2017
06.13

アスベスト環境ばく露

昨夜のテレビ、「クローズアップ現代+」は反響が大きかったようです。
きょうは500件を超える相談があったと報道されました。
あすも、患者と家族の会は電話での無料相談を受けつけています。

高度成長期に結婚した私たち世代は、公営団地住まいをした者が多いのではないでしょうか。
かくいう私たちも5年間団地住まいをしました。その団地は、室内にはアスベストは使われてなかったと思いますが、階段の踊り場にあるパイプシャフトの中は、アスベストがあったような気がします。

夫はそのこと以前に、仕事でアスベストとの関わりが深かったわけですが、実は私もリスクゼロではないのです。
というのは、アスベストが付いた夫の作業着を洗濯していたからです。
洗濯するときに服に付いたアスベストを吸い、現に発病して亡くなった女性が数人いるということです。
このように、仕事に関係がないところでアスベストを吸っているかもしれない人も含めて、これからの10年くらいで発症のピークになるそうです。

昨日のテレビで世間の関心は高まったように見えますが、それを一時のこととしないように頑張っているのが、アスベストなど労働災害の支援をしているNPOの方々です。
世間の関心が医療や行政を動かしていく、と昨日出演していた名取医師は以前から言い続けておられます。
世間の関心が途絶えないようにと、NPOの職員は熱いです。
私も微力ですができることをさせてもらっています。


s-IMGP4463.jpg

若芽がピンクの白露錦。春先に撮ってあった写真です。


トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/867-6e8a373d
トラックバック
コメント
怖いお話です。 普通に暮らしていた人々の生活に
それが有ったと言う事です。 私も引っ越しを沢山しましたので社宅のことを記憶の中で点検しましたが
ストーブの煙突が外へ出るところに夫が石綿で煙突を
被うのを見ていたような気がします。
昭和30年から40年代にかけて・・

子どもはダイジョウブかな?とふと思う一日です。
遠音dot 2017.06.14 00:50 | 編集
今朝もNHKで放送されていました。
間接的にも被害を被っているのですね!
ほんと、タバコを吸わない女性が、ご主人ではなく、ご自分が肺癌になる、そんなこともありますしね。

けど、せめてせめて、放送で言われていたように、
少しでも、患者さんの支払金が増えますように、願います。


支払金ではなく、違う言葉だったように思います。
もし不適切な言葉だったら、ごめんなさい!<(_ _)>

dot 2017.06.14 09:43 | 編集
 ☆遠音さん、おはようございます。

アスベストに曝された人が必ず発症するわけではなく、発症のメカニズムはまだ不明だそうです。

断熱効果が高いので、昔は当たり前に使われていました。ストーブの煙突熱で壁が焼けないようにですね。

私も子どものことが少し心配です。
子どもが汚した衣類と作業着を一緒に洗濯機に入れていましたので。
アスベストのことなど何も考えなしに暮らしていました。
わすれ草dot 2017.06.14 10:33 | 編集
 ☆窓さん、建設業など直接の仕事がらみでなくても多くの事例があるんですよ。
銀行員が中皮腫。これは昔の金庫の内部にはアスベストが吹き付けられていたそうです。

救済金といいます。
労働者は労災、それ以外の人は救済金の申請ができます。
家族会は、労災と救済との格差を埋めて欲しいという声をあげています。
わすれ草dot 2017.06.14 10:43 | 編集
友達が今月肺癌の手術をします。

定年まで建設現場にいた人だから、、、ひそかに(本人も私も)アスベストを疑っています。
長い間症状が出ないそうなので、、69歳で、出たか。。。

建設時の吹付、解体時の吸い込み・・・ 有るよね。
未だ9ミリの早期発見なので、不幸中の幸いと言うところです。
アイハートdot 2017.06.14 20:01 | 編集
 ☆アイハートさん、心配ですね。

お友だちの診断にはアスベストを疑っての検査はされたのでしょうか。
その医師はアスベストによる中皮腫・肺がんなどを診断できる「目」を持っているでしょうか。
アスベストの診断は難しいところがあるということです。

アスベスト疾患を疑っているのなら、是非、専門の医師の診断を受けることをお勧めします。
例えば、名取医師です。レントゲン写真などを病院から借り受けて、東京まで行ってから手術を受けたほうが良いのではないでしょうか。
アスベストだとすれば、普通の肺がんよりも大がかりな肺・胸膜全摘手術になると思います。そして、その手術の名医もいらっしゃいます。

早期発見。アスベストでないことをお祈りしています。
わすれ草dot 2017.06.14 20:27 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.06.16 11:55 | 編集
アスベストの報道を聞きながら、自分が当事者でないがゆえに罪を犯している気持ちになってしまいます。

と言いますのは、アスベストの問題にしても、原発の問題にしても、被害に遭われた方々がどれほどの苦しみを体験なさっているかは「理解をしている積もり」であってそれは報道を通してのみのことだからです。

今再びクローズアップされるアスベスト被害にに対して、理解を深めていかなければならないと心に命じました。

わすれ草様の熱い思いを心から応援しています。
pirokodot 2017.06.16 17:48 | 編集
 鍵コメさん、コメントありがとうございます。

鍵コメさんのブログにお返事を寄せさせていただきます。
わすれ草dot 2017.06.16 19:16 | 編集
 ☆pirokoさん、私も同じです。

原発とアスベストに係わってしまうことになったけれど、私もそのほかのことではpirokoさんと同じ、「理解をしている積もり」です。
でも仕方がない当事者ではないのだから。

アスベストに関しては、「まず知ってもらう、そして考え続けてもらうことが大事」だと思います。
関心が無くなるのがいちばん怖いです。
声が上がれば、補償問題も前進するでしょうし、治療法・治療薬の研究も進むと思うのです。

pirokoさん、関心を持っていただいて嬉しいです。ありがとうございます。

わすれ草dot 2017.06.16 19:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top