FC2ブログ
2020
07.12

ミソハギ

Category: そのほか
少し長い本を読み始めました。
第1章導入部が100ページ。ヨーロッパの地名が覚えられません。西洋史も苦手です。でもそれを少しは頭に入れないと先に行って分からなくなると思い、必死で読みました。めげそうになりながら。2章に入って少しは舞台が分かるようになったので面白くなり始めています。登場人物も出そろってきたと思われますが、これからの400ページがどんな展開になるのか。引き込まれるのか、長ったらしさに飽き飽きするのか。
中高生の頃の夏休み、うちわ片手にひたすら活字を追った暑い空気を思い出しています。


IMG_20200706_131556.jpg
ミソハギ
キャンプ地の西郷ダムは農業用ダム 
田植えからあと 夏の間に湖面が下がります
そこに現れるのがミソハギの群落 素敵な光景です
カヌーでダム湖の奥に行くと広がる光景です
これは 花壇のミソハギ 
増えてほしいな

Comment:4  Trackback:0
2020
07.11

お使いワンちゃん

Category: そのほか
昨日は歯医者さんの予約日。
欠けた歯を何とかしてもらおうと行ったけれど、結局は作り替えることになりました。
ブリッジを外すウィーンウィーンの嫌な音に、痛くはないのに手に力が入って汗ばんでしまいます。ようやく外れたら、土台の歯に傷みがあったらしく「外してみて良かったですよ」
と今度は麻酔を打たれて治療。大ごとになったみたい。
その他の歯も決して健康とは言えず、1本はきちんと治療が必要だそうです。あーあ、来月初めまで治療が続くわ。もう1度怖い思いをしなくちゃならないかも。

その歯医者さんへの道、向こうから散歩中の犬が何かをくわえて歩いてきます。よく見れば自分の体の長さぐらいのY字の小枝です。あまりに堂々と歩いてくるので微笑んで見ていたら、飼い主さんと目が合ったので、私は声をかけました、「なにをくわえてるんですか?」 
飼い主さんは、「散歩中に雑木林を通るんですけど、落ちている枝を必ずくわえて帰るんです。家までこうして必ず」
写真を撮らせてもらえばよかった。誇らしげに小枝をくわえた犬さん、とてもかわいかったですよ。


IMG_20200706_131710.jpg

不思議な花
これはアシダンセラとして求めて、
2年はアシダンセラだったけれど。
その後、こんな姿・色に変わってしまいました。

これじゃグラジオラスよね。
それとも君はグラジオラスなの?
アシダンセラはどこへ行ってしまったの?

Comment:6  Trackback:0
2020
07.09

面白い本

Category: そのほか
今日もほぼ1日雨。
先輩お姉さんと電話。広島の娘と電話。ともに約45分。ふぃ~ぃ。
母から訳の分からないメールと電話。年相応に理解力が衰えているのでしょう。ということで、カバーするためにあちこち電話。
雨の止み間に図書館へ。午後からは読書。
結構なページ数ですが、面白くて夢中です。久しぶりに読書が楽しい。

キリンギク
キリンギク
今年初めて植えてみました
きれいに花が咲きそろわない
失敗なのか 
何が悪いのだろう

さて、時間が惜しい。お布団に入るまであと1時間。続きを読みに戻ります。

Comment:4  Trackback:0
2020
07.08

また誕生日

昨日1日だけが同級生の私たち夫婦です。きょうは再び私が黄金のわらじで探されたお姉さんになりました。
そうです、きょうは私の誕生日。歳を聞かれたって全然平気だよー、71歳。

昨日の夫の誕生日に続いて、Facebookに「おめでとう!」が入りました。遠くモンゴルのツアーガイドByamba Tsetsegからも。
モンゴルの名前は簡単には覚えられません。すぐに忘れます。本人がツェツェと呼んでくださいって言いました。Shinekhuu Shinはシンさんです。二人とも日本語がペラペラで、読み書きも達者です。
モンゴルはもうすぐナーダムですが、今年はどうなんだろう。あとでツェツェに聞いてみよう。

100歳の母からも71歳の娘に「おめでとう」の携帯メールがきました。えーって、そんなに驚かないでください。凄いというよりオソロシイでしょ。
10数年前、ホーム入所の折に付きっきりで教えました。まさにガラパゴスの浜から拾ってきたようなラクラクホンを今も使ってるのよ。
面会禁止も解けたので、甘いものを持って行ってきましょうか。1日に5組、1組2人までの予約制です。

IMG_20200706_131131.jpg
ヒメヒオウギズイセン

Comment:14  Trackback:0
2020
07.07

誕生日

Category:
7月7日、星祭。

2年前、3年前、この頃に大雨災害がありました。そして今年も。
知り合いでは坂口あんちゃんの故郷が熊本?大分? 患者会の友だちが福岡の朝倉市が故郷だと聞いています。
雨よ、早く止んでおくれ。

そして夫の誕生日。
誕生日おめでとう。なれなかった70歳。
ケーキの一つも買って来ようかと思ってましたが細切れに忙しくて、気づいたら暗くなっていて。
夫は牛乳を天敵と言うぐらい嫌いでケーキは食べなかったから、無くてもいいわね。

IMG_20200707_210804.jpg
夫の天敵話は無視して 私が好きだから作りました
ドロリッチ風コーヒーゼリー 
ちょうど良いプルプル

Comment:14  Trackback:0
2020
07.06

豪雨

Category: そのほか
きょうは年下の友から電話があって、長電話。先輩お姉さんからも電話。続くときは続きます。広島からも電話です。
広島は大雨警報が出て、小学校は昼過ぎに下校になったとのこと。パパの会社も、道路の浸水やがけ崩れで帰れなくなるかもしれないと、終業時間を早めたそうです。
2年前の同じ今頃に、豪雨に見舞われていますからね。娘の所も一時孤立しました。
今回も娘は食料の調達とガソリンの確保に動いたようです。

大雨で大きな爪痕を残すことが多くなった近年です。温暖化の影響でしょうか。雨の災害に対しての認識を改めなければなりません。

IMG_20200706_131244.jpg
米粒より小さな ローズマリーの花

地味に続けてきた点訳の自己校正2回め、あとがきまできたところで一息入れています。
今回の校正は全巻声に出して読んでみました。1回めの目で追った時に見落とした点訳上の間違いや漢字の読み違いに気づくことができました。
朗読・音読に必要な「読みのスキル」は皆無ですが、自分が聞くだけだからそれは気にしない。誰とも話さない一人時間の独り言ですが、全く声を出さないよりはいいかしら。

Comment:10  Trackback:0
2020
07.05

のぞきみ

以前ある人にノンフィクションが好きだと言った事がありました。彼女も好きだと言いました。その後、そのことをお連れ合いに言ったら「覗き趣味」と言われたと憤慨していました。悪気はなかったと思います。
ただ、少し傷つきました。私は昔からノンフィクションが好きなものですから。今思えば、ファンタジーな物語より伝記物が好きな子どもでした。

筋立てを考えて登場人物を配置して、作者が考えたラストに向かっていく。小説家ってすごい。
そう思って小説の世界に素直に浸っていた時期もありましたが、ある作家のせいで、私は作り物が嫌いになりました。男性作家の目から見た都合の良い女性像が鼻についてしまったからです。
もちろんそれは一部の作品で、全ての小説が嫌いというわけではないですが、読む楽しみはノンフィクションが上です。
「覗き見」そうだとも言える。でも作り物にない真実があります。作り物からでは考えられない深い思いが残ります。

図書館にリクエストしていた本が届きました『南三陸日記』(三浦英之)。
どうしてもっと早く手に取らなかったんだろう。新聞連載も読んだ記憶がない。どうしてだろう。ま、いいや、今が読むべき時だったと思えばいい。

人の数だけ物語があります。私にもあなたにも。
語りつくせない物語と思いがあって、それを文字にできる人がいます。すごいことです。

IMG_8726.jpg
命が長くないことを知った夫は
やり残したことをするために グアムへ
野外射撃場で 実弾射撃
ホテルから見た夕日が 燃えていました
(2014年7月4日)

Comment:4  Trackback:0
2020
07.04

ヤブカンゾウ

Category: そのほか
なんでこんなことをしてるんだって思いながら、1日中必死で教科書をめくっていました。
えーっと、理由は聞かないでください。高校世界史、地理、地学、その他の問題集を解いていました。半世紀前に習ったはずなのね、でもすごく難しい。こんなに難しいこと習ったかしら。昔より絶対高度になってると思う。
目がぼんやり見えにくくなるほど集中しました。何の因果か、孫のせいです、情けない。

気分転換、野菜販売所に自転車で。完熟トマトを買いました。インゲン豆もジャガイモも、ニラもみんなとれたてです。

帰りにわすれ草の一株を見つけました。
IMG_20200703_110029.jpg

Comment:8  Trackback:0
2020
07.02

よき事

とても良いことがありました。
ご無沙汰し続けていて気になっているのに、電話1本で済むのに、その電話ができなくて4年。
何という理由はないのに、何をなんと話せばいいかなど考えてしまって。

病院の院長夫人で、凛とした方。
夫が仕事で度々出入りしているうちに親しくお話をするようになって、可愛がっていただきました。

夫の病気の時は励ましたり叱ったり、大変心配してくださいました。
それなのに私は、なにを気後れしていたんだろう。
私のこういうところを夫から「理解できない!」と叱られていました。
夫がいたら何度叱られていたかと思いながらの4年。ようやく胸のつかえが下りました。
奥さまはとても喜んでくれて、たくさんお話もしてくださいました。
ご夫妻で夫の思い出話をしたり、私のことを心配してくださったりしていたと伺いました。ありがたいことで胸がいっぱいです。

夫の喜んでいる顔が目に浮かびます。
「良かったじゃないか。考えすぎなんだよ、あなたは」と言ってるような気がします。

IMG_20200618_152036.jpg
ゴゾレース
マルタ旅行のお土産に 奥さまにプレゼントしたら とても喜んでくれました
これは 自分用に買った レース
ゴゾの路地裏の窓辺で おばあさんが編んでいたものです

Comment:10  Trackback:0
2020
07.01

焼きナス

Category: そのほか
ナスは丸のまま料理するのがおいしいんですって、テレビで見ました。
お、お、おと思いました。私もおいしい食べ方知ってたんだ。
実家の焼きナスは、焼き網をコンロに乗せて直火で焼きました。その前、子どもの頃は七輪ね。

ところが夫はそんなの食べたことがないと言いました。焦げた皮でところどころ黒くなってるナス。好き嫌いの多い夫は初めは食べませんでしたが、そのうち大好物になって、夏のナスの時期には頻繁に作らされました。
でも、ガスの直火で焼くって、なかなか大変なんです。コンロが汚れるし、熱いナスの皮を剥くのも大変。
だんだん焼きナスを作るのが億劫になりましたが、とっても喜んで食べる夫をみると、仕方ないと思いながら生姜をおろしたものです。鰹節もおいしいけれど、生姜醤油がいちばんだと思います。

テレビを見ながら、料理が不得意な私でも夫を喜ばせた料理があったんだ、って思うと嬉しく、慰められた気持ちになりました。ただ焼くだけだけど。
ちなみに義母の焼きナスは輪切りにしたナスをフライパンで焼くのでした。うふ、これだけは私の勝ちかな。
それから、焼くのは網じゃなくてもフライパンでも。蓋をして蒸し焼きにしながら全面を焼くと良いそうです。これなら気楽にできる。
明日は焼きナスだ~~

IMG_20200618_152725.jpg
50年前の 父のお土産 高麗焼きだそうです
お土産物屋で買ったのか 少しは 価値あるものなのか
今となっては わかりません

Comment:10  Trackback:0
back-to-top