2017
07.12

パンツの上にパンツ

今年小学生になった男孫が広島にいます。
先月腕を骨折してプール授業に参加できなくていましたが、きょうは治って初めてプールに入れたのだとか。
濡れた水着が入ったバッグを持ち帰りました。母親が洗濯しようと中身を出すと、あら、濡れたパンツも一緒に入っていました。
「ちーくん、このパンツどうしたの?」
「あのね、ぼく、パンツの上にはいたの」

学校のパンツを借りてきたそうです。
ちょっとユニーク過ぎるところのある孫ですが、担任の先生は、この子のすることが面白くて可愛いと言ってくれます。
いろいろお世話をかけっぱなしの孫ですが、困ったクンと思わない先生でよかった、ほんとうにありがたいです。

きょうは183センチ孫も学校で何やらがあったらしく、事情説明をするために先生が家にお見えになりました。
本人はさほど気にしていない様子でしたが(孫は被害者)、学校側としては、小さな芽のうちに対応しなければならない事案と捉えているようです。
注意深く見守っていきます、と担任と学年主任の先生。
ありがたいですが、こんなこと、私たちの頃にはここまで過敏に対応するようなことではなかったわ、と思いましたが、時代が違うのでしょうか。
そうですね、陰湿な芽が育たないようにしていただかねばなりません。


夫の写真を見ていました。
前にも載せたことがありますが、4年前のきょうのモンゴルです。
ガイドさん、ツーリストキャンプのスタッフさんたちが見せてくれた草競馬。
ほんとうに楽しかった! ほんとうに!!

s-草競馬3
私たちの馬のお世話をしてくれた少年が1番。

s-草競馬
手を高々と上げて勝者をたたえている人の笑顔がいいでしょう?
この方も写真を撮った夫も故人になってしまいました。

s-草競馬2
夜8時をとっくに過ぎた頃。
女性スタッフ2人も走りました。
互いを称えて談笑しているモンゴルの若者たち。


Comment:6  Trackback:0
back-to-top