2014
03.31

東京・東大島

Category:
3時過ぎにチェックインしました。
う~ん、他になかったから仕方ないけれど、ふる~い、それなりの建物。
知らんふりして通り過ぎようかと思いましたよ。

荷物をほどいてから従姉の家に遊びに行きました。
私のただ一人の従姉で、秋に小名木川周辺を案内してもらっています。

病気のことはまだ言ってなかったのですが、気づかれたら話そうと思っていました。
台所の手伝いに立った時、従姉に小声で尋ねられましたので、肺がんだと伝えました。
とても悔しがってくれましたが、私がさらりとしていたので、従姉も深刻にならずにいてくれました。
いつものように美味しい食事を食べながら飲みながら、楽しく語り笑って別れました。

夫は「よかった、二人に話せて。深刻にならないでくれたし、やっぱりいい人たちだよ」

ホテルに戻ってメールチェックをしたら夫はもう寝息を立てています。
久しぶりの運転、横風が強かったし疲れたかな?
さて、少し早いけれど私も寝ます。

でも都会の夜ってうるさいわ。
それに安普請のホテルだから、音が気になる、話し声がくぐもって聞こえる。
どうか寝られますように。

Comment:2  Trackback:0
2014
03.30

おととい・きのう・きょう

Category: そのほか
おとといは市役所の出張所に用事があって、往復45分を歩きました。
大通りを足元を見ながら歩きましたら、こんなものに気づきました。
マンホールの蓋。下水管と消火栓の蓋です。
やはり水戸は梅と偕楽園の好文亭なのね。

下水
消火栓

旅行した土地のマンホール蓋の写真を集めるのも面白いかもしれないわ。


きょうは朝から雨。で、歩くのはお休み。
きのうスニーカーを買ってもらったばかりなのですが。

スニーカー


ばあさんが地味な色を履くとよけいに婆さんになるよ、と言われたので思い切って可愛い色を買っちゃいました。
それなりの投資をしたので、これでもう止めるなんて言えないですね。


さあ、明日はいよいよお花見カヌーに出発です。
準備OK.バッグの中はフォールディングカヌーです。
今回はキャンプ道具がないので楽勝ですよ。

カヌー


東京は サクラが満開 になったそうですね。
あしたは強風が吹くとの予報ですが、あさってまでにはおさまってね~。


Comment:4  Trackback:0
2014
03.29

子どもを叱る

Category: 思うこと
先日、こんなことがありました。
孫の友だちが大金を持っていて、親が見つけたときにU君(孫)にカード売ったんだ、と言ったらしいのです。
そのことが本当かどうかを聞きにいらしたお父さんは、息子さんを同行してきました。
そしてカードの件は事実でないとわかると、その場で息子さんを問い詰め始めたのです。
息子さんはもう一人友達の名も言ったらしく、今度はそのお宅に行くようでした。

重い気持ちになりました。
きちんと事実を確かめてから対処するのは正しいことでしょう。
けれど他人の前で問い詰めるのは間違っていると思いました。
逃げ道をふさいで、他人をその垣の一部にして叱る言葉は、子どもさんの胸に届かないと思いました。

ゆきやなぎ


私も子育ての頃、自分の正義を子に押し付けていました。
それを夫に指摘されたとき、正しいことを正しいと教えることがなぜ悪いと反発したものです。
「あんたは良い子で育ったから、叱られる者の気持ちが分からないんだ」とも言われました。

子育てから離れた今になって、このことがよく分かるようになりました。
正しいことをやみくもに教えるのではなく、掛けるブレーキには遊びの部分が必要なのです。
今ごろ気づいても遅いのですが、子育て中にはそれこそ気持ちに遊びがなかった、余裕がなかったと言い訳しておきましょう。

クリスマスロース2


帰られるお父さんにそっと伝えました。
「私どもにも覚えのあることです。これからはおとなが金銭の管理をしっかりすれば、一過性のことで済むと思いますよ」


Comment:2  Trackback:0
2014
03.27

3つのいいこと

Category:
昨日の外来通院は夫一人で行きました。
血液検査の結果は、
「問題ないですね。来月2日CT、入院。3日点滴でいきましょう」
忙しい先生に難しい話を切り出せなかった夫は、入院時に面談の約束をして帰ってきました。
白血球の値は下限値を少し上回るまでに上がっていました。ホッ。


4月1日、お花見カヌーします。
当初は私の腰痛を考えて夫一人で乗るつもりだったのですが、腰痛も癒えたので私も一緒に乗ることにしました。
車で行ける駐車場付きのホテルをようやく見つけることができたので(繁忙期で満室)、前日は都内に宿泊します。
川近くにある公園駐車場も、朝早く行けば停められるのではないかと楽観。
組立は時間がかかってもいいから休みながら、漕ぐのはのんびり流れて短時間、と決めました。
夫の今年の目標がひとつ実現します。


早朝、息子がfacebookで大騒ぎ。

ポール

生まれた時から耳に聞こえていた音楽の影響を受けたか、息子は異常なほどの BEATLES マニアに育ってしまいました。
去年も一人で出かけた公演でしたが、今回も当然。しかも父を連れていくというのです。初めての親孝行のつもりなのかも。
「母も行く?」と聞いてきたので、「母は ABBEY ROAD の"なんちゃってビートルズ"で満足してる安上がりな女よ」と遠慮しました。
父と息子の貴重な時間を大事にしてやりたいと思います。

予約

チケット取れますように!!


Comment:4  Trackback:0
2014
03.25

「REIC」 その後

Category: 治験
娘が電話をしていた岡山大の病院から連絡がありました。
結論を先に言えば、ますますどうすればいいのか分からない、です。
白い花
「REIC」の中皮腫に対する治療はやっとこれから始まるというところで、先ずは安全性の確認から、なのだそうです。
安全性は膀胱がんで確認されてはいるけれど、中皮腫ではどうかというところから始めるために、治験者になっていただくということのようです。
1週間の入院、3週間後の判定。
そこで悪化していれば中止です。現状維持、もしくは小さくなっていれば続行するかどうかの判定会議を経て2回目・・・という手順です。
その間は、今受けている抗がん剤の治療は受けられないことになります。

悪性中皮腫を診療科目に挙げている医師は、胸部外科が多いという印象を受けます。
内科的治療はアリムタ+シスプラチンの標準治療のほかには有効な治療がない現状では、外科手術に賭ける以外ないのか。
とにかく情報が少ないので何が良いのか悪いのかも分からない。そんな中、治療法の選択を素人の患者本人と家族が決めるというのは酷すぎます。

ヒヤシンス
夫は自分の残りの時間を知れば、治療の選択ができるのではないかと言いました。
明日は外来で診察と検査があるので、夫はその時に聞くつもりのようです。

私は本当は聞きたくありません。
夫の命を客観的に見ることはできているつもりです。でも、いなくなる時のことなど知りたくない。
怖いのです。


Comment:2  Trackback:0
2014
03.23

お花見カヌー (x_x;)

Category:
う~~ん...
東京お花見カヌーツアーはだめかもしれない。
運営会社からメールがきたのですが、お花見期間中は、私たちが申し込んだコースは中止とのこと。
他のコースはわざわざ出かけて経験するほどでもないコースなので、がっかりです。
夫もそれでもいいか、とは言わないのでかなり失望している様子。無口になりました。
へんに慰めの言葉を口にしたら怒ってしまいそうなので、何も言わず、話題を振らず・・・
重苦しいままに時間が過ぎていきます。

重い装備を運んで組み立てては、どう考えても無理です。
お花見の時期をずらしていけば良いのでしょうが、その時に体力・気力・天候など、ちょうどいい具合に合致すればいいのですけどねえ。

はて、夫はどう考えているんだろう。
どこかで気持ちの折り合いをつけてくれるといいのですが。

Comment:2  Trackback:0
2014
03.22

退院・リフレッシュ

Category:
昨日、白血球の数値が少し上向いてきたので、午後急きょ退院になりました。
一時退院も含めて約2か月半。ようやく解放されました。
これからは外来で採血やCT。3泊くらいの入院での抗がん剤点滴になります。

3クールめの点滴日まで約10日。
前半は外出は控えてくださいと言われています。
それでは後半に何をしようか、やはり念願の東京お花見カヌーの実現でしょう。

しかし心配事があるのです。
夫のカヌーはファルトカヌーと言って組み立て式なのですが、組立作業は結構体力が必要です。大丈夫だろうか。
そして、カヌー本体のほか、付属品・パドル・着替えなど、総重量40キロを超える荷物も運ばなければならない。

いろいろ考えながらパソコンをいじっていると、東京お花見カヌーツアーというサイトを見つけました。
スカイツリー付近まで行く、レンタルカヌーとガイド付きの企画です。
これなら運搬、組立の体力を心配しないでお花見できそうです。
自艇を乗り出したかったでしょうが、仕方ない、早速申し込みました。

そうして、心配事がひとつ片付いたので、午後は近くの里山へ遊びに行きました。
誰もいない静かな里山で、お茶を飲んでおはぎを食べてリフレッシュしてきましたよ。

あおぞら

気持ちいい青空。山桜はまだまだ先かな。


休耕田の隅に紅白の梅の大木があったので車から降りました。
紅梅は散り始め、白梅は5分咲きです。

紅白梅

白梅



Comment:2  Trackback:0
2014
03.21

寄り道ウォーキング

Category: そのほか
今朝も行きましたよ、ウォーキング。
図書館の回廊まで家から5分。回廊1周が5分。大股で歩いて550歩。
うーん、30分歩いても3000歩強。それすらも歩かなかった今までは、石のごとくに座ってたんだわねえ。

図書館の回廊の柱に貼ってあった張り紙。

貼紙

今ごろ言われても... 遅くともアメリカで禁止された時に日本でも歩調を合わせていれば・・・公害・薬害・血液。早くに禁止していれば泣かなくて済んだ人が大勢いるはずです。

そんなことを思いながらの帰り道、獣医さんの庭のやぎ広場は朝ごはん中でした。

やぎ
こやぎ

中央の子やぎは生後4週間だそうです。母さんのやぎのおっぱいを飲んだり、みんなの真似をして葉っぱのかけらをつついたり可愛かったです。


Comment:4  Trackback:0
2014
03.20

俺の時間

Category:
書きたいことを伝えたい言葉で書けない。
くどくどと書いたり、自分だけしか分からなかったり。
大事なことほど書けない。


お天気のよかった昨日、病院の庭を散歩しました。
その時夫がポツリと言うのです。
「俺の時間はそう長くないって、ゆうべ思ったんだ」
 (楽観的な人なのに、そんなふうに考えたんだね)
「どうして?」
「1年生きられるとして、もう4か月過ぎたんだよ」
 (どう考えているのかを怖くて今まで聞けなかった)
「悔しいね」
「でも俺は他の人と比べたら、好きなことをやったよ。悔いはないよ」
 (・・・・・・)
「これからしたいと思ってたことは体力勝負だし、それはもう無理だから」
「うん」
「ふたりで行きたい国があったけどね、それはそれ」
「うん」

それで何を書きたかったかって?
わからないんです。


もしかしたらきょうは退院かもしれないと迎えに行ったのに、血液検査の結果が少し悪くて見送られました。
けれど、食欲は以前に戻ったと言ってます、よかった。
明日も血液検査があるので、数値が上向いていれば帰れるかもしれない。

孫とskypeして、笑って、ナースに孫自慢して、いつもの夫になりました。


Comment:0  Trackback:0
2014
03.19

朝の散歩

目覚めに布団の中で手足を伸ばして、腹筋・背筋を何とかしようと動かして、エイヤッと着替えるのがこのごろの私の朝です。
そのあと散歩に出ます。
昨日は用水路の土手道を歩きました。草を踏んで歩くので足裏の感触が柔らかくて気持ちがいい道です。
寒い間は鴨が10数羽いたのですが昨日は2羽だけになっていました。
今朝は杉林を抜けて図書館の道にしました。
この図書館はなにやらの建築の賞を受賞した円形の建物で、映画のロケ地にもなったそうです。

図書館


今は外装工事中で残念な写真。左側が雨天に歩く予定の回廊です。
明日は雨の予報。ここを歩こうか、休んじゃおうか、もう今から思案している意志薄弱者です。

桜のつぼみはまだ固そうでした。


Comment:6  Trackback:0
2014
03.18

春の嵐の日に

Category: 中皮腫のこと
春一番が吹き荒れています。
「春一番」って名前は優しいけれど、畑の砂埃がすごい、嵐です。

お昼を持って病院に行きましたが眠っていました。
朝もようやく半分ほど食べたんだとかで、昼は3口ほど口にしただけです。
その後また寝てしまって、よほど体がきついのかと心配していました。

2時半ごろ「俺寝てた?」と起きましたので、何か口当たりの良いものを買ってくるよと買い物に出ました。
30分ほどで戻ると廊下を歩いていました。
気分が戻ったようで、お蕎麦を食べさせたら、7割かた食べましたのでホッとしました。
夕食も麺類を出してもらえるようナースに頼みました。


昨日の「REIC」について情報がないかどうかをDR.に聞きました。
なんと、初めて聞くというのです。そんなものなのかとガッカリです。
悪性中皮腫の治療経験が少ないとはいえ、現に今患者を治療中ではないのか。
DR.は夫に標準治療とやらを施しているだけなのかと、情けなくなりました。
なんとか治してやりたいという医師の使命は始めからなかったのでしょうか。

もっとも、中皮腫の治療はどこで受けても、同じような抗がん剤の組み合わせのようです。
決定的な治療法が確立されていない現在、Dr.に失望するのは間違っているのかもしれません。

広島にいる娘が、岡山は近いので自分が聞きに行ってもいいよと言ってくれています。
今岡山の病院とコンタクトを取っています。
夫が臨床研究の患者になれるのか、なれたとして効果があるのか、など期待よりは不安のほうが大きいですが、希望を捨てずに、今できることを家族の力を借りてやっていくだけです。


Comment:0  Trackback:0
2014
03.17

REIC遺伝子

Category: 治験
暖かい日でした。
風邪っぴきかと思った孫でしたが、熱は上がらず元気になりました。
だいじを取って病院に帰った夫も体調に変化はなく一安心。
ただ、胸やけや胃の痛みで少し凹んでいます。
食事はきちんととっているので心配ないと言うので、そう思うことにします。


岡山大学の研究グループによって発見された「REIC遺伝子」による中皮腫の治療。
前立腺がんには有効だったようです。
主治医に話を聞いてみようかな。
過度な期待をしないで、でも希望をもって。




Comment:4  Trackback:0
2014
03.16

15・16日

Category:
昨日から2泊の予定で夫が帰っていました。
昨夜は友人と愉快にお酒を飲んで、少し飲みすぎて、きょうは朝から不調でした。
調子にのってるからよ、と心の中で毒づくものの、二日酔いなのか副作用なのかが分からないので口には出しませんでした。
昼過ぎに腐葉土を買いにホームセンターに連れて行ってもらいましたが、夫が好きな花海棠の手ごろな木があったのでそれを衝動買いしてしまいました。
虫や病気になりやすいと聞いていたので手を出さなかったのですが・・・後悔。なんとか可愛がって育てるしかないですが。


夕方、外出していた孫がリビングに顔を出さないで自室に直行。なんか体がだるいというのです。熱は36.8℃
元気で食欲もあるし、先日の私の熱と同じかもと思いますが、インフルエンザもまだ下火になっていないらしく心配です。

夫は体調も今ひとつはっきりしないし、病院に戻ったほうが安心するよと荷物をまとめ始めました。
病院に連絡すると「帰ってらっしゃい」とナースも言うしで、今送り届けてきました。
バタバタと忙しい2日間でした。

Comment:0  Trackback:0
2014
03.14

カヌー

Category: 中皮腫のこと
きょうの夫はシャックリに悩まされていました。
前回もそうだったのですが、副作用のひとつだそうです。
10~20秒おきにヒックヒックと出るシャックリでお腹の筋肉痛だそうです。
副作用がシャックリと聞いてヘエ~と思いまたが、そのシャックリを止める薬もあるのだと聞いて、またヘエ~です。
柿の蔕から抽出した漢方薬が処方されました。
効きました。お昼に病院に行った時には止まっていました。

きのうは青白くて心配した顔色は、きょうは赤みがさして元気そうに見えました。
明日から2泊の外泊です。


今、夫の一番の関心事は東京の桜です。
カヌーを漕ぎ出して川から桜を見るのをずっと楽しみにしていました。
去年の11月にはカヌーを下ろせる場所を探しに行って、川岸を2人で歩きました。
小名木川・旧中川・北十間川を上ってスカイツリーへのコースです。
その時に出会った方に、ぜひ桜の時期にいらっしゃい、とお誘いを受けて楽しみに楽しみにしていたのです。
でも1ヶ月半後入院するなんて・・・

3クルーが始まる前の体調と桜の花とお天気との相談です。

カヌー



Comment:0  Trackback:0
2014
03.13

孫に癒されて

Category:
今朝、整形外科に行きました。
「何か動きで困っていることはないですか」
「痛くない動きを心がけているので特にありません」
「その調子です。薬を少しずつ減らしていきましょう」
順調な回復です。ということは、さあ、運動だ。
(あれ? 雨が降りだした)
だめじゃん、さっそく言い逃れを考えている。
はい、やります。屋根のある周回コースが近くにあるからして。


きょう夫の病室が変わりました。
同室の人たちのいびき3重奏を気に掛けてくれた看護士さんがいたんだわ。
昼に行っても昼寝のいびきがすごかったんです。

そして、2クールめの点滴が無事終わりました。
少し違和感があるそうで、これって吐き気かなと言いながら食事は完食です。
でも、顔色が少し良くなくて疲れているように見えました。
本人は変わりないよと言っています。
あとは白血球値が下がり過ぎませんように。


今春小学校を卒業する孫から、小学校の思い出と中学生活への抱負を書いたお見舞いの手紙が届きました。
優しいかわいい孫です。
子どもと孫たちには、いつもと変わらない日常を送って欲しくて、遠いこともあって病院には見舞いに来なくていいと言ってあります。
代わりにskypeで孫たちとおしゃべりをしています。
facebookも笑い満載です。
例えばこんな話題。

カニさん

山に登っての帰り道。子どもの足には急坂だったので父親が、
「ゆっくりカニさん歩きで下りておいで」と言った時の写真だそうです。


オムツ

その妹、もうすぐ2歳。
お兄ちゃんを幼稚園に送って行くときに、手近なものを掴んでついてきたお茶目さん。
アンパンマンのポシェットはいいとして、なぜか手にはオムツ。


冗談で人を煙に巻くのが好きな夫と、その血を継いでいる孫たち。
話題を提供してくれる子どもたちに感謝です。


そして夫のベッドはこんなふう。
息子からもらった映像とレンタルDVDで映画漬けの日々。
夫は子どもの時からの映画ファンです。今、存分に楽しんでいるのが私も嬉しいです。

ベッド



Comment:4  Trackback:0
back-to-top