2014
06.26

労災申請、受理

Category: 中皮腫のこと
昨日は夕方の雷がすごくて、パソコンは電源を落として手仕事をしたり、書類を作ったりしていました。

きょう、二人で労災の申請に行きました。
書類に不備はなく、受理されました。

係 「アスベストが原因の中皮腫と診断が確定しているので、2~3確認事項を詰める時間を下さい」
夫 「通常どのくらいで認定されますか」
係 「3か月から6か月くらい・・・」
夫 「時間がないんです。よろしくお願いします」
係 「わかりました」

提出書類に 《災害の原因及び発生状況》 という項目があって、そこの記載が労災認定のカギだと教えてもらっていたので、特に何度も書き直して仕上げました。

40年前の現場環境を思い出して、原因となるだろうさまざまなことを盛り込んで文を練りました。
そこここにあった石綿製品、通気の悪い現場にはキラキラと粉じんが舞っていた。
現場の安全教育などない時代、防塵マスクも何もせずに、埃まみれになって作業員は石綿製品を扱っていた。

「俺ら下層の人間が、アスベストにまみれて経済の発展を支えていたんだよ。俺は、こうして申請書を書くことができたけど、何をどう書いていいのか分からないような作業員がいっぱいいると思う。そういう人の役に立つ申請書を書きたいよ」
夫が熱心に書いたのは、のちの人のためになるからだったのです。
がんばりました、おとうさん。ありがとう。


きょうの夫の1枚

キウイ
キウイフルーツ(峠ノ山にて)



トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/156-85475aa9
トラックバック
コメント
労災申請、ご苦労さまでした。
書類作成って大変ですからね
手続きが終わり、ほっとされたかと思います。
後は一刻も早く認定して貰えるよう、急いで貰わないといけませんよね

昔は酷い環境で働いていた方が多かったですね
僕のところはPCBという発がん性の油を扱ってましたが
僕が入社した頃に危険性が通達され切り替え中だったので
扱わずに済みました。

ご主人や奥様も会社や世の中のために働いたのに、と悔しい気持ち
が一杯でしょうね

メタボ夫婦dot 2014.06.27 08:47 | 編集
 ☆メタボ夫婦さん
PCBを扱うところでしたか。
数えきれない悲劇が日本の経済発を支えてきたのですね。
日本の発展と経済が優先されて、諸業界の圧力も強くて、禁止までに時間がかかったそうです。

わすれ草dot 2014.06.27 14:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top