2014
04.30

大事な確認

Category:
夫は明日入院、明後日4クール目の抗がん剤治療です。
治療と治療の間の3週間を目いっぱい遊びました。
お天気が良ければ、きょうも川へカヌー乗りに行きたかったようでしたが、あいにくの雨で気温も低め。
朝からつまらなさそうにしていますが、これ以上付き合える行動力を私は持っていませんわ。


釣行のおり、大切なことを聞くことができました。
とても大切だけど、どうしても聞けなかったこと。
今後の治療を夫はどう考えているのかということです。

夫の病は悪性胸膜中皮腫。現在この病に関して分かっていることは、
・根治治療は困難
・2年生存率は30%未満、発病からの平均的余命は15か月
・治療法は少なく、今受けている治療が唯一効果が認められている(3か月の延命効果)
・抗がん剤治療は一応4回で終わり

こんなことが頭の中を巡る中、夫にどうしたいのかを聞くことができませんでした。
医師でさえ言ってない言葉、「『死』以外に選択肢はない」と口にするようで辛すぎたのです。

28日の夜、夕飯のあと二人で軽くお酒を飲んでいました。
「4クールが終わったらその後はどうなるんだ?」
と夫が口を開いたのです。私は思い切って、
「手術以外にあとの打つ手はないのじゃないかと思う。それ以外は経過観察しかないのかもしれない」
「Mはどうするのがいいと思ってる?」
「うん・・・1日でも長く傍にいたいけれど、Yらしく生きられるのが大事だと思ってる」
「・・・・・・俺は手術はしないよ。したところで、酸素に繋がれて何もできずにいるのは・・・」
「そう言うと思ってた。そうするつもりだろうと思ってた」
スズラン
お互いの気持ちの確認ができて互いにほっとしました。
「いい思い出をたくさん持とう」
「うん。がんばろうね」
涙が止まらない私に夫が言います。
「俺は大丈夫だよ」
「私は大丈夫って約束できない、弱虫だから。でも、一生懸命がんばる」

こんなセンチメンタルな夜を過ごしても、翌朝はフライ竿を振って山女魚に遊んでもらって、いつもの夫の姿でいてくれます。
わたしも普通の私でついて行きました。

「どうなるか分からないことを、くよくよ考えてもどうにもならない」
夫のこの生き方を、私も40年のうちに少しは学べたのかもしれません。



Comment:0  Trackback:0
2014
04.29

奥久慈釣行

山形行きは諦めてくれた夫ですが、「行くぞ!」とまた付き合わされたのは、福島県東白川郡棚倉町の山中でした。
今回は、久慈川上流での釣りです。

山道を行くと、色とりどりの若葉のシャワーを浴びているみたいです。
この時期がいちばん好きです。
山桜は川にハラハラと散り始めていました。

新緑

新緑2

はなびら


釣り人には久しぶりに良い川だったようで、昨日はルアーで、きょうはフライで何匹か釣れたようです。

釣り


山女魚
ヤマメ


夫が釣りをしている間、私は写真を撮ったり歩いたり、本を読んだりして過ごしました。
3週続けての車中泊はさすがに疲れましたが、今回は1カ所に腰を据えたのでのんびり楽しく過ごしました。

花畑

コゴミ
コゴミ2

白い花は群生しているニリンソウです。
中にはコゴミもありました。もちろん採取しました。


Comment:4  Trackback:0
2014
04.26

ウォーキングの途中話

Category: そのほか
一昨日の記事、夫の撮った写真はお分かりになりましたか?
村びと全員が「かかし」なんですけど。
道端や、川の土手、畑に大勢の「かかし村びと」がポーズをとっているのだそうです。


今朝のウォーキングの時に面白い人に出合いました。
オジサンが空き地に立って呵呵大笑しているのです。
東に向いて背中を反らして何度も笑っているのですが、それも健康法のひとつなのでしょうね。
笑いは免疫力を高めると聞きました。

柳

以前にも撮った柳が、緑濃く風に揺れていました。
田んぼにようやく水が引かれ始めたようです。農業はよく知りませんが、今年は遅いような気がします。
例年、ゴールデンウィークは兼業農家の人たちは田植えで忙しかったと思います。

それからひとつ訂正。前にこの柳の記事の時に「柳青める」と書きましたが、夫から指摘がありました。
「柳はこの柳でなくて、ネコヤナギではないかい?」
そう言えばそうかもしれない。北上川のヤナギですものね。

帰り道にあるお宅のボタンがきれいに咲きました。蕾が固いうちから楽しみに待っていた花です。

ボタン



ああ、結局今日もこれから無計画のドライブに出ます。車中泊です...


Comment:4  Trackback:0
2014
04.26

多動性・衝動性?

Category:
「釣りに行くぞ」
朝食を終えるなり言います。
「どこ?」
「やまがた」
「え? 山方?山形?」

茨城には山方という町があるのです。けれど、夫が行きたいのは山形。
「いくらなんでもそう容易く言わないでよ」と少し強く言いました。
おいそれと行ける距離ではないのです。高速を走り続けて400キロ5時間プラス一般道ですから。
毎日が休みなのに、何も週末ごとに出かけなくたって。いくら車中泊と言えど、それなりにお金はでていくんですよ。
昨夜はクレジットの請求を見てびっくりしたばかりです。

息子がふらりと寄ってくれたりして気が紛れたのか、機嫌はよくなりましたが、息子が帰るなり、
「ちょっと出かける」と街中へカメラ片手に出て行きました。

夫はもしかしたらADHDの傾向があるんじゃないかしら、と今ごろ思う私です。

モンゴル牛糞

去年の7月モンゴルの草原で、夫のお気に入りの写真です。手にしているのは乾燥した牛糞。
このあとは当然私に投げつけました。


Comment:0  Trackback:0
2014
04.25

夫の写真

Category:
久しぶりに暖かくて春が戻ったようです。
ゴールデンウィークの話題に夫は、
「毎日が日曜日だから関係ないのに、どっかに行かなきゃっていう気になるよ」
と朝から牽制球を投げてきます。
5月1日の入院まで遊び倒すつもりらしい。

そしてまたカメラを持って出かけて行きました。
行く先も決めずにフラフラと80キロも走ってきてたらしく、
「毎日これでは怒られるよな。ガソリンの無駄遣いだ」と口先だけの反省。

撮ってきた写真を見てください。
農作業の人々。
おしゃべりするおばさん。
遊ぶ子供たち。

かかし8

1かかし

かかし4

かかし7

かかし2

かかし3

かかし5


わかりましたか?

このほかにもバス停で待つ夫婦。
釣りをする人。
草を刈る人。
わらを運ぶ人。
まだまだいるんですって。


Comment:0  Trackback:0
2014
04.24

入院延期

Category: 中皮腫のこと
通院日。CTと血液検査。
検査結果がよければ4クールめの入院になるはずでしたが、もう1週間様子を見ることになりました。
5月1日入院予定です。
もしかしたら行けるかもしれないと淡い期待を持っていた、山形県・峠ノ山の例大祭ですが、これで完全に行けなくなってしまいました。
さぞがっかりだろうと思いましたが、下手な慰めなら言わないほうがいいので、黙ってお昼にしました。
夫は食べ終わるとすぐに「お天気もいいし」とカメラを持って出かけてしまいました。
いろんなことを引きずらない人なので羨ましい。

私はと言えば、きょうは孫の家庭訪問だったので、なんで私が忙しいのかと内心ボヤキながら内外を片付けました。
この時ばかり見栄を張ってもと思うものの、まあ、恥ずかしくない程度に片付けました。
こんなことで家がきれいになるのだから、よしとしましょう。

毎日家庭訪問や、来客があれば気持ちよく暮らせるんだわ、と苦笑いです。


たまご

復活祭の卵です。
21日、三春からの帰りに点字の先輩宅に寄った時に頂いたものです。
少しも面やつれしていない夫を見て喜んでくれました。得難い友でもあります。


Comment:4  Trackback:0
2014
04.23

森林公園

Category: 花々のこと
水戸市森林公園に行きました。子どもが小さい頃はよくここで遊んだものです。
ふた昔前は手入れされた気持ちの良い里山だったのに、木々が育ち過ぎて薄暗くなったのは、人の手がうまく届いていないせいでしょう。
ソメイヨシノも山桜も終わって、今は山ツツジが咲き始めています。大きくなったツツジが咲きそろえば見ごたえがあることでしょう。

山ツツジ


お昼を食べた広場ではハルリンドウとスミレを見つけました。

りんどう
ハルリンドウ2

すみれ


それから、これはここだけの話。所有者がわからない、そのへんに咲いている八重桜の花を少し頂いてきました
桜茶を作りたかったのです。ごめんなさい。

八重桜
塩漬け1

塩漬けの後、酢を入れたら汁がピンクになってきれいです。



Comment:0  Trackback:0
2014
04.22

桜最終回

特に桜に関心がある訳ではないのですが、出かける先々で桜を見る機会が多くて、写真も増えました。今年最後の桜です。

20日、相馬からの帰りはどこも桜が満開です。
道路から大きな桜が見えました。民家の宅地内の桜で、見事な枝ぶりの1本桜です。

野良桜1
野良桜2

曇天の夕方、色がよくないのが残念です。言ったら息子が色調を変えてくれたのですが、あまりにきれいすぎて別物みたいなので、下手はへたなりに、オリジナルでいきます。

夜はどこなのか分からない田舎の公園の駐車場で野宿です。
メジロがなん10羽と蜜を吸いにやってきたり、カッコウも鳴きます。

野宿地桜

早朝起床。6時出発。二本松から岳温泉、三春を通って帰ることにしました。滝桜を初めて見ました。といっても車でゆっくり通っただけです。へんな感想ですが、写真で見たとおりの桜だなと思いました。
三春は町じゅう桜の木がいっぱいで、どの桜もみごとです。

小結桜

私たちは誰もいない、野良に咲いている1本桜をゆっくり鑑賞しました。のつもりでしたが、この桜は桜番付小結の「五斗蒔田桜」という 樹齢推定350年の桜でした。

最期に紹介するのは「馬場桜」。国指定天然記念物の桜で樹齢1000年。
とはいうものの、現在の姿はかわいそうなことになっていました。

DSCF6773.jpg
IMG_7793.jpg


今年の桜はこれで終わりですが、こんなに桜を追ったのは初めてでした。
二人で充分に堪能しましたが、夫はこの桜をどういう思いで見たのだろうと考えると淋しくなります。
はたして来年も二人で桜を追えるのだろうか。
いやいや、誰にも分からないことを考えたってしょうがないのです。


Comment:4  Trackback:0
2014
04.21

福島県へ

17日の血液検査の結果がよかったので、夫の虫が動き出して、先週末もまた急にでかけました。2月に亡くなった伯父の墓参りと友人に会いに行くのが目的です。

海側の国道は原発事故のあと通行禁止になったので、山側を迂回しなければならない遠い故郷になりました。
山あいを走ったおかげで、開花が遅い桜の満開を楽しむことができましたが、写真など撮る時間の余裕もなくひた走り4時間、夫は頑張りました。
途中運転を交代しようとしましたが、私、免許証を忘れてきちゃった。

故郷では、高齢の伯母にお悔やみが言えたし、会いたかった友人にも会えたし、頑張った甲斐のあった夫でした。
夜は友人二人と外へ出かけて、「久しぶりに楽しい酒飲みだった」そうです。

泊まったのは福島県相馬市の友人宅。
朝のウォーキングの時の写真です。

松川浦

相馬市松川浦。
大震災の津波のあと、この浦に郵便局舎がぽっかり浮いていたのです。

一応町は形を調えつつありますが、客の姿はありません。
でも旅館は軒並み満室で、私たちも泊まるところがなくて友人宅に泊まったのです。
それはなぜ?
それは港湾復旧工事・除染作業の作業員たちで旅館は満室なのです。

復旧途中の船着き場には大小の船が係留されています。
命がけで津波から船を守ったのに、100隻を超える船は漁ができないまま、ただ浮かんでいるのです。
ギイイ、キイイと船のこすれ合う音は、まるで船が泣いているようでした。

漁船


その津波の時は、この松川大橋を越えるのではないかと思われるほどの大波が押し寄せたと言います。

大橋


魚がとてもおいしい、松並みのきれいな松川浦だったのです。
海水浴、潮干狩りとそして何より、漁ができるようになる日が早く来るようにと願うばかりです。



Comment:3  Trackback:0
2014
04.18

ノイトロジン注

Category: 中皮腫のこと
抗がん剤投与3クールから12日めの水曜日、夫は外来で採血でした。
目に見える副作用は少ないけれど、血液のデータがあまり良くない夫ですが、今回は更に悪かったようです。
好中球の割合も下がったのでノイトロジン注を受けてきました。
そして結果を調べるために翌日も外来で採血だよと、暗くなっていた夫です。

そして昨日、白血球値は5倍以上に増えていました。増えすぎじゃないのというくらいの数値です。
そうしたら夫の遊び虫がまた動き始めたようです。
病院から帰るなり、「週末出かけるよ」
今度は故郷の福島県相馬地方です。

なんだか事を急いているように感じた私は少し悲しくて、いやだなぁという思いがよぎりました。
夫は何を考えているのでしょう。
近いけれど遠くになってしまった故郷と友人に別れを告げに行くのではないかと思ってしまったのです。
そんなセンチメンタルな人ではないので、私の考え過ぎだと思いますが。
まだまだ、このまま元気でいられるよ。寛解をめざして。

海棠


Comment:2  Trackback:0
2014
04.17

桜をもとめて 3

つづきです。
温泉に入ってリラックスして、さて帰るのかと思いきや、進路を南西にとっています。
ああ、西郷村に行くつもりなんだとすぐ分かりました。

そこは私たちの基地があった所、西郷ダムです。
40代半ばから5~6年間、なん10回通ったことか。
何もない、他に誰もいない山の中で、社会と繋がらない数日間を過ごします。
ところが、10年前の集中豪雨でキャンプ地が流されてしまいました。

大きな焚火と西郷の風が贅沢な、またとない隠れ家のような場所でした。

西郷ダム

西郷ダムは大震災では法面がくずれ、原発事故の放射能汚染も加わりました。
南西へ100Kも離れていて、原発と関係ない土地なのに、こんな線量計が数字を刻んでいるのです。
線量

ダムサイトを歩きながら、懐かしさで涙ぐみそうになりました。
地震で崩れたダムサイトはきれいに修復されていてあの頃と少し変わりましたが、吹く風は変わらずに貯水池を渡ってきました。

ダム操作室

発見、発見!! ワサビです。
はじめは川岸に生えていたワサビが、水の流れが変わって枯れかけました。
そのワサビを水源地のそばに数株移植したのですが、こんなに増えていたのです。
嬉しくてうれしくて、放射能などなんのその、摘みましたよ。

ワサビ

わさび

そうこうしているうちに夕方になってしまい、後ろ髪引かれる思いでダムを後にしました。
帰えろうと思えば帰れる時間でしたが、もう1晩車中泊することにしました。

翌日もう一度ダムに行くと、ダムの管理事務所の人と10年ぶりに会えたのです。
思い出を語り合い、また必ず来ますと約束しました。


桜をもとめてのドライブは、センチメンタル・ジャーニーに変わっちゃったけどね、また来れるよ、来ようね。


Comment:0  Trackback:0
2014
04.16

桜を求めて 2

ちょっと寒くて目が覚めたのが4時。
寝たり起きたりをしているうちに5時。フロントガラスが凍ってる!
車の温度計は外気温-1℃、寒いはずです。

陽が昇るにつれて気温は上がって、風もなくていい天気です。
夫はとりあえず車に放り込んできた釣竿を手に、里川へ下りて行きました。
私は土手を散歩です。
桜はほころんでいるけれど、数日早かったのが本当に残念。
かわりに梅が満開でした。梅・桜・桃がいちどきに咲くから三春というんだそうですよ。

近くの杉林の端に白と青の可愛い花を見つけました。

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ青

調べました、白と青のキクザキイチゲだと思います。違っていたら教えてください。



1時間ぐらいで、手ぶらで戻った夫です。さて荷物をまとめて移動開始。
ぶらりぶらりと着いたのは、釈迦堂川上流の竜生ダム。さらに上流へ林道を進みました。
水のきれいな川です。ここでも少し釣り上りましたが、5~6回ルアーを追ってきた魚影が見えただけでした。
フライを持ってくればよかったと夫。でも十分楽しんで満足、体力的にもここまでのようでした。

林道でようやく見つけました、カタクリ。
1輪だけ咲いていたカタクリの花と蕾です。

カタクリつぼみ
カタクリ




帰る途中で見た滝。
何も表示してありません。落差は50mはあろうかという名もない滝です。

滝


そして向かったのは天栄温泉。
他に客はなくて、それぞれが貸切風呂。外は雪が残っていていい風情でした。
寝湯に浸って小1時間。寝たのかもしれません。すっかりリラックスしました。

                               つづく


Comment:4  Trackback:0
2014
04.15

桜を求めて 1

さて、三日遅れで「桜をもとめて」を更新します。
9日の午後に退院。10日は里山を散策してきたばかりなのに12日、また桜の咲くところに行こうと言い出した夫です。
車にゴソゴソなにやら入れだしたので見ると、携帯ストーブ、シュラフ、毛布・・・
ん? 泊まる気?
ここで難色を示すと後が厄介なので、おとなしく着替えを詰め込みました。

「どこへ」
「どこにしよう」
午後、いつもの出発会話です。
思いついたのは福島県小野町の桜のようでしたが、行ってみると桜が見えない。

桜は今、仙台近辺を彩っているようですが、ここ福島県は、海沿いを北上して仙台まで行った桜は、今度は東北道を南下して来るのです。そして有名な三春の滝桜を咲かせます。

数日早かった・・・
それでも石川町の早咲きの桜が見られました。

石川町の桜



こうなってしまえば進路を北西に取って行き当たりばったりのドライブ。
ふらりと入った林道で、水が湧く小さな湿原を見つけました。

湿原


ショウジョウバカマ

咲いていたのはミズバショウ・リュウキンカ・ショウジョウバカマだと思います。


今夜のねぐらに定めたのは、福島県岩瀬郡天栄村中郷地区河原土手。
294号線のこの辺りの土手には、6~7キロ続く桜並木がありました。自然の中にさりげなく続く桜並木です。
開花にはあと一息。明日には咲くかもしれません。

天栄の桜


明朝の予報気温は1℃。風が冷たくなってきました。


Comment:4  Trackback:0
2014
04.14

花ワサビ

嬉しいことがあったセンチメンタル・ジャーニーでした。
帰りの運転・帰っての片づけ・夕飯作り・・・

お風呂の中でいつの間にか眠ってました。
寝たいけどこれだけはと、収穫してきた花ワサビを醤油漬けにしました。
写真を撮って、今夜は寝ます。

ワサビ漬け



Comment:0  Trackback:0
2014
04.13

もう一泊車中泊

今朝の気温は、マイナス1度でした。
無事でした。
いろいろ嬉しいことがありました。

嬉しついでにもう一泊車中泊。
写真もたくさん撮りました。
帰ったらゆっくり書きます。
慣れないスマホで苦労しています。

コメントをいただいたみなさま、帰ったらお返事しましす。ごめんなさい。

Comment:2  Trackback:0
back-to-top