2017
07.06

最後の言葉

Category: 思うこと
「最後の言葉」にまたまた反応しました。
夫がなにも言い残さなかったことに淋しさを感じているからだと思います。

幾人かの闘病記などに記されている、別れのシーンや言葉に涙した私でした。が私にはそんなシーンも言葉もなかった。
それが何なのだ、と言われれば、答えに窮します。ドラマみたいなことがあると思っていたのか、と問われれば、いいえと答えます。
でも、死期を悟った病人がさりげなく残す言葉、それが感謝の言葉だったら、残された者が、その後を生きる時にどんなに支えになることだろうと思うのです。

今朝の朝日新聞「声」欄に <「ありがとう」 亡夫が守った約束> と88歳の方の投書が掲載されていました。

投稿者が60代の頃に、亭主関白のご主人に言ったことがありました。
「あなたに『ありがとう』と言われたことがありませんね」
ご主人はその時、「死ぬ前にいうよ」とけろりと答えました。
・・・
晩年。老人ホームに入居したご主人の面会に行った冬の日、カーディガンを背中から着せかけた奥さんに「ありがとう」とご主人。
そしてその日の夜、心臓発作で帰らぬ人になったのです。約束を守られて。


夫の「この女・・・」発言となんという違いでしょう。
「ありがとう」や「愛している」の言葉が欲しかったわけではないのです。
「この女・・・」が最後の言葉であるはずのないことは、私がいちばん知っています。
でもね、なんだか淋しい、この投稿者が羨ましいと、思ったわけですよ。



トラックバックURL
http://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/886-da2a52cb
トラックバック
コメント
何とせつない・・ 人生終末期そんなドラマみたいなこと
そうそう起きるわけも無いですよ。

かって私も書きました。 私に言いたいことが有って
話しかけるのですが 聞き取れない・・織雅が大きな文字盤を
作って 指で示すように言っても 「と」をゆびさすだけで力が無い・・そのまま・・何が言いたかったかと今でも。。

わすれ草さん 亡くなる側にも色々あるんですね。
そう思うことで今日も生きて行きましょう。
遠音dot 2017.07.07 07:08 | 編集
お早うございます。

私も新聞読みました。そんな方は稀ですよ。

言葉は無くても心の中ではわすれ草さんには感謝の気持ちで
一杯だったと思います。

私が先に亡く成ったら最後の言葉は
「愛してる」なんちゃって!!言える訳ないですよね。

マロンとカリンdot 2017.07.07 09:07 | 編集
う~ん・・難しいですね。
ありがとうの言葉を遺された例は
そんなに有るものじゃないと思います。
苦痛の中で遺す言葉は普通は無いかも・・

それより今日有るのは貴方のお陰と
思った方が気が楽かも知れません。
太巻きおばばdot 2017.07.07 09:21 | 編集
 遠音さん、言ってもせんなき繰り言です。

生きるのも死ぬのも大変なことだとつくづく思います。
私は夫にフェルトペンを持たせました。
何かを書いたのですが、意味不明、そのうち力なく・・・後悔です。
ただ手を握っていればよかったと。
わすれ草dot 2017.07.07 16:54 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、意識があれば必ず言ってくださいね。

意識があって逝ったということも辛く苦しい思いが残るでしょうね。

「ありがとう」や、「愛してる」と言って亡くなるなんて稀なことだから、本になったり、ドラマになったりするのですよね。
ある意味、「この女・・・」もドラマになる?

わすれ草dot 2017.07.07 17:01 | 編集
 ☆太巻きおばばさん、何を自分本位のことを考えているんでしょうね。ばかな私です。

苦痛の中で逝く人に向かって何を求めるのか、ほんと、ばかです。

夫のおかげで今の暮らしが補償されています。
これ以上何かを言ったら罰が当たります。
わすれ草dot 2017.07.07 17:09 | 編集
ムカムカと吐き気に苦しんだとき、
私はすごくイライラしてしまいました。
身体からイライラ・ビームが出ていたと思います。
もし、そんなときそばに誰かいたら、何気ないことに
ふと声を荒げたりしたと思います。

だから、それは、その誰かに怒っているわけで決してなくて、
もちろん「ありがとう」と思っていなわけでもなくて、
病気の辛さがそうさせただけと思います。

わすれ草さん、あまりご自分を責めないであげてくださいませ。
風のフェリシアdot 2017.07.07 18:17 | 編集
 ☆風のフェリシアさん、病気の辛さを想像はできるけれど、本当の辛さは分からない・・・

「この女・・・」は彼のどうしようもない絶望感が言わせたのだと思います。分かって貰えない苛立ちもあったでしょう。
仕方ないんです、仕方なかったとしか言いようがない。でも彼は怒った。

そんな病人に、たわけたドラマのようなセリフを期待したのか? ・・・少しは・・・

「この女は馬鹿げている」と今の夫なら言うでしょう。笑っているかもしれません。
わすれ草dot 2017.07.07 21:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top