2016
07.29

2歩さがる

Category: 義母
何を考えているのか、考えてなんかいないだろうと思われる弟が邪魔をします。
弟のお嫁さんも含めて弟以外はみんな母の一人暮らしを案じています。
弟の楽観的な性格も貴重ですが、根拠のない「だいじょうぶだ」は困りものです。

弟が母の一人暮らしを主張するのを良いように考えれば、
「今まで父の横暴に耐えてきた母を、一人気ままに自由に生活させてやりたい」ということかもしれません。
でもそれは元気で頭のしっかりしていた、この前までの母。
今の母は一人暮らしは無理。
ここ1週間母と寝泊りした妹がそう言っても、心配し過ぎといいます。
「配食サービスを頼んで、俺が仕事帰りに様子を見るから大丈夫」
母のどこを見たらそう言えるのか。
施設入所を妹が言うと、偏見に満ちたことを理由に挙げて反対を言い、ここには書けなほどのことも言いました。
バ○さ加減と強引さに呆れて言い返すことができません。

耳の遠くなった母。人の話はほとんど聞こえていないのですが、私の声は波長が合うのかゆっくり耳元で話すと理解します。
一人で暮らさなければならなくなったことをどう思っているか聞いてみました。
「お母さん、一人になるけど大丈夫? さびしい?」
「これまではやっていげっと思ってだけんど、今はなあ、気力もねえし体もだめだし、困ったなあ。考えっとこのへんがモヤモヤしてくる」
と胸をなでるのです。
「おかあさん、私と暮らそう、一緒に行こう」といいたい言葉を飲み込んで帰ってきました。

26日集まった孫たちを分かっていない様子だったので、一人ひとり指さして教えました。
「ああ、うん」とは言うものの、はっきり思い出したのかどうか。
ついでに私が自分を指さして「この人は誰でしょうか」と聞きました。すると、
「名前がなあ、ちょっと出てこね」
「○○子よ、お母さん」
「ああ、んだ、娘よりかわいいんだ」
周りで会話を聞いていた孫たちにニコニコしながら言うのです。涙がでました。
こんな母を一人にしておけるでしょうか。
感情的になってはいけないと思っているけれど、情が・・・

s-IMGP4118.jpg

s-IMGP4121.jpg

2年前 釣りのお供で行った時 
テント場の縁に咲いていた花が 庭に咲きました
名前を 名乗ってくださいませんか


Comment:4  Trackback:0
トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/639-c5ce6850
トラックバック
コメント
わすれ草様へ。

今朝ふと、トルストイのこんな言葉が思い起こされました。

『人間は川のようなものだ。

水はどんな川でも同じことで、どこへ行っても変わりないが、川そのものには細流もあれば、急流もあり、また大河あり、水澄んだものもあり、濁るものあり、冷たいものあり、暖かいものありという具合だ。

人間もまさにこれである。・・・トルストイ』

梅雨が開け、本格的な夏です。

どうぞ、お身体ご自愛ください。





dot 2016.07.30 10:26 | 編集
 ☆10:26さん

休むことなく流れて、河口近くにたどり着いた私。
ここにきてまた大きな渦に巻き込まれてしまいました。

身を任せるか、手足を動かすか。
今のところ動かす力がまだ残っているようなので頑張ります。

ありがとうございました。

わすれ草dot 2016.07.30 12:47 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.07.30 14:54 | 編集
 ☆14:54の鍵コメさん

経験に即したアドバイス、とてもありがたく読ませていただきました。

母を介護施設に委ねることは弟以外の皆は同意しています。
みんなで弟を説得して、母の安全な暮らしを護ってやらなければなりません。

先ほど夫のもう一人の妹(長女)に電話しました。姉から意見してくれるそうです。
それでもワカランチンならば年長者として私がもっと強い言い方をする覚悟を決めるしかないでしょうね。
気が重いけれど母のため、ひいては私たちのためでもあるんですもの。

ありがとうございます。
わすれ草dot 2016.07.30 16:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top