2015
08.25

ボディブロー

Category:
4,5日前に夫に言われた「・・・冷たいんだよ、おまえは」が、ボディブローのように効いてきて、昨日の夕方、やりきれなくてそばに居たくなくて、とりあえず車に乗りました。
けれど一人になれるところなどある訳もなく、行った所は10年前に癌死した友のお墓でした。
広い公園墓地の一画、お盆のお花も萎れて卒塔婆がカタカタ風に揺れています。
お花を整えたりしながら心の中で友に話しかけ、ぼんやり過ごしたのですが、いつまでいても仕方ないと涙を拭いて家へ帰りました。

きょう午後、夫が口火を切りました。ケンカ腰でなく相手の話を聞き、思いを伝え合いましたが、お互いに誤解をそのままにした結果が数日間の冷戦になったのだと分かりました。
44年の結婚生活の果てが、「冷たい」の一言だと思うと情けなくて涙が滲んできて、まずい、と思っていたところでした。
これで惨めな終わりかたは回避できるのではないかと・・・やれやれ、またもやお恥ずかしいことで・・・
つまらない話をさらけ出してご心配をかけてしまいました。

__________>〇<__________

午前中は緩和ケア受診日でした。
強い痛みにたいして頓服の処方がオキノームに変更されました。
副作用の吐き気予防のためノバミンも飲みはじめました。
その他気づいたこと、パンなどのパサパサした物が飲みこみ難くなったこと、排尿に時間がかかることなどを聞きました。
答えは、身体全体の筋力が低下しているせいだということです。
手足の筋肉は目に見えて落ちているのが分かりますが、見えないところでも症状は進んでいるのですか。


   <処方の覚書>
  1.コデインリン酸塩散1%・・・・・・4回/日
  2.モービック10mg・・・・・・・・1回/日
  3.ランソプラゾール15mg・・・・・1回/日
  4.カルボシステイン500mg・・・・3回/日 
  5.リンデロン2mg・・・・・・・・・1回/日
  6.トラマール25mg・・・・・・・・4回/日
  7.アジャスト80mg・・・・・・・・1回/日
  8.ノバミン5mg・・・・・・・・・・3回/日
  9.オキノーム散2.5mg・・・・・・頓服
  10.セロクエル25mg・・・・・・・1回/日


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/456-856d40fb
トラックバック
コメント
一生懸命に尽くしているあなたに「冷たい」はきつい言葉でしたね。ご主人のつらいお気持ちはみんなわすれ草さんに対する甘えとなってぶつけられるのですね。亡くなったお友達のお墓に慰めをもとられたあなたを思うと涙が出てきました。
夫婦は険悪になってもすぐの修復してくれる「愛情」があります。可愛いお孫さんもいてくれます。大丈夫。
pirokodot 2015.08.26 08:13 | 編集
わすれ草さん、おはようございます♪
>「・・・冷たいんだよ、おまえは」・・・・
この言葉に、私までが「ガーン!」と胸を打たれたような想いです。
介護する側、される側、共に気遣いながら、それぞれに精一杯生きていると思いますが、
例え、何年連れ添っても、心底分かり合えない部分も持っているのでしょうね?

「覆水盆に返らず」の心境で、今を生きています。
お恥ずかしい、つまらない感想です('◇')ゞ
kanmodot 2015.08.26 09:16 | 編集
 ☆pirokoさん

私の気持ちを分かってくださったこと、ありがたいです。一人で惨めでしたから。

確かに私の言葉には断定的なところがあって、冷たいと感じることもあったのでしょう。本人はさほど強い気持ちで言ったのではなかったようですが、気遣いのなさを反省してもらいました。

気持ちがすれ違ったままの介護は辛いと気持ちが沈みましたが、なんとか修復できそうです。
わすれ草dot 2015.08.26 11:00 | 編集
 ☆kanmoさん

みなまで言わなくても分ってもらえるはずという夫婦の甘えが、悪いほうに向かったのかもしれないです。
相手がどうとらえるかまでは瞬時には判断できないから、深い考えもなく口にしたのでしょう。
でも、口から出た言葉は消せない。重く辛くのしかかってきました。

「覆水盆に返らず」
返らない分を補えるくらいにこれからを労わりあえば、何とか格好がつくでしょうか。
とりあえずは、深い意味はなかったのだと言う夫の言葉を信じたいです。
わすれ草dot 2015.08.26 14:06 | 編集
もしかしたら・・・・

私も同じように傷つけているのでは?

男は鈍感なのです。

私もいたたまれない思いです。

すみません。
kmomotadot 2015.08.26 14:37 | 編集
 ☆kmomotaさん

kmomotaさんが傷つけているって、奥さまをですか?
もし私をとおっしゃるのなら、何をおっしゃいますか。私はkmomotaさんのブログをとても楽しみにしているのです。傷つけられたことなど一度もないですよ。

私は理屈で夫を責めるようで(と他人事みたいに鈍感です)、夫は言葉の不自由人のように黙ります。
その挙句に放った言葉が冷たい。
夫は私のその部分を知っていたのですね。
わすれ草dot 2015.08.26 19:04 | 編集
わすれ草さん、仲直りされたようで良かった!
私も「冷たい」と言われた時、涙がウルウルしていたようで主人がびっくりしていました(T^T)

確かにそういう所あるかもと自覚して、直したい努力していた時期でしたので余計辛かったです。
その後、主人の前で号泣してしまって…
そこからは言われなくなりました(^0^;)

多分、あまり何も考えずに言ってるんだと思いますよ!
私は主人の優柔不断な所が気になって、以前はよく「まだ悩んでんのか!」と思っていて、私は口に出しては言わないけど態度
で感じたりするじゃないですか。
それが相手にとっては「冷たい」と思ったから言ってみた、みたいな…

すいません、うまく言えないのですが、絶対絶対ご主人はわすれ草さんに感謝していると思うし、おそらく体調もあってご自分に余裕も無いのだと思いますヽ(゜Д゜)ノ

よくすぐ忘れる人っているじゃないですか。
何されてもすぐ忘れちゃう人。
普段は困った人だなと思いますが、こういう時だけはそういう人がうらやましいなと思います(^◇^;)

ずっと一緒でもしんどいし、バランスがあると思いますが、今はご主人との時間を楽しむことができたら一番幸せですよね♡

私は色々あったおかげで以前の自分に比べると、だいぶ穏やかになり、まだまだ未熟者ではありますが懐も大きくなったのでは?と自画自賛していますσ(^◇^;)
わすれ草さん、冷たいと言われたことを乗り切ったら、きっと超人になりますよ\(^o^)/
msgiledot 2015.08.26 20:54 | 編集
 ☆msgileさん

msgileさんの言われるように、私の中で夫に感じているちょこっとした不満が態度に現れていて、そこを冷たいという言葉にしたのでしょう。

夫は自分の病状をよく把握していないと感じます。
諦めないという良い点でもあるのですが、無理な計画を言われたりすると大丈夫か、この人、とイラっとする時があります。
私は冷静に(冷たく)病状を押さえているので、そこのところに思いの差が出たのでしょうね。

自画自賛、いいですね、たのもしい!!
わすれ草dot 2015.08.26 21:42 | 編集
こんにちは。

先日夫が手術をした後で、中々痛みが取れないので
私に我が儘を言ってきました。

最初は「我慢 我慢」夫も辛いのだからと、思って居ましたが
その内私も腹がっ立ってきました。

痛いのも辛いのも分かりますが、何故私を困らせるの?と
思いました。

私達の場合は大したことは有りませんが、わすれ草さんは
辛かったと思いました。

普段は感じませんが何十年一緒に居ようと夫婦は難しいですね


私も何度も家を出ようと思いましたが、私にはもう
戻る家も話せる兄妹もいません。

修復出来て良かったですね。 これからもご夫婦仲良くね。
マロンとカリンdot 2015.08.27 11:20 | 編集
これまでの記事を読ませて頂いて、献身的に尽くされている様子が目に見える位でした。
私はどんな事があっても「冷たい」とか「軽い」とかの言葉は、誰にも使わないと決めてますので、読んだ時はショックでした。
ご主人は本当に辛い闘病生活で、自制心が薄れてると想像しています。
どうか大きな心で対応なさってください。
南の風dot 2015.08.27 19:57 | 編集
 ☆マロンとカリンさん

妻だからいくらでも我が儘言っていいと思ってる、というよりそんなことも考えなくて我が儘言い放題。
言われ放題の妻にも我慢の限度があることを知らないのですね。

こんなに長く暮らしても、夫婦の垣根は存在するし、意外なところに棘もあるもんです。

お恥ずかしい諍いでしたが、引きずっていかなくて良かったです。
はい、もうこんなことはご免です。
わすれ草dot 2015.08.27 20:43 | 編集
 ☆南の風さん

我が儘放大の夫で、それを長年許してきた私にも悪いところがあったのです。
それでも言ってはいけないことがあると分からないのか、と悲しかったのです。

私にも夫にも言い分があった今回のできごと、きちんと話し合いました。
言葉が足りなくて誤解していたことがありました。
冷たいの言葉、忘れることにします。

ご心配かけました。コメントありがとうございました。
わすれ草dot 2015.08.27 21:01 | 編集
わすれ草さんへ

書き込みの言葉数が少なく誤解を与えたようで、すみませんでした。

改めて書き込みの言葉を補充させていただきます。


実は、脳裏を離れない言葉があるのです。

遠い昔の、若い頃のことです。

たしかあれは、三浦朱門の「箱庭」という題の短編だった?と思います。

こんな趣旨の言葉がありました。

「人は、生きてゆく時に、必ず他人の前を横切ってゆく。そして、横切った時、必ず、なんらかの傷をつけてゆくのが人間である」・・・・

言葉は全く不正確ですのでこの通りではありません。

ですが、私は、この時に震えたのです。

「私は、鈍感な人間なので、常に他人の前を平気で横切る人間であり、人を傷つけるだけの人間ではないかと。

他人に傷をつけ、多くの血を流させているのではないかと。」

現役の頃は、多忙と仕事の重圧で反省することが少なかった時を過ごしました。

仕事を離れ、時間が有り余るようになって、来し方を振り返ることが多くなりました。

いかに他人を傷つけることの多い人生だったかと、痛烈な反省ばかりを思い出すのです。

家族の一人ひとりは勿論の事、一期一会の人に対してでも・・・・です。

まるで、ご主人と自分を重ね合わせるようにして、読ませてもらったのです。

男とは、救いようのない動物だと自分を反省したのです。

同じ過ちを家内にさせているのでは・・・とおそれ、震えるのです。

同じように介護の負担を負わせるものとして。


kmomotadot 2015.08.28 18:32 | 編集
 ☆kmomotaさん

私も読みが浅くて失礼しました。

kmomotaさんが人生に真摯に向き合っておられること、痛いほどです。

人の前を横切る時に傷つけて行く。
避けられない人との交わりですもの、お互いさまともう少しご自分を許されてみてはいかがでしょう。

奥さまは傷つけられたと思っておいででしょうか?
私はそうは思いませんが。
介護は順番の問題で、どちらかがする側になるしかないのです。
辛い闘病生活、元気な私が年長のkmomotaさんにお説教めいたことを書く筋合いのものではないのですが、お許しください。

「人の前を横切る時に傷つけて行く」
味わい深い言葉です。胸に残しておきます。
わすれ草dot 2015.08.28 20:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top