2014
11.19

予定キャンセル

Category:
昨夜の腹部の痛みは朝になっても治まりませんでした。
病院は待つのが嫌だから受付時間ぎりぎりに行こうとしていましたが、10時ごろ治まってきたから様子を見たいと言い出しました。
明日も痛かったら絶対行くからきょうは寝ていたいと。
そうしていたら3時頃、やっぱり病院に電話してくれというので外来にかけました。
電話口の看護師さんは、きょうの受け付けは終わったと言い、症状を聞く言葉は、明日まで待てと言わんばかりの口調でした。
「我慢強い人が、自分から病院へというのだから、何かがあるのではないかと心配している」
と私は訴えました。主治医が病棟にいるのなら探してほしいと頼みました。

血液検査とレントゲンのあと、処置室へ入った夫は1時間たっても戻りません。
途中で主治医が顔をだして、
「炎症反応が強いので、消化器の先生に診てもらいます」
と言いました。入院を覚悟しました。

憩室炎でした。
入院するのがいいのだけれど、服薬・安静・食事に気をつけて1週間様子をみましょうと帰してもらいました。
「飛行機に乗る前でよかったですね。気圧の差で腸が膨らんで、薄いところが破れて大事になる危険もあったのですよ。命拾いしたと思って、旅行は治ったら行ってください」
我慢しないで病院に来てよかったですね、と若い医師に言われました。

昨夜とったばかりの予約を全てキャンセル。
明日の食事会も当然キャンセル。
夫、意気消沈・・・

きょうの1枚

s-草原の花
モンゴルの草原の花
ぼんやり写っている草は固くて牛も馬も食べません
草原の砂漠化が始まるとこの草が生えてくるのだとか
草原は急速に変化しているそうです


Comment:4  Trackback:0
トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/264-88b5fa03
トラックバック
コメント
旅行に出る前で良かったです。
特に飛行機は気圧の関係で健康な人でも急患になる人が居ます。
痛いとか苦しいのは絶対我慢したらダメ!

病院へ電話をして正解です。
お大事になさって下さいね。
太巻きおばばdot 2014.11.20 18:18 | 編集
 ☆太巻きおばばさん
今回の旅行、何か始めから気乗りしなかった私。
ようやく重い腰を上げて手配したらこの始末。
もう少しグズグズしていたら旅行と重なって大変な目にあってたかも。

時間外の病院、食い下がって正解でした。
電話対応した処置室の看護師さん、なんかきまり悪そうにしている人がいましたが・・・あなたですね、反省してくれたかしら?
わすれ草dot 2014.11.20 22:57 | 編集
大正解の行動でしたね。
看護師もこんなことがないと勉強できないかな?
病人がわざわざ電話することの重みを感じて欲しいです。
でもそれ以外の主治医さんや若い先生の対応は悪くなかったから、捨てたもんじゃないって感じでしょうか?

話しは変わり肺癌学会で遺伝子治療の情報は殆どありませんでした。
九州大学だったか九州癌センターだったかで新たな遺伝子治療の話が1つだけありましたが、まだ臨床試験はこれからで、それも遺伝子治療の効果が分かりやすい頭勁部の癌から開始とのことでした。
そんなこと書き込んでもしょうがないのですが。
まっくすdot 2014.11.21 00:26 | 編集
 ☆まっくすさん
情報をありがとうございます。
日々、新たな治療が開発されて、患者に希望がもたらされますように願っています。
また情報をお願いします。

看護師さん、忙しくて余裕がなかったんでしょうね。大事にならなくて内心ホッとしていると思います。心新たに患者のために頑張って欲しいです。
看護師さん、ありがとう!
わすれ草dot 2014.11.21 10:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top