2017
06.19

旅気分

<行く行くオバケ>が出てこないうちに、神戸の叔母を訪ねて行けそうでホッとしています。
新幹線はなく、飛行機など庶民には考えられなかった子ども時代に、東北の片田舎から神戸は想像できないほど遠い所でした。
そのためもあって、従兄妹との交流はほとんどなく、叔母とも近年になってから数回会ったに過ぎません(手紙の交流はありましたが)。
それでもこの叔母は、私には大きな存在でした。優しいし、頭は切れるし、器用だし、行動力もある人です。

s-IMGP4753.jpg

叔母夫婦は家を処分して老人ホームに入居し、そこで叔父を見送り、叔母が一人になっていました。
このことを久しぶりの手紙で知ってからずっと、叔母を訪ねたいと思っていたのです。
愉快だった叔父さんの話、40年前に亡くなった父の話など、叔母が元気なうちに聞いておきたいと思うのです。

叔母は、入居していたホームが廃業してしまったので、別な施設に移りました。
昨日電話で新しい施設名を尋ねたのですが、「えーと、なんて言ったかしら」と要領を得ません。
「ときどき物忘れが」と従兄は言ってました。
それでも叔母は事務所に聞きに行って、折り返しの電話をくれましたし、私の名前をしっかり呼んでくれますので心配はしていません。

s-IMGP4754.jpg

叔母の訪問は、様子を見ながら短時間で切り上げようと考えています。
あとの時間は、幼なじみを訪ねます。
ホテルは叔母の施設のある西宮駅近くに取ったので、友人に「西宮で会おうか」とメールしたら、あらまあ彼女からは「西宮は良く知らないので川西で会おう」という返事です。
はいはい、私にとっては西宮も川西も、知らないことでは同じです。どことなりにでも参りましょうぞ。

それからGoogleマップを開いたり乗り換え案内を見たりと、旅の気分で半日を過ごしました。
好きなんです、こういうの。
さて、果たしてうまく移動ができるでしょうか。右も左も分からない関西の私鉄を乗り継ぎます。
口と耳を使えば何とかなるでしょう。こういうドキドキも楽しみのひとつです。


Comment:6  Trackback:0
2017
06.02

湯西川 花と生き物編

やっぱり最後は山の花と生き物を紹介しましょう。
といっても知っている花は少なくて、調べれば分かるかもしれないけれど、今は「行った・見た・撮った」だけで満足しています。ピンボケばかりですが。

まずは白い花からどうぞ。
s-P_20170529_071025.jpgs-P_20170529_082428.jpg

s-P_20170527_144246.jpgs-P_20170529_071157.jpg

次は青と紫と緑。
s-P_20170529_080238.jpgs-IMGP4683.jpg
s-P_20170527_150401.jpgs-P_20170529_071350.jpg

s-IMGP4716.jpgs-IMGP4717.jpg

虫はあまり得意ではないんですが。
s-IMGP4713.jpgs-IMGP4693.jpg

蝶が腕に止まって動かない。トンボも河原で動かない。
写真は撮りそこなったけれど、ハルゼミも見ました。
早朝からカジカガエル、陽が昇るとハルゼミ、鳥の声、風の音、瀬の水音が湯西川の音の全てでした。


Comment:4  Trackback:0
2017
06.01

湯西川 食の編

キャンプの食事といえば、カレーライス・焼肉・焼きそば・トン汁が定番ですかね。
でも、大勢ならいいのですが、一人じゃぁね。材料も道具もこまごま要るし。
で、今回の私は、簡単短時間ででき、道具も特別なものは要らない献立をおおよそ考えて用意していきました。
泊まったのはキャンプ場ログハウスの一室、食事作りは野外のバーベキューハウスを借りました。

s-IMGP4665.jpg沢水が出る流しが使えて快適です。
直前に見つかったバーナーを取り付けたガスボンベは、夫が釣りに行った時に使い残したボンベです。
ヤカンと鍋は40年前の父の物。父はこれを1度きりしか使えませんでした。60歳で死んだ父の形見です。

初日の夕飯は、家から持って行った材料で、小松菜とベーコンのスパゲッティ、トマトと卵の炒め物にしました。
卵の上の緑は、散策の帰りに採ってきたアケビの新芽です。
s-IMGP4661.jpg

s-IMGP4668.jpg翌日の朝食は菓子パン、ミズ(ウワバミソウ)とベーコンの炒め物、リンゴ。
朝から菓子パンはチト重かった。

s-IMGP4715.jpg昼はフレンチトーストとインスタントのミネストローネなど。
それから、カップスープにお餅を入れたり、トーストとコーヒーだったりの食事で、なんとか5食、買い物せずに賄うことができたのです。


ところで、たった一人のキャンプ場と書きましたが、実は、最初の夜だけ数人のグループがテントを張っていたのです。
その人たちは、直火ができるサイトを陣取って焚火をしていました。キャンプサイトはとても充実していて、ベテランたちのようです。

我が夫、焚火大好き人間でした。焚火ができる場所は昔に比べるととても少なくなっていて、空を焦がすような大焚火がしたいと言い続けていたものです。
夫も喜ぶと思い、焚火の写真を撮らせてもらおうとお邪魔すると、まあまあどうぞとイスを勧められて、しばし野外活動談義に花が咲いたのでした。

s-IMGP4662.jpg


Comment:4  Trackback:0
2017
05.31

湯西川 こんなところ編

湯西川は、20年くらい前に家族4人でキャンプしたところです。
まだろくなキャンプ道具もなく、雨がテントの底から沁みてきたり、寒さに震えたり。よく小さい娘を連れて行ったもんだと思います。
その夜、台風がコースを変えて湯西川の上を通り過ぎ、村の公民館に避難させられたのも忘れられない思い出です。

お盆が近かったか、笛の音が夕方の涼風に乗って聞こえてきました。
哀愁を帯びた笛の音は草原を流れ、秋が近いことを思わせるような調べで、長年忘れられませんでした。
今回そのことを管理人に聞いてみました。獅子舞のお囃でした。
そしてYouTubeのすごさ、練習用の動画を見つけました。


そうそう、こんな感じでしたよ。
娘に聞いても、ほんの子どもだったから覚えていないというし、夫には聞けない。でもこれだわ、間違いない。


さて、湯西川へは27日、雨の中のんびり下道を行きました。途中で日光街道を通りましたが、さすがに歴史ある道です。車で通りすぎるのがもったいないような気持ちでしたが、いかんせん、雨。先を急ぎました。
急いだせいで、お昼には着いてしまいました。
どう過ごすかなんて考えてこなかったけれど、散策コースの案内版があったので、足慣らしにチャレンジコースを選んで行ってみるか、いざ。
ところがこの道、いつ整備したんだろう。落ち葉に踝まで埋まってしまうし、小枝は落ちてるし、道幅は狭いし。
分岐点には看板が立っていたので不安にはなりませんでしたが、なんだ坂こんな坂と辛かった! なにがチャレンジだ! 

28日、草地からもやが立ち上る道を朝から歩きました。草花を見ながらただ歩くだけ。予定などないのですから。
本を読んだり沢歩きをし温泉に入った、他は何にもない1日が過ぎて、12,937歩。

29日、前日の沢歩きに味をしめての顛末は、昨日書いた通り。
無事戻った足で帰り支度。テントも寝袋もない小さな荷物は、あっという間に片付いて、10時過ぎにキャンプ場をあとに塩原温泉へ。ここでもひたすら歩くだけの13,899歩。

30日、塩原温泉の宿を出て、帰路千本松牧場に寄りました。
牧場というけれど観光施設で、そういうのはやっぱり苦手な私。一人でソフトクリームをなめて、そそくさと帰りました。
あとは一気に家まで。
片付けをしてコーヒー飲んで、「我が家がいちばん」

なぁんにもない、でもそれが良いという山の中で、リフレッシュできました。
出かける前に心配していた歯茎は、なんだったのというくらい、山に行ったら良くなりました。えっ・・・ほんとうですよ。
それから、家ではメガネなしでは読めない小さな字の本が、山の中ではメガネなしでちゃんと読めたのです。本当ですってば。

s-IMGP4669.jpg

緑がまだ若く 朝日にまぶしい
木陰で読書

s-IMGP4689.jpg


こちらは 難なく越えられたほうの沢

s-P_20170527_140800.jpg


橋のずっと先 「クマ出没注意」

s-P_20170527_144222.jpg

山つつじが咲いて優しそうな沢 
・・・だった


s-P_20170529_064831.jpgs-P_20170527_161154.jpg

朝もやの草地 と 栃の大木
栃の木の下方にあるリュックが ちょうど私の背丈くらい



Comment:4  Trackback:0
2017
05.30

湯西川 ズッコケ編

きょうお昼過ぎに帰宅しました。
片付け・洗濯などを済ませて、みなさまのブログを楽しみました。
出かけた後でコメントをくださったみなさま、帰ってからのコメント返しも間が抜けていますので、まとめてですが、ありがとうございました。無事帰りました。

まずは、ご期待通りのズッコケ編から。
私は知る人ぞ知る雨女。出かけた27日の天気予報は晴れだったのに、天気予報にも勝ってしまう雨女。
この日は彩椛を始め、運動会の子どもたちも大勢いたのに、ごめんね。
出かける前からのズッコケっぷり。

s-IMGP4695.jpg湯西川につく頃は雨も上がり、翌日は朝からとても良い天気。朝食後に散策を開始。
小さい沢に下りて写真を撮ったりしているうちに沢を上りたくなりました。
夫と釣りをしていたときは、こんな沢を歩き回ったものでした。
沢は道路に沿っているし、深い崖じゃないし行けると思いました。
片足がやっと乗るくらいの岩を歩いたり、大岩が塞いでいるところは高捲きしたり、スリリングで面白い約2kmでした。

s-P_20170528_160357.jpg翌日、前の日の沢歩きが面白かったので、違う沢に入りました。が、ここは手ごわかった。
張り出している大岩は滑るし足がかりが少ないし、前に進めなくなってしまいました。
でも戻るのも大変。ようやくここまで来たのですから同じ道を戻るのは危険。
それで、崖を這い登ったまでは良かったのです。が、その先に道がない。あるはずの道が藪になっていたのです。
藪、藪、藪・・・木を押しのけ、踏み倒し、道なき道を行くこと500メートルくらい。こんな場所で遭難するわけにはいかないと必死でした。
やっと元の場所に戻って肩で大きな息をしている私が目にしたものは・・・
はい、その通りです。
クマ出没注意の場所近くでもありますゆえ。

二つ目はズッコケ話と笑えない話。湯西川、続きます。


Comment:10  Trackback:0
2017
05.26

準備終了

もう今日も、あれ~なことがあって、午後から探し物をしていました。
物置にあるキャンプ道具から必要なものを集めていきましたが、携行用のガスバーナーが見つからない。
この間確かに見た、記憶にある確かに。でもずいぶん探したけれど見つからない。
そこで思いました。ガスバーナーは安定性に欠けるから婆は使うな、と夫が隠したのかもしれない。
そう思うことにして探すのを止め、カセットコンロを持って行くことにしました。
カセットコンロは野外では風に負けるかもしれないけど、大した料理をするわけじゃなし充分です。
こんな程度に荷物がまとまりました。その頃には雨も上がったので車に積み込んで、準備は一応終了。
s-IMGP4652.jpg

物置に鍵をかけようともう一度中を見た時に、隅の脚立の上に何かが・・・探していたバーナーでした。
あーあ、出かける前から疲れました。
爪を切って(私はこれが結構重要)、最後の確認をしてから寝ます。
明日から2日間は音信不通の場所にいます。
温泉街に下りた時にスマホをつないでみますが、月曜日夕方までスローな生活です。


s-IMGP4631.jpgs-IMGP4646.jpg

八重咲きのドクダミとガクアジサイが、花の準備を始めています
どちらも「花」ではないんだとか


Comment:6  Trackback:0
2017
05.25

詰めが甘い

何やってんだか私。肝心なことを確認してなかった。
赤いワゴンから乗り換えの今の車、シートがどういうふうに畳めるのかを確認していないのに気づきました
もう30年以上ワゴン車ばかりに乗ってたので、シートは車中泊ができる構造が当たり前だと思っていたマヌケな私。
昨夜遅くに、そういえばとシートを倒してみてびっくり。フラットにならないのです。クネクネのシートじゃ寝られない。
一晩ぐらいは平気かもしれないけど、疲れを翌日には残したくない。

車中泊は諦めました。2泊めのキャンプ場に直行、2連泊することに決めました。
福島方面はまたの機会に。
そうなれば、こんどは炊事関係を整えなければならないです。

何10回となく経験した野外炊飯ですから、何とかなるはず。
用意はまず献立を決めることから始めます。
夜・朝・昼・夜・朝の5食を考えてメモ。
それに必要な食材・調味料などを書いていくのですが、大きな紙をテーブルに置いて、気づいた時に書き込みます。
調理道具・キャンプグッズも同様に思いついた時に書き込み、1日そうしておきます。

キャンプの時はいつもそうでした。
夫はこういう時はこまごま書きます。私は大雑把で、なければがまんか、代用するという考えです。
家の中をそのまま野外に持って行くぐらい、いろんなものを書き込んでいく夫と、よく揉めました。
揃えるのも、片づけるのも私ですから、少なくしたいのです。
夫? キャンプの帰りは、必ず車中で反省会のアルコール。家に着くころは眠っていることがほとんどでした。
もう2度とキャンプはしないと怒ったこと、今は笑って書けますけど。
そういいながら、一人なのに道具がどんどん増えていきます。


s-IMGP4623.jpgs-IMGP4616.jpg
  大型のクレマチスが終わって
  2番手が咲き始めました
  あなたの名前は?

  ユキノシタが 満開に
s-IMGP4639.jpg



Comment:4  Trackback:0
2017
05.24

小さな旅計画

暮らすように旅する、というのをしたい。
足腰はまだ動く、資金は贅沢はできないけどそれでも。さあ、いざ!!
・・・でも孫の世話が婆の役目。いつでも出かけられる自由の身なのに、クーッ。
それでも、この孫がいるから毎日を頑張れると思えば仕方ない、小さな旅でがまんです。

一人旅で一番困ること、それは宿。以前に比べたら一人泊が増えているとはいえ、どこでも泊めてもらえるとは限りません。
一人旅サイトを見て、冬のうちから山の宿を見つけていました。今回はそこを目指します。
小さな旅の範囲は片道3時間くらいか。
その範囲・・・年に何回もキャンプしていた福島県の西郷ダムに行きたい。
そこから会津に下りる途中の「道の駅下郷」。1度車中泊をしたことがある場所なのでそこに決めよう。

そこから次に駒止湿原を目指したい。なかなか良いコースではないかと自画自賛。が、
「期間限定 ガイド付きプレミアムシャトルツアー」は6月3日から。1週間早かった、無念。
それでは南下して、やはり1度行ったことがある湯西川キャンプ場にしようか。あそこならロッジも温泉もある。
30年近く前のことだけれど、思い出深い場所なのです。

そして次の日は小さな宿に宿泊。
という3泊のドライブ旅行を考えました。
カーブのきつい山道を行くことになると思いますが、慎重に、婆を自覚して運転します。
きょうは病院と美容室に行って準備オーケー。合間に大雑把なコースを考えたました。
明日は買い物と荷積み。明後日は留守にする家の用を片づけて、土曜日出発かな。


s-IMGP4635.jpgs-IMGP4611.jpg
s-IMGP4613.jpg ニゲラは
 蕾も 咲いても 花後も かわいい

 レースラベンダー
 目立たぬところに ひっそりと
  


Comment:10  Trackback:0
2017
05.07

四時川渓谷の春

四時川の写真をまとめました。
植物名をたくさん教えてもらったのに、うろ覚え。
それでもいいんだそうです。断片が記憶に残ってれば。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨日は凹んだ話を書きましたが、きょうは愉快な話を書きたい。
といっても、余所の人の話。
Facebookを開くと広告が表示されるのですが、この中に時々面白ネタがあります。
近ごろ声を出して笑ったネタです。正確に記憶してないけど、確かこんな話だったはず。
小学生の算数のテストの問題と答え。

  テーブルの回りには、3人掛けのイスが4つあります。
  このテーブルには、何人座れるでしょう。

  テーブルにはすわらないほうがいい。

この答を書いた小学生、○をもらえたのでしょうかねぇ。


Comment:10  Trackback:0
2017
05.04

嬉しい出会い

さて、もったいぶって書かなかった(実は眠くて書けなかった)とても嬉しい出会いのことをきょうは書きましょう。

道を間違って狭い山道を行ったり来たりしていたときに、リュックを背負って歩いている同じ人と2度すれ違いましたが、目的の川に着いてお昼ご飯を食べていた時に、その人が通りかかったのです。
「どちらに行かれるんですか?」
と声をかけられました。それはそうでしょう、こんな山の中を女が運転する高崎ナンバーの車。3度も会えば声を掛けるでしょうよ、ね。
私たちの経緯を説明したあと、その人に「散策ですか」と聞きました。
「写真を撮っているんです」

「それでは」と先に行ったその人がちょっとしたら戻ってきて、「サバノオが咲いていました」 よほど嬉しかったのでしょう。
後をついていって見せてもらいました。この山ではここのあたりだけに咲くそうです。

s-IMGP4489.jpgs-IMGP4490.jpg

再び別れて、お昼の続きを食べてから私たちも近くを散策していました。
そうしたら、またその人と会ったのです。
「ツクバキンモンソウが咲いていました。案内しますか?」

それから2時間実に楽しい山野草の観察ガイドをしていただきました。
山道を彩椛も懸命についてきて、写真を撮ったり、クイズに答えたり(子どもを飽きさせないのです)。
覚えきれないほどたくさんの花の名、木の名を知りました。草や木の知識が深く、それでいてひけらかさない、本当に心豊かな方だと思いました。

「この豊かな知識と撮りためた写真を、放っておくのは勿体ないではないですか」と言ったところ、その人は、
「実は2冊の自費出版本を作り、親戚に配りました」と控えめに答えるではないですか。
車に戻って見せていただきました。
『あぶくまの草の花』『あぶくまの木の花』 素晴らしい本です。

+‥‥‥‥‥‥‥+

家に帰ってさっそく調べました。
にらんだ通り、いわき市立図書館に所蔵されていました。
著者名も分かりました。そこからまた検索。
この人の前職は教師(やっぱりね、子ども扱いが上手)でした。
毎週のようにここに来ているから、お会いすることがあるかもしれませんね、とお別れしたのですが、本当にまた会えるような気がします。ぜひまたお会いしたい方です。
楽しみが増えた嬉しい出会いの話でした。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top