2017
06.09

原子力

Category: 思うこと
何を思って、何を書けばいいのか分からないのですが。
6日に大洗町の日本原子力研究開発機構の事故のニュースを聞いた時、「え、また?」と思いました。
茨城県では約20年前に、東海村で臨界事故が起きています。
その時は核燃料を作る工程で、マニュアルを守らずに、バケツで溶液を混ぜたと聞きました。
今回はウランやプルトニウム入りのビニール袋が破れたと。
「なんだそれ、子どもの水遊び砂遊びじゃあるまいに」と思いました。

私の住んでいるところから、東海村のJOC、大洗町の原研まではともに25kmくらいです。
JOCの事故の時は夫の会社が10㎞しか離れていなくて、屋内退避、換気装置停止の命令が出て、帰ってくるまで心配だったことを思い出します。
茨城には日本初の東海原子力発電所と東海第2原子力発電所があります。
先の大地震・大津波の時、東海第2が「フクシマ」になったかもしれないことはあまり知られてないかもしれません。
外部電源を失ったあと、ディーゼルポンプがかろうじて動いていたことは、いくつかの幸運が重なったからだと知っていますか?

身近にこんな危うい施設があって、危うい作業が続いていること、こんなことがあって初めて知ります。
私たちの故郷は「フクシマ」から30km。
なんだか、何を言っていいのか分からないけど、原子力から逃れられないんだなぁ私、と思ったのでした。

何を書けばいいのか分からない情けない記事のあとはお口直し。
黄色のスカシユリ。元気でしょう?

s-IMGP4737.jpg


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/864-8a18d102
トラックバック
コメント
原子力・・・
人間が、手を染めてはいけない分野だった気がしてなりません。
東海村の臨界事故の時もずさんでびっくりし、
今回もまた事故です。
原発事故で、誰もが恐ろしさを十分知りました。
制御できないものを、使ってはいけないと思います。
便利なものには、裏がある!
危険過ぎます!
まめママdot 2017.06.09 23:17 | 編集
こわいお話ですね~
ニュースを聞くたび どうして原発を再開するのか?
とても理解できない私です。

むかし いのちの値段は 一銭五厘でした。

いま いのちの値段はおいくらでしょうか?
遠音dot 2017.06.10 00:37 | 編集
 ☆まめママさん、ほんとうに触れてはいけないものだったんでしょうね。
アスベストも同じです。せめて間違いに気づいた時に直ぐに止める規制をしてれば。

広島の時に世界中がとんでもないものだと封印すべきだったと思います。
武器が平和と共存できるなんて、と思いますが。
わすれ草dot 2017.06.10 08:10 | 編集
 ☆遠音さん、安全だと言い切る人がいること自体怖いことですよね。

命の値段が一銭五厘でも62円でも、戦いのために差し出さなければならない命があって良いはずがありません。
不気味な空気が流れているのが気がかりです。
わすれ草dot 2017.06.10 19:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top