2015
12.13

飲み友だち

夫の仕事仲間の年下の飲み友だちが、ご夫婦でお悔やみに来てくれました。
お葬式をしないと後々お悔やみの方々がパラパラ来るので大変だ、という話は聞いたことがあります。
けれど私はそれが嬉しいです。
来てくださって困るほどたくさんの友人知人を持っている訳でなく、来てくださる一人ひとりと充分にお話ができます。
私の知らない夫のエピソードなどが聞け、笑ったり涙ぐんだり、通り一遍のお悔やみではないみなさんの気持ちがとてもありがたいです。


Ca7JEfYMdn6Qg041450007349_1450007365.jpg
返り咲きの花海棠


きょうの友人は月に数回は一緒に縄のれんをくぐった飲み仲間です。
夫が最後に飲んだのもこの人です。
寝つくようになった頃、この友人に連絡しようかと聞いたことがありますが、
「やつは臆病だから、心配で来られないんだよ。こんなに病みつかれた俺を見たくはないはずだし、俺も見せたくはない」
と言うので最後まで知らせませんでした。
その話をきょうしましたが、二人で涙ぐんで頷いていました。
「最後まで奥さんに甘えて、幸せだったと思いますよ」
と私を慰めてくれました。
夫が言い残せなかった分だけ、友人たちが私を慰めてくださいます。
「いい友だちをもってたね」
と心の中で写真の夫に言いました。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/511-ec4e833c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top