2017
05.11

経過観察

Category:
姉の病院の付添でした。
初めの見立て通り膵嚢胞でした。基本的には良性だけれど、がん化する可能性があるので定期的に様子を見ましょうということで半年後の予約。
「半年後にまた超音波の検査をさせてくださいね」と先生に言われた姉は、廊下に出ると、
「超音波って・・・・・・」とブツブツブツ。不安顔です。
「何言ってるの、今受けた検査が超音波だよ」

どんなものか分からないくせに、言葉だけで不安になって、65年間医療を拒んできた姉です。
病院に来れるようになっただけでも奇跡のような進歩なのです。
経過観察がふたつ。心配してもしょうがない。その時になったらしっかり対応することにして、とりあえずは忘れることにします。

朝食抜きでの検査で、終わったのは1時ごろ。姉の施設まで車を走らせて、カフェで食事にしました。
きょうの日替わり定食は「揚げ大豆ご飯とさんまのタツタ揚げ」 顎をしっかり動かして、さんまも美味しく、サザコーヒーがまたおいしい。
農園で作っている野菜もたくさん買い込みました。
大きな野菜の形と小さな粒の形が同じ、不思議な野菜「スパイラル」
見ていると終わりのない世界に入ってしまったような錯覚になりませんか?

s-P_20170511_125631.jpgs-スパイラル


PCの不具合は、昨夜直ったと思ったのに今朝になったらまた同じ状態でした。
これはアンチウイルスソフトが点訳ファイルを「怪しいやつ」と思って盾になってくれてる、つもりかも。
昨日まで知らんぷりだったくせに、急にお仕事がんばってる感のアンチウイルス。
分からないけれど、点訳ファイルを開く前にスキャンしてみたら保存できるようになりました。
盾になった自分が自分に攻撃されて、敢えなく城を明け渡したみたい。と思って笑っちゃうけど、分からないPCのことは。
明日また同じことになっているかも。PCも経過観察と?


Comment:2  Trackback:0
2017
05.10

思いがけないこと

私はいまだに携帯電話を使っていて、それは夫のお下がりです。
電話帳も夫のものを削除せず、私の電話帳を書き足しています。
今朝、間違って夫の知り合いの番号にかけてしまいました。すぐに気がついて切ったのですが、ワンコールしてしまいました。
相手が掛け直してきました。
「すみません、間違えました」と私が言い、相手は「はい、わかりました」
ここで切らないで、私はこう話を継いでしまったのです。
「あのう・・・、○○をご存知ですよね。私は○○の家内です。その節は大変にお世話になりましたが、実は、○○は1年半前に亡くなりまして・・・」
「・・・・・・」
とっさに声が出ないようでした。
仕事で付き合いのある下請けさんの娘さんで、「面白い子」とお気に入りのガールフレンドでした。
しばらくして、そのお母さんから電話がありました。
「先ほど娘から聞いたんですが、本当のことなんですか」 信じられないのです、とおっしゃいました。
数日前、娘さんと○○さんの噂話をしていたというのです。

二人とも涙声で夫を偲んでくれ、日を改めてご挨拶にと言ってくださいました。
二人からは夫のエピソードをたくさん聞かせてもらえそうです、それは嬉しいことなのですが。
私の知らない夫を今頃知ることになる。照れながら聞く夫がそばにいれば、もっと愉快に場が盛り上がるでしょうに。

「ええ~、そんなこと~?」 というような話になるでしょうね。悲しいけれど楽しみです。

s-P_20170510_132821.jpg
買い物に行ったら小雨が降りだして濡れたけど、しっとりと気持ちよく感じました。
「♪早苗 植えわたす」と歌いながら、高校の時の親友、早苗はどうしているだろうと思いました。

s-P_20170502_122737.jpg
数日前の野ばらのつぼみ。前にも書いたけれど、この野バラは、夫がカヌーで川を下ってくるのを待っていた河原で摘んだものです。
「♪わらべは 見たり 荒れ野のばら」 つぼみのうちからとても良い香りがします。

s-P_20170501_104128.jpg
10日前のイカリソウ。これは園芸種です。歌はありません。


なんて、機嫌よく書いていますが、実は今日は半日PCとにらめっこして焦っていました。
依頼された点訳を2日かかって仕上げて、急ぎで校正に出そうとしたら、昨夜まで何ともなかった点訳ソフトが不具合に。
どうやっても上書き保存ができません。ワードやエクセル、他の点訳ソフトは大丈夫です。
PCはもう6,7年。点訳ソフトもサポートは終わっているし、両方買い替えなくちゃならないのかな、そういえば洗濯機もちょっとね。
そんな事より、どうする、上書きできなきゃアウトじゃないか。

どうもアンチウィルスソフトが邪魔をしているのではないかと思うのですが、「余計なお仕事しなくていいよ」と言って聞かせても知らんぷり。
設定を開いて、ある程度までは進むのですが、「・・・の結果、不具合が出る可能性があります」と書かれているとそれ以上は怖くてどうしようもない。
・・・・・・
戦い破れて暮れたあと、放っておいたソフトを再び開いて、名前をつけて保存。
えっ?? できるじゃない。何だった?? 
アンチウィルスソフトが手を引いたのかな。
分からない。分からないけど元に戻った。でもいずれはPC買い替えなければね。


Comment:4  Trackback:0
2017
05.07

四時川渓谷の春

四時川の写真をまとめました。
植物名をたくさん教えてもらったのに、うろ覚え。
それでもいいんだそうです。断片が記憶に残ってれば。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨日は凹んだ話を書きましたが、きょうは愉快な話を書きたい。
といっても、余所の人の話。
Facebookを開くと広告が表示されるのですが、この中に時々面白ネタがあります。
近ごろ声を出して笑ったネタです。正確に記憶してないけど、確かこんな話だったはず。
小学生の算数のテストの問題と答え。

  テーブルの回りには、3人掛けのイスが4つあります。
  このテーブルには、何人座れるでしょう。

  テーブルにはすわらないほうがいい。

この答を書いた小学生、○をもらえたのでしょうかねぇ。


Comment:10  Trackback:0
2017
05.06

へこむ・・・

4泊した彩椛はきょう午前中に帰りました。
寝具の片付けをして、コーヒーを飲みながらゆっくり新聞を読んで、パタンと閉じたら、なにか物足りない思いがしました。

静かになった午後、中断していた点訳の続きに取り掛かって、ページ数が少ないので最後まで打ち終わりました。
今回の点訳は議会だよりの抜粋で、点訳版の発行はこれが初回だとか。
お手本はなく、自分の作りやすいようにやって良いのですが、それだけにプレッシャーも感じます。
まずは言葉の打ち間違いをゼロにすべく、気合いを入れて校正します。

その前に昼ごはん。彩椛の作ったミネストローネが少し残っていたので食べてしまおうと温めました。
グラグラっとしたのでお玉でスープ皿についだあと、最後まで入れようとお鍋を持ち上げた時、持ち方が変だな、危ないなと思ったのに動作を止めませんでした。
ガッシャーン!!
お鍋を落として中身がそこいらじゅうに飛び散っちゃって。
悲惨な状況になりましたが、熱々の中身が掛からなかったことは幸いでした。
でも泣きたくなるほどの飛び散り方。写真に撮って笑ってもらおうかと思ったほどです。

危ないなと思ったのに、止めなかった不注意。反射神経が鈍くなっているのにです。
こんな目に遭いながら老いを自覚していくのって・・・凹む・・・

でも大輪のクレマチスが咲いて 
うれしっ!

s-IMGP4522.jpg

s-IMGP4525.jpg


Comment:8  Trackback:0
2017
05.05

子どもの日スペシャル

2日から来ていた彩椛は明日帰ります。
昨日は海で磯遊び。山に海にと遊んだので、きょうは家でおとなしくしていました。
と言っても、昼少し前から調理実習が始まりましたよ。

ハンバーガーを作るために、まずはパン作りからです。
家で手伝いして手馴れているようで、熱いオーブン以外は彩椛がやりました。バンズが焼けました。

折り紙をしたり、ちょっと勉強したり、ピアノを弾いたりして午後を過ごして、夕方からはハンバーグ作りです。
ハンバーグヘルパーというのを入れて肉を捏ねる子ども向けレシピ。
そしてミネストローネにも挑戦です。丁寧に丁寧にたくさんの野菜を刻みました。
じっと見ているママの忍耐力に私は感心しました。

s-IMGP4517.jpg
子どもの日スペシャルメニュー 
ハンバーガー  ミネストローネ  キャベツの揉み漬け


Comment:4  Trackback:0
2017
05.04

嬉しい出会い

さて、もったいぶって書かなかった(実は眠くて書けなかった)とても嬉しい出会いのことをきょうは書きましょう。

道を間違って狭い山道を行ったり来たりしていたときに、リュックを背負って歩いている同じ人と2度すれ違いましたが、目的の川に着いてお昼ご飯を食べていた時に、その人が通りかかったのです。
「どちらに行かれるんですか?」
と声をかけられました。それはそうでしょう、こんな山の中を女が運転する高崎ナンバーの車。3度も会えば声を掛けるでしょうよ、ね。
私たちの経緯を説明したあと、その人に「散策ですか」と聞きました。
「写真を撮っているんです」

「それでは」と先に行ったその人がちょっとしたら戻ってきて、「サバノオが咲いていました」 よほど嬉しかったのでしょう。
後をついていって見せてもらいました。この山ではここのあたりだけに咲くそうです。

s-IMGP4489.jpgs-IMGP4490.jpg

再び別れて、お昼の続きを食べてから私たちも近くを散策していました。
そうしたら、またその人と会ったのです。
「ツクバキンモンソウが咲いていました。案内しますか?」

それから2時間実に楽しい山野草の観察ガイドをしていただきました。
山道を彩椛も懸命についてきて、写真を撮ったり、クイズに答えたり(子どもを飽きさせないのです)。
覚えきれないほどたくさんの花の名、木の名を知りました。草や木の知識が深く、それでいてひけらかさない、本当に心豊かな方だと思いました。

「この豊かな知識と撮りためた写真を、放っておくのは勿体ないではないですか」と言ったところ、その人は、
「実は2冊の自費出版本を作り、親戚に配りました」と控えめに答えるではないですか。
車に戻って見せていただきました。
『あぶくまの草の花』『あぶくまの木の花』 素晴らしい本です。

+‥‥‥‥‥‥‥+

家に帰ってさっそく調べました。
にらんだ通り、いわき市立図書館に所蔵されていました。
著者名も分かりました。そこからまた検索。
この人の前職は教師(やっぱりね、子ども扱いが上手)でした。
毎週のようにここに来ているから、お会いすることがあるかもしれませんね、とお別れしたのですが、本当にまた会えるような気がします。ぜひまたお会いしたい方です。
楽しみが増えた嬉しい出会いの話でした。


Comment:4  Trackback:0
2017
05.03

四時川

娘と彩椛と四時川に思い出巡りのドライブをしました。
夫と行った時は行きは夫が運転し、帰りは私がということがほとんどでした。
だから、と先に言い訳をしておいて。
行きの道はうろ覚えでした。曲がるべき道を通り過ぎて、とんでもない山道を娘に運転させました。
山仕事の人がいたので聞くことができましたが、Uターンする場所にも困るような荒れた山道でした。
こんなところに何の用があって来たのかと驚かれましたが、思い出しました。
この道は前に通ったことがある。
逆方向から山越えしてきた道でした。何となく景色に覚えがありました。
「お父さんとこの道を、こんなこと言いながら通ったよ」
と早速蘇った思い出を語って聞かせました。

目的の川に着くことができました。
散策して、お弁当を食べて帰る予定でしたが、ここでとても嬉しい良い出会いがありました。
心満たされた出来事はまた次回に書きたいと思います。
山道を2時間散策することになったのです。ちょっと疲れました。明日は海に向かってお出かけ予定です。

お見せしたい写真が少しありますが、今夜は遅いのでまたの機会に。
今夜は、一人のブログのお友だちに1枚だけ写真を。
黄色い花のイヌナズナです。

s-IMGP4509.jpg


Comment:4  Trackback:0
2017
05.02

早寝

宇都宮の彩椛が来ました。
この時期は家庭訪問で授業がお昼で終わり。学校帰りを待って出発したみたいです。
おやつを一緒に食べ、彩椛は折り紙を折ったりピアノの練習。
ママと私は、終わることないお喋りです。
夕飯は彩椛の好きな筍ごはん。頂き物の山菜があったので天ぷらを揚げました。
一人ではきっと作らなかった筍ご飯と天ぷら、相手があっておいしく食べました。

明日は天気が良さそうなのでちょっとお出かけ。
だぁが好きだった釣り場、勿来の四時川に行きます。
行きたかったけれど、一人ではちょっと寂しくて決心がつかなかった場所。

早いけれど今夜はもう寝ます。
腰の具合もいまいちなのでよく寝て明日に備えます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


モッコウバラが咲き始めました。
野ばらのつぼみも膨らんできています。

s-IMGP4452.jpg


s-IMGP4451.jpg


Comment:4  Trackback:0
2017
05.01

腰が・・・

数日前から腰に軽い違和感がありました。
気温が上がらない朝のうちに草取りをしようとしゃがみ込んだのですが。
手の届く範囲はよかったのに、ちょっと手を伸ばしたら、ウッ・・・
(えーと、立ち上がる時ってどうするんだっけ)と考えないと立てないのです。
まだ軽い痛みだったので腰の後ろに手を当てて、ゆっくり腰を伸ばしました。
だいじょうぶみたい。
コルセットをしておとなしくしていたので、よくなりました。

数日前に撮った月桂樹の花です。

s-IMGP4432.jpgs-IMGP4438.jpg

s-IMGP4450.jpg


一転にわかにかき曇り このあと雷と雨になりました。

s-IMGP4471.jpg



Comment:6  Trackback:0
2017
04.29

再訪したい場所

連休中に家にいたことなんてあっただろうか。
お天気が良いのに、ほとんど家から出ませんでした。

Facebookが知らせてくれます、2015年山形・峠の山、2014年勿来・四時川、福島・久慈川。楽しげな写真が懐かしい。
写真は、福島・久慈川上流。

s-1s-2
抗がん剤治療の合間に


s-3s-4
柔らかい緑のシャワー


Comment:4  Trackback:0
back-to-top