2018
02.18

父のこと

父は教員でした。一時期を除いて生涯教員でした。
小学校の教員、教職員組合の専従職、中学校の教員。その間一度だけ、山間の小・中校の教頭。
管理職になることを拒み、40年を教員の身分で勤めあげました。
58歳で早期退職を願い出て、1年半後には大腸がんが発覚、入院。その半年後に60歳で亡くなりました。

この父の言葉をふと思い出しました。
私が直接聞いたのではなく、友人から聞かされました。
父は私の中学に赴任してきたので、彼の弟を教えていたようです。
昔はそんなことがあったのですね。さすがに同じ学年を教えることはありませんでしたが。

ある日、友人が言うのです。
「お前のとうちゃん、生徒から人気があるんだぜ」
「えー、信じられない」 (家では無口な父でした)
採点したテストを返す時に、こんなことを言ったんだそうです。
「テストの点なんてな、お前たちの責任ではないんだ。頭なんてな、親の出来の10%増か、10%減だ。よくても悪くても、そんなものなんだよ。
そう思ったら、得意になることもないし、悲観することもないんだ」
生徒たちは笑ったり手を叩いたりしたそうです。

その言葉をいま私は娘たちに伝えたい。
「何をそんなにキリキリしているの? 親の思い通りにならないのが子どもだよ。
自分ではそうと思ってないだろうけれど、プレッシャー相当だと思うよ」

・・・ でも、私は婆なのです。親ではないんです。教育しているのは娘たちです。
父の言葉を考える余裕なんかないのが現代の教育事情なのでしょう。
余計なことは言えない、言わない・・・

s-P_20180213_141057.jpg

ヒヤシンスも 芽を出して 春よ来い!


Comment:0  Trackback:0
2018
02.17

書誌

Category: 点訳のこと
点訳する本を選ぶときは、他館と重複して点訳しないように気をつけます。
1冊でも多くの本のデータを「サピエ図書館」に収蔵するためです。
そのためには、本の情報を登録する「書誌」が重要です。
県立の点字図書館など大きな団体では専任の職員がいて、司書に準じた人が登録していると思うのです。
思っていましたが・・・そうでもなかったのかな。

家の近くの図書館で面白そうな本を見つけて、「サピエ図書館」で検索をしたら蔵書無しだったので、うれしや。
私の、次の点訳本にしようと思い、読みながら点訳しながら二日間楽しみました。
けれどこんなに面白い本が点訳されていないこと、ちょっと気になっていたのです。

先ほど、もう一度検索をし直しました。
うーん、やはり点訳本として存在していました。
本のタイトルは『淡淡有情』です。だから私はそう検索していました。
登録されていたのは『淡々有情』でした。
たったこれだけの違いで検索結果は違います。別な本になってしまうのです。

s-P_20180213_141303.jpg私たち極小点訳グループの書誌登録は、私が担当しています。
「書誌登録マニュアル」という冊子をひっくり返しながら10何年、書誌の登録を170冊。
他館の方たちに迷惑をかけてこなかったかしら。と今さらながら怖くなりました。
少なくとも「タイトル」と「著者名」は、これまで以上に慎重に入力しなければならないと思いました。

それにしても、私の二日間を返して、といってもいいでしょうか?

クリスマスローズが縮こまっています


Comment:2  Trackback:0
2018
02.15

分数

Category: そのほか
きょう2回目の投稿。
彩椛の学校行きたくない病ですが。

熱を出して先週はほとんど学校を休みました(インフルではなかったのですが)。
その間に算数は分数が進んでいて。
学校に出たら授業がイマイチわからない。練習問題を解くも、答えに自信がない。

学校では、算数はステップアップのクラスと、ゆっくりクラスに分かれて勉強するのだそうですが。
初めてゆっくりクラスに行ったのが悔しかった、のかな?
つまずいた自分が許せなかったのかな?

自分の実力を知るいい機会だったと思います。
いつかは、自分って思ったほどでない、周りにはすごい人がたくさんいると知るときがきます。
普通の人になるための軟着陸、上手くできなければね。

学校へ行きたくない病、お勉強は理由の一つで、他にもなにかありそうですが、追々聞いていくことにします。
彩椛の家に行こうかと思っていたら、宿題を持ってうちにやってきたので、一緒に分数の勉強をしました。
分からないことはなかったのですが、「そう、それでいいのよ」という掛け声が欲しかったみたいです。
宿題をして、ご飯を食べて、元気に帰って行きました。


Comment:4  Trackback:0
2018
02.15

何もない日

今日もほぼ一日校正をしていました。
どこへも出ないし、掃除も洗濯もしない。何にもない一日でした。

s-P_20180213_141213.jpg
こんなんじゃダメですね。明日は午前中、切手整理のボランティアに出かけます。息抜きです。
午後はもう一度最後の校正をして終わりです。

彩椛が、学校行きたくない病を発症したようです。
どうしちゃったんだろう、なにがあったんだろう。これから行ってみようかな。
一緒になにか美味しいものでも食べてこようかな。

 福寿草が咲きました


Comment:4  Trackback:0
2018
02.14

自動点訳

Category: 点訳のこと
点訳に興味のある人以外には、面白くもない、分からない話でしょうが、きょう私がえっ、と思ったことなので記録しておきます。

点訳に使うソフトは、人の手で入力するソフトと、テキストデータを自動点訳するソフトがあります。
じゃあ簡単じゃないか、ソフトに任せればいいんじゃない。と思われるでしょ? 違うんですね。
それほど賢くないんです、自動点訳ソフト。間違いを見つけ出して訂正するのが大変なんです。
そのソフトを試したのはもう10年以上前ですから、今は改良されているのかもしれませんが、普及しているという話は聞いたことがないので期待してません。

それと、テキストデータというのが問題です。
紙の媒体で出版されている本や雑誌などは、スキャンしてテキストデータに編集しなければなりません。
自動点訳ソフトは、テキストデータを点字に変換するソフトだからです。
本を1ページ1ページ、スキャンするのはものすごい手間です。

昨日きょうと、ほとんど1日PCの前から動けなかった原稿は、ある団体の定時理事会の議案書。
議案書は団体職員がワードで作ったと思います。ということはテキストデータ。自動点訳ソフトで点訳できるということです。
今ごろ気づきました。送られてくる点訳書は、なんだか変な点訳だったのです。
人の手で作ったデータらしくなかったのです。ああ、そうか、自動点訳だったのか。

でも、こういう使い方って良いのかもしれません。
点訳をある程度知っている職員が作って、私たちみたいに校正経験のある者に最終校正をさせればいいのですから。
ネット上にある「青空文庫」などはテキストデータなのだから、点字に直せるはずです。
それをやるのも面白いかもしれないわ。
私がもっと若くて時間があるのなら、やってみたかもしれない。

s-P_20180213_141025.jpg
水仙が芽を出していました
こんなふうに 若くてこれからだったらね
もう今は 時間も気力もないものね・・・


Comment:2  Trackback:0
2018
02.12

貧しい子ども時代

Category: 懐かし話
ブログ『海見えて』を書いていらっしゃる遠音さんが、11日に「友よ生きていますか?」を書かれ、きょうは「生きのびることを学ぶ」を書いてらっしゃいます。
遠音さんは開催中の冬季オリンピックを見ながら、北に渡ったかつての同級生を想い涙を流していると書かれています。

私にも朝鮮籍の友だちがいました。もしかしたら、おかあさんは日本人だったかもしれません。
色が白く物静かで可愛いスカートをはいていました。絵を描くのがとても上手で、ノートの裏のほうのページに可愛らしい女の子の漫画を描いてもらいました。
小学校5年生ごろです。成本久子ちゃんが朝鮮籍だなんて知りませんでした。
「ボロ買い」と言って揶揄されるのを耳にしても、私には何のことか分かりませんでした。
私が成本さんの家に遊びに行くととても喜んでくれました。
6年生のいつ頃の季節だったでしょう。1961年です。成本さんの姿が見えなくなったのです。
一緒に中学に行くとばかり思っていたのに、黙って転校したのかと寂しく思いました。

長じてから私は、成本さんは帰還船に乗ったのではないかと思いました。噂でお母さんと妹は日本にいると聞きました。
北朝鮮のことがニュースになると、成本さんはどうしているのだろう、寒くはないかしら、ひもじくはないかしらと思います。
私と同じようなお婆さんになって、幸せに暮らしていることを祈るばかりです。

そして遠音さんのきょうの「生きのびることを学ぶ」には、「しらみたかり」と「がんべたかり」のことを書いておられます。
我が地方ではおできが頭や首筋にできている子を「カサコ」と悪口を言ってからかっていました。
私は、一度も口にしたことはないですが、男の子たちがそう言って特定の子をからかっていたのは知っています。
体の小さい、頭が白い粉をふいたようになっている男の子でした。
栄誉状態が良くないので傷が治りきらなかったのでしょう。カサコの痕は、禿たようになっていました。
イジメに加わったことはないですが、かばったこともない傍観者でした。
親しくもない男の子だったので、その後の消息は知りませんでしたが、2011年、津波の犠牲者の中に彼の名前を見つけました。
トラコーマでただれた赤い目の顔が、脳裏に浮かびました。

こんな悲しい寂しい子ども時代があったことを、ちゃんと後世に伝え残していかなければならない。
今の繁栄が、初めからあったと思っているかもしれない子や孫に、どう話せば想像してもらえるだろう。
遠音さんはコメント欄を閉じてらっしゃるので、こんなことを思いましたとお伝えしたくて、書かせていただきました。


Comment:4  Trackback:0
2018
02.11

映画紹介

映画をご紹介します。
 『ニッポン国VS泉南石綿村』 ← クリックで公式ホームぺージへジャンプ

『ゆきゆきて神軍』の原一男監督の映画です。全国ロードに先駆けて、泉南イオンシネマで先行上映されましたが、3月10日の東京・神奈川から全国順次上映の予定だそうです。

上映予定館
 <北海道・東北>
北海道  札幌シアターキノ/近日
北海道  シネマ・トーラス/近日
宮城  フォーラム仙台/近日
山形  フォーラム山形/近日
福島  フォーラム福島/近日
 <関東>
東京  ユーロスペース/3月10日(土)~
群馬  シネマテークたかさき/近日
埼玉  川越スカラ座/4月14日(土)
千葉  キネマ旬報シアター/近日
神奈川  シネマ・ジャック&ベティ/3月10日(土)~
 <中部>
長野  上田映劇/近日
愛知  名古屋シネマテーク/近日
愛知  シネマスコーレ/近日
 <関西>
京都  京都シネマ/近日
大阪  イオンシネマりんくう泉南/2月3日(土)~
大阪  シネ・ヌーヴォ/3月31日(土)~
大阪  第七藝術劇場/3月31日(土)~
兵庫  元町映画館/近日
 <中部・四国>
岡山  シネマ・クレール丸の内/近日
広島  横川シネマ/近日
広島  シネマ尾道/近日
山口  山口情報芸術センター[YCAM]/近日
愛媛  シネマルナティック/近日
 <九州・沖縄>
宮崎  宮崎キネマ館/近日
沖縄  桜坂劇場/近日


Comment:2  Trackback:0
2018
02.10

監視下の夕飯

早朝に家を出て、家族会の手伝い、講演会、打ち上げ。
そして今、帰りの電車の中です。
中ジョッキ2杯飲んだ婆が電車でご帰還です。眠い…でもここで寝たら常磐線の本物の酔っ払い。


今回の騒ぎは今までの食事が粗末だったからだって、娘に叱られて、夕飯の写真をアップするように言われました。しばらくは監視下におかれるらしい。

写真を載せるために作ったフェイスブック・グループの名は、
「インスタ映えしない夕飯」

今夜は中華料理で打ち上げ。蒲田の羽根つき餃子などで、合格。
Comment:8  Trackback:0
2018
02.09

内視鏡検査顛末

85%癌だと思い覚悟をしました。
理由は、大腸がんの初期を思わせる症状があったからです。
(この後は、部位が部位なだけに、食前食後の方は読むのをお控えください)
2か月、もしかすると3か月ぐらい前から気になっていました。
お通じは1日に1回、わりと規則正しいほうでしたが、でない日がある、と思えば緩い、を何日かおきに繰り返していました。
そのうちふとお通じが細いのに気づきました。何日も同じ状態でした。

父は60歳で直腸がんで亡くなっています。
先日は兄が「細くて何度もトイレに行くのはよくないらしい」と自分のことを話していて、それを思い出しました。
兄はどうだったんだろう、検査はしたのだろうか。そんな事より自分のことね。
検査の前の下剤のことを考えると気が重くなって、グズグズしていました。
気分は落ちていきますが、家族の前では明るく振る舞っていました。
でもこんなこと、いつまでも続くわけがありません。決心して病院に行ったわけです。

医師は、私の話を聞いただけで即、検査の日を示しました。
ポリープを切り取ったあとは、遠出の外出を控えなければならないからと、予定のすり合わせもしました。
もうこの頃には、弱い私もすっかり覚悟を決めることができました。
なにも、がんと決まったわけでなし、そうだとしても、治療ができないということでもなし。
人間はみな平等に、死への道を歩いているんだしね、などと、利いた風なことも思っていました。

一つ気がかりがあるとすれば、それは父親のいない183㎝孫のことです。
父親代わりの祖父が急に亡くなり、数年して祖母もではあまりに可愛そうです。
この孫のためにあと10年、いや、5年生きたいなと思いました。
あとは、もしもあの世とやらがあるのなら、先に逝った楽しい人たちが待っています。
この世でやり残したこと、やらなければ後悔することなど、一介の主婦にあろうはずもなく、と思うと気が楽になったのでした。

この間、明るく振る舞っていたので、彩椛ママも明るく応えてくれていましたが、どんなに心配していたことか。ママだけに打ち明けていたからです。
昨日は泣かれてしまいました。
「お母さんは覚悟というけれど、お祖母ちゃんみたいに98歳とは言わないけれど、70歳では早いからね」
(そうね、でも70歳だって、80歳だって、それが寿命とすれば仕方ないことよ)の言葉を飲み込んで、
「ごめんね、心配かけたね」

朝から絶食だったので、みんなでお寿司を食べました。


Comment:12  Trackback:0
2018
02.08

現金な奴

Category: そのほか
大腸内視鏡検査が終わりました。
無罪放免されました。

過敏性腸症候群との診断です。
ストレス・不規則な生活・暴飲病食などが原因とか。
「先生、一つ思い当たる節があるのですが。一人になって食事がいい加減になり、食べる量も減ったと思うんです」
「それです!」
「NBI拡大内視鏡を使って丁寧に見たけれど、ポリープもありませんでした。腸がちょっと長いんですね。だから蠕動運動が弱いのかもしれないです」

ご飯をしっかり食べて、バランス良い食事を続けてください。ということで、薬も何もなしで帰されました。
2週間心配をかけた彩椛ママに泣かれました。
「お父さん、いくら淋しいからって迎えに来ないで」って念じていたそうです。

すぐに死ぬほど進行しているとは思ってませんでしたが、ポリープの二つ三つ、初期のがんの一つ二つはあると覚悟していましたから、気が抜けた感じです。
人生を本気で考えましたから、生き延びた命、人の役に立つ生き方をしなければならないと、殊勝なことを言ったりして。

みなさま、お騒がせしました。


Comment:12  Trackback:0
back-to-top