2015
03.24

7クール後の判定

Category: 中皮腫のこと
外来で造影CTの日。9時40分の予約、10時入室、血液採取とCT。終了10時半。
10時の外来予約、入室12時。

腫瘍に大きな動きはない。胸水が前回に比べて増えているという判定。
抗がん剤は腫瘍の動きに重石をかけていると思われるが、シスプラチンの副作用を考えて次の抗がん剤は少し間をあけましょうということになりました。
他の人に比べ副作用が軽かった夫ですが、回数を重ねて7回、今回は骨髄抑制が少しきつかったのかもしれません。

s-DSCF8758.jpg

2週間前に 小さな花が咲き始めた 沈丁花
咲きそろって 良い香りを放っています
+‥‥‥‥+‥‥‥‥+‥‥‥‥+‥‥‥‥+


今後の見通しについて夫が質問しましたが、何とも言えないという答えでした。
「肉腫型ということで進行が速いのではないかと思っていましたが」
と私が言いますと、
「進行の速い上皮型もあるし、比較的ゆっくりの肉腫型もあって。採った細胞がたまたま肉腫型だったのかもしれない。混合型の可能性もある」
という答えでした。

うーん、今ごろそんなこと言われても。
肉腫型と知った時の絶望感はどうしてくれるんです? やりたいことを急いでしまったのに。
ま、そうはいっても、医師が人の終りを決められるものではないのだから、致し方のないことです。

「ゆっくり進んでいたとしても、ある時を境に急激に進行することもある」
とも言い、やはり厳しい病気だと再確認したことでした。

検査の度に渡される血液検査データを家で見ていたら、肝機能があまり良くなくて気になっていたので、それも質問しました。
医師は改めて画面を見ていましたが、ナンチャラ、カンチャラと言って、
「心配ないですが、あとでよく見てみます」
と、2週間後にまた説明のための予約が入りました。
いつもはない予約なのですが、もしかして言わなかったら検討することも説明もなかった? と頭の中には疑問符が。

s-DSCF8764.jpg

昨日のきょうなのに こんなに開いた ヒヤシンス
ずっしり大きい 花の塊です
+‥‥‥‥+‥‥‥‥+‥‥‥‥+‥‥‥‥+


会計、薬局がすんで、食事をして家に帰ればはや14時。半日があっという間に過ぎました。
この先1週間に1回くらいは避けられない予定が入っていて、陽気もよくなって、忙しくなりそうな予感。
さあ、出不精の私だけどギアを入れ直さなければならないわ。

s-DSCF8761.jpg

宿根イベリス (たぶん)
+‥‥‥‥+‥‥‥‥+‥‥‥‥+‥‥‥‥+


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/338-106d4296
トラックバック
コメント
私の方にコメントいただいていたんですね!!
お返事が遅くなり、申し訳ないです!
同じ日にコメントをいただいてたなんて嬉しいです(〃'▽'〃)

ご主人、7回シスプラチンをやられたのですね!
お疲れ様でした。
うちは4回で限界で、吐き気が相当きつかったようなので…
副作用の出方が緩やかで良かったですね!

骨髄の疲れがとれるといいですね(^^)/
msgiledot 2015.03.26 22:16 | 編集
 ☆msgileさん
コメントありがとう。
7回めですか、と看護師さんも驚いていました。
人によって症状は様々のようですね。
今回は前には出なかった副作用らしいものが少しあるようですが、元気にしています。

暖かくなったら、気晴らしにお花見に行きましょう。
1本の桜でもいいし、桜並木があったらなおいいですね。
私は近くの図書館の桜を見に行くことにします。

わすれ草dot 2015.03.26 23:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top