2017
05.06

へこむ・・・

4泊した彩椛はきょう午前中に帰りました。
寝具の片付けをして、コーヒーを飲みながらゆっくり新聞を読んで、パタンと閉じたら、なにか物足りない思いがしました。

静かになった午後、中断していた点訳の続きに取り掛かって、ページ数が少ないので最後まで打ち終わりました。
今回の点訳は議会だよりの抜粋で、点訳版の発行はこれが初回だとか。
お手本はなく、自分の作りやすいようにやって良いのですが、それだけにプレッシャーも感じます。
まずは言葉の打ち間違いをゼロにすべく、気合いを入れて校正します。

その前に昼ごはん。彩椛の作ったミネストローネが少し残っていたので食べてしまおうと温めました。
グラグラっとしたのでお玉でスープ皿についだあと、最後まで入れようとお鍋を持ち上げた時、持ち方が変だな、危ないなと思ったのに動作を止めませんでした。
ガッシャーン!!
お鍋を落として中身がそこいらじゅうに飛び散っちゃって。
悲惨な状況になりましたが、熱々の中身が掛からなかったことは幸いでした。
でも泣きたくなるほどの飛び散り方。写真に撮って笑ってもらおうかと思ったほどです。

危ないなと思ったのに、止めなかった不注意。反射神経が鈍くなっているのにです。
こんな目に遭いながら老いを自覚していくのって・・・凹む・・・

でも大輪のクレマチスが咲いて 
うれしっ!

s-IMGP4522.jpg

s-IMGP4525.jpg


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/839-bc8a8e6a
トラックバック
コメント
いつもの生活スタイルが変わり、
お疲れが出たように感じました。
火傷などされずによかったですね。

クレマチスの花言葉は「美しいこころ」と聞きます。
身体は老いてもこころはいつまでも若く美しく♪
しかし見事な大輪ですね。
目が覚めるようです。(^^)
須藤京一。dot 2017.05.07 01:40 | 編集
火傷など無かって良かったです。
でもお孫さんが作ってくれたミネストローネを
ひっくり返したら、そりゃへこみますね
いつもと違う動作は、年齢と共に失敗し易くなるのでしょう
僕も気をつけなきゃと思います。

それにしてもお孫さん、流石女の子
料理に目覚めて、これから色々と作られるのでしょうね
メタさんdot 2017.05.07 07:52 | 編集
 ☆須藤京一。さん、こんにちは。

一人で気ままにしているので、楽しかったとはいえ誰かのいる生活で疲れたのでしょうね。
「あっ、まずいっ!」と思ったのに手が動きませんでした。しばらく呆然。4M先まで飛び散ったんです。
中身を拾って、拭くこと数回。くたびれました。

「美しいこころ」クレマチスに倣いたいものです。
わすれ草dot 2017.05.07 12:09 | 編集
 ☆メタさん、こんにちは。

マズイっと思った時どうして手が動かなかったんだろう。老いたんだなと思いました。
油鍋でなくてよかった。

包丁を取り落した時、それが足先数センチのところに突き刺さったことがあります。
老いに関係なく、不注意が多いんです、若い時から。
夫によく叱られてました。
「危険予知」 作業現場で叩き込まれていた夫だけにうるさかったです。

「きょうも一日 ご安全に!」
わすれ草dot 2017.05.07 12:16 | 編集
『こんな事も有るさ』

私なんて、立て続けに(マイカップ)や(瀬戸物の保存容器)割っちゃったよ。
瀬戸物なんて、何十年割った事無いのにだよ。
老化現象の何物でもない。

怪我の無かった事を、安堵してね。
良かった、良かったって。。
アイハートdot 2017.05.07 20:46 | 編集
 ☆アイハートさん、こんばんは。

腰と膝は老化を自覚してたけど、腕も指も老化なんですよね。
ホウロウの重い鍋だったのです。処分した方がいいのかなぁ。

私は壊しの専門家と呆れられていました。何枚か組で買いますよね。揃っているのがない・・・ガサツな女です。

怪我もなかったし、汚れはきれいに取れたからよしとしましょうか。
わすれ草dot 2017.05.07 21:40 | 編集
帰った後の寂しさ・・誰も居ない空間に置き去りにされたような気持・・おなべもうっかりさんに警告してくれたのですね。

火傷しなかったのは ○○さんが守ってくれたのよね。
一人に慣れ 一人を大切に・・ね。
遠音dot 2017.05.08 08:18 | 編集
 ☆遠音さん、おはようございます。

一人が好き、と一人暮らしに憧れていたくせに、近頃は寂しいと思うようになりました。
一人の時間の気持を持て余してしまいます。
こんなはずじゃなかった。シャンとしっかり前向いて! と気合を入れてくれたかな、ひっくり返ったお鍋が。

危険予知をうるさく言う○○でしたから、こんなびっくり事件を通して思い起こさせてくれましたね。
でもね、自分がいちばんうっかり者だという自覚がある○○だったので、余計に人にもうるさかったのだと思います、フフッ。
わすれ草dot 2017.05.08 09:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top