FC2ブログ
2019
08.17

遺族の会

来週末にはもう一つ予定がありました。「青空の会」に参加します。
青空の会は癌遺族の会です。前から参加してみたいと思っていましたが、なかなか行ける日がなくて初参加です。

遺族の会に私は何を求めているんだろう、自分でもよく分かりません。行ってみて分かるかもしれないと思います。なにか誘われるものがあると感じています。
随分昔に、ある家族会の掲示板に参加したことがあります。そうしたら、「傷の舐めあい」と言われたことがあります。ひどく傷つきましたが、今なら言い返せる「舐めあえる相手がいるって幸せなことだよ」と。

この秋で4年を過ぎる遺族の暮らし。元気に前向きにしっかりと暮らしているように思われているかもしれない私。そうなのでしょう。時間や仲間が悲しみを癒してくれているのでしょう。でも、
・・・私、悲しみを思い切り悲しんだことがあったっけ?
この事を知りたい見つけたい私です。

P_20180421_143546.jpg

Comment:1  Trackback:0
2019
08.16

プレスリリース

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会では来月、水戸で「相談会&講演会・交流会」を催します。
地元ということで、私が病院などへのチラシを配り歩きました。
そのあと、他にできることはないかと考えて、新聞の折り込み情報誌に掲載のお願いメールをしました。そして来週22日に載せてもらえることになりました。

あとは、県庁の記者クラブでの記者会見に出席です。
記者会見と言ったって、まさか屏風が用意されている訳ではありません。各社の記者さんの前の応接ソファに座るだけです。2年前に1度経験しました。

新聞日時は決まりました。事務局の職員が動いてくれていますから、私は当日その場へ向かうだけです。前回は匿名での会見でしたが、今回は会の世話人という肩書がありますから、匿名という訳にはいかないでしょう。(写真は2年前のもの)
何を軸にして話したらいいか、そろそろ纏めておかなければならない。
実はそのあと、もう一つ荷が重い任務を受けてしまってて、本当に私ってオッチョコチョイです。返事をしてしまってから心配になって悩んでいます。
来週末は県の広報誌の原稿がくる予定。その前にこれらをなんとかせねばならないです。

Comment:4  Trackback:0
2019
08.15

コーヒー牛乳

Category:
2泊3日を過ごして、お昼を外で食べながら姉を送ってきました。
たった3日が我慢できなかった妹ですが、何に怒ったかって、きょうなら笑いながら書けます。

姉はここ数年、血糖値が高めだったり、目だって太って変だなと思っていました。食事は栄養士さんが立てた献立で栄養管理はされています。なのになぜ。
原因は甘~いあま~いコーヒー牛乳ではないかと思われます。朝に1本夜に1本を飲んでいることが分かりました。毎日です、決めたら守ります。
それが分かったのでコーヒー牛乳を止めるように言いましたら、泣くのです。「みんなが飲んでる時に私だけお茶なんかイヤだ~~~」

娘に電話をした時に姉の話をしました。娘は「うちの3歳児と変わらないね」と笑いますが、3歳児なら可愛いけど、72歳児は情けなくてつい、大きな声をあげました。
「そうよ、そうするのよ、これからは!!」
「じゃあ、今あるコーヒーはみんな投げろ(相馬弁:捨てろ)って言うの?」
「そうよ!!!」

昨日ときょう、コーヒータイムにはブラックを淹れてやりました。姉はコーヒー牛乳を飲むみたいに、ゴクゴクゴクっと飲みました。甘かろうが、苦かろうが関係ないみたいです。そのへんが私たちなんかと違うところです。
「ブラックがおいしいなら、これからは甘いコーヒー牛乳を止めてブラックにしてよね」
「・・・うん」
大騒ぎはこれにて落着(ほんとうは、もっといろいろあったけどね)。

□■□∞∞───────────────∞∞□■□

IMG_9505.jpg
夫のカメラから   秋篠寺

Comment:6  Trackback:0
2019
08.14

へ理屈

Category:
姉が施設から我が家にお盆帰り中です。
私は姉の保護者です。
姉にはいろいろ泣かされます、へ理屈ですが我を通します。
私はいかります。結果、自己嫌悪で自分を責めます。
保護者なんてやめたーい。私には無理ー。

IMG_7071.jpg
これは冬の海ですけど 台風が来ている今 
海はこんなふうに 荒れているのかもしれないですね
                     夫の写真より 

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴∴..∴..∴


良い事もあったんです。
夫の友人が息子(だいちゃん)を連れてお参りに来てくれました。
この友人は差し出がましいことなんか少しも言いません。夫を懐かしんで話をしていきます。

あなた、だいちゃんが大学4年生。就職が決まったそうですよ。良い青年に育ってますよ。就職のお祝いは何にしましょうね。

Comment:4  Trackback:0
2019
08.13

大叔父

Category: そのほか
昨日少し書いた、曹源寺の和尚だった母の叔父のことです。

大叔父は、子だくさんの兄弟の中、7歳で寺に預けられ、厳しい師匠の下で育てられました。50歳で旧池田藩の菩提寺である岡山の曹源寺に入寺。財政の厳しい曹源寺を、自らは孤貧に甘んじて守りました。

この大叔父の姉である私の祖母宅で、私は何度か会ったことがありますが、飄々として偉ぶったところのない和尚さんでした。
祖母が亡くなった時は、姉のために戒名を授けてくれました。のちに墓石屋さんに言われて知りましたが、大名の奥方のような格式ある(?)戒名だとか。そんなことに拘りのなかった祖母には有難迷惑だっかも知れません(墓石屋さん、高い墓石を売りたかったでしょうにね)。

祖母が亡くなって以降は会う機会もなくなって、晩年のことはよく知りませんが。
97歳の春、自分で植えた枝垂桜を修行僧と楽しんだそののち、寝付いたようです。それからほどなくのある日の朝、床から起き上がった大叔父は、弟子や修行僧に囲まれ、自分で自分の枕経を唱え終わったあと昏睡状態に入り、未明に亡くなったそうです。
「佛弟子たる者、世例にならって葬儀をすること勿れ、事後の報告に止むべし」と遺言していたそうで、修行者のみで送ったと報告の手紙が姪である母宛てに届きました。

お寺の財政はお茶を教えたり、禅の講座を開いたりでまかなったと聞きました。池田家以外に檀家はありませんから、台所は火の車だったようです。それでも笑顔の大叔父を覚えています。
深い交わりはなかったので大叔父の表面しか知りませんが、宗教家として立派な人だったと思います。妻帯することなく、雲水さんたちををわが子のように育てたと聞きました。今、曹源寺の雲水さんはほぼ全員外国の人で、毎日岡山市内まで托鉢に出ているそうです。私達が行ったときも、庫裡は英語が飛び交っていました。

IMG_9459.jpg
大きなハスは今年もたくさん花を咲かせているでしょうか。

Comment:2  Trackback:0
2019
08.12

ボツにした写真

Category: そのほか
先月25,6日ごろからずーっとエアコンをつけっぱなしです。
私が一人の時は夜は切って寝ていたけれど、のっぽ孫が泊まるようになって、夜更かしして。私が起きるまでの少しの間だけ消すよりも、消さないで部屋の温度を一定にしていた方が効率が良いらしく、つけっぱなしです。昨日は涼風が吹いたので久しぶりに消したけど、きょうはまた午前中からつけています。
今の夏の気温、私が子どもの頃とは明らかに違います。昔は30℃前後だったように思います。暑くたって団扇、扇風機。窓を開け放して蚊帳を吊って寝ましたね。
蚊帳と言えば、蚊も少ないと思います。あまりに暑くて地面もカラカラ。ボウフラが湧く水たまりも干上がったから?

ШШШШШШШШШШШШШШШШШШШШ

爪を切りました。少しでも伸びると気になります。点訳などでキーボードを叩く時ピアノの練習の時、爪が伸びていると滑るので気になります。
お掃除も台所仕事も適当にすませてるんだもの、その気になれば爪のおしゃれもできるのに、この形の悪い短い爪じゃあね。写真を撮ってみたけど、情けないお目汚しの爪なのでボツ。
キーボードもピアノも指の関節に良くないのね。指が変形したり痛かったり。しょうがないね、よくないと言われても、はい、と素直に聞くことはできないんだからね。

IMG_9468.jpg
少しは涼しげな写真ですかね。
2014年8月、治験のための診察に岡山大に行きました。
その時に行った曹源寺のお庭です。
私の母の叔父が長く住職をしていました。

Comment:4  Trackback:0
2019
08.11

晩夏の地

Category: そのほか
昨夜から急に気温が下がって気持ちが良い一日でした。
ニュースでは猛暑日が100地点を超えていると書いてあるけれど、各地の気温を見たら、北海道各地と青森、岩手、宮城、福島、茨城などが猛暑日から取り残されているみたい、ホッと一息つけて嬉しいですけど。これで夏が終わりとは言えなくて猛暑日は再びあるのでしょう。疲れがでますよ、こんなことが繰り返されるとね。

遠音さんが書いてらした、釧路は晩夏だと。きょうの気温をみたら18.5℃ですって。モンゴルも今頃は晩夏から初秋。ゲルでは朝晩はストーブに火が入るのでしょう。

今年も行けなかったモンゴル。一人で行く悲しさ、淋しさに負けている今の私。懐かしく旅する日はくるのでしょうか。

IMG_5013.jpg

Comment:4  Trackback:0
2019
08.10

お盆だから

きょうの新聞は分厚い。たくさんのチラシが折りこまれています。そうか、世間はお盆の準備をしているんだね。

お鈴「死んだら無だから、何もしなくていい」といった人の言葉通りの送り方をしたので、我が家には仏壇もお墓もありません。
とてもいい笑顔の写真と、素敵な音のするお鈴、かわいい蝋燭と、いい香りのお線香があるだけです。
そして大切なお骨がトンと置かれています。閉所が怖かった人をお墓になんか入れたくないのです。
「お墓に入れてやらなくちゃ、仏が浮かばれない」と初めてのお盆が近い時に、夫の友人は私をなじり席を蹴って立ちました。
このことは、夫と私が決めたことです。夫は私を責めはしないと思います、思うことにしてます。気持ちの持ちようです。

そういう私ですが、亡き友のお墓には近くを通れば立ち寄ります。手を合わせて挨拶をします。時には語りかけもします。
彩椛ママは「おとうさん・・・」と手を合わせる場所が欲しいと言いました。でもそう言ってるのは一人だけ。可哀そうだと思うけど、一代だけのお墓を作ってもと私は考えています。
私が死んだときに一緒に海に流してもらうのがいいなと思っています。

Comment:6  Trackback:0
2019
08.09

点訳ソフト「お点ちゃん」

Category: 点訳のこと
つい今しがた、議会だよりの校正を終わりました。
今回は議会だよりのテキストデータを「お点ちゃん」という点訳ソフトで点字に変換されているファイルを渡されました。たぶん音訳のために書かれたの原稿だと思います。
「お点ちゃん」、面白い油断ならない間違いをしますから、騙されないように気を張って校正します。
「お点ちゃん」の良いところは、句読点、「てにをは」の間違いは絶対ないという安心感があることです。これは人の手では得られない安心感です。

世に出る出版物には、今や必ずテキストデータがあるはずです。これを出版社・執筆者が点訳のために提供してくれれば、点訳はずっと楽になるのですよ。
さて、目が疲れました。眠いです。

Comment:2  Trackback:0
2019
08.08

新しい洗濯機

Category: そのほか
午後に新しい洗濯機が届きました。
運送屋さんの若い二人がテキパキと動いて、古い洗濯機を運びだし、新しいのを据えつけ、電源・アース・給水ホース・排水ホースをつないで、通水・排水、がたつき等をチェックして引き渡し完了。
さっそく1回めの洗濯をしました。

洗濯機を運び入れるときに邪魔にならないように、事前にモロモロをどかしました。
運送屋さんが帰ってそれらを元に戻す時に、良い機会だからちょっと片づけ。
午後の日差しで35℃を超える洗面所ですが、ゴソゴソやったおかげで、前よりスッキリした洗面所になりました。って、今までがだらしなさ過ぎたんですわね。

コーヒーゼリー

柔らかめのコーヒーゼリーが好きです。
崩して牛乳をたっぷり入れて食べます(飲みます)。


県議会が終ってしばらく経つのに、原稿が一向に届かない。どうしたんだろう、お盆になっちゃうじゃないと気が揉めていたけれど、きょう夕方に届きました。5日間で仕上げてくれだって。やるしかない。明日も猛暑が続くらしいし、籠ってがんばる!

Comment:6  Trackback:0
back-to-top