2017
01.10

ここまで

Category: 義母
血縁の壁高い義母のことですが。
私にはできないことがあると気持ちを整理して、義弟妹との間に線を引こうと思ったのに、納得できなかった・・・
私に決定権はもちろんないにしても、したいことがあと一つあると。

連休が明けるのを待って行ってきました。義母が通っているデイサービスに。
そこで義母の様子を聞いて、私の考えを伝えて、それでお終いにしようと思ったのです。
結論は、見守る義弟妹を線を引いて見守る。


義母は、デイサービスに通って半年弱、近頃表情が明るくなったそうです。
皆とお話する、お料理の手伝いをする、洗濯物を畳むなど、本来の義母を感じます。
安心して過ごせる環境に馴染んできたということでしょう。
でも家で見る義母は別人です。
記憶も確かではなく、おこたで寝てばかりいる義母です。
義母にとって施設は安心な所。だからこそ、入所がいいと私は思うのです。

それから、いつまでも他人(隣人)を頼っての介護は成り立たつはずがない。
そして義母は意思表示できたらたぶん、「いやなんだ、あの人」というと私は思ってます。

・ 身体的には自立している義母なので、デイサービスに通いながら、物事が分からなくなるまで一人暮らしをする。
・ 今のうちから施設で安心して暮らす。
どちらが良いと簡単に言える立場ではない、とは相談員の話です。それは私にも言えること。
でも私は義母の安心・安全を優先したいと思うのです。

けれど、話はここまで。私にできることはしました。
デイサービスでの義母の話を聞いて安心もしました、がここまでです。

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

s-P_20170110_125423.jpgs-P_20170110_130927.jpg


施設が市のはずれにあったので家に戻らず、お昼を買って森林公園に行きました。
写真の左、この急な坂を夫と登ったんだっけと思いながらきょうは下って、右の急階段105段を登りました。
山道に若い人がチラホラ。ポケモンがいるのかな。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/752-eafe07b1
トラックバック
コメント
わすれ草さん、

こういう場所を歩くのは好きです。考えたいことは考えながら歩けるし、心の底で考えたくないと思っていることは、歩いている間に、階段の段数を数えている間に頭から離れてくれます。

歩き終わればまた元に戻りますが、前より少しすっきりとして、考え事が客観的に感じることができるので、こういった時間が貴重だと思います。

では、また。

沖縄の青dot 2017.01.11 00:20 | 編集
 ☆沖縄の青さん、おはようございます。

ああ、本当にそうです。その間は無心になれます。
広い場所に全く一人。考えるもよし、そこから抜け出すもよし。
あとで思えばその間は幸せな時間だったのですよね。

そういうものの見方を教えていただきました。ありがとうございます。
近くにこんな場所があること、嬉しいです。
わすれ草dot 2017.01.11 09:03 | 編集
わすれ草さま 
ご無沙汰してますうちに新年も10日が過ぎてしまいました。 遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。

お義母様についてのお悩みは、嫁の立場として充分に尽くしていらっしゃると思います。
高齢者が増えている今、家族だけでは対処しきれない問題ですものね。デイサービスの人に相談しても解決しないでしょう。

デイサービスを管理している、包括支援サンターというところがあります。そこで、相談しますと先が見えてくると思います。でもこれは弟様の責任て進めていただくのが何よりと思います。

私が今高齢者問題の真っ只中に居ますので、子供達に、この苦労をさせないようにと努力していますが、先のことはわかりません。
pirokodot 2017.01.11 10:02 | 編集
 ☆pirokoさん、こんにちは。

アドバイスありがとうございます。
公的な機関への相談など義弟もすることはしているはずですが、判断する義弟が楽天家なもので、先々の心配をする私は気が揉めます。
元気な適応能力のある今のうちから入所を考えて欲しいものだと思っています。

誰しもゆく道。自分の場合も判断のつくうちに娘たちに頼んでおかなければなりません。
いつがその日なのか誰にも分からないのですものね。
わすれ草dot 2017.01.11 11:24 | 編集
お近くに、森林公園があるのですね。
羨ましいです!

でも、いまの私はこ~んな坂も、
105段の階段も登れそうもないです(^^;)
図書館の階段(何段あるか今度数えます)
たぶん、20~30段ですが、それでも息が切れます。

私は娘に「施設に入れて」と伝えていますが、
自分で手続きができるうちに自分で入ったほうがいいかしらね?
いろいろ考えてしまいますね。
風のフェリシアdot 2017.01.11 12:38 | 編集
出来ることをしようとしているわすれ草さん。
でもその都度限りがあると思って仕舞う。

無力な自分に ご主人様の「頼む」が引っかかる。

もう限界だと弟さんが言われるときは
本人が本当に駄目になってしまったとき。

何が正しかったかは 過ぎてしまってから証明される。

六花の思う事 環境を変えると老人は一時変調をきたす。
父をナーシングホームへ入れたとき 父の顔に
死相が・・と老人介護に関わっていた妹に言われて
毎日交替で父を見舞い 慣れて来てからはカメラを楽しみ
書道クラブに参加し 相撲の点取りに参加していました。

少しでも体力のある内 環境に順応する力がある内に
私も入りたいと願っています。 自己責任で。

六花dot 2017.01.11 14:59 | 編集
 ☆風のフェリシアさん、こんにちは。

私ももちろん息切れ、途中休み、ようよう上りました。
駐車場は登らなきゃたどり着かない所です。

母親が施設に入る前に何カ所か見学・体験入居をしました。
お金のことなど条件に適う所はそう多くなく、急に急いで探すリスクを思えば、元気なうちから考えておくべきだと思います。
我儘な自分が個室とはいえ、集団で暮らしていけるかしらと思えば、さらに時間をかけて探さねばならないし。
いつと判断するのは難しいけれど、自分で決めたいではないですか(人に決めてもらったら不平が出そう)。

それか、一人で精いっぱい頑張って暮らして、もう自分も分からなくなってからどこでもいいから探してもらうか。もうただただお世話になって。

言うは易し。決断は難し。ですね。
わすれ草dot 2017.01.11 16:02 | 編集
 ☆六花さん、こんにちは。

何が正しかったかは、あとでしか分からない。
それでは遅い時もあること思えば、実子3人に本気になってもらいたいです。
環境の変化に適応できなくて老いを深めていく人もいるようですね。
お父上様は六花さんたちの愛を受けて快復なさった。
快復する体力があったということですかしら。

風のフェリシアさんにも書きましたが、自己責任が取れるうちにか、すっかり判らなくなってからか。
自分のこととなると決断は難しいです。まだ大丈夫と思ってしまう、と今の私は思うのです。
自己責任で判断できるぎりぎりの時を見失わないよう、自分を観ていきたいです。
わすれ草dot 2017.01.11 16:21 | 編集
老いていくというのは、ほんと難しいね
義母さんの入所もわすれ草さんが直接判断できないし
僕は母親を入所させる時は、それはそれで色々大変でした。

自分の時はどうなるでしょうね
自分で判断できなくなってからでは、家族に迷惑かけるし
なんて思ってたら、どうしたいのかエンディングノート書いといて
なんて言われてます^^
メタさんdot 2017.01.11 21:12 | 編集
 メタさん、こんばんは。

何もできないことは同じなのに、赤ちゃんは可愛いと言ってもらえて、年よりは・・・
老いるって難しい、悲しい。
メタさんもお母さんをお世話したのですものね。

自分の時を考えるのも難しい。
エンディングノートは無論ですが、やはり意志あるうちに二人で見学しておくのが良いかと思いますよ。決めなくたってね。どんなところなのか見るだけでも。

奥さん、書いといてって、自分が残ることに決めてる(笑)けっこう、けっこう!!

わすれ草dot 2017.01.11 23:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top