2016
08.07

ダンス発表会

きょうが誕生日の孫は、学校生活になじめていないらしい何かが感じれる子です。
発達支援教室が近くにあるのを、亡き夫が見つけていました。
そこへこの春から通い始めましたが、発達障害の診断がおりなかったため、教室に通うことができなくなりました。
親も子もガッカリ。すっかり教室の人気者になっていた孫を失うのは施設側もガッカリだったようです。
そうしたら施設長が特別に考えてくださり、生徒としてではなくダンス教室のスタッフとして、支援教室に通う子どもたちのお世話係になることができました。
孫はいきいきと自分の役割をこなしていて、見間違うほどに成長しました。

発表会、1部は支援教室の発表。
曲に合わせて手話を演じる子どもたちの可愛いこと!
演じるヒップホップの上手なこと!
そしてそれを笑顔で見守る支援員の方々の優しさ!

s-YRqHuvz403wyOh71470573784_1470573860.jpg


2部はダンス教室の発表。
まあ、とっても素晴らしいのです! ヒップホップダンスを見直しました。
孫は2曲踊りました。初めてまだ数か月ですが、笑顔で楽しそうに、難しい技もそれなりにまとめて演じることができました。

じっとしていられない子どもをさりげなく舞台に戻したり、教えたダンスを舞台のそでから見守ったりと、家での孫とは大違いの大人っぽい姿を見ることができて、婆、感激の発表会でした。

s-9UGG9cPiTGVotCb1470574145_1470574238.jpgs-5jXBdwmY6afko0j1470574260_1470574457.jpg

婆バカついでに言わせてもらえば
この子の脚の長さをお見せしたかったです えへへ


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/647-cc516761
トラックバック
コメント
お早うございます。

昔私達が小学校の頃はダンスなんて有りませんでしたね。
良い事ですね~

この間孫が言ってました「子供は動いて居ないと死んじゃうんだよ」 マグロと一緒ですね。

お孫さんがヒップホップを喜んでやられることは
素晴らしいですね。

この写真では足の長いのは分かりません。
もっと長い脚がみたいです!!
マロンとカリンdot 2016.08.08 06:39 | 編集
自分の居場所や役割があることって大切ですよね^^ 

今の子供たちは我々世代の殆ど?とは違って( ̄▽ ̄;)
リズム感がスゴイですね@@  

お孫さんが成長されてるのを観るのって嬉しいですね♪

Happy☆dot 2016.08.08 08:33 | 編集
 ☆マロンとカリンさん

私の年代、外国のロックバンドや日本のGSなんかは不良の集まりのような言われ方をしたものですが、今の私にとってのヒップホップのダンサーもそんなイメージが少しありました。
全く違っていて感動しました。それはもう。

足の長さ見てもらいたいです(笑)
細い白いパンツがすらりと伸びて、175センチのこの孫の腰の位置は、私の胸あたりですよ(@_@)

ありがとうございました。
わすれ草dot 2016.08.08 10:26 | 編集
 ☆Happy☆さん

達成感を持つことの少なかった孫が、誰かのために何かをなし得ることを、場所を持てたのはとても嬉しいことです。

リズム感の良さ、ほんとうにすごいものですね。
体が自然に動いてリズムを刻んでいるようです。

ありがとうございました。
わすれ草dot 2016.08.08 10:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top