2016
03.31

緩和病棟に

経過観察中の不整脈の定期検査のためにきょうは病院へ行きました。
夫が入院していた病院です。

駐車場から敷地内に入り見えてきたのが、大きな辛夷の木、ちらほら咲きだした桜。
去年も一昨年も、入院中の夫の病室に向かう時に同じ木を見たんだっけ、と思うだけで涙が出そうでした。
泣きながら歩いたら変なおばあさんと思われると必死にこらえました。

検査結果は、直ちに服薬などの治療の必要はないので、また半年後にということでした。
この循環器科の先に緩和ケア病棟へのエレベーターがあります。どうしようか迷ったのですが、ボタンを押しました。

ナースステーションには主治医と臨床心理士がいらっしゃいました。
私に気付いた心理士さんの声で、お世話になった看護士さんたちも集まってきました。
先生も立ってきてくださいました。

夫を家で看るようになった時からずうっと胸に抱いていた後悔の思いを、先生に尋ねることができました。
このことは別の機会に書けるかもしれないのですが、今は置いておいて・・・
要するに、どうすればよかったか、と私が自分を責める思いなのですが、正しい答えはないということだと思います。
その時にみんな一生懸命だった・・・ただ病人はどうして欲しかったのか。
夫は答えを持ったまま逝ってしまいましたから、わからない。みんなが正しいとも言えるし、みんな間違いだったとも。


IMGP3846.jpg


話を聞いてもらって、涙を流して。
「また来てくださいね」「いつでもおいでくださいね」「待ってますから」
温かいことばに慰められて、気を取り直して帰りました。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/563-4d8b7880
トラックバック
コメント
わすれ草さん、頑張ったではないですか。
私よりずっとずっと頑張った。
何をしても後悔って残るんですよね。
今は、わすれ草さんが元気を取り戻す事が大切。
体調を崩しやすい時です。
ご自身の健康に気をつけて下さいね。
太巻きおばばdot 2016.04.01 17:01 | 編集
兄も亡く成る前にホスピスに入院して居ました。
何時も兄は、ここの病院のスタッフは素晴らしいって
言って居ました。

看護師さんは1時間も話を聞いてくれて、
先生も相談に乗って呉れて、みんな素晴らしいって。

何時に成っても後悔は残ると思います。
病院好きの兄が何故ステージ4の肺がんを、見つけられなかったのか、誰も見つける事が出来なかったのか?
私は気が付いて上げられなかった。 
私はもっと何か出来なかったか、とか。等々。

今日も桜 見てきました。
早くわすれ草さんの心の中にも
綺麗なお花が咲く様に成るといいですね。
マロンとカリンdot 2016.04.01 22:05 | 編集
 ☆太巻きおばばさん

頑張ったかしらね・・・がんばったわね、私なりに。
できなかったことを数えて悔やんでも仕方ないと思いますが、振り返って悔やんで、そしたら前が見えてくるかもなんて思ったりしてます。

体調が今一つ優れません。どうという症状ではないですが、なんとなくです。おとなしくしています。

コメントありがとうございます。
わすれ草dot 2016.04.02 09:15 | 編集
 ☆マロンとカリンさん

緩和病棟のスタッフには本当によくしていただきました。
それでも一時帰宅したら家がいいと言った夫でした。そこのところも全部理解してくれたスタッフさんたちの温かい気持ちが嬉しかったです。

コメントありがとうございました。
わすれ草dot 2016.04.02 09:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top