2017
04.25

進歩 CT撮影

Category:
姉の病院の付添はほぼ半日がかりでした。
検査は恐れていた通りCTによる撮影でした。
6年前の検査の時、CT室へ行く廊下で大の字になって拒否され、情けなくて涙が出たこと、忘れられません。
何10年と医者から遠ざかっていた姉も、手術という大きな経験をしてからは、少しはお利口になったのでしょう、まずはCT室前まで連れて行くことができました。
待つ間に、
「あのね、レントゲンなんだよ。普通のレントゲンは立って撮るけど、CTはベッドに横になって撮るんだよ。寝ているだけなのよ」
「輪切りの写真っていうの、あれ、体を切られると思ってる? まさかそんなことあるわけないんだよ。ほら、みんなピンピンして出てくるでしょ」

呼ばれました。技師さんに状況が伝わっていたのか、とても優しくしてもらってベッドの上へ。
情けないほど不安な顔の姉を残してドアを出ました。
ものの数分で終了。
診断は当初の予想通り、腹壁瘢痕ヘルニアでした。要観察。

診断はでました。そしておまけも。
画像を読んだ医師が主膵管の拡張を見つけたのです。
連休明けにまた病院です。
今度はMRIをと言われましたが、それは姉には無理かもしれない。
体の固定とあの大きな音。絶対無理だろうなぁ。
大きな病気じゃないといいのですが。


s-ぴろりすっかりくたびれた私を笑わせてくれる広島の孫、小学1年生。
「いちねん いっくみ いちばん ○○です」

宿題 「へ」のつくことば。
「へりこばくたーぴろりきん」
孫が今一番興味のあることは人体の不思議。
百科事典の鬼です。

追記
百科事典の「鬼」と思わず書いたのには訳があって、孫は人体の不思議の前は「宇宙の不思議」だったのです。
夢中になる様子は虫を通り越しています。木星の衛星の名前をふいに言われたり、婆たじたじです。



トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/830-a86f5083
トラックバック
コメント
こんにちは。

お姉さまのお世話大変ですね。
MRIは私も嫌いです。 あの大きな音の中で20分以上も
我慢するのは辛いです。

病気が発見できるのはいいですが、我慢も大変ですね。

小さい子供の疑問は可愛らしいです。
私達の年齢になると疑問も無く成ってきます。
マロンとカリンdot 2017.04.26 14:21 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、こんにちは。

聞き分けができない幼い子と同じとことがあります。理屈で言っても通じない。嫌となったら動かない。その力の強いことったら (ーー;)

MRIはハードルが高すぎます。前回は全身麻酔で受けたんですよ。やって貰えただけでありがたいことでした。

この孫の頭の中は「ハードディスクがいつもクルクル動いているんだな」と夫が言ってました。
興味がこの子にピッタリ合うと一直線です。
わすれ草dot 2017.04.26 16:31 | 編集
お疲れ様でした。
先ずは第一関門クリア。。。

人間70歳の声を聞くようになると、、何処もかしこも疲れて来ていますね。
私の周りの知人たちも次々と(新病気)発生。。
仕方ないんだけど、、、(治る範囲で)お願いしますですわ。

MRIはやっぱり、麻酔かな。。
閉所恐怖症の人も、辛いそうですから。。
先生と相談して、一番楽な方法をですね。

(孫ちゃんに元気貰って)
わすれ草さん、、、ファイト!
アイハートdot 2017.04.26 17:53 | 編集
 ☆アイハートさん、こんばんは。

CTは意外とスムーズに、驚きです。
60年以上社会との繋がり薄かった人が、10年弱で大きな進歩しました。

60歳になった時も50歳とは違うと思いましたが、70歳はさらに違います。
ほんとうに、治る範囲でお願いしたいものですね。

きょうの孫は「ろ」のつく言葉。
「ろまんちっく」だったそうです。
わすれ草dot 2017.04.26 19:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top