2015
04.29

葡萄川 雷峠

Category: 峠ノ山 2015
毎日が日曜日なのに、5月1日の峠ノ山のお祭りに行くため、世間と歩調を合わせて連休に遊びに出かけています。
昨日は点訳の先輩であり良き友のお宅を久しぶりに訪問しました。
お昼をご馳走になった後、夫は釣りに私たちは勉強会。激論を交わし楽しみました(笑)
夕方さようならをして寝る場所を探しながら新潟方面に向かい、阿賀野川パーキングをその夜の野営場所に決めました。

今日は朝4時半行動開始。
夫は新潟県朝日村の葡萄川で釣りです。今日は2時間位で上がってきました。満足の釣りだっようです。

峠ノ山を目指して車は進み、雷峠を越えると山形県。
今夜の野営地を見つけ、暗くならないうちに乾杯と食事になりました。
イラ草、コゴミ、三つ葉入のインスタントラーメンです。
溶け残った雪でキンキンに冷やしたビールと山菜がとてもおいしかったです。


Comment:2  Trackback:0
2015
04.27

「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015」

去年のコンサート中止、再来日はあるだろうと言われていましたが、それまで夫が元気でいるという保証はないと思っていた1年前でした。
チケットは手に入れたものの、急に体調不良にならないかと内心ドキドキもしていました。
それが無事25日を迎えられて、午後3時半ごろ水道橋駅に降り立ちました。

いるいる、同年配の爺と婆が同じ方向を目指して歩道橋を渡っています。
先に東京へ来ていた息子からメールがきて「エビスバーにいる」
なにかお腹に入れようと私たちも立ち寄りましたが、そこで飲まずに済むわけがない!
クリーミーな泡立ちのとてもおいしいビールを数杯ずつ飲んでしまいました。

s-DSCF8949.jpg


入店を待つ人の列ができてきたので、少し早いけどドームに向かったのが4時過ぎ。
開場は4時半、グッズを求める人の列がとても長かったし、並ぶのが嫌いだし、興味がないので横目で見て40番ゲートを目指しました。

s-DSCF8958.jpg

s-DSCF8956.jpg

男二人がビールの効果で列を離れている時に、青年にシャッターを押してくださいと頼まれました。写真にその時の青年が偶然左端に写っていました。
蝶ネクタイで決めた彼は、亡き父の写真と手書きのパネルを携えていて、それを広げたところを写してほしかったのです。
「ビートルズはお父さんの影響ですか」
「はい、物心ついた時から聞いていました」
わが家と同じと笑いました。

s-DSCF8959.jpg

そして待つこと1時間半。5時半に1時間遅れで列が動き出しました。
 もったいぶって (つづく)


Comment:4  Trackback:0
2015
04.26

アクシデントにみまわれた

東京ドームコンサート、2時間半を超える大盛り上がり全37曲、興奮のコンサートでした。

それではそのレポートをと思っていたのですが、私にアクシデント発生!!
まずはこの話を書いて、コンサートレポートは後日ゆっくりしたいと思います。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

それは、コンサート楽しんで、友の息子の居酒屋で再会を喜んでの帰りにおきました。

最終電車でホテルのある高円寺駅に降りました。
改札に向かう階段を、酔っぱらいのおねえさんが一緒の彼もろとも転びそうになりながら下りて行きます。
「あぶな~い」と思いながら私も歩を進めていましたが、突然私が転倒したのです。
転んだ瞬間何がどうなったのか理解できませんでした。
夫が手を貸してくれて立ち上がりましたが、覚えのある痛み・・・捻挫に違いない。
夫もちょっと足がもつれそうになって踏ん張り、注意しようとした時に私が転んでいたというのです。
転んだ階段は最後の1段の高さが他の半分くらいしかないのがわかりました。
リズミカルに下りてきた最後の段がそこだけ違うなんて、足を踏みはずしても仕方ないと思いませんか。
初めて利用した駅なのでわからなかったのです。
こんな危ない階段を放置していていいのですか、JR!!

ホテルで氷をもらって冷やし、朝は湿布薬もいただいたのですが、帰途いくつかの駅構内を歩いたので痛みが増してしまいました。
テーピングテープで固定してアイシング、安静にしています。


s-DSCF8932.jpg

3日前に撮ったイカリソウです
まだまだ小さい株
大きくなるのが 楽しみです


Comment:4  Trackback:0
2015
04.25

コンサート出発前に

ちょっと川の様子を見てくると行ったのに、2泊もして昨日の夕方ようやく帰ってきました。
川は微笑んではくれなかったようですが、自然に身も心もひたって満足したようです。それでよしとしますか。


kuresonn.jpg

釣りのおみやげ
山の清水と 
そばに生えていた クレソンです


きょうはいよいよポールの東京ドームコンサート。
息子はすでに東京に着いたとfacebook で知りました。息子のほうが熱いようです。
演奏曲リストも手に入れました。本当に楽しみです。
昼過ぎの電車で私たちも東京に向かいます。



Comment:0  Trackback:0
2015
04.23

衣類の入れ替え

夕方、いつもの渓流から移動して福島と茨城の県境の山の中にいると連絡がありました。今夜も泊まるそうです。(どうとでも!お好きなように)

天気のよかったきょう私は、衣類の入れ替えをしました。
厚手の服はすでに仕舞ってあるので、薄手の長袖と夏物を少し出しました。
毎年必要に迫られてからしょうがなくゴソゴソしていた好きでない家事ですが、今年はこまめに出し入れをしようと思います。

昨年は、またこの服を着る日が来ますようにと、悲しい気持ちで片づけた冬服でしたが、一冬活躍、またそれをしまう季節になったということを思いながら、次のシーズンのためにていねいにたたみ直しました。


s-DSCF8923.jpg

毎年 この季節の楽しみ 筍
友が4年ぶりに 届けてくれました
原発事故以来 出荷自粛農産物になっている 筍
解除されたと聞いてはいないのですが
この先40年も生きないであろう 爺と婆だもの
季節の恵みを ありがたくいただきます
一人の夕飯 おいしゅうございました
そして わたしは ほろ酔いです 


Comment:4  Trackback:0
2015
04.22

愚痴愚痴

<亭主達者で留守がいい>そうですが、我が家は亭主は達者じゃなく、毎日が日曜日。
休日もなく元気で働いてくれていた日がどれほどありがたかったことか。

余命が短いと知った時、せめて夫のしたいようにと目をつぶったのが仇となって、近ごろの私のストレスの元は夫。
きょうも出かける気配に「えっ!?」という顔をすると、夫は子どもがケンカを吹っ掛けるような態度。
呆れるを通り越して情けなさで目に水が滲んでしまいました。
なにくそ、泣いて堪るもんですか、泣かないで私の気持ちを分からせなきゃ我が儘がエスカレートするだけ。

物分かりの良い都合のいいだけの妻でなんかいたくない。
あなたの自由は私の不自由でもあることを少しは思ってちょうだい。


なんで私が「えっ!?」と思ったかというと、釣り道具といっしょに車中泊の用意をしていたからです。
3日後は東京ドーム。
そして来週半ばからは山形、福島と5~6拍の車中泊の旅。
帰って再来週の週末は、夫の悪友と福島の温泉へ。
その後の週は外来診察があって、抗がん剤治療の入院が控えています。

これだけ動き回る夫に付き合う私のストレスは(中には楽しみもありますが)いかほどか、と少し私のことを思っても罰は当たらないと思いますが。
自分のことだけで精一杯なのはわかっているつもりです。残り時間を思えば、したいこと優先、楽しいこと優先、これも分ってます。
なんだかんだと言っても許してくれると妻に甘えているんだと分かっています。甘えられるのも今だけだと妻に寄りかかっているんだと思います。
分かっているからなお溜まるストレスです。


s-DSCF8771.jpg

こんなときは さいちゃんの作品
わたしの 元気 あげるよって
手を広げているみたい



また愚痴におつき合いさせてしまいました、すみません。
それで? 結局夫は釣りに行きました。


Comment:2  Trackback:0
2015
04.20

楽しみな25日

「ポール・マッカ―トニー関西空港に到着」のニュースを息子がFacebookでシェア。
 <【速報】ポール、無事に税関通過!>と息子はコメントを付けていました。

すぐに私もそれにコメント返し。
 <税関通過できたこと重要だよね(笑)
  チャーター機で来たんだね。
  う~ん、昨年の公演中止分も含めて我らの宿泊費と交通費は?
  と足し算した庶民の私とはえらい違いすぎ。そんな計算した私が悲し~い>

いよいよ、今週末25日に東京ドームコンサートです。
昨年は息子が父にチケットをプレゼントしてくれました。
そうしたらFacebookで息子の友だちから「オカンもつれて行けよ」と息子の親孝行の片手落ちを指摘されて、今年は私も連れて行ってもらえます。
この日を夫が元気に迎えられるなんて、昨年のコンサート中止の時には思えなかったものですから、感慨ひとしおです。


s-DSCF8899.jpg

引っ越しの時に掘って来れなかった エビネ
去年買った一株に たくさん花芽がつきました


☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆


そして、コンサート後は東中野に移動します。
ここには亡くなった友人の長男がやってるレストランバーがあるのです。
1度訪ねてみようと思っていましたが、ようやく行くことができます。
母さんっ子だった彼が、母さんと開くことを夢見ていたお店です。
10年ぶりに会うのですが、互いに泣いちゃうかも。
私は友似の息子に友を見て、彼はおじさんの病気を心配して。
泣くのはご法度と今から心に言い聞かせています。楽しみです。


Comment:6  Trackback:0
2015
04.18

故郷に日帰り

行きは夫、帰りは私の運転で故郷を日帰りしました。
ワルの少年のころの夫をとても可愛がってくれた友人のお姉さんを、夫は老人ホームに訪ねました。
「あさこ姉ちゃん、俺判る?」
「・・・・・・ M君?」
40年ぶりの嬉しい再会だったようです。
帰りの車で何回もこの話を繰り返し話していました。

私はその間、1947年生まれのパソコン初心者の先輩に、教えられる範囲でパソコン先生をしていました。
呑み込みが早くて、半日付き合っているうちにfacebookの設定も終えて、私たち、私たちの娘と友だちになって交流を始めました。
興味津々なのでさらにいろんなことに挑戦することでしょう。
楽しみを共有する手伝いができた嬉しい帰郷になりました。


s-DSCF8897.jpg

楽しい話題の後ですが
帰省の時は ここを通らざるをえません
フクシマ原発付近の 高速道路わきの線量計です
これの次の線量計は
5.2マイクロシーベルト
子連れでは 通りたくない数値です


Comment:2  Trackback:0
2015
04.17

白目が~っ

関西在住の幼なじみが昨日上京したと連絡があったので、今日も中間地点で会ってお喋りを楽しみました。
夕方家に帰ったら夫が古女房の顔をしげしげと見るのです。
「何かついてる?」
「目がまっ赤」

結膜下出血です。
以前にもあったので「あっ、そう」と心配もしませんが初めての時は重大な病気じゃないのかと大慌てしたものです。
右目の白目が血を塗りつけたようにまっ赤です。
吸収されて目立たなくなるのを数日待つだけで、治療はいりません。
電車の中で斜め前の人が私を盗み見していたのは、この目のせいだったんだぁ。
その時は変な人、とムッとしましたが、変なのは私だったのね。

明日は夫の友人に会いに故郷に日帰りです。
運転要員でお供します。


Comment:4  Trackback:0
2015
04.16

モービック 服用

Category: 中皮腫のこと
朝起きてきて胸を触りながら「痛くないよ」と言うのです。
どういうふうに痛くないのかと聞くと、前かがみになった時に痛くなかったと言います。
それは良かった、さっそくモービックの効果があってうれしいわ、と思いましたが同時に(今まではそういう時に痛いって言わなかった。我慢していたのねやっぱり)とも思いました。

我慢しないでとあれほど言っていたのに、私が心配するものだから隠していたんだと分かりました。
大げさに言うほどの痛みではないと思っていたのでしょう。実際そうだったのかもしれません。
でも、亀戸のセカンド医が言ってました。
「この病気でただでさえ辛い思いをしているのだから、取れる痛みは取りさって、楽な日常を送りましょうよ」
この言葉で夫は緩和ケアに行く気になりました、ありがたいアドバイスです。

お天気も回復したし気分もよく、さっそく出かけて行きました。
もっと早くに緩和ケアに行ってれば要らぬ我慢をしてなくてすんだのにね。

 
☆★☆_____☆★☆_____☆★☆_____☆★☆


主治医がこのことに関して少しも関与していないということは、もう、何と言えば良いのか。
今まで何度も緩和ケアのことを聞いたり、痛みのことも言っていたのに。
抗がん剤治療中の患者は内科が主導権を持っているとでも思っているのでしょうか。内科医と緩和ケア医は患者のことを考えて対等であるべきと思いますが。

内科医の依頼状を持たずに行った私たちを受け入れてくれた緩和ケア医の決断に感謝します。
多少の軋轢はあったのかもしれません。でも今後は患者のこういう求めに応じられる病院であって欲しいものです。



☆★☆_____☆★☆_____☆★☆_____☆★☆


朝出かけたきりまだ帰ってないのですが、昼ごろ Facebook に写真がアップされていました。

s-菜の花

s-sakura.jpg

s-たんぽぽ


Comment:0  Trackback:0
2015
04.15

緩和ケア外来へ

Category: 中皮腫のこと
私は2回め、夫は初めての緩和ケアに行きました。
まずは、来診の経過を聞かれてました。

日常いつも痛いのではないけれど何かの折に痛むことがあって、
その痛みを軽いうちからコントロールしておいたほうがいいと思うけれど、
呼吸器内科の医師にこの痛みを訴えているが、いつも聞き流されていること。

これらのことから、痛みは痛みの専門の先生のお世話になりたいこと。
痛みのコントロールは、強い痛みになってから始めたのではうまくいかない、軽い今のうちに始めると効果が出ると聞いたこと、などを話しました。
まったくその通りです、軽い薬から始めましょうと言うことになりました。
モービック10㎎/日から始めて、痛み止め処方のベースを作っておくということらしいです。4週間分処方されました。

これで安心という気持ちと同時に、とうとう痛み止めの処方が始まったのかという気持ちがないまぜになって複雑です。
けれど緩和ケアの先生は、わたしたちの気持ちを理解してくれ、説明もていねいで話しやすい先生という印象ですので、やはりホッとしたことでした。


s-IMGP3277.jpg
友人に昨秋いただいた アンネのばら
つぼみがいくつか見られます 
たのしみ~


Comment:2  Trackback:0
2015
04.14

予定がいっぱい

予定のふたつをはっきりさせたので、カレンダーの印がさらに賑やかになっています。
今週末は故郷へ、来週末はコンサートで上京、再来週は山形・峠ノ山へ、連休明けには夫の友人と温泉へ・・・
その間に外来予約が2回、そして温泉から帰ったら抗がん剤の入院になると思います。

もうすでに今月は4回の予定をこなしているのですから、家でじーっとしていることの多い私にとって、こんなに動き回るのはそれだけでストレスです。
仕方がない、お供しないで心配しているのは嫌だし、この中に私の楽しみを探して乗り切るしかないです、エイッ!

とさっそく明日は緩和ケア外来の予約があります。
病院に緩和ケア病棟が併設されているのは心強いはずなのですが、前回私だけで面談した時に引っかかることがあったのでそれを明日はしっかりと質してくるつもりです。
この病院は、緩和ケアと終末期医療との違いが曖昧になっているような気がします。
私たちが求めているのは終末期の医療だけではないのです。
患者・家族の不安などに寄り添いつつ、早い時期からの痛みのコントロールなど、専門の医療を受けたいのです。

これを楽しみとは言えないけれど、カレンダーの中の予定のひとつですから、自分を奮わせて頑張ります。



s-DSCF8872.jpg

つぎつぎに花を咲かせてくれますが
名前が分かりません
葉は少し銀色がかっています


Comment:2  Trackback:0
2015
04.13

無言のケンカ

「この頃気持ちがすれ違ってるよね」
「うん。合わないってことだね」

(じゃあ、どうすればいいの)
(じゃあ、どうしたいの)

流しで水を流しながら、私この頃我慢ばかりしてると情けなくなり、涙でも流したらすっきりするかと思いましたが、泣けませんでした。
あははは、何を甘っちょろいことと自分を笑いました。


s-DSCF8876.jpg


今週の帰省予定は無駄な行動を省いて、日帰りにすること、運転手として私も同行することで合意しました。
ついでに2,3の懸案も合意して、無言のケンカにケリがつきました。

この頃のすれ違いの原因は分かっているのです。
けれどそれを口にできない、すべきでないと分かっています。
分かっているけど、器の小さい私。たぶん不満が態度に出てしまうのでしょう。
それを感じて夫は無言で咎めている。
そしてそれを感じて私がまた不満を募らせてしまう悪循環。
しょうがない、善意の人の前で自己主張ができない八方美人の私が悪い・・・



Comment:6  Trackback:0
2015
04.12

呆れて疲れて

Category:
ほんとうに夫には呆れるばかりです。
今朝も遅くに起きてきたのに、食事が終わると、「洗濯はいつ終わるの」と聞くのです。
魂胆は分かっているので知らんふりをしていましたが、
「どこへ?」
「石川の先」
去年の桜旅では蕾が固くて見られなかった桜の名所、福島県小野町の「夏井千本桜」があるところだと分かりました。

(しめた! たぶん今年もまだ早いはず。うん、これで出かけなくていい立派な理由ができた。だって昨日はパーティで疲れたし、きょうはお布団を干したい。明日もお天気が悪そうだから)

おもむろに桜情報を検索。
「まだ蕾が固いって」

でも今週半ばは予定通りにまた故郷へ行くから、ホテルをとっておいてくれと言うのです。
予定していたことなので仕方がないと探しましたが、これがないのです、1軒も。
故郷は今、原発関連の作業員や除染作業員が集まっているので、宿泊施設はいつもどこも満室です。
よほど運が良ければ泊まれますが、今週は全て満室でした。
原発事故がなかったら、あんな田舎町、いつだって好きなところに泊まれるのに。
高速道路がつながって故郷は近くなったけれど、泊まるところがなくては何にもならない。
やっぱり原発事故のせいで故郷は遠いままなのです。

夫はそれからむーっとしていて、自分のまわりに“話しかけるなバリア”を張ったままです。
まったくもう、私が悪いわけじゃないのに。そして私は疲れます。


s-DSCF8871.jpg

またひとつ 春の花が咲きました
ライラック


Comment:6  Trackback:0
2015
04.11

患者と家族会にて

木曜日のセカンド医の診察の後、午後から患者と家族の会関東支部の集まりに出席しました。
私たちもそう何回もは出席していませんが、初めて出席された人がいました。
50代後半のご主人が患者さんの奥さまです。

1月に胸水が溜まっていると分かり入院、その後胸膜中皮腫と診断され、3月手術。
ところが開いてみると、胸筋ににまで浸潤していることが分かりそのまま閉じたそうです。
1回めの抗がん剤投与が終わったところですが、情報を求めて患者会のHPにたどりつき、みんなの話をまずは聞きたいと一人で出席されたようです。
私たちの経験などお話して、できるだけ早く名取先生にご相談なさいとアドバイスしました。
大学病院の大教授が主治医のようですが、それゆえに納得できるまで時間をかけた話ができず、もどかしい思いばかりしていると奥さまは焦っておられました。
病気を理解し治療法を納得しなければ、その後のことまで考えられないのではないかと、経験から思いました。
私たちで力になれることがあれば何なりと、と連絡先の交換をして帰りました。

同じ立場のかたに直接お目にかかったのは、私にとっても初めてです。
患者会でお会いできるようになれば、お互いに支え合っていくことができそうです。



*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

話題がガラッと変わって、孫・娘自慢 ゴメンなさい・・・(´_`illi)
昨日は広島の孫の3歳の誕生日でした。
シンデレラの誕生日ケーキを焼いたそうです。

s-シンデレラケーキ

s-入園

初めまして 3歳のちはるです
しょうらいの夢は シンデレラです


Comment:2  Trackback:0
back-to-top