2015
07.20

覚書 鎮静のこと

Category: 緩和ケア
終末期医療に関しての私の覚書。

http://drpolan.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-f1e2.html  からの抜書き。

・鎮静で用いる投与薬剤については、ミダゾラム(ドルミカム注射液10mg)を第一選択とする。もしも、せん妄があるなら、ハロペリドール(セレネース注5mg)、呼吸困難、疼痛があるならモルヒネを併用する。
セレネースもモルヒネも、単独投与で鎮静しようとするのは患者さんにとても気の毒だ。

  ドルミカム 3Ap + ハイスコ 3Ap 持続皮下注射 0.2 ml/時 で開始。

  この量を基準に増量、減量する。

・鎮静を考慮する時点で投与中の薬剤で興奮、不穏つまり終末期せん妄の原因となるものは全て中止する。特にステロイドは中止する。


私たちにできる範疇ではないかもしれないが、セレネース・モルヒネの単独投与には注意しておこう。
患者には意識があるのに意思表示ができなくなる事例が書かれている。
こんな苦しみをさせたくない。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/429-4038bac4
トラックバック
コメント
麻薬のお薬、色々な副作用があるようですよね!
主人はお薬を使わなかったのでその時は調べなかったのですが、ガンの痛みを麻薬を使わずにいる…今となっては信じられません(;´Д`)

ご主人は痛みをコントロールして過ごしていらして安心しています!

ご主人の苦しみを一番間近で感じるわすれ草さん自身も、体調が優れない時はどうか無理なさらないで下さいね。

私はその時までは、眠れないということがないくらいよく眠るタイプでしたが、主人を見ていて慢性的に心配だったのか、どうなるのかという恐怖か、週に2~3回は明け方まで眠れなくなりました。
また病室で付き添っていると、息苦しくて動悸が激しく、その動悸に動揺してまた不安になる…の繰り返しでした(+_;)

今となっては診療内科にかかれば良かったなと思いますが、初めての経験でどうしていいかわからなくて…
私はわりと風邪をひきやすかったりするので、高熱が出ることで休めたりしていました。

まわりからも看病する側が倒れたら絶対ダメだよって心配されて…
私がもらった言葉を、今はわすれ草さんにお伝えしたいです。
私が答えられることでサポートできることは無いか?いつも思います。
どうぞ気兼ねなく、何でも聞いて下さい。
msgiledot 2015.07.20 22:24 | 編集
 ☆msgileさん
とても痛む人もいれば、まったく痛みを訴えなかった人もいるとセカンド医から聞きました。
少し調べたら上記のような記事を見つけたので読みましたが、素人の半端な理解ですので、また亀戸の医師に確かめてみたいと思います。

msgileさん、いつもありがとうございます。
肝っ玉が据わっているわけではないのですが、今のところ眠れないということはないので、もう少し頑張れます。
が、msgileさんにSOSを求めることも出てくるかもしれません。その時はよろしくお願いします。
わすれ草dot 2015.07.20 23:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top