2017
03.08

『竹林はるか遠く』『続・竹林はるか遠く』

Category: 思うこと
次の1冊の点訳が終わりそうです。『続・竹林はるか遠く』
もしかしたら没になるかもしれない点訳ですが、ぜひやりたかったので見切り発車です。
まず正編を読んでから取り掛かりたいと思い、図書館から借りて読みました。

終戦直前、ソ連軍の侵攻から逃れるために、朝鮮半島羅南から母娘三人で苦難の南下。
ようやく日本に帰れたものの、母親は病死。娘二人が戦後の混乱を物乞いのような暮らしをしながら誇りを持って生き抜く。

私が戦争の記録を読み始めた最初の本は、父が買ってきた『父の戦記』だったのではないかと思います。
父も「戦記」を寄せようと思っていたようですが、朝鮮半島の山の中で、戦闘も知らず、ボーイスカートの延長のような伍長さんだった父の筆は、進まなかったようです。
初版本を読んだのは高校1年生だったか?
戦争の本当の姿を見せられて、私はずいぶんショックを受けました。
戦争を憎みました。罪のない市民が殺すか殺されるかの戦争に投入されて、体も心も失ってしまうことが悲しかった。
そうして私はこの本から、事実はどんな小説にもかなわないとわかり、ドキュメンタリーに傾いていったのでした。

『竹林はるか遠く』『続・竹林はるか遠く』 
はじめにアメリカで出版されて、いくつかの箇所で記述に誤りがあると指摘され問題になったそうです。
けれどその部分をも含めて、戦争によって軍人でない市民の苦しみや、これでもかこれでもかと襲ってくる苦難に立ち向かう、勇気と力が描かれている本だと思います。
作り物ではない強いメッセージを受け取りました。

☆☆☆ ――――――――――――――――――― ☆☆☆




s-IMG_1470.jpgs-IMG_1473.jpg
s-IMG_1474.jpg  
  マルタ騎士団の象徴 マルタ十字
  数100年間 
  数多の人々が踏んだであろう 石段
  すり減った階段が 分かりますか



Comment:7  Trackback:0
back-to-top