2015
04.10

セカンド医師の話

今さらですが夫の落ち着きのなさに呆れています。
昨日は1日東京、明日は午後から披露パーティに出席だというのに、遅い時間に起きてきて朝ごはんを食べたらソワソワと出かける準備を始めているのです。
「ちょっとだけ川に」
「ちょっとだけって言ったって、高速道路だから早いけどね、隣町じゃあないのよ、それに午後は雨の予報よ」

それでも行ってしまいました。しかも、気づいたら雨具を忘れて行ってるし。
思いついたら動かずにいられない落ち着きのなさ。“ちょっと変わった人”と友人の目には映っていたらしい夫は、ADHDの傾向があるのかしら。



s-DSCF8854.jpg
 
夫の好きな 花海棠 咲きました
この花は 釣りが解禁になる今の時期に咲くので
印象深いのでしょう 
嬉しい気持ちと 相俟って
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


さて、昨日の名取医師の診察です。
画像を見て・・大きな変化はない
8回目の抗がん剤治療について・・もういやんなっちゃたよ、気力がわかないよ、というのでなければ、今打ち切ってしまうのは早いと思う
軽い痛みがあることについて・・我慢しないで、軽い鎮痛剤から始めてみると生活が楽になるので、使ってみたらいいのではないか

この3点について詳しい話をしていただきました。
特に痛みについては、緩和ケア外来の受診を勧められました。
例えば、普通に処方される軽い鎮痛剤だとしても、緩和の医師のほうが上手に使うし、後々の薬も使いやすくなるので、緩和ケア外来と内科の抗がん剤治療を並行して受けるのが良いという意見でした。
この考えに私も大賛成です。夫も緩和ケア外来に行くつもりになったようです。

ひとつ残念なのは、飛行機の旅行は難しいかもしれないと言われたことです。
肺の機能の半分くらいで生活しているようなものだから、そこんとこを考えてね、一人で出かける時は、携帯のつながるところに限定してね、という忠告もありました。
この忠告は病人の自覚の薄い人にちょっとショックを与えたようでしたが、その翌日のきょうのソワソワですから、少しも効いていないようです。
やれやれ。



トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/348-74a29868
トラックバック
コメント
セカンドオピニオンお疲れ様でした!

抗がん剤治療は、私は医療者でもなく素人ですが、名取先生と同じく、ご主人の気持ちがもう嫌だ!ってなるまでは身体と相談して続けてみても良いのではないかなぁと思いました。

実は私は主人にもっと旅行とか行かせてあげれば良かったって思ってます。

病気を持っているというだけで、いきなり倒れたりしたら心配だからと思っていたけど、ベッドから動けなくなる時が来た時に後悔しました。

私も今できることは一生懸命やろうと主人の姿を見て勉強させられ…<m(__)m>

とは言っても家族の心配も大きいですよね。
旅行先が携帯電話がつながる所が条件なのは賛成です!
msgiledot 2015.04.11 10:04 | 編集
 ☆msgileさん
お上りさんの疲れも取れ元気になりました。

再びモンゴルへ行きたいと言ってる夫ですが、今モンゴルは最低気温が-9℃です。
ベストシーズンは7月。その時に飛行機乗れたとしても、医療事情が悪い草原にいては救急車も来ない。
そして標高も2千メートル以上あるし。

海外だけが旅行じゃないのですから、国内で、私が運転手で行ける所にのんびり行くのもいいじゃないかと思っています。

名取先生に言ってもらって家族としては本当に良かったです。
わすれ草dot 2015.04.11 11:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top