2015
11.08

挨拶状

Category:
 落ち葉の舞う頃となりました。
 かねて病気療養中の 夫 10月27日午後3時55分旅立ちました。

 最初の入院から1年10か月。悪性胸膜中皮腫という完治の望めない、また予後の非常に悪い病気との闘いでしたが、夫は前向きに今できることを楽しみ、家族を思い、諦めることなく病と向き合ってきました。
 およそ病人と思えないほどに遊びまわりました。
 このまま遊び暮らしていけるのではないかと思ったこともありましたが、この夏以降徐々に体調が悪くなり、8月28日に緩和ケアに入院しました。
 9月27日、難しいと言われていた外泊許可を得て家に帰りましたが、そのまま病院には戻らず自宅療養することにしました。訪問診療・介護を受けリビングを病室にし、自宅で穏やかな時間を過ごしました。
s-RR8hDjr7ScjkI9o1446946297_1446947202.jpg

 その午後は、強い風が吹いていました。
 夫はきっとこの風を待って旅立ったのでしょう。
 先ずは大好きなンモンゴルへ風に乗って。その後は彼の地へ先に逝った懐かしい人たちと再会して、楽しい宴会が始まっているのかもしれません。

 葬儀は夫の強い希望により、遺族のみにて心を込めて執り行いました。
 ご心配いただきましたみなさまには、ご無礼の段お詫び申し上げます。
 なお、みなさまには、近くにお越しの際には思い出話など聞かせていただきたく存じます。どうぞお立ち寄りくださいませ。
 その折はこれも夫の希望ですので、お供物などのご配慮をなさいませぬようお願い申し上げます。

 最後になりましたが寒さに向かう季節、みなさまどうぞご自愛くださいませ。



ようやく挨拶状を書き終えました。
ブログでご心配頂いたみなさまへも、この挨拶状にてご報告させていただきます。



トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/500-39b7e52e
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.11.08 19:31 | 編集
終わりよければ様へ

衷心より哀悼の意を申し上げます。

他に言葉がございません。

貴方様に置かれまして少し平安が訪れたころにまた言葉を差し上げたく存じます。

お力落としなきそうに。

kmomotadot 2015.11.08 21:06 | 編集
 ☆鍵コメさん

歳ばかりとっても未熟で、二人で一人のような私たちでしたから、片側が空いたような寂しさを感じています。

身体のあちこちに痛みが出てきました。ゆっくり休んで回復に努めたいと思っています。

コメントありがとうございました。
わすれ草dot 2015.11.08 21:08 | 編集
 ☆kmomotaさん

ありがとうございます。
心からお礼申し上げます。
わすれ草dot 2015.11.08 21:11 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.11.08 21:18 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.11.08 22:46 | 編集
わすれ草さん。

初めて、私のブログにコメント下さったのは
もう1年以上も前でしたね。

アクティブなご主人様と、優しく見守る奥様。

2人で生きる事、受け止める事。
命の煌めき、
そして、たくさんの愛を教えていただきました。


どんな言葉も、この感情に追い付きません。

心からお悔やみ申し上げます。

わすれ草さん、
お疲れが出ませんように


芹香dot 2015.11.08 23:13 | 編集
ご逝去を悼み謹んでお悔やみ申し上げます、
とともに、奥様の献身的な看護に敬意をいたします。

せい爺dot 2015.11.09 08:24 | 編集
お辛いですね。 文章を読んで涙が止まりませんでした。

夫を失う事は何よりも悲しい事です。
わすれ草さんご夫婦と私達夫婦は、だいたい同じ年齢と
思われます。 他人ごととは思えません。

ご自宅でご主人を看取られる事 素晴らしいです。
わすれ草さんが仰られるように
今頃は痛みや辛さから解放され
大空を飛び回って居られることでしょう。

私の実家の両親・兄は松本町の「常盤共同墓地」に
眠って居ます。
何か 深い思いを感じます。

少しづつでもわすれ草さんがお元気に成られることを
お祈りして居ります。

先日水戸にお墓参りに行きましたが、水戸は「市川」より
ず~と寒かったです。 
お風邪を引きませんように。
マロンとカリンdot 2015.11.09 08:27 | 編集
おつかれさまでした。 ご主人 素敵なお写真です。

昏いトンネルを潜るような看護・介護暮らし、 
辛いなかにも折りに一条の光りが見えることもあったのではないでしょうか・・・

そして むかえた 試練のテスト授業、けんめいに向かい試験用紙を埋めつつ・・・、  キンコン カ~~~ン、  終了の鐘が鳴りました。 

どう尽くしおえても 成しおえても  悔いは残る・・・と思われます。  長いあいだ ほんとうに おつかれさまでした!!

すこしでも ご自分の時間を 大切につかわれ しっかり 生きてください・・・。    合掌  
風蓮dot 2015.11.09 12:42 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.11.09 19:11 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.11.10 02:45 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.11.17 20:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top