2017
01.16

トイレの話で失礼

Category: そのほか
朝からヒヤッとしました。
朝1階に降りて朝の仕事をして9時ごろトイレに行きました。
洗浄水は流れたけれどロータンクに水が流れない。一瞬エアがブハっと。
頭の中で?マークが点灯したあと、「しまった、氷った!」
と慌てたがすぐに水が流れ出し、ホッと胸なでおろしました。

きのうの最低気温は-4.5℃。今朝は-4℃だったそうです。
去年の今頃は-6℃、-5℃と寒かったのにこんなことはありませんでした。
違ったことは私が2階で寝るようになったこと。
生活の大半を2階にしていることが原因と思います。
1階のトイレは夕飯の支度で下にいるときに使うくらい、使わないときもあるかも。
給水管の水が全く動かない。日中も気温があまり上がらない。
なので、給水管の中で氷つき始めていたのでしょう。
s-IMGP4317.jpg

「配管屋の女房、なにやってんだよ」
空から夫が言ってる気がします。
「理屈がわかっただけいいと思わない?」
心の中で憎まれ口垂れる私です。
でもほんと、危なかった。トイレを水浸しにするところだったわ。
これから寝る前は、1階のトイレを使うことにしましす。
一人になると思いがけないことで困ることがあるのもです。


夕日がきれいでした。
きょうはこの写真を撮りに道路に出ただけ。 メッ!!だわね。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/757-616f76bd
トラックバック
コメント
-10度以下でも氷って仕舞うのですね。
こちらでは先日26度だったと郵便局長さんが
話題にしていました。 水を落とすなど考えた事も無いので
やはり寒冷地仕様に住宅が設計されているのですね。
幸せに思わなくちゃデスネ

ひとり暮らしは 細かな事でおや?と言う事ありますね。
慣れでしょうね。
六花dot 2017.01.16 23:43 | 編集
 ☆六花さん、おはようございます。

日中の気温が低く、細い管の中の水が動かないとどんどん氷が固くなっていって管の破裂につながるそうです。
そうでうよね、寒さ厳しい地域は設備が寒冷地仕様になっているので大丈夫なんですよ。

古い家を一人で維持していくのは大変ですね。
わすれ草dot 2017.01.17 10:41 | 編集
水道管を凍らせないようにするには使い続けるということが
大切なのですね。その昔、厳冬期の夜間は庭の水道の水を
チョロチョロ出しっぱなしにしていたことがあります。
それも同じ理屈なのかしら。

トイレにまつわる私の失敗をひとつ。
リモコンの電池が切れて、ウォシュレットのおしり洗浄水が
止まらず、便座から立てなくなってしまったことがあります。
電源のプラグを引っこ抜いて何とか難を逃れました。

便利さゆえの不便とでもいいましょうか(^^;;
べに丸dot 2017.01.17 11:04 | 編集
 ☆べに丸さん、こんにちは。

寒冷地でない地方に落とし穴があるものですね。
そう、水を死なせないと言っていました。
外の水道は不凍結栓がいちばんだそうです。そして水を抜くことを忘れない。

トイレで立てなくなった時焦ったでしょうね。でも電源プラグを抜くということを思いついたこと、すばらしい!
いざという時の記憶にしまっておきますね。
ほんと、便利さが不便につながるってね。
わすれ草dot 2017.01.17 11:52 | 編集
寒さはベルリンより厳しいですね。

ベルリンでもこの時期、長期に家を留守にする時でも、
最低に目盛りを合わせて暖房をつけっ放しにします。
家の中の水道管が凍らないようにする為です。
一戸建ての家だと更に大変になるようですよ。
気が付いて良かったですね。
太巻きおばばdot 2017.01.17 18:33 | 編集
 ☆太巻きおばばさん、こんばんは。

いやいや、ベルリンのマイナス気温には到底及びません。暖かいほうですよ。

暖房をつけっ放しに、それはいいけど贅沢な。
って、凍って水浸しになるよりはいいですものね。
わすれ草dot 2017.01.17 20:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top