2017
03.31

自己満足

住んでいる町内会の班長は1年ごとの順回りです。今年度は我が家が当番になりました。
去年でなくて、一昨年でなくてよかった。
ほとんど仕事らしい仕事は無いそうですが、班長の仕事のほか、町内会の街灯の会計も順番で当たってしまいました。
通帳・印鑑を預かり集金や支払いをするのだそうです。電球が切れたら交換を業者に依頼するなんて言うこともあるみたい。

引き継ぎ一式が届きました。
中に領収書を綴じたノートが入っていましたが、始めのページは平成10年度。
まあよくぞ、という年季の入ったノートは表紙ははがれ、中身が挟まっているだけ。
綴じてある領収書もあちこちからはみ出たり折れたり。

こういうの我慢ならないんです。
大方はゆる~くだらしない私ですけど、この手のいい加減さは許せない。
さっそくはがれている表紙をボンドで修復。
折れてはみ出ている領収書のしわを伸ばして折り直し。
つまらないことに拘る自分を笑いながら、一応納得いくくらいまでに整えました。
残りのページ数からすると、あと6年は使うかもしれないノートです。

夫がいたら絶対言われています、「つまんない自己満足」。
いいのだ、だから<自己満足>というのだから。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

s-IMG_1637_2017033122291950b.jpg 

s-IMG_1638_201703312229203bc.jpg

スリーマからヴァレッタを望む


Comment:2  Trackback:0
back-to-top