2016
12.21

近所でなくて

Category: 思うこと
proxy.jpg

今朝の地方版を飾った写真です。
家からそう遠くない団地の1軒のお宅。10年くらい前から始まったイルミネーションは年々派手になって今年はこんなに。

子どものサッカー繋がりでこの装飾を手伝っていたのが、夫の仕事仲間・飲み友達のNさん。
初めの頃、Nさんは夫にも声をかけたのでしたが、興味がないと断ったようです。
小さく始めた装飾だったのに、いつか庇に電球を飾り、ついには屋根にと作業が難しくなって、高所作業に慣れているNさんは重宝がられていたようです。
何かあったとき誰が補償してくれるんだ、と夫はNさんにいい加減に止めるように言っていましが、どうなっているのか、この派手なイルミネーションを見て一番に思いました。

それにしても、このお宅の家族はこの間、どんな暮らしをしているんでしょう。
大勢の見物人が来てガヤガヤ声はするだろうし、車の音だってするだろうし。
私には理解できません、自宅をイルミネーションでこんなに飾ることが。
隣近所だったらいやだなー。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/736-1a74ab69
トラックバック
コメント
何だかアメリカみたいですね。
クリスマスの本場、ドイツでも余り見ません。
周囲の雰囲気も有りますよね。
聞くところによると電気代がばかにならないそうです。
それと怖いのは加熱の為の火災。
一般家庭で電飾は危険が伴うと聞いてます。
綺麗ですけどね。
太巻きおばばdot 2016.12.22 14:50 | 編集
 ☆太巻きおばばさん、こんにちは。

材料・電気代・工事代など、夢とはいえ10年。ふーっ、分かりません。

そう言えばクリスマスイルミネーションを巡る諍いのようなアメリカ映画を見た気がするのですが。
自分だけ良くてもねぇ。
わすれ草dot 2016.12.22 16:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top