2017
05.31

湯西川 こんなところ編

湯西川は、20年くらい前に家族4人でキャンプしたところです。
まだろくなキャンプ道具もなく、雨がテントの底から沁みてきたり、寒さに震えたり。よく小さい娘を連れて行ったもんだと思います。
その夜、台風がコースを変えて湯西川の上を通り過ぎ、村の公民館に避難させられたのも忘れられない思い出です。

お盆が近かったか、笛の音が夕方の涼風に乗って聞こえてきました。
哀愁を帯びた笛の音は草原を流れ、秋が近いことを思わせるような調べで、長年忘れられませんでした。
今回そのことを管理人に聞いてみました。獅子舞のお囃でした。
そしてYouTubeのすごさ、練習用の動画を見つけました。


そうそう、こんな感じでしたよ。
娘に聞いても、ほんの子どもだったから覚えていないというし、夫には聞けない。でもこれだわ、間違いない。


さて、湯西川へは27日、雨の中のんびり下道を行きました。途中で日光街道を通りましたが、さすがに歴史ある道です。車で通りすぎるのがもったいないような気持ちでしたが、いかんせん、雨。先を急ぎました。
急いだせいで、お昼には着いてしまいました。
どう過ごすかなんて考えてこなかったけれど、散策コースの案内版があったので、足慣らしにチャレンジコースを選んで行ってみるか、いざ。
ところがこの道、いつ整備したんだろう。落ち葉に踝まで埋まってしまうし、小枝は落ちてるし、道幅は狭いし。
分岐点には看板が立っていたので不安にはなりませんでしたが、なんだ坂こんな坂と辛かった! なにがチャレンジだ! 

28日、草地からもやが立ち上る道を朝から歩きました。草花を見ながらただ歩くだけ。予定などないのですから。
本を読んだり沢歩きをし温泉に入った、他は何にもない1日が過ぎて、12,937歩。

29日、前日の沢歩きに味をしめての顛末は、昨日書いた通り。
無事戻った足で帰り支度。テントも寝袋もない小さな荷物は、あっという間に片付いて、10時過ぎにキャンプ場をあとに塩原温泉へ。ここでもひたすら歩くだけの13,899歩。

30日、塩原温泉の宿を出て、帰路千本松牧場に寄りました。
牧場というけれど観光施設で、そういうのはやっぱり苦手な私。一人でソフトクリームをなめて、そそくさと帰りました。
あとは一気に家まで。
片付けをしてコーヒー飲んで、「我が家がいちばん」

なぁんにもない、でもそれが良いという山の中で、リフレッシュできました。
出かける前に心配していた歯茎は、なんだったのというくらい、山に行ったら良くなりました。えっ・・・ほんとうですよ。
それから、家ではメガネなしでは読めない小さな字の本が、山の中ではメガネなしでちゃんと読めたのです。本当ですってば。

s-IMGP4669.jpg

緑がまだ若く 朝日にまぶしい
木陰で読書

s-IMGP4689.jpg


こちらは 難なく越えられたほうの沢

s-P_20170527_140800.jpg


橋のずっと先 「クマ出没注意」

s-P_20170527_144222.jpg

山つつじが咲いて優しそうな沢 
・・・だった


s-P_20170529_064831.jpgs-P_20170527_161154.jpg

朝もやの草地 と 栃の大木
栃の木の下方にあるリュックが ちょうど私の背丈くらい



Comment:4  Trackback:0
2017
05.30

湯西川 ズッコケ編

きょうお昼過ぎに帰宅しました。
片付け・洗濯などを済ませて、みなさまのブログを楽しみました。
出かけた後でコメントをくださったみなさま、帰ってからのコメント返しも間が抜けていますので、まとめてですが、ありがとうございました。無事帰りました。

まずは、ご期待通りのズッコケ編から。
私は知る人ぞ知る雨女。出かけた27日の天気予報は晴れだったのに、天気予報にも勝ってしまう雨女。
この日は彩椛を始め、運動会の子どもたちも大勢いたのに、ごめんね。
出かける前からのズッコケっぷり。

s-IMGP4695.jpg湯西川につく頃は雨も上がり、翌日は朝からとても良い天気。朝食後に散策を開始。
小さい沢に下りて写真を撮ったりしているうちに沢を上りたくなりました。
夫と釣りをしていたときは、こんな沢を歩き回ったものでした。
沢は道路に沿っているし、深い崖じゃないし行けると思いました。
片足がやっと乗るくらいの岩を歩いたり、大岩が塞いでいるところは高捲きしたり、スリリングで面白い約2kmでした。

s-P_20170528_160357.jpg翌日、前の日の沢歩きが面白かったので、違う沢に入りました。が、ここは手ごわかった。
張り出している大岩は滑るし足がかりが少ないし、前に進めなくなってしまいました。
でも戻るのも大変。ようやくここまで来たのですから同じ道を戻るのは危険。
それで、崖を這い登ったまでは良かったのです。が、その先に道がない。あるはずの道が藪になっていたのです。
藪、藪、藪・・・木を押しのけ、踏み倒し、道なき道を行くこと500メートルくらい。こんな場所で遭難するわけにはいかないと必死でした。
やっと元の場所に戻って肩で大きな息をしている私が目にしたものは・・・
はい、その通りです。
クマ出没注意の場所近くでもありますゆえ。

二つ目はズッコケ話と笑えない話。湯西川、続きます。


Comment:10  Trackback:0
2017
05.26

準備終了

もう今日も、あれ~なことがあって、午後から探し物をしていました。
物置にあるキャンプ道具から必要なものを集めていきましたが、携行用のガスバーナーが見つからない。
この間確かに見た、記憶にある確かに。でもずいぶん探したけれど見つからない。
そこで思いました。ガスバーナーは安定性に欠けるから婆は使うな、と夫が隠したのかもしれない。
そう思うことにして探すのを止め、カセットコンロを持って行くことにしました。
カセットコンロは野外では風に負けるかもしれないけど、大した料理をするわけじゃなし充分です。
こんな程度に荷物がまとまりました。その頃には雨も上がったので車に積み込んで、準備は一応終了。
s-IMGP4652.jpg

物置に鍵をかけようともう一度中を見た時に、隅の脚立の上に何かが・・・探していたバーナーでした。
あーあ、出かける前から疲れました。
爪を切って(私はこれが結構重要)、最後の確認をしてから寝ます。
明日から2日間は音信不通の場所にいます。
温泉街に下りた時にスマホをつないでみますが、月曜日夕方までスローな生活です。


s-IMGP4631.jpgs-IMGP4646.jpg

八重咲きのドクダミとガクアジサイが、花の準備を始めています
どちらも「花」ではないんだとか


Comment:6  Trackback:0
2017
05.25

詰めが甘い

何やってんだか私。肝心なことを確認してなかった。
赤いワゴンから乗り換えの今の車、シートがどういうふうに畳めるのかを確認していないのに気づきました
もう30年以上ワゴン車ばかりに乗ってたので、シートは車中泊ができる構造が当たり前だと思っていたマヌケな私。
昨夜遅くに、そういえばとシートを倒してみてびっくり。フラットにならないのです。クネクネのシートじゃ寝られない。
一晩ぐらいは平気かもしれないけど、疲れを翌日には残したくない。

車中泊は諦めました。2泊めのキャンプ場に直行、2連泊することに決めました。
福島方面はまたの機会に。
そうなれば、こんどは炊事関係を整えなければならないです。

何10回となく経験した野外炊飯ですから、何とかなるはず。
用意はまず献立を決めることから始めます。
夜・朝・昼・夜・朝の5食を考えてメモ。
それに必要な食材・調味料などを書いていくのですが、大きな紙をテーブルに置いて、気づいた時に書き込みます。
調理道具・キャンプグッズも同様に思いついた時に書き込み、1日そうしておきます。

キャンプの時はいつもそうでした。
夫はこういう時はこまごま書きます。私は大雑把で、なければがまんか、代用するという考えです。
家の中をそのまま野外に持って行くぐらい、いろんなものを書き込んでいく夫と、よく揉めました。
揃えるのも、片づけるのも私ですから、少なくしたいのです。
夫? キャンプの帰りは、必ず車中で反省会のアルコール。家に着くころは眠っていることがほとんどでした。
もう2度とキャンプはしないと怒ったこと、今は笑って書けますけど。
そういいながら、一人なのに道具がどんどん増えていきます。


s-IMGP4623.jpgs-IMGP4616.jpg
  大型のクレマチスが終わって
  2番手が咲き始めました
  あなたの名前は?

  ユキノシタが 満開に
s-IMGP4639.jpg



Comment:4  Trackback:0
2017
05.24

小さな旅計画

暮らすように旅する、というのをしたい。
足腰はまだ動く、資金は贅沢はできないけどそれでも。さあ、いざ!!
・・・でも孫の世話が婆の役目。いつでも出かけられる自由の身なのに、クーッ。
それでも、この孫がいるから毎日を頑張れると思えば仕方ない、小さな旅でがまんです。

一人旅で一番困ること、それは宿。以前に比べたら一人泊が増えているとはいえ、どこでも泊めてもらえるとは限りません。
一人旅サイトを見て、冬のうちから山の宿を見つけていました。今回はそこを目指します。
小さな旅の範囲は片道3時間くらいか。
その範囲・・・年に何回もキャンプしていた福島県の西郷ダムに行きたい。
そこから会津に下りる途中の「道の駅下郷」。1度車中泊をしたことがある場所なのでそこに決めよう。

そこから次に駒止湿原を目指したい。なかなか良いコースではないかと自画自賛。が、
「期間限定 ガイド付きプレミアムシャトルツアー」は6月3日から。1週間早かった、無念。
それでは南下して、やはり1度行ったことがある湯西川キャンプ場にしようか。あそこならロッジも温泉もある。
30年近く前のことだけれど、思い出深い場所なのです。

そして次の日は小さな宿に宿泊。
という3泊のドライブ旅行を考えました。
カーブのきつい山道を行くことになると思いますが、慎重に、婆を自覚して運転します。
きょうは病院と美容室に行って準備オーケー。合間に大雑把なコースを考えたました。
明日は買い物と荷積み。明後日は留守にする家の用を片づけて、土曜日出発かな。


s-IMGP4635.jpgs-IMGP4611.jpg
s-IMGP4613.jpg ニゲラは
 蕾も 咲いても 花後も かわいい

 レースラベンダー
 目立たぬところに ひっそりと
  


Comment:10  Trackback:0
2017
05.23

歯の話 たぶん最終章

いつまで続く歯の話・・・。
きょうは痛いことはされないだろうと、経験上予想して気楽に椅子に座ったのに。
ええ、痛い治療ではないはずですよ、経験上。でも、何かの手違いか。
アロンアルファの先っぽを長くしたような注入器の先がぢぐっと。
それからが痛い、また少し腫れてきたので冷やしていたらようやく収まりました。

お邪魔しているブログのかたが、L-8020という乳酸菌入りのマウスウォッシュで改善が実感できた、と教えてくださいました。
数件電話して、1軒だけ在庫しているドラッグを見つけて、歯医者の帰りに手に入れました。
これから頑張ります、もうあんな思いはごめんだもの。
それから、緊急の時に困らないよう抗菌薬を処方してもらいました。お守りです。

関西・中国地方行きは延期したけれど、次の通院は6月。
お守りとマウスウォッシュを持って、そのへんをフラフラしてこようかと考えています。
ちょっとイライラが溜まってきているんです。
一泊は宿を取って、あとは車中泊。一人で大丈夫かな。
道の駅とか高速のパーキングとかにすれば大丈夫でしょう。車がちょっと狭いのが気になるけれど。
ふふ、計画の段階が一番楽しいですよね。


s-IMGP4615.jpg

ブルーサルビア 
庭で5回ぐらい冬を越している 健気さがかわいい


Comment:8  Trackback:0
2017
05.22

叔母の消息

叔母のホームの電話が通じなくなったという昨日の続きです。
子どものころから「神戸のおばさん」と呼んでいたので、神戸と書いていましたが、ホームは西宮にあります。
何か分かるかもしれないと、西宮市役所高齢福祉課に電話しました。
事情を話して施設名をいったら、やはり廃業しているということでした。
入居者がどこに移っているかを調べてくれるというので、返事を待っていると間もなく電話がありました。
健康福祉局・法人指導課という部署に代わっていました。
○○さんは別の施設に移っておられるので、市役所がホームに電話をして、ホームから私に電話をという段取りをとってくれました。市役所は親切になりましたね。
しばらく待ったけれど電話はありません。そりゃあ、そうでしょう。この世の中です、見知らぬ人に居場所を簡単に漏らすことはないのでしょう。
叔母は守られているんだと安心しました。

昼過ぎて、ホームからではなく、横浜に住む息子(従兄)から電話がありました。
こんな場合なんと挨拶したらいいんだろう、初めましてですかね、と笑いあいました。
昔の記憶を引っ張り出して話していると、半世紀以上前のある日を従兄も思い出してきたようす。
夜行列車で叔母家族が我が家を訪れたこと、松島や蔵王に行ったことでした。

まあ、怪しいものではないことを分かって貰いました。広島の娘のところに行くときに寄らせていただきますと言いったら、
「寂しがっておりますから、ぜひ寄ってやってください。頭が少しぼんやりしている時もありますが」

歯の治療に通い、体調に気をつけて美味しいものも食べて、元気になります。
関西・中国方面、早く行きたいものです。


十六夜薔薇が1輪咲きました。

s-IMGP4600.jpg

s-IMGP4603.jpg


Comment:8  Trackback:0
2017
05.21

そんな~

何があるか分からない・・・。
叔母に行くことを連絡しようとホームに電話するも、
「お掛けになった電話は現在使われておりません」
そんなばかな・・・2月には通じた番号です。
住所もホーム名も分かっていましたから104に聞きました。そうしたら、「この住所に登録されている電話はありません」
そんなばかな・・・たしかに施設のかたとお話ししたのです。

母がいる施設長にこんな場合何が考えられるかを聞きました。
まさかと思いましたが、やはり経営が成り立たなくなったのではないかということです。
叔母が現在どこでどうしているか分からなくなりました。家を処分してホームに入ったのです。
従姉妹がいるのですが、私も母も交流がなかったので連絡先が分かりません。

というわけで神戸行きは無くなりました。と同時に、私の歯茎がまた怪しい。
今度は下の歯。火曜日が予約日。それまで暴れないでいてくれ~
体の抵抗力が落ちているのでしょうか。無理せずのんびり過ごしていたのですが。
広島の娘はまたの機会に、歯の治療に目途がついてから来てね、って。
そうします。


s-s-IMGP4592_e_20170521183249a5d.jpg

朝の涼しいうちに せっせと花粉を集める クマンバチ
日中は30度になったのでしょうか


Comment:10  Trackback:0
2017
05.20

非生産的

午前中に間違い電話からのお客さんがお参りにきてくださいました。
初めましてだったのですが、以前からの知り合いだったみたいに話が弾みました。
その数日前に夫の噂をしていたところにかかってきた間違い電話だったそうで、
「○○さんが奥さんの指をスッと運んで、私にかけさせたんじゃないか」
と母娘でこの偶然に何か意味を持たせようとしています。
思い出してくだすっただけでも嬉しく、いい笑顔の写真の目じりがさらに下がっているかのようでした。

午後は、チマチマと不要な布の裁断をしました。
s-IMGP4584_20170520230048138.jpg姉の施設でお掃除用に欲しいと聞いていた、10×10センチの布を切っていきます。
始めは大雑把に切っていたのですが、重ねていくうちに、「つまらないことに拘る私」が頭をもたげてきて、型紙を切って、きちっとそれに合わせて切っていきました。実にくだらないと自分で自分を笑いながらです。
お掃除に使う布ですから、端が切れてたって、12センチだって、たぶんちっとも構わないはず。
夫はこういう私に呆れて笑っていました。
「ん? もっと生産的なことに力を注いだほうが良くないか」

いいのです。誰に迷惑をかけるわけじゃないし、自分もこれで苦しむことはないのですから。
小さな達成感と満足感を得られて、きょうは良い日でした。
(この布はみんな彩椛ママが使った布の切れ端ですが、よくぞこんなに縫ったものよ)


神戸と広島へいよいよ出かける気になりました。
観光地を巡るでもなく、ただ行くだけなのに、飛行機にしようか、新幹線にしようかなどいろいろ迷っています。
大都市と違って、飛行場へのアクセスが不便で、スッキリと決められないでいます。
旅とは言えない外出ですが、そうやってあれこれ調べて計画する、これがまた楽しいんですね。


Comment:6  Trackback:0
2017
05.19

噛みしめ

6日分処方された抗菌薬が今日のお昼で終わりました。
まだ少し腫れはあるので、自分では9割かた治ったと思っています。
一気に切開した方が治りが早かっただろうと思うのですが、薬で直す先生に当たったのだから、気長にお付き合いする外ないのでしょう。
今まで以上に歯磨きに気をつけています。
つい手が伸びてしまうおやつですが、そのあとの歯磨きが面倒と思うと我慢できます。
なんか、1石2鳥のような気がしないでもないですが、そっちは前面には出さず、控えめに報告しておきます。

明日、お客さんがあるので、いつもよりは丁寧掃除をしたあと買い物に。
いっぺんに無理しないように車で行きました。

午後は久しぶりにピアノに向かいましたが、ここで、ハタと気づいたことがあります。
何度弾いても指の動きが悪い個所があって、肩に力が、口に力が入っていることに気づきました。
噛みあわせが均等でなく、強く当たっていた奥歯が今回痛んだ歯なのですが、噛みしめているんです。
噛みしめた時に奥歯にかかる力は60㎏といわれています。
今までも無意識に噛みしめる癖のあった私。ピアノの練習で更に強く噛んでしまっている。
歯を守るためにピアノを止めるか・・・それは悲しい・・・どうしよう。
マウスピースを作ってもらったらどうかなあ。夜の噛みしめにも良いと思うし。


Comment:8  Trackback:0
2017
05.18

近所づきあい

私たちがここに越してきて7年。別に近所づきあいを避けていたわけではありませんが、ご近所とのおつきあいはほとんどありません。
越してきたときに、班内に挨拶をと組長さんに伺ったら、両隣だけで良いですよと言われ、片隣りしかない我が家でした。
日中、ご近所さんの姿は私も含めてあまり見かけませんが、会えば季節の挨拶ぐらいはしますよ。
今年我が家が班長になったので、班費の集金に伺って「初めまして」のところもありました。

前置きはここまで。こんな状態のお付き合いの中、きょうご近所さんが我が家をピンポーン。
防犯灯が切れたので修理をお願いしますという用件でした。
「はい承知しました」で終わる話なのに、私が話に乗るような雰囲気があったのだろうか。
何やらの話を受けて応えていた時に、「ご主人は」の話をされました。
適当に言っておけばよいか、深い付き合いが始まるんじゃないんだから。
でも適当に言ってそれが嘘だと知れた時、どうする? 一瞬の判断で「いえ、亡くなりました」

そしてそれから「知らないでいてごめんなさい」 「いえ、お知らせしなくて失礼しておりました」
に始まった身上調査(?)を受ける羽目に。
隠さなきゃならならないようなことはないから、答えられる範囲で答えました。

ご近所さんが帰られて後、モヤモヤと気分が晴れません。
自分はなんてお喋りなんだという自己嫌悪。
でもこれがご近所づきあいというものなのだろう。
今まで7年、どのお宅ともお付き合いがなかったほうが不自然なのかもしれない、と思い直してもいるのですが。

ブログのお付き合いは気持ちよく続いています。
毎日訪問しているブログの拍手のページです。
4月27日、ふと気づきました 「総拍手数:89898」
こういうの「キリ番」というのでしょうか。初めての経験です。
これからも楽しい記事をよろしくお願いします。

s-kiriba.jpg


Comment:18  Trackback:0
2017
05.17

おかゆと缶詰

むかーしから、具合の悪い時はおかゆ。
それが、自分だけのために、お米から炊いてくれたおかゆだったりしたら、もう嬉しくて、病気の辛さも忘れてしまう子どもでした。
母は勤めていたので、そういうことは滅多になかったように思うけれど。大抵は残りごはんから。

大人になってからもおかゆは大好きです。
熱が下がった一昨日、お米から炊きました。おいしかった~。
夫もおかゆは嫌いではなくて、病院では時々ご飯をおかゆに替えてもらったくらいです。
病院のおかゆは大量に炊くからか、おいしいんですよ。

話は変って缶詰。
結婚して初めて熱を出して寝込んだ時のこと。
夫がおかゆを炊いてくれました。私のためにお米から、というのが嬉しかった。
そして一緒に出てきたのが、白桃の缶詰。
食欲のない口に、一切れの白桃が嬉しくて。甘い新婚時代です。

それ以来、我が家は子どもが寝込むと、おかゆと白桃の缶詰。どの子も喜んでいました。
この間娘が言うには、白桃なんだそうです。黄桃は違うんだそうです。
缶詰でもう一つ、みつまめです。
あれの寒天が嫌いでした。果物を拾っていると、母の視線を感じます。
目をつぶって飲み込みました。食べないと果物に進めないから。
最後のサクランボが食べたくて。


s-P_20170517_160201.jpgs-P_20170517_160411.jpg野ばらが次々開いていきます。
ミツバチが忙しく飛び回ります。


あら、あなたはだれ?
去年友だちから貰った種でしたね。


Comment:8  Trackback:0
2017
05.16

歯痛 その後の後の後

あんなことも、こんなこともされないで帰ってきました。レントゲン撮ったり、チョコチョコッと何かはやりましたが。
先生はずっと診てもらっていた先生は辞めたらしく代診の先生でした。
「症状が良くなってるようなので、もう少し服薬を続けましょう。そして口腔内ケアをしながら頑張りましょう」

拍子抜けしました。痛くされなくてよかったとホッとしたものの、ほんとうにこれでいいのかという不安もあって。
でも医者の言うことに反論できる知識はなく、従うほかないでしょう。頑張ってみますか。

「以前の先生は下の歯の時は切開したんですが」
「あ、好きなんだ、切るのが」

この代診の先生も、ここで診るのは今月いっぱいで元の病院に戻り、その後は新しい先生になるそうです。
どうしちゃったの、このクリニック。いくつかの診療所を抱えたクリニックなのですが。
セカンド・サードのオピニオンを受けられると思えばいいのかな。

「安静が良かったね」
起き上がる気力もなく、眠ってまた眠って、が良かったようです。
一人は心細かったけれど、一人だから気兼ねなく寝ていられたのですね。


s-IMGP4577.jpgs-IMGP4573.jpg
s-IMGP4578.jpg返り咲きの木瓜 透きとおるような白です。

行者ニンニク。
食べる人がいないまま花をつけます。

夫が植えたヘビ苺。かわいいでしょ。



Comment:10  Trackback:0
2017
05.15

歯痛 その後の後

歯の悩みを抱えている人は多いと思うので、こんな例もあると、続きを書きます。
今朝は6度台まで熱は下がり、起き上がる気力もでて、庭を見たら待っていた野ばらが咲いていました。
嬉しくてカメラを持って庭に下り、いくつか写真を撮りました。
その後伸びて暴れていた野ばらのシュートを切り取ったり、軽く草木のお世話をして家に入りました。
ゆっくりブログを訪問したりして午前中を過ごし、その時に facebook にも今回の顛末を書きこみました。

そうしたら、彩椛ママの友だち、大学の歯科医をしているのですが、コメントをくれました。

  蜂窩織炎など重篤化すると結構厄介なので、早目に根本から治療してください (・・;)
検索しました、頬部蜂窩織炎。当てはまるじゃありませんか。
症状は軽快しているものの、薬は明日のお昼で終わるし、次の予約は土曜日。
心配になってクリニックに電話しました。衛生士さんが対応してくれて、明日午後1番に診てもらえることになりました。
明日はきっと元気のいいいつもの先生。
あんなこと、こんなことされるんだろうな、と思うけれどしょうがない。
かくごっ!!

s-IMGP4556.jpgs-IMGP4565.jpg
s-IMGP4554.jpgs-IMGP4559.jpg

白い花が多い庭です
ノバラ  ユキノシタ  アヤメ  ニゲラ


Comment:4  Trackback:0
2017
05.14

歯痛 その後

こんなに腫れるものなのか。
「ほうれい線が消えて顔が若々しくなった」なんでいう冗談は午前中まで。
寒気と眠気とで横になったのですが、起きる気力がわかない。
どうなっちゃうのかの心配が頭を巡り始めた頃、ようやく歯科医院で診てもらえました。
疲れやストレスなどが引き金になって、細菌が暴れだしたということでした。

いつものテキパキ先生ではなく、おっとり穏やかな先生で、いきなり切開ということにはなりませんでした。
が、本当に抗菌薬だけで収まるのか、顔はますます腫れあがりました。
熱は8度7分。昨日1日8度台が続きましたが、きょうは7度台に。
それでも起きる気力が湧かず、残りごはんでお粥を作って食べるのが精いっぱいでした。
いくらでも眠られるのです。ほとんどを眠って過ごしました。
夕方ようやく起きる気になり、ご飯とみそ汁、カボチャを煮ました。
一人は情けないね、お父さんがいたら、「ほれ、お粥だ、ほれタオルをしぼったぞ」と甲斐甲斐しかったよね。
と写真を見て気が弱くなってしまっちゃって。

数時間起きてブログもPCから読みましたが、ご飯を食べたせいか、顔が熱っぽくなったような気がします。
ほんとうに薬だけで収まるのかしら。といって切られるのも嫌だし。


s-エボラ体の不思議に夢中の小1孫。
まりかあさんが、細菌にやられたと聞いたのでもう興味津々。
細菌にやられた顔を見てみたいと言うんだそうです。
Skype で見せましたよ。
ちらっ ちらっと遠慮がちに、でも興味に勝てません。おかしくなりました。

このfacebookの写真には、
「片手で子守りしながらエボラウィルスの研究」
というキャプションがついていました。



Comment:8  Trackback:0
back-to-top