2016
02.28

足のマメと点訳のこと

昨日作ってしまった足裏のマメは、朝になってみたら結構大きなマメでした。
靴が合わなかったのではなくて歩き方が悪かったのかもせれません。
去年階段でころんで挫いた足首が、このごろずっと痛くて、かばうような歩き方をしていたからではないかと、またも自己診断。
つぶさないように、きょうは大人しくしていました。

朝のうちは草むしり。
夢中になると腰を痛めるし、助けてくれる人もいないので、ほんの少しだけにしました。
沈丁花が香って気持ちよく仕事を終えることができました。

20160223_150125.jpg


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・


その後は点訳。少しずつ進めていた自己校正の1回目を先ほど終えました。
ちょっと点訳から離れていただけなのに、情報処理用点字を忘れてしまっていました。
としだなあとショック。

あとはレイアウトを少し悩んでみて、また少し寝かせておきます。

奥付


Comment:6  Trackback:0
2016
02.27

遺族会に出席

朝の電車に乗って東京は銀座へと向かいました。
銀座なんてずいぶん長いこと来てなかったし、地下鉄もしばらくぶりで、お上りさん、緊張しました。

アスベスト患者会が銀座の中華レストランで開いた遺族会に出席しました。
私がいちばん新参で、20年前に遺族になられた方が最古参。
思いを淡々と語られるかた、涙に濡れる方。
共通の思いは、アスベストの使用禁止がもっと早くなされていれば、大事な人をこんなに辛い病気で失わずに済んだのにという悔しさ、無念さだったと思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

田舎暮らしに車は欠かせなくて、ちょいとそのへんの買い物も車で行ってしましますが、都会の人はよく歩くのですね。
つけて行った万歩計が私にとっては最高値を記録しました。
慣れない靴で足底にマメまで作っちゃって、しばらく不自由しそうです。

万歩


Comment:3  Trackback:0
2016
02.24

納豆ご飯

Category: 懐かし話
高校生の時は福島の田舎で電車通学をしていました。
真っ直ぐ家に帰らずによく友人の家に上がり込んだものです。
恋愛のこと、人生のこと、文学のことなど幼稚な意見をぶつけ合って、時の経つのを忘れたものです。
遅くなると泊ったりもしました。
家にはまだ電話がなく、親はなんと思っていたのでしょう、信じてくれていたんでしょうね。

友人の家庭はおかあちゃんが旅館の仲居をしていて、夕方から家を空けるのでした。
出る前におかあちゃんがかまどでご飯を炊いてくれました。
ある日、お腹を空かして帰った二人に、炊きたてのご飯を丼に盛ってくれて、おかずは納豆でした。
経木でくるんと3角に巻いてある納豆にネギを刻んで入れて、醤油をたらしただけの納豆ごはん。
そのおいしかったこと。
人生でいちばんおいしい夕飯だったと今でも思います。

今夜は何10年ぶりかのネギ入り納豆ご飯、炊きたて。
夫は生の刻みネギが嫌いなので、いつの間にか私も納豆にネギの食べ方をしなくなっていました。
50年前のおかあちゃんの納豆ご飯には及びませんが、おいしく食べました。



s-IMGP3820.jpg


s-IMGP3808.jpg

遺影わきの 今週の花は
黄色っぽく写ってしまいましたが 
アオモジ  
フリージアとスイトピーをあしらって 


Comment:8  Trackback:0
2016
02.22

一人暮らし

市から「災害時要支援者安心安全行動マニュアル」なるものが送られてきました。
災害時要支援者なのだそうです、私。
ありがたいのか、ええっ私ですか?なのか。
とにかく私は市に登録されてしまったようです、独居老人として。

+‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥+

ここしばらくはパソコンとお友だちの不健康な生活でしたが、きょうは歩きたいなと外に出ました。
空気が冷たいので襟元をしっかり固めていたら、汗がじわーっとにじんできました。

s-tannpopo.jpg
道のわきの雑木が切られて転がっています
夫がこれを見たら
「焚火」と言うだろうなと写真を撮りました
焚火が大好きで
大きな焚火をしたものです

+‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥+

焚火といえば、おきびで料理もしました。
そのキャンプで腕を上げたご飯炊きが今、役立っているのです。

一人ご飯に5合炊きの炊飯ジャーは大き過ぎて、小さい土鍋を出してきました。
始めの2回くらいは失敗したものの、今は勘を取り戻して、おいしいご飯が炊けています。
きょうは孫が一緒の夕飯だったので、白いご飯を大盛りに、私は好きなおこげをいただきました。

s-gohann.jpg


Comment:2  Trackback:0
2016
02.21

フランス映画

フランス映画を見ました。
余命を3か月と告げられた主人公は、誰に打ち明けることなく祖母を訪ねます。
同情を受けたくないという孫に祖母は、
 「哀れみや同情は悪くないわ。話をする良い機会よ」

 「なぜ私に言ったの」
 「僕に似ているから・・・もうすぐ死ぬ・・・」
そして二人は口の端で笑います。

眠れずにベッドに潜り込んできた主人公に祖母がいいます。
 「今夜あなたと死にたい」
__________★__________

それぞれの受け入れ方があって、それぞれの悲しみもあるけれど、
 「今夜あなたと死にたい」
といってくれる母がほしかった。
でもね、無いものねだりをしても仕方ない。そのかわり私には優しい兄がいる。
・・・さあさ、一向にわからない話が終わりました。
この歳になっても屈折した思いを持っている婆さんのくだらない涙でした。


Comment:2  Trackback:0
2016
02.20

時間がゆっくりと

曇り空の土曜日。
誰とも会う予定もないし、出かける予定もなし。
昼前から雨が降りだして、1日パソコンがお友だちでした。

午前中は点訳校正作業、午後からはまた映画を2作続けて見ました。
中国映画 「山の郵便配達」
とても良い映画でした。
抑えた表現と美しい映像がとても印象的で、心に残る映画だと思います。

12717444_2165842443556457_4866161183375815451_n.jpg


感想をFacebookに書いたら先輩がコメントをくれました。
「時間がゆっくりと、ゆっくりと流れていく。いいものですね」
「時間を、ゆっくりと流してください。眼をそらさずに、ゆっくりと。そらせば自分が見えなくなることがあります」

夫と私の共通の友人、先輩。
書かれている言葉に泣かされます、いつも。
私と同じように、思い出をたどって涙を滲ませているのだと思います。


Comment:4  Trackback:0
2016
02.19

ひとり上手

中島みゆきの「ひとり上手」にこんな歌詞があります。
 手紙なんてよしてね
 なんどもくり返し泣くから

夫の残したfacebookを読むときその歌詞を思います。
夫の心の欠片でも見えないかなんて思います。
PCにも残っていません。
書きつけもありません。

私に言いたいことはなかったのかな。
言い残しておきたいことはなかったのかな。

やっぱりこれでいいのだわ。
なんどもくり返し泣くから。


Comment:0  Trackback:0
2016
02.17

書類の返却

夫の死によっていろいろな所に書類を提出しました。
実にさまざま。
○○請求書、〇〇変更届、○○解約届け etc.

添付する書類は「死亡診断書」「戸籍謄本」「住民票」「身分証明書」などなど。
原本を添付するもの、コピーで良いものとありますが、どちらにしてもまず、返却されることはありませんでした。

ある時ふっと何だか嫌な気分になったのです。
死亡診断書には当然死亡理由が記載されていて、それを赤の他人がどう見るのかと思ったら悲しくなりました。
重要な手続きならいざ知らず、ちょっとしたものの名義変更にもそれらが求められるのです。

ビッグローブは大事なので承継手続きをしました。
戸籍謄本原本などを提出したのですが、短期間で手続きは終わりそのまま使い続けていました。
そうしたらきょう、簡易書留で原本が返却されてきました。
手続き書類にそうは書いてあったものの、本当に戻ってきて、何だかしみじみいいなあと思いました。

s-あさつき

裏庭にまた蕗の薹が

ポツンと数個。

峠ノ山から貰ったアサツキも

春の色鮮やかに伸びていました。

酢の苦手な私は

なににして食べましょうか。



Comment:2  Trackback:0
2016
02.16

弔問をうけて

「中皮腫・アスベスト・患者と家族の会」の世話人と事務局のかたがたがお悔やみに来てくださいました。
人と群れることが苦手だった夫でしたが、この会にだけは参加しました。
同病のかたの話が聞きたかったのかもしれません。

一昨年の10周年記念パーティーでは壇上でのトークにも加わりました。ビックリ仰天でした。
人懐っこい人と思われていたようですが、本当は人見知りの激しい人です。
みなさんとは数回しかお会いできませんでしたが、心に残るおつき合いをしていただきました。

27日には銀座で昼食を食べながらの遺族会があるそうです。
誘っていただいたので参加することにしました。
家族会から遺族会・・・しょうがないですね。
分かり合える者同士、慰めになるだろうと思います。


s-霜
今朝の霜
小さな葉の一枚いちまいが
きれいにお化粧されているみたい


Comment:0  Trackback:0
2016
02.15

病院・インフルの猛威

病院に行きました。血液検査をして、心配ないと言われました。

10年ほど前に一過性脳虚血で入院したことがあって、それ以来血液サラサラの薬をのんでいます。
その副作用で、ぶつけた覚えもないのに内出血ができやすく、たびたびあちこち青くなっていました。
が、水曜日の夜、気がつくと片手の甲の半分以上が赤黒く腫れあがっていて、もう片方も2か所に内出血が。

あまりに広範囲だし、見た目ギョッとします。それを見た娘たちが病院に行けとうるさいので渋々行きました。
毛細血管の太めのところから出血したのでしょうということです。
手足だから良いようなもの、これが脳内だったらと思うといやですね。

近くにいる中学生の孫が学校帰りに寄りますが、この子を第1発見者にだけはしたくないと、痛烈に思います。
今更遅いかもしれないですが、この孫のためにも健康な老後を送らなければならないです。


s-p_b_illust_121_1M.jpg

宇都宮は一家3人がもれなくインフルエンザにかかって、今最後のパパが治りかけているそうです。
そうしたらきょうは広島から電話で、息子がB型にかかったと言ってきました。
小さい赤ん坊を抱えた娘が心配ですが私も外せない用事があるし、のこのこ感染しに行くのもどうかと思うし。
困ったものです。

むこ殿は来週から船で海外出張50日。新造船の航海なのだとか。
また広島に行くことになるかもしれませんね。
そして私が最後にド~ン・・・


Comment:0  Trackback:0
2016
02.14

映画漬け

dTVで映画を見ています。
昨夜は21時頃から25時まで2作続けて見ました。
「チョコレードドーナツ」「最強のふたり」
「チョコレードドーナツ」 良かったです。
どこがということは私の感覚だし、もしこれから見たいという人には要らぬ先入観を持たせるので書くのはやめます。
「最強のふたり」 楽しめました。

きょうは昼ごろからまた2作続けて見ました。
「私の中のあなた」「フィティ・フィフティ」
どちらもテーマのひとつが闘病なので、見終わって気持ちが少し疲れました。
が、ティッシュの山を作って、泣けた自分に「よし!」と声を掛けたい気持ちにもなりました。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*

s-20160211_180412.jpg


夫の従姉夫婦のおみやげは笹かまぼこ

笹かまぼこの中で

夫は馬上蒲鉾が好きでした




昨夜は夜更かししたので今夜こそ早寝して、明日はちょっと気になることがあるので私、病院に行って安心してきます。


Comment:2  Trackback:0
2016
02.12

なまけ主婦

きょうも時間の流れが遅い。
1-20160212_092100.jpg
細切れに用事はあってそれなりに動いているのだけれど、まだこんな時間、とため息がでます。
一つ事が続かない・・・本も読んだ・・・点訳もした・・・書類の整理もした・・・
ああ、でもまだこんな時間。

どうしてかと思ったら、きょうは主婦の仕事をしていなかった。
1人だと自分が散らかさない限り片付いているのです。
掃除はさっと埃を拭いて終わり。洗濯はまとめて明日以降に。
台所も簡単にすませたから後片付けも簡単という具合です。


映画でも見ようかなあ。
あら、夫と同じだわ。

きょうはなんにもない日でした。
明日は友人と会う予定なので楽しみです。


Comment:8  Trackback:0
2016
02.10

インフルは続くか

彩椛のインフルエンザの熱は平熱近くまで下がり、私は水曜日に予定があるので昨日帰ってきました。
その時ママが少し怪しかったのですが、これ以上いると帰れなくなりそうだからと帰りましたが、着いたよの電話をすると、やはり熱が上がり始めたそうです。
「2、3日分の何かしら食べられるものを準備したし、心配いらないよ」
そうそう、彩椛の学校、2年生は学年閉鎖になりました。

私は今のところインフルエンザの兆候はありません。
でもきょうは歯医者さんだったのですが、ちょとめげています。
治療は麻酔が効いているからもちろん痛くはないのですが、ガシガシ、ズンズンと何をされているのか、長い時間手荒なことをされていたような・・・
家に帰ってもしばらく動く気力が失せたようになっていました。

痛み止めを飲んできょうは早寝をすることにします。

s-a-collage.jpg
宇都宮から西方
赤城・榛名方面に沈む 夕日と
夕日を反射して光る ビルの壁


Comment:2  Trackback:0
2016
02.07

彩花は病気

昨日彩椛のところに来ました。
ところがもうすぐ着くよの電話をしたら、あらまあ、彩椛が熱を出していて、たぶんインフルエンザだと思うと。
ここまで来て(2時間運転)、このまま引き返すのもね、とそのまま向かいました。

熱は少し下がったとはいうものの真っ赤な顔です。今すぐ病院に行ってもインフルエンザの反応は出ないだろうけど、行かないのもかわいそうよねと病院へ行きました。
やはり、検査しても確定できないのでタミフルは出せません、明日休日診療の保健センターで確定してもらってくださいと言われたとか。

昨夜は高熱でうされていたようですが、解熱剤で頑張って、きょう保健センターに行きました。
ぐったりした人たちが、大人も子どももひっきりなしに出入りしていました。

インフルエンザA型の診断でタミフルを貰って帰りました。
明日またかかりつけ医の病院に行かなければなりません。子育て中にも思いましたが、子どもって、金曜の夜とか土日になると熱を出すことが多いような気がします。
それほどに日曜日のきょう、保健センターは人がいっぱいでした。彩椛のクラスもたぶん学級閉鎖になるだろうということです。

さて、私はどうしましょう。感染しないうちに帰ろうか、もうちょっといて手助けしてやりましょうか。
彩椛には悪いけど、ママといっぱいお喋りをして、泣いて笑って。
来てよかった。


IMG_5880.jpg

彩椛のおひなさま
ママの趣味で
このお人形さんなのですよ


Comment:4  Trackback:0
2016
02.05

IL DIVO

今朝の新聞で 「IL DIVO 追加公演」 というのを見ました。
何を今ごろとおっしゃる向きもあろうかと思いますが、私知りませんでした IL DIVO。

早速 You Tube です。あら、すてき。チケット取れないんだろうなと思いながら検索。
取れそうもない。そしてこのグループの人気はヨン様なみとも書いてありました。おばさまたちにでしょう。
一気に引いてしまいました。
でも気になる。ちょっと聞いてみようと You Tube をクリックしてバックに流しているうちに、1日が過ぎてしまいました。
穏やかな気持ちになりました。

夕方彩椛から電話で、「まりかあさんい いつくるの」
明日出かけます。1、2泊してくる予定です。
たくさん笑ってきます!





Comment:0  Trackback:0
back-to-top