2016
08.30

悲しみ

今朝の新聞、本の広告に『人はいくつになっても、美しい』(ダフネ・セルフ)が載ってました。
イギリスの87歳のスーパーモデルだそうです。
「美しい」はどうでもいいんです。彼女の言葉がいくつか書かれていて、その中の一つに目が止まったのです。

悲しみは乗り越えるものではなく、寄り添い付き合っていくもの



夫が闘病中、喪ってしまった後の自分を思ったことがあります。
生きていけないとまでは思わなかったけれど、この人のいない生活なんか考えられない。
この人と共に老いていくことだけを考えていたのに、どうして暮らしていけようか。

でも実際はこうです。
亡くなった後2か月半、娘と孫が一緒に暮らしてくれました。
いろいろな手続きに追われたり、人の訪れもありました。
そんなことで気が紛れていたのか、悲しみに立ちすくむというようなこともなく暮らすことができました。

1月中旬、娘たちが帰って本当に一人の生活が始まったとき、今度こそ悲しみの淵に沈んでしまうのかと考えました。
けれど、そうではない毎日が繰り返えされました。
とても不思議でした。

話が変わって。
何10年も前若くしてご主人を亡くした友人が、私にこう言ったのです。
「どん底を見て、そこから立ち上がった時にいらっしゃい」
彼女が私をどんなに心配しているか、疑う余地のないこととはっきり分かっています。
彼女に少し甘えたい、会いに行きたいと思っていた私は、寄りかかろうとした肩を引かれたように思いました。
けれど、甘えた考えの私がいけないのだろうと自分を納得させました。

そしてそれから半年、私は相変わらず悲しみの淵を知らずに過ごしています。
自分の心が読めない不思議な感情です。
悲しくないのか、悔しくないのか、泣きわめいたり、気力を失くしたりしないのか・・・
・・・しないのです。


s-台風一過
・・・・・・

そしてきょう、本の広告にたどり着くというわけです。

乗り越えなくたっていいんだ。
悲しみの淵に沈むこともないのだ。

悲しみを悲しむことが、
少しできるようになってきたと思っていたところです。



Comment:2  Trackback:0
2016
08.29

失敗2題

きのう、コンサートが終わっての帰り、乗り慣れた高速道路の入り口です。
(ETCは左レーン2列、出たら水戸方面は右)と頭で思ったのに、何を思ってたのか右レーンに入ってしまいました。
右は一般のレーン。ウッと思ったけどバックするわけにもいかず、通行券を取って本線へ。

このままじゃ休日割引が受けられないから降りて乗りなおそうと、次のインター出口に向かいました。
料金所で通行券を渡す時に何気なく、「間違ってしまったわ」とぼそっと言ったのです。
そうしたら係員が事情を聞いてくれて、「このまま大丈夫、乗りなおして」と言うのです。
通行券にハンコを押してくれ、どこかに連絡。
この後どうするかの説明を聞いたあと、近くの高速バスレーンからUターンさせてもらいました。
そのまま水戸まで。

そして水戸の料金所では、一般の出口で説明をして、ETCカードを車載器から抜いて渡し、休日割引がきちんと受けられました。
間抜けな婆に親切にしてくれた、いわき湯本の係のかた、ありがとう!


s-P_20160829_141259.jpg

可愛そうな名前の ヘクソカズラ
花言葉は
「人嫌い」「誤解を解きたい」「意外性のある」


そして思い出したのが何年も前の失敗。
新幹線で浜松に行くとき、発車間際の列車に飛び乗って、やれやれ。
到着時刻の案内放送に、いつもは聞いたことのない「熱海」があるのをちょっと変に思ったけど、深く考えないで車内ではずっと本を読んでいました。

いつもの感覚で、そろそろ浜松と本を閉じたけれど列車は減速しない・・・浜名湖を渡ってしまいました。
名古屋で降りて、乗り越し精算をしようと窓口へ。
そこでぼそっと、「浜松に停まらないひかりってあるのね」と言ったら、黙って切符にハンコを押してくれました。
その切符で折り返し、浜松に戻ることができたのです。

おばさんの所構わないお喋りを嫌う夫でした。
夫が一緒だったら、
「余計なこと言うな」と叱られたでしょう。
でもさ、こうして役に立つことだってあるんだよって言ってやりたい。

転んでもタダでは起きない婆の失敗談でした。


Comment:4  Trackback:0
2016
08.28

いわき市へ

キャサリン・ジェンキンスのコンサート、行ってきました。

s-P_20160828_145800.jpg

いわき芸術交流館アリオス


席は3列目の端っこだったけれど充分でした。
彼女の瞳がキラキラ光るのが見えるのです。
ドレスの裾を曳く音も聞こえます。
そして、マイクが拾えないような息づかいも。

4階席まである立派なホール、ほぼ埋まっていたと思います。
「福島復興祈念・いわき市市制50周年記念」と銘打ってのチャリティーコンサートなので、キャサリンって誰? の人たちも多かったかもしれません。
でも後ろから聞こえてきましたよ。「連れて来てもらってよかった」

2部構成で間に20分のインターミッション。
アメイジング・グレイスでは、地元7つの中学校の大勢の生徒さんが合唱で参加。良い記念になったわね。
日立製作所主催だけあってか、コンサートパンフレットも立派でした。

s-P_20160828_200020_20160828225830f35.jpg

音楽を語ることができないのが悔しい。
ただただ美しかったとだけ。


Comment:6  Trackback:0
2016
08.27

前向きな二人

Category: 点訳のこと
抜き打ちの点字データを受けて、さて今後どうしたらいいだろうと考えてもらいました。
もともと少人数で始まったグループですが、今活動しているのは私を入れて3人。
うち一人は県外なのでやり取りはウェブ上の会議室で行いました。

さて、抜き打ちの通知表を受け取った二人の反応は。
校正を 2回に増やすべきね。
初心に帰りなさいということね。
人間のすること、完璧なんて無理。
1タイトルは無傷だったんだし、良いほうじゃない。

まことに前向きな二人です。
暑いからとダレていた気持ちをシャンとさせて、さっそく活動し始めたのですよ。

s-9610_logo.jpg私も流れに乗らないと迷惑をかけてしまう。

けど明日はこの夏のお楽しみ、キャサリン・ジェンキンスのコンサート。
いわき市まで車でGO!
だから、来月から頑張るからね。


Comment:0  Trackback:0
2016
08.26

夕焼け

Category: 義母
冷蔵庫がからっぽ。
どうしても買い物に行かなければならないです。台風が来て買い物に出られなくなったら困るもの。
スーパーの駐車場に車を置いて、買い物の前に歩いて義母の家に向かいました。
玄関の鍵はかかってないけれどエアコンがついてません。
デイサービスに行ってるのでしょう。部屋に上がりました。

テーブルに亡くなった義父が覚書に書いていたノートが置いてあります。
この間そのノートに、弟あてのメモを残しておきました。
その続きに弟が、毎日の母の様子を書いくれていました。
 夕飯をあまり食べないと。
食が細くなったからか、あるいは一人で食べるのが美味しくないからでしょうか。
 デイにはあまり行きたがらないと。
一人にしておく訳にはいかないから、行ってくれと説得している様子です。

ある日のメモを読み、胸がいっぱいになりました。

お母ちゃん外に出て夕焼けを見ている。
きれいだなあって。
しばらく見て家に入る。
きょうが晴れでよかった。


一人になった淋しさは、アルツハイマーの母も私も、当然同じなのよね。
お母さん、夕焼けきれいだったね。
故郷の、山に沈む夕日を見たいね。ここは山が見えないから、夕焼けも中途半端だね。
お母さん、淋しいね・・・故郷に連れて行ってあげたい。

s-IMG_20130916_175659.jpg
一昨年 夫が撮った夕焼けを探しました


Comment:4  Trackback:0
2016
08.24

抜き打ちチェック

Category: 点訳のこと
驚きの恐ろしい郵便物が配達されました。大げさですが。
差出人は「全国視覚障害者情報提供施設協会」。
私たちが点訳データを作って提供している協会の「点訳委員会」からです。
なんだろう、ドキドキ・・・

「サピエ図書館」登録点字データチェック結果のお知らせ という表題です。
点字データの抜き打ちチェック? ドキドキ・・・

サピエにデータを提供している施設・団体は、隔年ごとに東京と大阪を会場にして、全国レベルの集まりがあります。
点字図書館など公費で出席できる団体と違い、私たち極小のボランティアグループは、交通費宿泊費は自前です。
数回出席していますが、近年は夫の病気などで出席できず、協会からのお知らせはあっても見過ごしていたのでしょうか、こんな話、知りませんでした。

良質なデータの蓄積を目標にするチェックですから、大賛成です。
でもやっぱり怖い、ドキドキ・・・
昨年度提供したデータから2タイトルが選ばれて、原本照合無しの素読みでチェックを受けたようです。

ジャーン・・・・・・1タイトルは、ミス4か所。もう1タイトルは無し。
4か所は多いかな。点訳者も校正者も見落としてはいけない単純なミスでした。
これは大いに反省しなければなりません。
1回しか校正をしていないのですが、やはり校正は2回必要だと思いました。つまり3人の目が必要だということです。

極小グループの存亡をかけて出直すか、そろそろ幕引きを考えるか・・・
意見を出し合って考えることになるでしょう。
またも大きな問題を抱えてしまうことになりました。
(私の担当、書誌データは問題なしということでホッとしました)

s-P_20160824_141832.jpg

いつのまにか 1メートル以上も
陽が差し込んでくるようになって
夜は 虫の音が 
耳に痛いくらい


Comment:0  Trackback:0
2016
08.23

台風のあと

Category: 花々のこと
台風は去ったけれど、お昼前から降り出した雨は雷を伴って時に激しく、夜まで断続的に降っています。

朝、台風の後始末をしに庭に出たら咲いていました、レインリリー。
雨が少なくてカラカラに乾いた庭でしたが、名前の通り一雨で咲いたのね。

201608232213267c5.jpg


さらに嬉しいことに、庭の隅にアシダンセラが一輪。
5年前に球根を買って、翌年は咲いたのに、その次の年からは花の色が変わってしまいガッカリしていたのですが、買い求めた時の色で咲いていました。
何年もかかって小さな球根が肥ったのでしょう。分球した小指の先ほどのを植えっぱなしにしておいただけなのに。
なんて健気な、嬉しいよって声を掛けたいくらい。

20160823220928dac.jpg



実はここまで古いタブレットで書きました。
雷がずっと鳴っていたので、いつものPCはコンセントを抜いたのです。
初めてのことで、真写の縮小に手間取ったり、いろいろ失敗したりでこの辺が限界です。
使いづらいけど慣れなくては。スマホからもサクッとアップできるように工夫しなくちゃ。


Comment:6  Trackback:0
2016
08.22

惚ける幸せ

Category: 義母
激しい雨も風も夕方にピタリと止みました。
大きな被害がなくてほっとしました。

台風のきょう、義母がどうしているのか心配で、妹から弟に電話してもらいました。
母は、介護保険更新の意見書を書いてもらうために、弟と一緒に病院だったそうで、一人ではなかったとわかり安心しました。
s-P_20160820_173908.jpg
昼過ぎから風雨が強まってきましたが、たぶん弟は母を一人置いて帰ったと思います。いつものことです。
心細いだろうなと思うものの、私も出かけられません。
ちょうど娘から電話があってそのことを言うと、娘は、おばあちゃん聞こえないから大丈夫じゃないと。
そうかもしれない、耳の遠い母で良かったとつくづく思いました。
風の唸る音、窓をたたく雨の音、聞こえてないといいなあ。ついでに、低くなった認知度、恐怖心も薄くなっていればいいなと思いました。

惚けるって、老いていく過程で必要なことではないかしら。
忘れてしまいたいこと、数多くあります。
辛い思い出を荷を下ろすように忘れていって、楽しい思い出だけを残して惚けていくって、考えてみれば幸せなことじゃないかしら。
アルツハイマーの母もせめて、そんなふうに幸せに惚けて欲しいと思ったことでした。


<追記>
きょうコメントを頂きました。
アルツハイマーのことをよく知らないいまま、考えもなしに惚ける幸せ、などと書いていたことを反省しています。
自分が分からなくなっていく恐怖を感じるという考えが抜け落ちていました。
ご家族を介護された方々、不愉快に感じられた方々、お詫びいたします。


Comment:6  Trackback:0
2016
08.21

ホームドア

Category: 思うこと
先日地下鉄のホームからの転落事故がありました。胸が痛みます。

現場の図を見ると、点字ブロックの一部に柱がかかっていたようです。
駅の柱が先にあって、後から点字ブロックをはめたのでしょうから、工事の時に柱を避けるルートにできなかったのだろうか。
迂回するほうが危ないのだろうか。そのへんのところは分かりません。

長く盲導犬と行動を共にしてきたこの方が、ホームは線路側に盲導犬、というルールを知らなかったはずはないと思います。
なにかそうせざるを得ない事情があったのでしょうか。

こういう事故があると、ホームドアの設置を急げというコメントが出ますが、私はその前にすることがあると思います。
駅のホーム、横断歩道など、危険な所に目の見えない人がいたら、私たちが一声かけることです。

s-moudouken-2.jpg「ホームです。ご一緒しましょうか?」
「席が空いています。お連れしましょうか?」
「信号が青に変わりましたよ」

これだけのことです。

こうして声をかければ、ホームドアが無くたって転落事故は防げると思うのです。
私たちがホームドアになればいいのです。

周りに誰もいなかった訳ではなかったでしょうに。
悔しいです。   
                           (イラストは素材屋小秋さんから)

Comment:4  Trackback:0
2016
08.20

1日に3度のハプニング

s-バス彩椛のミュージカル初鑑賞、東京行は常磐線全面運休で始まりました。
のんびり聞いていた朝のラジオ情報でそれを聞いて、
「えっ、マジで?」
とtwitterを開きましたが、本当でした。

高速バスで行くしかないと朝ごはんもそこそこにバス停へ。
既に長蛇の列。
1台めには乗れませんでしたが、後続車にはどうにか乗ることができました。
途中バス停では乗れない人たちの困った顔の長い列(臨時便は出なかったようです)。


上野で別れて彩椛たちは大井町、私は六本木へ。

s-ガレs-ミッドタウン

それぞれが楽しんでいる間に、東京は大雨に見舞われていました。
サントリー美術館を出たけれど行くところもなく、ミッドタウンで時間潰し。
もともとショッピングに興味がないところにきて、並ぶお店は、田舎者がおいそれと「見てるだけ~」と入店できる雰囲気でもなく、他の雨宿りの人たちと一緒に、手持ち無沙汰の時間を過ごしました。

夕方は東中野駅で落ち合って、友人の息子のお店に向かう約束です。
それがどう間違ったか駅の西と東、別な場所で互いを待つことになってしまい、頼りのスマホも娘は充電残量あとわずか。
「何とかして店を探すよ」とLINEが入った後の10数分の気が揉めること。
息子T君の心づくしを食べて飲んで、その晩はホテル泊り。

s-死体ウサギの

<こ卯さぎ亭> という名のお店
アンティークのテーブルの引き出しを開けたら
ウサギの事件現場
海外ドラマ 「クリミナルマインド」 好きの娘に大うけ


翌日は国立新美術館の「ルノワール展」です。
これまた長蛇の列。
小さい彩椛に前列を確保するのにママは大汗。
婆は一人で気に入った作品だけをゆっくり見て、早々と退出。冷たいでしょ。

蒸し暑い東京に長居は無用。
それでも帰宅は夕方になってしまいました。
宇都宮からパパが迎えに来てくれて、3人を帰したらさすがに疲労感を感じました。

__________>〇<_________

義母と1週間会っていないので気になるのですが。
「お母さんにも自分の予定があって、いつもおばあちゃんの傍にはいられないんだということを、叔父さんに分からせないと」
と娘も言うし、母の入所を考えさせるためには、ここは少し間を取ることも必要なのか?


Comment:2  Trackback:0
2016
08.17

彩椛の夏休み

去年は彩椛は、おじいちゃんが病気だったために、何も大きなイベントがなく寂しい夏を過ごしました。
今年は去年の分も遊んでね、とイベント目白押しでしたが、この夏最後のお楽しみは、劇団四季の『リトルマーメイド』

母もどう? と誘われていましたが、『リトルマーメイド』は、私はパス。とっても苦手です、ミュージカル。
その間私は何をして過ごそうかと調べていたら目についたのが、サントリー美術館の「エミール ガレ」
美術に特に興味があるわけではないけれど、ショッピングやグルメはそれ以上に興味がなくて、時間をつぶすには結局こういう場所しか思いつきません。外歩きは暑いしね。

s-P_20160817_213845.jpg


そのあとは東中野まで行って、友人の息子の店で食事の予定。
ホテルに泊まって、次の日は絵が好きな彩椛に本物を見せたいと、新国立美術館の「ルノワール展」へ。

s-P_20160817_213910.jpg


あらまあ、どんな教育ママ・婆でしょう、ふふふふ。


Comment:0  Trackback:0
2016
08.15

初盆

位牌もお墓もないけれど、世間のお盆に合わせて写真前を整えました。

今までは、お盆は夏の休暇。キャンプや釣りに行っていましたから、どこか浮かれた気分が無きにしも非ずで。
常識知らずの私ですが、家にいてよかった。お参りに来てくださる人が次々に。
留守にするところでした。

s-おぼん



友人夫妻はつきたてのお餅をお供えしてくれました。
お昼を面倒くさがる私に夫は、「お餅、きな粉」と言ってよく食べたものでした。
嬉しいお供えをいただいたね。


飲み友達は家族で来てくれました。
最後に手を合わせていた息子は顔を上げられません。
しゃくり上げているのです。
小学生の頃キャンプに連れて行ったり釣りをしたり、家へもちょくちょく行ってましたから、オジサンの写真を見て、思い出したのでしょう。
キャンプの早朝、ナタを振り回していてびっくりさせられたこの子も、大学生。
お姉ちゃんの目も真っ赤です。
私の知らないところで、オジサン、ずいぶん慕われていたのね。
若い人たちも、あなたの死をこんなに悲しんでくれているんだと、あなたに直接伝えたい…


宅配で元同僚の奥さんからお供えが届きました。彼女はフィリピン出身です。
夫は異国の地で頑張る彼女を応援していました。
この春彼女を訪ねて、夫の死を知らせました。
「しんじられない、○○が」
と二人で抱き合って泣きました。

電話でお礼を伝えると、
「はじめての おぼんだからね」
私よりよっぽど日本人的な彼女です。


夫を思い出してくださり、温かいことばをかけてくれた皆さん。
それもこれも、夫が友人を大事にしてきたからでしょうか。
その点では夫は偉かったと思います。死んだ人を今さら持ち上げてもしょうがないですが。
とね、直接言ってあげたい。


Comment:8  Trackback:0
2016
08.14

初盆のお参り

夫の友人が初盆のお参りに来てくれました。
夫と結婚して以来の付き合いだから、40年を超えています。夫とは高校の同級生。
途中疎遠になった時期もあったけれど、会えばそんなことは飛び越えられる「ダチ」なのです。

折に触れて私を心配して来てくれます。
彼も故郷で一人暮らしの母親のことで動いていましたので、二人で介護のことを語り合いました。
互いに相手の考えを支持し、「まあな、しゃーないな。やるだけのことはやんねばね」

夫が「お母ちゃんのことは頼む」と言い残したことを話しました。
「うーん、○○のやつ、罪なことを言い残したなあ。だめだよ、おい!」
と写真に笑いかけます。
「そんなこと言ってないで、迎えにきてやれよ」とは冗談ですが。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━


2泊した姉を施設に送り届けました。
夫と何10回通っただろうこの道。
毎年この時期は、ここを通ってキャンプや釣りに。
行きは夫が弾んだ気持ちで運転して、帰りは私が酔っ払いを隣に乗せて帰ってた道。
懐かしい思い出、少ししんみりしました。


Comment:0  Trackback:0
2016
08.13

姉の勝ち

Category:
きょう2回目。

午後姉を母のところに連れて行きました。
向こうには泊まらないんだよというのに、お泊りバッグを離しません。
布団を干したままだったので私だけ家に戻りました。
夕方母からメールで、施設長が補助ベッドを部屋に入れてくれたので姉を泊まらせると。

ホームの夕食は間に合わないから持って来てくれ、と書いてあったので時間をみて夕食時に届けました。
言い出したら人の話を聞かない強情な姉。結局みんな負けてしまうんです。
おとなしそうなのに、こうして自分を通して今日まで来たのです。
私はその点、姉の思うようにばかりは動かないので、姉は私を煙たがっています。
面倒くさいからと、とりあえず言うことを聞いてしまう母を、姉はちゃんと見ているのですよ。

s-モルツ


お世話をかけたので、夕食を届けるときに施設長にビールをちょっと持って行きました。
チャッカリ自分のビールも買って、ありあわせの私の夕飯です。
近所では賑やかにバーベキュー。匂いを肴にプシュー!!
黄色いトマトが可愛いでしょ、柿みたいね。
姉の施設の農耕班が作って販売しています。


Comment:4  Trackback:0
2016
08.13

きれいごとじゃすまない

Category:
姉の障害の程度は重い方ではなく、それほどの手助けがなくても自立していけます。
けれど一緒に生活するとなるとこれが、忍耐の日々になるのです。
他人だったら、一時過ごすだけだったら、おとなしい可愛い人と思われるでしょう。
でも、一度決めたら(ほとんど理屈に合ってない)絶対自分を通す頑固さ、超・超スローモーな動作、食事マナーがなってないこと、これが私を悩ませます。
姉が悪いんじゃないと分かっていますが、長く一緒に暮らしてこなかった私はキツイことを言ったりします。
だから姉は私のことを好きでないはず。

姉は母のホームに行きたいのです。
けれどその母は、絶妙なタイミングでメールを寄越します。
姉の夏帰省をどうするかと聞いてきたのも、昼の間はホームに連れて来ればということも。
一応私も心配してるのよ、というポーズだけはしっかりと。
もうこうなったら、面倒だ、私が引き受けるわよ、というギリギリのタイミングなので、「今からじゃ遅い」と言ってやると、「そう、それじゃお願いね」
すべてメールでのやり取りです。全くぼけてない、恐るべし97歳。

私意地になってます? よね。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top