2014
06.23

労災申請、夫の仕事

Category: 労災
1日静かに家で過ごしました。
労災申請の書類を書いていました。
夫が下書きしたのを、私がタイプしました。
40年以上前の工事で、すでにアスベストに曝されていた事実をタイプしながら、何とも言いようのない気持ちでした。
こんな危険なものを、なんの知識もなしに扱って、一生懸命仕事をしてきた。
その結果の発症です。
40年のほとんどを家族のために頑張った結果です。
悲しいです。
40年間、ノホホンと夫の働きに頼っていた自分が腹立たしいのです。

夫は昔の仕事を、懐かしそうに振り返りながら書いていました。
工事の多くは、夫にとって誇れる仕事です。
精神的にも肉体的にも追い込まれて、持てる力いっぱいに成し遂げた現場です。
よくぞここまで詳しく覚えていたものだと感心しました。
その記憶が、必ず申請の役に立つ筈です。

私はその間、夫に頼まれて、拡大鏡を入れる袋を作っていました。
透明な釣り糸を、針穴に通したり結んだりするとき、拡大鏡なしではムリなお歳になっています。
鏡面に傷がつかないような柔らかい袋が良いというものですから、小さなモチーフを編みました。

お見せするほどのものではありませんが、きょうの1枚です。

袋



トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/154-84cb4f61
トラックバック
コメント
記事も読まずこの編まれたモチーフを見て、
わすれ草さんの旦那様を想う気持ちがとてもとても感じられました。

愛ですね・・・

穂乃香dot 2014.06.24 16:26 | 編集
初めまして。
ご訪問ありがとうございます!
アスベストは本当に怖いですよね。
またブログ読みに来ます!!
msgiledot 2014.06.24 21:25 | 編集
 ☆穂乃香さん
あらまあ、愛ですか。
広い意味ではそうかもしれないけど、ちょっと親しい友達とクサレ縁でつながっているとも言えます (-_-;)
わすれ草dot 2014.06.24 22:13 | 編集
 ☆msgileさん
コメントありがとうございます。
私は読み逃げでいてごめんなさい。

まだまだお若いのでしょう?
本当に憎いアスベストです。
のぞみをつないでがんばりましょうね。
わすれ草dot 2014.06.24 22:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top