2015
09.09

心理カウンセラーに

Category: 緩和ケア
水戸地方、台風は時おり強い雨になりますが今は静かです。
さて、夫のアレルギー症状ですが、やはり薬疹が疑われています。
「マンゴーでは説明がつかない。アモキサンがあやしいので飲むのを止めてもらっています。アモキサンを止めて痛みが出た時は別なものを考えていますので、少し様子を見させてください」
マンゴーを食べて1時間後に発疹に気づいた私が看護士さんにそう伝えたので、マンゴーが犯人にされてしまいました。
先入感で伝えた私が悪かったというと、看護士さんが、そんなことないですよ、そう思えるタイミングだったんですからと慰めてくれました。
明日皮膚科を受診します。

きょうはレスキュー2包でした。
ウトウトしている時におもしろい事を言ったので書き留めましたよ。
「まり、あのね、水に潜って眠っちゃだめだよ」
私はカナヅチです。言った本人は当然全く覚えていないようです。


b_simple_55_2S.png


緩和病棟に心理カウンセラーの姿が見えたのでこの間から思っていることを聞いてもらいました。

・・・診断されたその時に、あなたのような方とお会いしたかった。
その時から2年近くたって、正直言えば、あなたに相談したり打ち明ける悩みは今はないのです。
これから先にあなたと語り合いたいと思うことはきっとあると思うけれど。
ここ緩和病棟ではなく、一般病棟にこそ心理カウンセラーが必要だと思うのです・・・

まさにそこが問題だと思っている、意見を聞かせてもらえてうれしいです、と答えてくれました。
一般病棟でも癌ケアチームの活動はあるみたいですが、少なくとも私は知らなかったし、教えてくれるナースもいなかった。
チームの活動が患者の中に下りてきていない、患者や家族が来るのを高みから見ているのでは活動といえないと意見を伝えました。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/468-ed108ad8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top