2015
12.30

ロウバイの香り

年の瀬。
一般的に言えば喪中で、もしかしたら正月の祝い膳は作らないのかもしれないけれど、夫はきっと、
「チビたちに作ってやれ」
と言うと思うので、簡単なお節は作るつもりです。が、気持ちがなかなか入らない。
広島の孫二人に振り回されて、昼を過ぎるとすっかりくたびれ果ててしまいます。
明日1日で済ませられる簡単なものだけ、少しだけ作りましょう。


*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*

彩椛ママは宇都宮に帰る準備を始めました。
3カ月いましたから、荷物が増えてしまってトランク1つでは運びきれないようです。
正月4日くらいに帰る予定だそうです。
そのころには預かっている孫二人を連れて、私はまた広島に向かうことになるでしょう。

*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*

s-10410804_2145536802253688_4288549848594900117_n.jpg


歩いて用足しに行った帰り道。
通り過ぎてから良い香りに気づいて振り返ると、
ロウバイの大きな木に花が満開。

疲れ気味で刺々しかった気持ちが、
ふわりと軽くなりました。



*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*

今年あと1日。
振り返るまでもない、夫一色の一年でした。


Comment:4  Trackback:0
2015
12.26

どうすればいい?

わが家はテレビが1台だけですが、介護ベッドを入れた時にそれを移動させて以来映らなくなっていました。
彩椛はテレビなしで過ごすことができていましたが、ここにきて大人たちがギブアップ。
見たいからではありません。広島の孫たちが夕方になると不機嫌になったりまとわりついたり、元気が良すぎたりで大人たちが根を上げたのです。
テレビに子守をしてもらおう。
修理屋さんに来てもらうしかないかと街の電気屋さんに行ってテレビの症状を話すと、同軸ケーブルの芯が曲がっているのかもしれないと教えてくれました。
娘がさっそくやってみました。すごい、復活。


VJPvV5pFGkTvBBm1451133228_1451133483.png


それからもうひとつ、1週間前から私のPCに冷却ファンの不調を知らせるメッセージが出始めました。
一体型ですし、素人の手におえるものでもないと放っておき、夫のPCを使っていましたが、どうにも使いづらいのです。
私は文字変換などを自分流に編集しているし、お気に入りも探すのが面倒です。
PCも修理に出しました。
中をきれいにしてもらって戻ってきました。


e9BGtaAyZrwpdLB1451133828_1451133868.png


夫がいれば、と思うことがこれからも出てくるでしょう。
どうすればいい? と相談する人がいないだけで気が重くなりますが、今まで夫がしてきたこと、専門家に任せて解決するしかないですね。


Comment:6  Trackback:0
2015
12.24

クリスマスイブ

彩椛の司会進行でクリスマスパーティが始まりました。
全員おなかがすいていたので、先ずは料理を作ってくれたママに感謝して食事から。
食後は子どもたちが飾ったシフォンケーキでしたが、これがとてもおいしかった。
独身時代包丁を握ったことのない娘でしたが、なかなか腕を上げています。

食後は孫3人がクリスマスソングをじょうずに歌ってくれ、スウェーデンから届いたサンタからの手紙もそれぞれ読み上げてくれました。
ゲームをしていたらもう8時。早く寝ないとサンタさんが来てくれないよと2階に追いやられて行きました。



IMGP3754.jpg
3人分のプレゼント 仕込み終わりました



そしていちばんのプレゼント。広島の娘に女の子が誕生しました。
1250gの小さな天使です。

栄養チューブが入っているそうですが、自力呼吸をして元気だと連絡がありました。


Comment:12  Trackback:0
2015
12.19

娘の出産

広島の娘が第3子を妊娠中ですが、胎児がなかなか大きくならなず、妊婦の血圧が不安定なので緊急入院となったのが2週間前。
入院して安静にしていたのですが、これまでに胎児の体重は50gしか増えなくて、このまま妊娠を継続させると、母子ともにリスクが増すということで来週早々に出産させる予定だと言ってきました。
今は陣痛を起こさせない薬を点滴中ですが、月曜にそれを止めて自然な陣痛を待つのだそうです。
陣痛が起きなかったら陣痛促進剤を使うか、帝王切開にするかはその時にならないとわからないということです。

私もこの娘の出産は妊娠中毒症の初期だったため促進剤で出産させられたのでした。
出生体重は2200g。元気な赤ん坊でほっとしましたが、今娘のお腹の子は1200gくらいだそうです。
心配ですが今は極低出生体重児でも新生児医療の進歩で大半は正常に発育すると説明を受けているようです。
せめてもう3週お腹の中で育てたいところですが、母と子のリスクのギリギリのところの決断だそうです。
数日の間に善くなるの兆しがあるといいのですが。

上の2人は彩椛ママが昨日から宇都宮に連れていきました。明日戻ります。
明日までは静かですが来週半ばから彩椛は冬休み。賑やかすぎて頭の痛くなりそうな年末になるでしょう。
喪中でも、小さい子がいるので、クリスマスお正月は楽しませてやることにしています。


IMGP3743.jpg

ようやく紅葉した雪柳 
返り咲きの花も咲いています


Comment:7  Trackback:0
2015
12.16

孫とケンカの日々

孫の5歳児の可愛いけど可愛げのないこと、この上ない。
5歳児にしては頭は回るほうではないかと思いますが、それが可愛くない。
同じ土俵で毎日ケンカしてます。もちろん私が勝ちます (エヘン)

下の3歳児はイヤイヤ期真っ盛り。何でも一応いやという。
これには余裕を持って対処して、言いくるめたり泣かせたり。可愛いものですが、度重なるとお手上げです。こちらは私の負け。

この二人を相手に、この先彩椛もママもいなくなったらどうしよう。不安です。
彩椛ママに一人連れて行ってもらおうかなと、鬼ばばは思ってしまうんですけど。
どちらもきっと「僕が、私が」とついて行きたがることでしょうね。


☆゚・*:.。.:*・゚☆☆゚・*:.。.:*・゚☆☆゚・*:.。.:*・゚☆☆゚・*:.。.:*・゚☆



s-OLOcAWXjtKelSwO1450273473_1450273511.jpg

ディズニーグッズをたくさん抱えて帰ってきた
  
彩椛とママ

転校する時の約束を果たしました

オーロラ姫にであって 夢のツーショット

興奮がさめない 彩椛です



Comment:2  Trackback:0
2015
12.15

孫の散髪

預かっている5歳の男孫の髪がずいぶんと伸びていて気になっていました。
「髪切ろうか?」 
「やだ」
「お利口に切らせたら、お風呂で遊んでもいいよ」

夫の髪を切る時に使ったケープを着けて、チョキンチョキン。
「くすぐったいよ」と首をすくめたり逃げるのを叱りながら、前髪を中心にざっと切りそろえました。
いつもは美容院で、いろいろ注文をつけて切ってもらっているようですが、婆の散髪はこんなもの。
チョンと短い前髪が可愛いよ。
娘が見たらギョ~エ~ッとのけ反るでしょうけど、知らない、見せない。

約束通りお風呂でたっぷり遊ばせました。
婆はサウナに入ったみたいに汗が出ました。


Comment:4  Trackback:0
2015
12.13

飲み友だち

夫の仕事仲間の年下の飲み友だちが、ご夫婦でお悔やみに来てくれました。
お葬式をしないと後々お悔やみの方々がパラパラ来るので大変だ、という話は聞いたことがあります。
けれど私はそれが嬉しいです。
来てくださって困るほどたくさんの友人知人を持っている訳でなく、来てくださる一人ひとりと充分にお話ができます。
私の知らない夫のエピソードなどが聞け、笑ったり涙ぐんだり、通り一遍のお悔やみではないみなさんの気持ちがとてもありがたいです。


Ca7JEfYMdn6Qg041450007349_1450007365.jpg
返り咲きの花海棠


きょうの友人は月に数回は一緒に縄のれんをくぐった飲み仲間です。
夫が最後に飲んだのもこの人です。
寝つくようになった頃、この友人に連絡しようかと聞いたことがありますが、
「やつは臆病だから、心配で来られないんだよ。こんなに病みつかれた俺を見たくはないはずだし、俺も見せたくはない」
と言うので最後まで知らせませんでした。
その話をきょうしましたが、二人で涙ぐんで頷いていました。
「最後まで奥さんに甘えて、幸せだったと思いますよ」
と私を慰めてくれました。
夫が言い残せなかった分だけ、友人たちが私を慰めてくださいます。
「いい友だちをもってたね」
と心の中で写真の夫に言いました。


Comment:0  Trackback:0
2015
12.10

さんざん

夕飯の支度中、気がどこかにいってたのね、腕をお鍋の縁につけて火傷してしまいました。
オッチョコチョイな私ですから今までも火傷はしょっちゅうで、そんな時は夫が氷をビニール袋に入れてハンカチで縛ってくれたものでした。
一人になったら誰がハンカチを縛ってくれるんだろうなんて漠然と思っていましたが、早速困っちゃったわ。
娘はちょうど孫たちをお風呂に入れていたので、一人の練習。
口を使って奮闘、どうにか冷やすことができたけど、夫がいたら、
「何してたんだか」
と呆れ心配させるくらいの火傷でした。
寝るまで充分冷やします。



s-IMGP3728.jpg

親と離れて 健気でかわいそうな孫
と思ったのは きのうまで
きょうは本領発揮の 孫たち
言うこと聞かないわ 御託は並べるわ
あげくに このざまです
婆 具合悪くなりそう


Comment:2  Trackback:0
2015
12.07

ただいま

土曜日のお昼に家を出て、東広島の娘のところに着いたのが夜の7時。
娘と夜遅くまで話し込んで、翌日は孫のクリスマス発表会。
上の孫、始めの器楽演奏などは上手にできたのに、次の生活発表では舞台上で泣きじゃくり、先生にお手伝いしてもらいました。
次の忍者のお遊戯は、鉢巻をしめるのを嫌がってまた舞台上で泣きだしましたが、涙をぬぐうその手は忍法のポーズだったのがとってもいじらしく、それを見て私は、夫と一緒に笑いたかったなと思ったら、涙がこみ上げてきました。

さて、そしてきょう、お母さんの話をよく聞いて納得したという二人の孫。
上の孫5歳(男児)は「行ってきます。お母さんがんばってね」と車に乗り込みましたが、下の3歳の女の子は玄関で大泣き。
でも置いて行くわけにはいかないので父親が抱いて車へ、私が抱き取り空港へ向かいました。
途中ドラッグで酔い止めを買いに行った父親がジュースも買ってきてくれ、これが大正解。ピタッと泣き止みました。
空港について車から降ろしたら父親にはすぐに帰ってもらう手はずになっていたので、あとを追うことなくすんなりと空港内へ。
そのあとは1度もぐずることなくお利口についてきてくれました。

10時半、早めに広島を出てから車、飛行機、リムジンバス、路線バスと乗り継いで夕方5時過ぎに家に戻りました。
飛行時間は短いのに、田舎から田舎への移動は6時間もかかり、孫の世話もあってくたびれました。
下の女の子は彩椛と一緒に興奮しながらも眠り、上の孫は私と一緒に寝ました。
お正月過ぎまでは彩椛ママがいてくれるので、怪我なく元気で親元に返せるようになんとか頑張れるでしょう。


s-FotorCreatedA.jpg
上は行きの成田空港。
1月に奄美大島に行った時に乗ったバニラ航空の飛行機が見えたので。
下は右のほうに富士山がチラッと写りました。
富士山はもちろんのこと、南アルプスの山々も雪をかぶって。
どちらもガラス越しに写したので見難いですね。



Comment:2  Trackback:0
2015
12.04

ポップスを聞きながら

夕方になって彩椛が宇都宮に用事があって帰宅。一人です。

さいかママは心配しながら出かけて行きましたが、気ままに過ごしています。
夕飯は相手がないとやはり作る気にならなくて、簡単にすませてしまいました。
自分だけのために料理するって億劫、と日ごろ言ってたので、子どもたちは心配していたようです。
ナイショです。はい、努力します。


s-IMGP3695.jpg


編みかけだったレース編みを、6,70年代のポップスを聞きながら編み終えました。
夫とふたりで聞いた懐かしのポップス。隣に夫がいるような錯覚。
こんなゆったりした時間は、月曜からしばらくは持てないでしょうから楽しんでいますが、さすがにもう寝ます。


Comment:2  Trackback:0
2015
12.03

いやはや

週明けからとんでもない日々を過ごすことになりそうです。
広島の娘が今第3子を妊娠中なのですが、きょうの検診ですぐに入院するように言い渡されたというのです。
5歳と3歳の子の世話を頼まれました。
私が体調やそのほかで無理だったら児童養護施設に預かってもらうというのですが、短期しか利用できないらしい。
短期の入院で済まなければ、孫たちをこちらに連れてくるほうが良いのでは、とさいかママが言うので、そうすることにします。
土曜日に発って、月曜日に孫二人を連れて来ます。飛行機、バスの手配がすみました。


s-IMGP3691.jpg
ワイルドストロベリー


お母さんって泣くでしょうね。
追いかけ回す私、体力大丈夫かな。
でも、新しい命のためにはみんなでがんばるしかない。

いやはや、どうも、夫の死を嘆いている暇はまた無くなりそうです。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top