2016
01.13

弱音はいてもいいですか

我慢できないわけではないですけど、弱音、言ってみたい・・・

喉がいがらっぽい。お茶うがいでしのいでいます。
足首が痛い。温めたり、軽く固定したりしています。
腰が痛い。時々ピリッとするだけなので様子見です。
肩と首が痛い。これはどうしようもなくてPCを少し控えています。
歯が痛い。これがいちばんヒドイので明日クリニックに電話します。
手の親指が痛い。テーピングで様子見です。

全ては疲れとストレス?
身体を休めるのが良いのでしょうね。でも、寝るって退屈です。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/520-6407082d
トラックバック
コメント
ご無沙汰しています。
ながいながいご主人様のご看病、心より敬服とお疲れ様を申し上げます。本当にお孫さんを交えて明るく看取られましたね。
ご主人様もどんなにかご満足に旅立たれたこととおもいます。
本当にお疲れ様でした。
今度はご自分のためにと思いましたが、やはり体は正直ですね。
一度に今までのご無理が表面に現れました。どんどん弱音を吐いていいんですよ。どうぞひとつづつ体調を元に戻して、今度はわすれ草様の人生を歩んで下さい。
pirokodot 2016.01.14 09:12 | 編集
弱音はどんどん吐きましょう。
ストレスが一番いけないけど、そんなの無理です。
弱音を吐いて泣きたい時は泣くと少し気持ちが静かになるかもですよ。
気晴らしでお出かけも良いかも。
歯医者さんだってお出かけですから。
歯医者さん行って痛みだけは解消しましょうよ。
太巻きおばばdot 2016.01.14 18:19 | 編集
お早うございます。

弱音 言っていいのですよ。 
だって人間なんだから(これって誰かの言葉ですよね)

私も歯が痛くて4軒歯医者を変えました。
3件目の大病院では医師が「なんで痛いのかな?」って言いました。(この言葉で医師に対する信頼が無く成りました)

それで今度はもっと大きな国立の歯科大に変えた所、
80%治りました。ストレスも大きかったみたいです。

こんな能天気の私でもストレスは有ります。
ストレスって治るんだと思いました。

疲れとストレスは治療によって絶対直りますよ。
マロンとカリンdot 2016.01.15 06:54 | 編集
 ☆pirokoさん

家で看病するのが自然の成り行きだったという最後でした。
気負いなくできたと思っていましたが、やはり無理はしていたのですかね。
続く孫の世話も大変だったので、今は気が抜けたようです。
身体の回復を待ってまだし残していることをゆっくり片づけていきたいと思います。

これからは、札幌の雪景色がきれいとばかりも言っていられない寒さに向かうのでしょうか。
pirokoさんもどうかお体大切になさってください。
わすれ草dot 2016.01.15 10:04 | 編集
 ☆太巻きおばばさん

泣きたいときに泣く。このことがまだうまくできていないような気がしています。
忙しかったり、一人になる時間がなかったりのうちに日が経ってしまいました。
これから・・・と思っています。

今日これから歯医者さんにお出かけです。
何されるのか恐いですが、直さなくてはね。


わすれ草dot 2016.01.15 10:10 | 編集
 ☆マロンとカリンさん

ストレスで体が不調になるなんて若いころは分からなかったものですが、このごろは少し体調が悪いと体の弱いところに現われてきます。
頭とか目、肩、歯です。大ごとにならないうちに治療します。

温泉に浸かりに行くなんてのもいいなあと思いますが、一人宿泊って結構ハードルが高いんですよね。
近場の健康ランドで我慢しましょうか。
わすれ草dot 2016.01.15 10:18 | 編集
終りよければ様

2012年10~12月に毎晩のように「ラジオ深夜便の歌」をひとり真っ暗な寝床で聞いていました。
真夜中に密かに流れる澄んだ歌声に、そして歌詞に何もかも忘れてこころが震え、涙ぐんだことを思いだしました。
「人間っていいものだ・・・」、そんなこころを真夜中に抱えたものでした。

『同じ月を見ている:作詞・作曲・歌、谷山浩子』

1.
どこか 知らない町
知らない アパートの部屋
眠れずに 月を見ている
誰か 名前を知らない人

ひとり 髪を洗う
ひとり 机に向かう
別に 淋しくはない
ただ 胸さわぐ 今夜はなぜか

今夜 同じ月を  
違う場所で 見てる
たぶん 一度も会うことのない
あなたと私

伝えたい 元気でいると
伝えたい 元気でいてと
こころが 静かに溶けて
今流れ出す あなたへの歌

2.
世界に 数えきれない
ひとりが 今日もいきている
泣きながら 笑いながら
迷い うつむき とまどいながら  

今夜 同じ月をみてる
ひとりひとりの ひとりの思い
夜は抱きしめる

伝えたい 元気でいると
伝えたい 元気でいてと
こころが 静かに溶けて
今流れ出す あなたへの歌

生きている それだけでいい
生きている それが奇跡と
思える時が くるまで
今 この歌は あなたへの歌

今 この歌は あなたへの歌


(YouTubeで「谷山浩子同じ月を見ている」で検索すれば聞くことができます。こちらでも月を見てみますが、どことも知れないそちらの窓からも月が見えますか?)
:同じく歯痛を抱え「風の吹くまま」に流されて

dot 2016.01.15 16:16 | 編集
終りよければ様

追伸
いま、窓から寒い外を見てみました。
こちらでは、下弦の月が煌々と夜空に冴えわたっていました。 
:風に吹かれて

dot 2016.01.15 18:10 | 編集
 ☆kmomotaさん

すてきな歌を紹介くださってありがとうございます。
さっそく聴きました。
「同じときに同じ月を」
なにも恋人でなくてもそう思う人がいると思うと心の中心が温かくなりますね。

18時ごろ、私も庭に出てました。
寒くて震えながらもしっかりと月を眺めてきました。
夫存命の時、「ときどきは空を見るからね、分かりやすいところにいてね」とふざけて言ったことがあります。
笑っていました。
月なら誰も間違うことはないと思いますから、いるかもしれない、なんてね・・・
わすれ草dot 2016.01.15 20:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top