他のグループはナーダム会場に向かいましたが、私たちは草原に残って乗馬2日目。
野の花を見ながら遠出しました。

12日。
交通渋滞のため、前夜10時を回ってからようやくゲルに帰り着いたナーダム組も、また朝から一緒に乗馬に出かけました。
若い彼らは上手になるのが早い! 午後からは乗馬の先生の許しを得てピシリと一鞭。
「チョー!!」
見る見るうちに小さくなっていきます。
夫も負けじと後を追い、残った私は大丈夫かとハラハラ。
と、急にあわてたスタッフ数人が馬を駆って飛び出していきました。どうも誰かが落馬したらしい。
心配させられましたが、夫ではなくてホッとし、また落ちた人も怪我がなくて一安心。

夕食は、ツーリストキャンプ最後の夜になるグループの方たちを中心に、遅くまでとても楽しい宴が続きました。
そのうち私たちのガイドさんが、草競馬を見せてくれると言いました。
スタッフの女性も加わった11人を乗せた馬が夕日を浴びながら、はるか草原のかなたに歩いて行きます。
豆粒くらいにしか見えなくなったその時、土けむりが上がったのが分かりました。スタート!
そしてあっという間にゴール。
みんな、すごくカッコいい!!
みんなの笑顔がまたまたカッコいい!!

s-競馬
           夜の8時ごろです

s-1番
1番!!

s-けいば
とてもいい笑顔 大きな写真でお見せしたい


この後上位3人に渡す賞金をと帽子が回ってきました。
1位の少年に賞金を渡して、少年の腕を高々と上げている、とびっきりの笑顔の人の写真があります。
ほんとうはこの写真をみなさんにお見せしたいのですが、許しを得たいこの人は、この半年後に癌死されたのです。
病気を知っての旅だったそうです。
夫もこの後秋に中皮腫を発症。2年の闘病が始まったのでした。

この世を去った人の思い出深い写真を、きょうは何度も見ています。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top