2015
03.21

諦観

Category: 思うこと
生きてりゃそりゃあ、いろんなことがあるわよね。
これでもか、これでもかと難問に襲われた我が人生。
それはほとんど子どもに関してで、自身の問題ではなかったと思うのですが。
でも、無関係でいられることでもなくて、ほんとうに進退窮まったこともありました。
それらこれらの長いトンネルを抜けて、ようやくこれからが楽しみね、今まででいちばん穏やかな暮らしになりそうねという時に、よりによって絶望の淵に立たされることになるとは・・・

友も、兄も、従姉もいちように、
「なんであなたなの」
そうですよね、どうしてなんですか。前世があるとしたら私は、余程酷いことをしてきたからですか。その報いを今受けているのですか。
いえ、ちょっと思っただけです。
なんでと考えたって答えなどあるはずがない。
いえ、例え答えがあったとしてもこの事実をないものにできるわけもない。
そう思ってそれらを淡々と受け入れてきたように思います。たぶん夫も。

エリザベス・キューブラー・ロスの「“死に至る”人の心の働き」については、浅く読んだことがあります。
その時は、「第5段階 受容」に至るまでの時間の長さを思って、自分はそこまでたどり着けるだろうかと恐怖を感じたものでした。
でも今は、もしかしたら人は案外強いのかもしれない、哲学や宗教を知らなくても、人には程よい諦めが備わっているのかもしれないと思うのです。
どうにかしようと思っているうちは、とても苦しく辛いものでしたが、どうにもできないと分かってからは、「受け入れるしかない」「今を生きるしかない」と自然に思えるようになった気がします。
私に「強いね」と言う人がいるけれど、強くはないのです。弱いから弱い分だけ「諦め」が人より備わっているのだろうと思います。

そしてなにより、私は「人」に恵まれていると、ありがたく思っています。
友人、家族、そして拙ブログに来てくださっている、私が勝手に友と思っている方々。
わたしはみなさんの体温を感じます。
あたたかい日差しの中できょうはこんなことを思いました。


玄関

孫が 卒業式でいただいてきた  花束
いろいろあって これからもあるだろう 孫
友も こんなに大きくなってと 涙ぐんで

この孫を 大きくするまでは がんばらなくてはならない


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/335-57aa0897
トラックバック
コメント
お久ぶりです!
長らくブログをお休みしていますが、なんとか元気にやっています!!(^^)/

私もよく「強いね」と言われます・・・!
闘病中はそう言われるとしんどかったですが、その後はその言葉が心の支えとなってくれています。

わすれ草さんと同じく、「なんであなた達なの」と泣いてくださる方もいて・・・(;´Д`)

複雑ですよね。
なんでだろうと思うと涙が出てきます。


ご主人の副作用が早く抜けて、穏やかな日常生活が戻ってくることを願っています!
いつも応援しています(^^)/
msgirldot 2015.03.22 16:21 | 編集
 ☆msgirlさん
たった今msgirlさんのブログにコメントを書いてきたところです。
お声が聞けて嬉しいです。

年若いあなたに励ましていただくなんて申し訳ないことです。
msgirlさんの傍に優しい方たちがたくさんおられること、私も嬉しいです。
力を抜いて、でも頑張って。msgirlさんにこそ穏やかな日常が早く戻りますように。
わすれ草dot 2015.03.22 17:00 | 編集
老いが始まっても健常者の僕が言うのもなんですが
忘れ草さんは1年間よく頑張られましたよ
ご主人も頑張られたし、お二人のこれから先のことは
誰にも分かりません。

今を一生懸命生きる、何があっても後悔しないよう
(多分するけどね)楽しもう、それで良いのでは
お二人が安心して暮らせる日が来ますように!
メタボ夫婦dot 2015.03.22 21:13 | 編集
 ☆メタボ夫婦さん
今を一生懸命生きる、気負わないで傍にいるだけ。

介護の先輩のメタボ夫婦さんの(多分するけどね)の言葉からそう思いました。経験した人の言葉の重みですね。

夫の明るさに救われてここまでやってこれました。
これからも同じようにやっていけると思いたいです。

ありがとうございます。
わすれ草dot 2015.03.22 22:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top