2017
03.02

ていねいにゆっくり

Category: 点訳のこと
約2週間前に点訳を始めた本1冊を、先ほど打ち終わりました。
300ページの原本。原本1ページを、大体7,8分で入力します。。
途中わからないところを調べたり、考え込んで立ち止まったり、訂正したりすることも多くて、平均すれば10分以上はかかるかもしれません。
計算すると50時間。1日に5時間パソコンに向かったとして、10日で仕上げたことになりますか。
わー、すごい、わたし! 頑張った。仕事でもないのにね。

入力は、「Tエディタ」というフリーのソフトを使って6点入力です。
近ごろはなんでこんなに入力ミスが多いのかと、情けなくなっています。
もしかしたら、私の入力スピードとキーボードがマッチしていないのかもしれない。
というのは希望的な思いで、本当は指使いが覚束なくなったのかもしれません。
そうは思いたくないけど・・・
ゆっくり、倍の時間をかけたって、正確に入力した方がよいに決まってます。
キーボードのせいにしないで、ていねいにゆっくりと。

ぽっかり時間が空いてしまったので、明日からは何をしましょう。
なんて言いながら、きっと下巻を打っているような気がする点訳ばかです。


s-1s-2_2017030222314139c.jpg

10日ほど前に咲いていた福寿草。
お日さまを受けて ぴかぴか光っていました。



Comment:4  Trackback:0
back-to-top