2015
01.31

昨日のリフレッシュ

昨日は友人と久しぶりのダベリングでリフレッシュしました。
幼なじみの友人は川西市に住んでいますが、ご主人は単身で東京住まい。
時々お掃除など身の回りのお世話に上京しますが、その時に連絡が来てお喋りを楽しんでいます。

今回も5時間喋りつづけ、口は疲れましたが気分は少しは晴れたかな。
私たちには共通の感情があって、これは誰にでも理解してもらえるものではないので、二人で語っては慰め合っているという、消極的なストレス解消なのですが。

口が疲れて帰ってみると、まあ、孫のさいちゃんが来ているではありませんか。
元気いっぱい喋りつづける孫の声で、今度は耳が疲れちゃいました。

きょうは朝からさいちゃんの独り舞台で彼女は大満足、私たちは耳がキンキン。
お昼過ぎに寒い宇都宮に帰って行きました。
しーんとした家の中、後片づけが淋しかったです。


夫の1枚

ポインセチア

奄美のポインセチア


Comment:2  Trackback:0
2015
01.29

労災支給決定

Category: 労災
<労働者災害補償保険 療養・休業補償等 支給決定通知>が届きました。

療養補償(医療費)は新年早々決定の電話をもらっていて、病院と健康保険組合に手続きをしていたところです。
まず病院に支払った窓口負担金が返金されました。
次に、受け取った傷病手当金を健保組合に返納して領収書をもらい、それを労基署に提出して、ようやく支給決定通知が出たのでした。
あちこち行ったり電話をしたり、これまでにいったい何枚の書類を書いたでしょう。
役所の理解できない文章にペンを投げ出し、頭を絞りながら、どうにか通知をもらえるまでこぎつけました。

知らなくていいような知恵が少しはついて頭に残っていますので、これから手続きをする人のための手助けができればいいなあと思っています。


きょうはまた、別の嬉しいニュースもありました。
  http://outthere-japantour.com/

去年中止が分かった時には、もう2度とチャンスはないと思いました。
ポールはそのうち再来日するだろうけれど、それまで夫は元気でいられるだろうかと内心思っていたのですが。
その日が来るとは・・・
兄弟家族で先行予約してチケットをもぎ取ります。

だからね、4月、がんばろうね、渓流釣りも解禁だしね。


Comment:2  Trackback:0
2015
01.28

テレビ番組 2題

Category: 思うこと
BSプレミアム もうひとつのニュー・シネマ・パラダイス ~トルナトーレ監督のシチリア~ を見ました。
映画を語れるほど多くの映画を見たことはないのですが、『ニュー・シネマ・パラダイス』は好きな映画のひとつです。
泣ける映画のランキング上位の映画らしいのですが、そうストーリーも良い、泣けます。
が、全体を支える細かい繋ぎも良いと思っていました。
この番組でそれがわかりました。
再放送、再々放送があるのではないかと思います。機会があったら皆さんも見てください。

BS世界のドキュメンタリー  シリーズ アウシュビッツ解放から70年 「囚人番号A26188~ホロコーストを生き延びて~」を、きのう深夜というか、きょう日付が変わったころ偶然見ました。
見なければならないドキュメントでした。
そして今日も見ます。
「ヒトラー・チルドレン~ナチスの罪を背負って~」を見たいと思います。
HDDを持っていないので、もう少し起きていて見ます。


Comment:0  Trackback:0
2015
01.25

あれから1年

Category: 中皮腫のこと
1年前の1月下旬は、中皮腫の確定診断のために生検を受けて、診断が出るのを待つ身だったなと思いました。
肺に水が溜まっているから大きな病院にと言われて、水を抜けばそれで終わりと軽い気持ちで行った病院でしたが、即日入院。
最悪肺癌かと心配しながら数日、それでも病名は告げられず。
いったいどうなっているんだろうとネットを彷徨って疑ったのが、悪性胸膜中皮腫。
まさか、そんなこと、それだけは・・・との願いも空しく、胸水にはヒアルロン酸が含まれていたということから、中皮腫以外の病名は考えられなくなって。
入院中の夫とは話し合うこともできずに、一人眠れない夜が続いていたんだっけ・・・

くよくよしない夫に助けられて、ただ今日の日を過ごしていた数か月でした。
6月にセカンドオピニオンを受けたさい、肉腫型の平均余命は半年といわれ、重い事実に再び谷底に落ちたような気持ちになりました。
「次の半年、次の半年と目標を捉えていくのがいいと思いますが・・・2年はないと思ってください」

その日から半年が過ぎて、今元気で次の半年を目指しています。
あの時はお正月が迎えることができないのではないかと思いましたが、嬉しい思い違い、変わりなく過ごしています。

夫の病理診断は正しかったのかしら、上皮型の間違いではと時々思います。
肉腫型でなく上皮型であったなら、緩やかに病気が進行して、5年10年という人もおられるとか。
そうではなくて肉腫型で間違いないのなら、夫はかなり強運なのでしょう、この元気。
でもこの病気、穏やかに変わりなく暮らしていて、そして急変という病状を覚悟しておかなければならないようです。
そういうデータがあるのを見ましたから。

こんなことを書きながら、他人事みたいな気持ちでいます。
元気な夫からは何も想像できなくて、覚悟のしようがないものですから。


きょうの1枚
s-DSCF8543.jpg

奄美のポインセチアの木
宿のポインセチアは鉢植えのものとは大違い
幹が子どもの腕くらいの太さ、まさしく「木」です



Comment:2  Trackback:0
2015
01.24

おもちゃづくり

Category:
日差しが明るくて風もなく外はポカポカです。
夫は外でおもちゃ作りをしています。
釣りのシーズンが終わって何をして過ごすのだろうと思っていましたが、まさか木工に手を出すとは思っていませんでした。
夏のあいだは釣りにカヌーにキャンプと遊びに事欠かない日を送っていましたが、寒くなって外遊びができなくなりました。

遊びが上手いねと、人から言われていましたが、それは働いていての話。週に1度の休みだから楽しく遊べたのだと思います。
退職しても今までと同じかといえばそうではなく、365連休になってはじめて、時間の長さに気づいたようです。
今までは、入院と入院の間の時間という区切りがあって、それに合わせて飛び回っていたからまだ良かったのですが、次の入院がいつと分からない今、1日を無為に過ごす自分に驚いたのでしょう。
何かしなければと考えた時に、孫におもちゃを作ってやろうと思ったようです。
図面を楽しく引き始め、材料を買いにホームセンターへと、ここまでは良かったのですが、制作は別の話。悪戦苦闘中です。
簡単に作られたのでは時間潰しにならないからちょうど良いのですけどね。

hP0U4cnweONymGG1422081603_1422082019.png


タイヤでつまずきながら、この後なんとか仕上げたのですが納得いかなかったようで、また別のを作っています。
私はね、こんな大きなトラックを何台も作られるより、棚をひとつ作ってもらったほうが嬉しいわ。



Comment:4  Trackback:0
2015
01.21

アンマー

私、ブラウザはFirefoxを使っていますが、数日前に突然YouTubeの音が聞こえなくなりました。
音量ボタンやら音量ミキサーやら確認して問題なし。再起動をしてもダメ。
検索で解決策を求めるも、ある程度までは分かるのですが、深いところはわかりません。
Explorerでは問題なく聞くことができます。
分からないなりに、いろいろやってみましたがダメ。
こうなりゃ再インストールかなと、やってみました。
おお、聞こえる聞こえる。
そして手当たり次第にクリックしているうちにたどり着いたのが、「かりゆし58 『アンマー』」
これ、私の歌。

なぜって、それは・・・
私は家族から「まりかあさん」と呼ばれています。
たぶん夫が私を「まりー」と呼んでいたからだと思いますが、孫が自分の親を「おかあさん」、私を「まりかあさん」と呼んだのが始まりです。
それを口のまわらない別の孫が真似て言ったのが「アンマア」。
なぜ島口なの?
そうではなくて、言葉の始めになんでも「あ」を付けていた孫でしたから。
あ + まり → あんまー
そんな曲名があるのは知っていましたが、初めて聞きました。

曲のような心の広い「アンマー」でないのに自分の曲というのもなんですが、聞いてみてください。



ちなみに夫は「ダア」と呼ばれています。
「ダディ」や「ダーリン」の「ダア」ではないですよ。
口のまわらない娘が40年前、「おとうさん」を「ダータン」と呼んだからです。



Comment:2  Trackback:0
2015
01.20

抗がん剤中休み

Category: 中皮腫のこと
外来、造影CTでした。
患部に動きはないという判定です。
抗がん剤は少し休んで様子を見るとことになりました。

「橋○先生、なんかこのごろ自信に満ちた言いかたするね」
「セカンドの先生の返事をもらってからじゃない?」
「その前は納得のいく説明も方針も示されなかったのに」
自分の治療方針に自信がなかったのが、私たちがセカンド医のところに行くのを渡りに船と思ったのかどうか・・・

「どうなんだろうね、方針は」
「私たちがどうこう言える知恵もないしねぇ」

というわけで、2月末の外来まで自由時間が与えられました。
6週間を楽しみましょう。


s-DSCF8617.jpg

奄美の貝


Comment:0  Trackback:0
2015
01.18

ぐい飲み

Category: 思うこと

s-DSCF8609.jpg


この素朴なぐい飲みは、私たちの故郷・福島で作られたものです。
右は相馬駒焼き、左は大堀相馬焼です。
駒焼きは友人の結婚式で乾杯の時に使ったもので、以来40年、萩の七ばけのように色が変わって、味のある色になってきました。
友人とはなんとなく疎遠になっていますが、これを見ると思い出します。
お互いに変わっているんだろうな、怖い気もしますが、会いたいな。

大堀焼きは、原発事故で帰宅困難区域になった浪江町大堀地区で作られています。
釉薬の原料が放射能に汚染されて一時は廃業するかと思われましたが、新しい釉薬が開発され、今は二本松市に工房を移して生産しているそうです。
田舎っぽくて重くて好きな器ではないのですが、昔と同じ大堀焼きはもうないと思うと、こんなふうに写真なんか撮ってしましました。

阪神淡路大震災から20年の記事を読んで、私は故郷の友たちを想いました。


Comment:4  Trackback:0
2015
01.15

爪囲炎

10日ぐらい前から、右手中指の爪のあたりが赤く腫れてきました。
痛くはないので放っておいたのですが、旅行中に痛くなったら厄介だと思って前日に病院に行きましたが、炎症を抑える薬と抗生剤を処方され、治らなかったら旅行後に切りましょうと言われました。
治りませんでした。
ひどくはないけれど痛みもでてきたのできょう切開してきました。
皮膚の深いところが化膿していたそうです。
麻酔の注射が痛かった~ (>_<。)

水仕事ができないので、私が作るより手間をかけて夫がおいしいカレーを作りました。
坐っていて食べられるなんて良い身分と思いますが、なにか居心地も悪くて、「すみませんね」という言葉が出るのは長く専業主婦でいた私の性ですかね。



s-DSCF8476.jpg
奄美大島のスミレ

スミレ咲く20℃の地から帰ったら、きょうの水戸は冷たい雨が降って最高気温は8度。
今はたぶん3度くらいでしょうか。みぞれに変わるかもしれません。



Comment:4  Trackback:0
2015
01.13

東シナ海

Category: 奄美大島
曇り 風やや強し 気温18℃

きょうこそ何も予定がなくて、朝食を食べてから近辺を散歩。
貝を拾ったり、南国らしい植物を撮ったり。
その後、人は最端に行きたがるの例にもれず、東シナ海が見える岬を目指しました。
海に変わりはないだろうけど、日本海ではなく東シナ海、と言いながら。
海辺の曲がりくねった道、山を越える急カーブをの果てに着いたのが屋鈍という部落。
これより先に道はなし。
曇り空、人っ子ひとりいない。
海辺を散策するもウミガメが打ち上げられていたのを見たくらい。

私はこれで太平洋、日本海、地中海そして東シナ海、空の上からオホーツク海を見たことになります。

IMG_5933.jpg

屋鈍海岸から見た東シナ海
晴れていたら海の青がさぞや美しかったでしょう


DSCF8579.jpg

屋鈍部落のサンゴの石垣


DSCF8592.jpg

東シナ海の証拠、中国からの漂流物


さて郷土料理の鶏飯もおいしくいただきました。
夫は奄美大島・徳之島・与論島・沖永良部の黒糖焼酎を味わい、私はオリオンビールを飲んで奄美の最後の夜を味わっています。


Comment:0  Trackback:0
2015
01.12

シーカヤック

Category: 奄美大島
曇り時々晴れ 風時々強し 気温16℃くらい
出発の前の晩は目覚ましをセットしたのに、それが気になって1時間おきに目が覚めてしまいましたが、昨夜は9時前には寝てきょうは体調万全。
午前中はシーカヤックを漕ぎました。
雲が多い天気でしたが、風が吹かないうちにとインストラクターに続いてホノホシ海岸をこぎだしました。
枝珊瑚の群生の上、エメラルドグリーンの水をすくいながら漕いで、藻刈浜に上陸。
インストラクターの家で休憩。奥さんが育てた完熟シークワーサージュースをとてもおいしくいただきました。
帰りは加計呂麻島を右に見て、太平洋に向かって漕ぎました。
陽が差すと海はマリンブルーに変わります。
2時間の海の散歩を楽しみました。

DSCF8512.jpg

IMGP3197.jpg

IMGP3210.jpg



お昼は近くのレストランで。
店内は楽器がセットされ、天井にはラジコンヘリが2機ぶら下がっています。

IMGP3212.jpg

曰くありげな雰囲気は、この趣味の持ち主のご主人が数年前に癌で亡くなったらしいことで頷けました。
ご主人の店を守って、奄美大島の南のはじっこに一人住むこの人の姿を複雑な思いで見ました。
一人の生活をする人を羨ましいと思い、淋しさにどう耐えているのかと案じ、私にはできるだろうかと思いました。
そんな私の思いを知らず、夫は昼からビールを飲んで、宿に帰って昼寝です。
うーん、妻の心夫知らず (+o+)


Comment:2  Trackback:0
2015
01.11

奄美大島

島時間が流れています。
奄美大島にいます。

緋寒桜が咲いて、すみれが咲いて、ハゼノキが真っ赤に色づいて。
季節が一緒くたになっているみたい。
海岸は貝殻やサンゴの欠片がいっぱい。

私たちは早朝5時に家をでましたが、孫たちもきょう、広島に帰りました。
4歳の孫が手紙を置いて行ってくれたみたいです。
Facebookにアップされていました。

てがみ



Comment:2  Trackback:0
2015
01.10

新年から10日間

Category: 中皮腫のこと
新年も早10日。
孫たちに忙殺されていました。

その間、6日に外来受診。
東京のセカンド医と概ね同じ意見で、2カ月くらいの休みを取りながら抗がん剤、アリムタ+シスプラチンを続けていくという方針が示されました。
「その間は自由行動してもらって」と主治医は微笑しました。

それではと、11月に急病のためキャンセルした旅行を再び、ということになりました。
明朝早く出発します。
お天気も良さそうだし気温は18℃から20℃くらい、何する予定もないのんびり旅を楽しんできます。


そして朗報が。
5日、労働基準監督署の青○氏から労災認定の電話がありました。
正式には、受け取っている休業補償などを返納してからということで、保険組合に金額の算定をしてもらっています。
夫はしみじみと「よかった。肩の荷が下りた」と呟きました。
この言葉は、労災遺族年金を受け取れるという、先に逝く者としての責任を果たした気持ちなのだと思い、涙があふれました。
ありがとう、あなた。なんと言ってよいか分からない。



Comment:4  Trackback:0
2015
01.07

ミニーマウス

元旦の夕方に広島の娘が4歳と2歳を連れて帰省して以来、毎日があっというまに過ぎています。
きょうの母子はディズニーランドへお出かけしたので、私たちはしばしの休息。

s-DSCF8467.jpg前の日になってこんなものを作り始めた娘。
毛糸の帽子は既成品を買ってきましたが、耳を編んでリボンも作りました。
結局は時間がなくて、私にお鉢が回ってきたのですけど、お兄ちゃんのミッキーマウスも作ったのです。
水玉のスカートをはかされた妹ちゃん、ニコニコって手を振っていきました。
お兄ちゃんのほうは、本当は嫌らしく、仕方なく付き合って赤いズボンをはいて憮然として行きましたが。
こんな寒い時に、うすら寒い格好させて、と婆は心配しています。

衣装作りから始めて、テンションを上げていく。これがディズニーランドを2倍も3倍も楽しむ方法ですって。
婆にはわからない。
ディズニーランド、わりあい近くに住んでいながら1度も行ったことのない(行きたいとも思わない)、希少価値のある人だと娘たちから言われている私です。

そうこうしていたら Facebook に写真がアップされて、元気に楽しんでいるようです。
そうそう、お兄ちゃんは口が上手く回らない頃、ネズミーランドって言ってました。ある意味正しいです。

s-ミニー

風邪をひかないで帰っておいで!



Comment:2  Trackback:0
2015
01.02

新年のごあいさつ

Category: そのほか
新年おめでとうございます。
昨年同様おつき合いくださいますようお願い申し上げます。

寒い寒いお正月になりましたが、当地は太陽が顔をみせて穏やかです。
世の中も我が家も、お天気のように、厳しいけど希望がある一年であって欲しいものです。


s-DSCF5843.jpg

モンゴル草原の羊(山羊?)


元旦早々、広島の孫が帰省しています。
仕事の関係で父親は留守番。娘が一人で4歳、2歳の子の手を引いてやってきました。
人なつこいのは嬉しいけれど、すっかり爺婆っ子になって我らはもうくたびれていますわ。
う~~ん、10日間・・・



Comment:2  Trackback:0
back-to-top