2017
03.08

『竹林はるか遠く』『続・竹林はるか遠く』

Category: 思うこと
次の1冊の点訳が終わりそうです。『続・竹林はるか遠く』
もしかしたら没になるかもしれない点訳ですが、ぜひやりたかったので見切り発車です。
まず正編を読んでから取り掛かりたいと思い、図書館から借りて読みました。

終戦直前、ソ連軍の侵攻から逃れるために、朝鮮半島羅南から母娘三人で苦難の南下。
ようやく日本に帰れたものの、母親は病死。娘二人が戦後の混乱を物乞いのような暮らしをしながら誇りを持って生き抜く。

私が戦争の記録を読み始めた最初の本は、父が買ってきた『父の戦記』だったのではないかと思います。
父も「戦記」を寄せようと思っていたようですが、朝鮮半島の山の中で、戦闘も知らず、ボーイスカートの延長のような伍長さんだった父の筆は、進まなかったようです。
初版本を読んだのは高校1年生だったか?
戦争の本当の姿を見せられて、私はずいぶんショックを受けました。
戦争を憎みました。罪のない市民が殺すか殺されるかの戦争に投入されて、体も心も失ってしまうことが悲しかった。
そうして私はこの本から、事実はどんな小説にもかなわないとわかり、ドキュメンタリーに傾いていったのでした。

『竹林はるか遠く』『続・竹林はるか遠く』 
はじめにアメリカで出版されて、いくつかの箇所で記述に誤りがあると指摘され問題になったそうです。
けれどその部分をも含めて、戦争によって軍人でない市民の苦しみや、これでもかこれでもかと襲ってくる苦難に立ち向かう、勇気と力が描かれている本だと思います。
作り物ではない強いメッセージを受け取りました。

☆☆☆ ――――――――――――――――――― ☆☆☆




s-IMG_1470.jpgs-IMG_1473.jpg
s-IMG_1474.jpg  
  マルタ騎士団の象徴 マルタ十字
  数100年間 
  数多の人々が踏んだであろう 石段
  すり減った階段が 分かりますか



Comment:7  Trackback:0
2017
03.05

包丁研ぎ

Category: そのほか
料理というほどのものはしなくても、包丁の切れないのは我慢できないのです。
包丁は夫がいつも切れるようにしてくれていました。
最後の入院が8月末だったから、その前の半ばぐらいだったか、暑いさなかに5本の包丁を並べて研いでくれたのでした。
これが最後だと思っていたかどうか、丁寧に研いでくれました。

s-P_20170305_161650.jpg
その後は私がいい加減に研いでいたけれど、常時使うステンレスの包丁が切れないこと。
我慢ならなくなったので、昨夜砥石を水に漬けて寝ました。
今までは切れないと思った時に、簡単にちょっと研いで凌いでいましたが、きょうは時間をかけて研ぎました。
教えられたことを思い出しながら、均等に。
すぐ切れなくなるだろうけど、まあいいんじゃない、って笑ってもらえるかな。

上のがステンレスの包丁ですが、30年、研いでといで、刃が刺身包丁みたいに細くなってしまいました。



Comment:8  Trackback:0
2017
03.04

一人になりたい・・・一人じゃない

家族の世話に追われ、夫の世話につかれていた頃は、「自分の時間が欲しい、24時間全部を自分だけのために使いたい」というのが私の願いでした。
私、一人だって寂しくない、誰ともしゃべらなくたって平気だと思っていました。
さて今、自由に使える時間が24時間。私の今の気持ちはどうでしょうか。

ここのところ点訳に集中していました。私が望んでいた日を何日か続けたのですが。
さすがに疲れました。飽きてきました。
そうしたら気持ちが少し沈んできて、思わなくていいことを思い、鼻の奥が痛んでくるのです。
ここで強がり言っても誰も褒めてくれないもの、沈むときは沈むがよろし。

でも、見つけたんです。過去記事にみなさんから頂いたコメントを。
ありがたいコメントがいっぱいです。
グジグジと泣き言を書いた時の励ましのコメント、共感のコメントなどなど ・・・
・・・ 一人じゃないんだ ・・・

あしたはパソコンから離れて、小さな花壇の手入れでもしなければね。


■■□―――――――――――――――――――□■■

s-IMG_1464.jpg



Comment:6  Trackback:0
2017
03.03

霧の朝

Category:
通院のために姉を施設に迎えに行きました。
s-1
こんなに深い霧はめったにない。
白い景色の中を車で30分。
那珂川を渡る道路はさらに霧深く、慎重に慎重に右折。

白くしか見えないけれど、この信号の少し先は常磐道が走っています。
畑の脇の道を通ると、畑からは水蒸気が大量に立ち上って風に流されていました。
こんな景色も、いいもんだなって、気分よくドライブです。

姉の血圧は安定していないけれど、また経過観察ということで帰ってきました。
施設入所していますが、病気の時は家族が面倒をみなくてはならず、そして、姉が痴呆になどなったら、別な施設を見つけなければなりません。
私が元気なら私が責任を持ちますが、私ができなくなったら・・・
姪である私の娘たちに世話を掛けることになるでしょう。
娘たちは嫌とは言わないでしょうが、できればね、そうなってほしくない。
私が姉を見送りたい。あーあ、こんな話ばっかり。

s-2

姉を送りとどけて、施設が運営しているカフェで一人昼ごはん。
施設の農業班が作っている野菜で作ったメニューが中心で、味噌汁の中身は5種類の具が入っていました。
ここのコーヒーがとても美味しいのです。ふーっと、気持ちの中で息をつき、気分がゆったりしましたよ。

s-3

きょうはひな祭り。小さなお皿にちらしずし、タンカンも添えて。
奄美大島に行った時に、枝も折れそうに生っていたタンカン。指をくわえて見ていたから。
「こんなに生っているのに、誰も食べないんですか?」と庭にいた人に聞いたら、
「食べるよ。まだ時期が少し早いのよ」と言われたのでした。
1個いただいて食べたかったね、と。


Comment:2  Trackback:0
2017
03.02

ていねいにゆっくり

Category: 点訳のこと
約2週間前に点訳を始めた本1冊を、先ほど打ち終わりました。
300ページの原本。原本1ページを、大体7,8分で入力します。。
途中わからないところを調べたり、考え込んで立ち止まったり、訂正したりすることも多くて、平均すれば10分以上はかかるかもしれません。
計算すると50時間。1日に5時間パソコンに向かったとして、10日で仕上げたことになりますか。
わー、すごい、わたし! 頑張った。仕事でもないのにね。

入力は、「Tエディタ」というフリーのソフトを使って6点入力です。
近ごろはなんでこんなに入力ミスが多いのかと、情けなくなっています。
もしかしたら、私の入力スピードとキーボードがマッチしていないのかもしれない。
というのは希望的な思いで、本当は指使いが覚束なくなったのかもしれません。
そうは思いたくないけど・・・
ゆっくり、倍の時間をかけたって、正確に入力した方がよいに決まってます。
キーボードのせいにしないで、ていねいにゆっくりと。

ぽっかり時間が空いてしまったので、明日からは何をしましょう。
なんて言いながら、きっと下巻を打っているような気がする点訳ばかです。


s-1s-2_2017030222314139c.jpg

10日ほど前に咲いていた福寿草。
お日さまを受けて ぴかぴか光っていました。



Comment:4  Trackback:0
2017
03.01

侮れない里山

近隣になんとかロードと名づけられたウォーキングコースがあるらしいので行ってきました。
ざっと調べて即出発。
コンビニでサンドイッチを買って、目的の駐車場まで20分。
コースの案内板を見つけられなかったけれど、ま、いいか。グーグルマップがあるし。

s-P_20170301_122602.jpgs-P_20170301_123249.jpg

と、着いたのがこちら。
さほど興味をひくようなものは無く、桜の季節になったら枝垂桜を見に来ましょうか。


お墓の前ではお弁当も広げられないので、もと来た道を帰ったけれど、脇道を見っけ!
展望広場と矢印があったので、そこでお弁当食べるしかないね、と登り始めました。
が、これがなんと、里山とは思えないつづら折りの急な階段。
何度も止めようかと思ったけれど、意地になって展望広場までたどり着きました。
でもね、たどり着いた展望広場の展望台は、こんなだった・・・
木が育ったのね。

かすかに青く見える山を見ながらサンドイッチを食べて、そそくさと帰り支度。
だって、汗が冷えて寒くなってきたのです。
s-P_20170301_132617.jpg

ここにはキャンプ場の一角で、オートキャンプ場、キャビン、天文台などが整った公営の施設です。温泉施設も隣接しています。
下の川で孫に釣りを教えたり、私がフライロッドの振り方を教えてもらったり。
どこに行っても思い出が蘇ります。

婆が意地になって登ったツケは明後日くらいに出るでしょうか。
ストレッチしておかなくちゃね。


Comment:6  Trackback:0
back-to-top