2016
12.15

冬支度

Category: そのほか
1週間前、日中の気温は16度、朝も7度だったので何とも思わずに広島へ出かけたのですが、いない間の水戸は、日・月曜の最低気温が-3度だったと知ってドッキリしました。
庭の水栓は一応水抜きをして行きましたが、お風呂のことは頭になかったから。

一人暮らしの入浴は夏はシャワーでしたが、涼しくなってお湯を張るようになりました。
お風呂から出ればそのお湯、温かいうちに洗濯と風呂場掃除に使い、そのあとは抜いていました。
でも冬は、それではいけない。
追い炊き機能がついている循環釜は、気温が下がると自動運転するために残り湯が必要なのですね。
-3度だった日は、最高気温が上がったから循環釜も無事だったけれど、これからは気をつけなければ。

水栓柱もお風呂も冬仕様。
北の人たちからしたらこんな小さいこと、へへへっと思うでしょうけど。
スタッドレスタイヤはどうしようかな、降ったら出ない、凍ったら走らないで過ごせるかなぁ。


s-P_20161207_182045.jpg







1週間前。
行きの飛行機の窓から。
手前が神戸、奥が大阪(たぶん)。




トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/730-4e6facdd
トラックバック
コメント
こんにちは。
北国だって同じですよ。ちょっと時期が違うだけです。
わたしも11月初め頃、あっ、庭の水道の水抜き忘れてた、と慌てました。

震災の時ボイラーが壊れましたが、それは地震で壊れたのではなく、停電で凍結防止装置が働かず、凍ってしまったからでした。
便利になると、また別の面倒がついてきますよね。

スタッドレスタイヤをつけるかどうか迷うのは、冬が暖かいからなのだなと、羨ましく思ったことです。でも、つけておいたほうが安心ではない?
りんdot 2016.12.16 10:53 | 編集
 ☆りんさん、こんにちは。

近ごろは水道管の保温をしっかりするようになったからか、温暖になったからか、凍結破損しているお宅を見ることが少なくなりました。
昔は昼夜の別なく、暮れも正月も関係なく、修理に追われたものでした。

ボイラー、停電は致命的ですね。だいぶお高い修理になったのではないでしょうか。

車は買ったもののあまり乗ってなくて、買い物はなるべく歩いて行くようにしていますし。
福島にいた時でさえノーマルタイヤで過ごしたこともありました。暖かいってありがたいですね。
わすれ草dot 2016.12.16 12:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top