2014
06.20

再び 「REIC」

Category: 治験
岡山大学で始まった中皮腫患者への 「REIC」 の治験。
広島の娘が大学と数回電話でやり取りしたのですが、参加しなかった経緯があります。
その時は抗がん剤の2回目の投与を受けていた頃で、治験のためには、今受けている抗がん剤治療を中止しなければならないと分かりました。
唯一わずかでも有効性が認められている抗がん剤を、中止してまで治験に加わるかどうかの判断は悩ましいものでしたが、夫が受けないと決めたのでした。

その岡山大学から娘のところに、また電話があったそうで、今度は直接両親と話してもらうように伝えたと言います。
電話待ちです。

標準的な治療を終えて、次の一手もない今、夫の考えは以前とは違っています。
あの時は、効果があるかもしれない治療を止めるという決心はつかなかったのでしょう。
私のため、家族のための命を、少しでも長くと思ったのでしょう。
今は、効果に期待するのではなく、のちの人のために、良い治療薬の開発のために、治験に加わってもいいと思うようになったそうです。
痛くないなら、副作用が辛くないならの条件付きで。

今の彼、ただ医師の経過観察(この言葉少し嫌です。座して死を待つみたいで)を受けているだけ、あとは遊びまわっているのも彼の人生ですが、私はちょっと違うような気がしていました。
効果の出ない抗がん剤をダラダラ続けて、体力を使い果たしてしまって、何もできずに死を迎えることには反対ですが、なにかもう一つ、何かがあればいいなあと思っていました。
そこへ岡山からの再びの誘いです。
患者数が限られているこの病気の治験は、対象者を集めるのが難しいのでしょう。
彼はそのことを考え、大学の話を聞いてみる気になったのだと思います。
岡山大の判断、主治医の意見を踏まえて、参加するかどうか決断するでしょう。

彼の考えを支持します。
そして、小さい声で、少しは効果が出ればいいなとつぶやく私です。


きょうの猫の額
yuri



トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/151-ebf03c94
トラックバック
コメント
こんにちは(^^♪
私が通院していた大学病院も治療薬の研究開発で
治験に参加のお願いを受け 3度 私は治験に参加
させていただきましたが いま受けている治験が今すぐに私に
効くとはとても考えられませんでした。

「検査 検査」と検査ばかりでしたが1度は適応性が
無いと言って外されました。

同じ病気で苦しんでおられる方達に こんな私でもお役に立てればと思い 治験に参加させていただきました。



鉄人2号dot 2014.06.20 14:50 | 編集
 ☆鉄人2号さん
鉄人さんは治験に参加されたのですか。
今受けている抗がん剤も、大勢の人が治験に参加されて承認されたのですから、ありがたく頭が下がります。

今の夫の治療に効果がなくても、後の人のために役立つなら、参加の意味があると考えます。

病状の後退、辛い副作用がないなら良いのですけれど。
わすれ草dot 2014.06.20 16:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top