2014
05.31

運動会・衣替え

朝6時に花火が3発打ちあがって、きょうは孫の小学校最後の運動会。
いまどき「開催します」のお知らせが花火ってと思うけど、他の地方でも花火上がりますか?
近隣の小学校のぶんも景気よく、バン、パンパンパン・・・ドンッ、ドンドンドン・・・

6年生の競技は4種目で、そのうちひとつは選択制だそうです。
走るのが得意な子は100メートル走を選んだようですが、孫はチャンスをねらって借り物競争を選びました。

かりもの

孫の選択は正しく、3等賞 !!
(ちなみに、「緑色の服を着た人」を引き当てて、引きずられるように走っているのが孫です) フフフ。
真夏のような天気の中、みんな頑張りました。


きょうで5月が終わり、梅雨に入るのも間もなくでしょうか。
いつまでも気温が安定しなかったのと、山で野宿していたのとで、長袖がなかなか片付けられずにいましたが、さすがにきょうは衣類の入れ替えをしました。
着なかった衣類、もっと潔く捨てられればいいのですが、どうも捨てることが苦手です。
来シーズンこそは、と何年も言ってるし~

洗濯物も短時間で乾いて、やっと衣替え終了。


Comment:4  Trackback:0
2014
05.31

失敗続き

Category: そのほか
スマホで書いてみたのですが、今回は投稿に失敗しています。
何が悪いのかもわからないし、2度も失敗したので気力が萎えました。
帰ったらパソコンからやってみます。
コメントをいただいたみなさま、ありがとうございます。のんびりしております。
Comment:0  Trackback:0
2014
05.30

歯医者さん

Category: 花々のこと
私はきょうは歯医者さんに行きました。
新人の歯科衛生士だったようで、丁寧なのはいいけれど、もう、2時間もかかりました。
顎が疲れて、閉じる時にはどうすれば閉じるんだっけ、と一瞬考えたほどです。

帰ってみれば当然夫の姿はなく、携帯もたぶん圏外なのでしょう、連絡はなし。
「お父さんって、たしか病人だったよね」
と昨日娘が言ってましたが、まったく私もそう思いますよ。

15時の気温29.7℃。どこかで涼んでいるんでしょうか。


きょうの猫の額

十六夜ばら1

十六夜ばら2
十六夜バラ  完全に丸く咲かないで一部が欠けていることからついた名前とか。
名前は優雅だけれど、棘が手強いです。

ドクダミ
八重咲きのドクダミ  

行者ニンニク
行者ニンニク


Comment:2  Trackback:0
2014
05.29

久慈川カヌー

週の初めの約束通り、今日はカヌーのサポートでした。
場所は茨城県大子町。久慈川を下りました。
この川は鮎釣りで有名。6月1日からは鮎が解禁になって、長い竿があちらこちらから川に突き出されます。
とてもじゃないけれどその間をぬって漕ぐことはできないので今週中にやりたかったのです。
釣りの人だけの川じゃないと思うんだけど、カヌーは邪魔者扱いです。
怒鳴られたこと、石を投げられたこともあるんですよ。

遠くで雷の音がするので急いで組立。午後2時半流れていきました。

上小川
下小川

途中1カ所厳しい場所があって、危うく沈しそうになったそうですが、いつもよりだいぶ早く、1時間で無事到着。
カワセミがいつもの場所に姿を見せてくれ、満足の川下りだったようです。


Comment:2  Trackback:0
2014
05.28

塵も積もれば

Category: 点訳のこと
昨日のやる気が消えないうちに、きょうはサークルの活動データを整理・入力しました。
全国の点字図書館やボランティアサークルに所属している点訳者の点字完成データは、「サピエ図書館」というところに蓄積されます。
2002年、所属していたサークルを先輩と二人で飛び出して、二人だけで活動を始めた私たちですが、運よく「サピエ図書館」の審査に合格して、データをアップする団体として登録することができました。
たぶん、一番小さい団体だと思います。
12年間変わらない3人の外、多くても3~4人。
このメンバーで年間平均12タイトルの本を点訳してきました。
完成したデータは12年間で、延べ3800回ダウンロードされています。
読者がただ一人でも、あるいは図書館に積まれているだけでもいいと思いながらも、この「3800」という数字はやはり嬉しく、励みになります。

ダウン



きょうの猫の額はサヤエンドウ。花だけでも可愛いと植えてみましたが、少しだけ収穫できました。

サヤエンドウ



Comment:0  Trackback:0
2014
05.27

意欲

Category: 点訳のこと
点訳の勉強会に出席しました。
勉強会と言っても、出席者は私を入れて3人。
そのうちの一人は盲学校の元教師、そして生徒は2人だけの寂しい集まりですが、有意義な2時間でした。
久しぶりに他の人の意見を聞き、学ぶことができて、やる気が湧いてきました。

私の時間を大事にしよう。
放り出していた家事も片づけよう。
本も読みたい。
音楽にも浸りたい。



Comment:4  Trackback:0
2014
05.26

俺の仕事

Category:
治療は中断なのか終了なのか。
夫は、抗がん剤治療が4回~6回と聞いていたのに、4回で終わったことに釈然としない思いを抱き続けているようです。
友人との電話でも、
「元気にしてるよ。だけど、なんか、見捨てられたような気になってしまって・・・」
と言っているのが聞こえました。
ぼうっとしている姿をちらっと目の端で見ていたら、
「やめろよ! ぴりぴりするの。俺は大丈夫だから」
と叱られてしましました。

(なにさ、人の気も知らないで)
と心の中で言い返しましたが、そうだわ、普通にしてるんだったわと気を取り直しました。

夫はその後、物置でゴソゴソしていましたが、エレクトーンの解体を始めました。
ほとんど弾かれることもなくなったエレクトーンがリビングにあります。夫が自宅療養になったら邪魔なのがこのエレクトーン。
療養ベッドを入れるスペースを確保しておきたかったので、そのことは言わずに、邪魔だから処分したいとだけ以前に頼んでいたのを覚えていたのです。
解体して、知人に処分場に持って行ってもらおうと、あれこれ苦労しながらドリルを回していました。

先週末に訪ねた私の友人が、亡くなったご主人の品々を片付ける辛さを語っていたのですが、聞いていたのでしょう。
残る私にそういう思いをさせたくないと考えたのかもしれません。
背中でドりルの音を聞きながら私は流しで洗い物をしていましたが、涙がこみ上げてきました。
ああ、夫はいま自分の終わりを意識しているのかもしれない・・・

バラバラにになったエレクトーンを外に運び出して、
「まだ使えるのに勿体ないことしたな」
と言いながらも、ひとつ仕事を終えホッとしているようでした。
「あとは、本棚の整理と・・・押し入れ・・・あとはなんだ? おれの仕事」


ユキノシタ
きょうの猫の額  ユキノシタ



Comment:0  Trackback:0
2014
05.24

お見舞い

もう、またしてもお出かけでした。
今回は病気の友のお見舞いに福島県いわき市へ。
この友は以前に書いた友だちで、去年の秋に会ったきりでした。
友は原発事故の2年前にご主人を脳腫瘍で突然亡くし、事故の2年後に自身が直腸がんの手術、その後肺に転移。
私は、自分が病気でないだけ幸せなのだと何度もこの友を思いました。
夫と友は、互いに慰め慰められ、元気づけられたようでした。

友の家を辞して向かったのは、福島県いわき市田人町の四時渓谷。
途中、山あいの国道で見た! 初 Google 車。いつもお世話になってます。

google

真っ暗、携帯圏外のこの地で、夜は8時に寝て、朝は4時に起き出す健康生活です。
初めて見た白い花2種。「春 白い花 木」で検索して、多分これかなと思いますが、あっているかしら。

トチノキ2
トチノキ1
トチノキ(マロニエはセイヨウトチノキですって)


オオカメノキ1
オオカメノキ2
ヤブデマリ(かわいい花をたくさんつけています)


Comment:2  Trackback:0
2014
05.22

現状維持

Category: 中皮腫のこと
きのうは外来でCTと血液検査でした。
今までの何回かのCT画像を見比べて医師の判定は。
  胸水はわずかに残っているが、増えていない。
  胸膜の硬化は見られるが、厚みに変化はない。
  リンパの黒い影がうすくなった。
などのことから、病状に大きな変化はなく、安定しているとのことでした。
少し前からの軽い咳、痰が気になっていたのですが、気管に悪いところはないとのことでホッとしました。

抗がん剤は4回で休んで様子を見るそうことです。
退院の時の別な医師との面談では、今日のデータの結果次第では5回目の抗がん剤投与があるかもしれないと言われていましたが。
夫は少しショックだったようです。
「なんだか見捨てられたような気がするな。ちょっと嫌な気分だよ。打つ手がないということか」
と言って少し浮かない顔をしていました。
けれど、1か月後の外来の日までは、自由の身。またもや、楽しい計画を考え始めているようです。

医師は毎回セカンドは? と聞きます
臨床経験の少ない中皮腫患者。標準治療と言われていることをしているだけ。
だから、他の医師の意見を聞いてみたいのからかしら、と勘繰ったりして。
この医師にしても、呼吸器の専門医。他の病院からセカンドを求められれば、この医師が対応するようです。
セカンドオピニオンって、こんなものなのかと考えてしまいました。
どの病院のどの医師のセカンドを受ければいいのか、患者が決めるのですから難しいです。


Comment:2  Trackback:0
2014
05.21

道にはみ出た枝

Category: 思うこと
朝から強い雨。雨は短時間で小降りになりましたが、午後からは風が強まってきました。
きょうは外へ出なかったので、前に撮った写真のことを書きます。

垣根


私は視覚障害者の外出のお手伝いをしていたことがあります。
ガイドをして外を歩く時に気をつけることは、実に多いのです。
前方の障害物・道路の段差・階段・・・などですが、頭上の障害物も気を使います。

こういう垣根を見ると、できることなら電動刈り込み鋏で刈ってやりたいと思ってしまいます。
道路を歩くときは車道側をガイドが歩き、垣根側を視覚障害者が歩きます。
この写真のように垣根が道路にはみ出していると、そのぶんだけ二人は車道側へ入り込むことになって神経を使います。危険です。
また、塀の上から道路に出ている枝が迷惑です。
頭をぶつけるくらいは「痛っ」ですみますが、顔の高さに枝が突き出ていたらどうでしょう。
ガイドと歩いていれば教えてもらえますが、白状を使って一人歩きをしている視覚障害の方々もたくさんおられます。
地上は白杖をついて確かめて歩けます。けれど、空中を振り回して歩くわけにはいかないのですから。危険すぎます。
私もよそ見をしていて、目の前に現れた木の枝で危うく目を突きそうになったことがありました。怖かったです。

お隣との境界には神経を尖らしても、道路との境界を侵していることには無神経な人が多いと思いました。


Comment:4  Trackback:0
2014
05.19

急かないでよ

Category:
まったくじっとしてられない人は釣りですって。
「帰りは夜になるかもしれない」
「うーん? それなら泊まってきたほうが安心だわ」
待ってましたと出かけました。
栃木県塩屋町、鬼怒川水系の川にいると連絡がありました。

追い立てられているみたいに遊びまわる夫を見て、複雑な思いです。
本当に病人なの? と言われるほど元気なんだもの、そんなに急がなくても時間はあるわよ、と私は内心思います。
でも本人は違う。今、元気な今、と思っているのかも。
発症から半年、次の半年が元気だと誰も言ってくれない。
淡々と見える夫ですが、気持ちは急いているのかもしれません。
 (そんなに急かないでよ。悲しくなるわ.........)

このごろちょっと風邪っぽいのでは、と思うときがありますが、胸水が溜まったせいでないといいのですが。


競馬

関連のない写真ですけれど、アルバム見ていたら懐かしくて・・・
去年7月にモンゴルに行きました。これでちょうど今ごろの時間夜の8時半です。
ツーリストキャンプのスタッフとガイドたちが本気で競馬をしたあと、談笑しています。
真ん中の馬から降りている少年が1等でした。
夫のお気に入りの1枚です。
モンゴルの旅話なんかも書くつもりで始めたブログでしたのに・・・


Comment:2  Trackback:0
2014
05.18

コンサート騒動

Category:
息子とホテルで1泊して夫は帰ってきました。
もう、あなたってコンサートに嫌われているんじゃない?

何年か前にもコンサート騒動があって、こちらは夫側の問題ですが。
コンサート2日前に孫からインフルエンザをうつされて、高熱でダウンしたのです。
中島みゆきのコンサート、浜松会場が取れたのですが、見切り発車で出かけたものの、当日になっても回復しなかったという前歴がありました。
結局、車の後ろで往復寝ていただけの笑い話になっています。

さて、きょうのポールはどうなのでしょう。
ホテルを出ていないとか、サウンドチェックが始まらないとか、怪しい書き込みがあるようですが。
明日は? 息子は半休をもらえるように頑張るそうですが。

今16時30分、Twitterでは、本日も公演中止の情報がドドドドド~~~ (>_<)
明日は? 明日の振替公演も中止ですって。


そんな人間の騒ぎに関係なく、庭の花は咲いてくれています。
きょうの猫の額のクレマチスとバラ。
母の日にもらったアジサイ。

紫クレマチス

バラ 

アジサイ



Comment:4  Trackback:0
2014
05.17

コンサート延期

Category:
なんということでしょう。
コンサートはポールの体調不良で月曜に延期になったのです。
夫の体調を考慮して、日帰りはキツイだろうとホテルまで取って出かけて行ったのに。
せっかくの親孝行だったのに。
息子はしかたないよ、と言いながらも力ない声。
「俺は会社を休めないだろうから、お母さん月曜日にお父さんと行ったら?」
と言ってくれてます。それはそれで嬉しいのですが。

息子は二人分のチケットのために、本業のほかに頑張りました。
お嫁さんは家計をやりくりしてお小遣いを捻出してくれました。
娘二人もどこを遣り繰りしたのか、ホテル代を持ってくれました。

思えば息子は思春期以降、父と二人だけで出かけたのは今回が初めてではないかしら。
今夜ホテルで何を語らうのでしょう。男二人で。
娘は、「それができただけでも、みんなの良い思い出になるよ」と言ってくれています。

もう、その気持ちだけで十分です。
こどもたち、ありがとう。


Comment:0  Trackback:0
2014
05.16

テレビを見ました

Category:
「激走! シルクロード 104日の旅」というNHKの番組を見ました。
再々放送くらいかもしれません。
「オーバーランドツアー」で行くシルクロード、いいね、と最初の放送の時に憧れましたが、英語が満足でない私たちには無理と諦めました。

イスタンブール、イラン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、西安 ・・・
実は夫は1月末で退職する予定でした。
だから、時間ができたらせめてウズベキスタンに行こう、と決めていました。病気だとも知らずに。

サマルカンド

きょう、二人ならんでテレビを見ました。
(ああ、サマルカンド・・・)
無言で見ました。


ちょっとおセンチになったけど、さあて、気持ちを入れ替えます。
明日はいよいよ、ポールのコンサート!
子どもみたいに騒いだりしないけど、内心はきっとワクワクしているはずよね、お父さん。


Comment:2  Trackback:0
2014
05.15

バラとバラ科の車輪梅

Category: 花々のこと
きょうは猫の額をウロウロしてました。
狭い庭で陽当たりもさほど良くないうえに、管理が下手な私に育てられている家の花たち。
気の毒でな花たちですが、季節が来ると健気に咲いてくれます。
引っ越しの時、とりあえずと置いた植木鉢が忘れられて、咲かなくなってしまったアヤメを陽のさすところへ植え替えました。
このアヤメは父の庭から貰ったものですが、父が亡くなって36年ですから長いねえ。
長いと言えばシャリンバイも、父の庭から貰ったものです。これは私が中学生のころから咲いていました。

シャリンバイ2


薔薇自慢のみなさんにはお恥ずかしい管理の薔薇ですが、今年も蕾をつけてくれました。

薔薇
20年前の母の日のプレゼントを庭に挿しておいた薔薇 なので、名前は分かりません。

十六夜薔薇
十六夜薔薇。蕾は少しグロテスクですが。


最後に写真だけですがこのバラは、去年、筑波実験植物園で惚れた薔薇です。名前はサクラバラ。
広い庭が持てたら欲しい、可憐な薔薇です。

桜薔薇1

桜薔薇2



Comment:8  Trackback:0
back-to-top