FC2ブログ
2018
09.20

国が10連敗

Category: 中皮腫のこと
重い腰をあげてようやく草むしりをしました、4時間。
ばね指で作業中断、その後指を庇いながらだったので捗らなくて散々です。
ヒメイワダレソウよくぞ、ここまで伸び伸びと根を伸ばしてくれたものだ、ヒメイワダレソウ。
お前のせいで指はボワーンと熱を帯びたようになっているぞ。
(写真はお借りしました)
うちの庭でもこんなふうにはびこっていました。
夏の間、全く手入れをしなかったから、この写真の何倍もすごいことになっていました。
そのツルを引っ張ったり、深く張った根を引っこ抜いたり。
来年も暑い夏の予報だったら、春のうちに全部抜き取ってしまおうと今から思ってます。
もう年寄りには手に負えない繁殖力です。

■■□――――――――――――――――□■■

風のフェリシアさんがコメントで教えてくださいました。
建設アスベスト訴訟、国が10連敗です。
裁判所は、メーカーの責任と一人親方に対する国の責任を認めました。

Comment:0  Trackback:0
2018
09.19

後回し

Category: そのほか
後回しにしてはいけない。気になっている知人・友人のこと。
少し前に電話して元気な声を聞きました。嬉しかった、ホッとしました。

彼女はマニラ出身のエリザベス。
夫が勤めていた会社で現場作業を仕切っていたYさんの奥さんです。
Yさんの親や親類から認められず、日本語も覚束ない不安な気持ちでいた彼女を、夫は気にかけていました。誰も知り合いのいない田舎での結婚生活、子育て。私も何度か遊びに行きました。
Yさんが脳の病気で植物状態になったのはいつだったか。15年以上前だったと思います。いろいろあって新築数年の家を手放し、寝たきり、意思疎通のないYさんの在宅看護が始まったのでした。
(訂正です。発病からが15年以上、植物状態になったのは10年ぐらい前でした)

風の便りも途絶えたようになって数年、疲れ切ったエリザベスをなぐさめに遠い鹿嶋市を訪ねたのが夫にとっては最後になりました。
夫の死を知ったエリザベスは、日本人と同じようなやり方で夫の死を悼んでくれました。
今私ができることは、時々お喋りに行くことですが、出口のない看病を続ける彼女を訪ねるのは、正直言って気の重いことです。ついつい後回しにしていました。

彼岸花萩
彼女の家のそばを流れる用水路の土手に咲いていた
彼岸花と萩

昨日近くを通ったので訪ねたら留守でした。
そしてさっき電話したのです。留守だったのではなく彼女たちは引っ越していました。
新しい住所を聞いたので、今度こそ近いうちに遊びに行こうと思います。
電話でお互い元気が分かって「うれし~い」
(彼女はこれを巻き舌で言うんですよ、うふふ)

Comment:2  Trackback:0
2018
09.17

コツコツと

コネで入れてもらったのに、会社をあっさり辞めて以来、きちんとした会社勤めをしてこなかった私です。自分には社会人として足りないものが多いと思ってはいました。
きのう、娘のような歳のお譲さんの考えを聞いて、社会人の物の見方を教えてもらったと思いました。
具体的に書けないのがもどかしいですが、主婦としての物の見方にどっぷりと浸かっていた頭を、コツンと叩かれたように思いました。
私はぬるま湯の世界しか知らなかったんだと思いました。
冷静に判断しなければならないところなのに、感情的側面から事態を見ていたのだと分からされました。

日帰り出張でしたが、体は元気です。が、精神的に疲れました。
ずっと自分の立ち位置を考えています。彩椛ママにも話を聞いてもらって、気持ちはだいぶ整理できてきました。
できることをコツコツと。何ができるか分からないけれど、できることからコツコツと、家族会のお手伝いです。


かやつりぐさだいぶ前に撮ったカヤツリグサ。
他の草は抜いたのだけど、これは可愛くて数本残しました。

草には完全に負けました。
例年ですけど、今年は特別です。
庭に出てしまえば夢中になるんだけど、さあ今日こそ、と思うまでが長くて。

明日は晴れ、明後日は曇り。気温も下がるし、やらねばなるまいて。


Comment:4  Trackback:0
2018
09.15

病院待合室

Category: 思うこと
先日の高速バスでのsuica無反応に対するバス会社の解答です。

直前に通った東京駅の改札で、降車の「ピッ」が認識されていないのかもしれない。電車から降りてないことになっているから、バスで反応しなかったのではないか。

あら、そうすると私はJRの改札を無賃乗車で出たのか? もしくは何日間も山手線に乗り続けていていまだ降りてないということになっているのか?
駅窓口で対処してもらわなければ事実は分からないけど、東京駅でピッっと通ったのだから、バスの機械の不具合いじゃないのかなぁ。
東京駅で降りたことを証明できなかったら運賃はどうなるのかしら。

と午前中に書いていて、午後から雨が上がったので買い物がてら駅に行き、窓口で調べてもらったら異常なしでした。やはりバスのピッが反応しなかったようです。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

昨日は姉の病院の付添いでした。そこでなんて言っていいか、ショックなことがありました。
外科の待合で待っていたのですが、チラッと見知った顔が見えましたが、近所の方だったので知らんふりして見ないようにしていました。場所がね、ご挨拶してしゃべくる場ではないですし、それほど親しくしている間柄ではないですから。
その方が呼ばれ診察室へ、姉がその次に呼ばれて中待合室に座りました。
診察室内の声が漏れてくるのです。全く知らない人ならまだしも、聞きたくない聞かれたくない診察室内の会話です。
小さなお子さんのいる、いつも元気いっぱいのその方は、表情の乏しい顔で私の横を通って行きました。細胞針の検査予約をしているようでした。聞こえるのです。
どうか良性であってくださいと祈ります。

ひどすぎます。患者のプライバシーが守れなくて何が病院でしょう。
何十年、少しも変わらない詰め込みの病院待合室です。

Comment:2  Trackback:0
2018
09.14

「いない」ときに「いる」

以前に紹介した幡野広志さんがFacebookに、糸井重里さんと対談した記事を載せていました。
「これからのぼくに、できること」 “死”についての話です。
糸井さんの『ほぼ日刊イトイ新聞』に掲載されたものらしいです。

なかで私が書きとめたものは。

ぼくにとって、犬(ブイヨン)と歩いた散歩道は
いま、ぜんぶが「犬のいない道」なんです。
でも、ぼくがそこに空白を感じているあいだ、
犬が「いない」と思っているあいだ、
犬はずっと「いる」んですよ。
だからうちの犬は、
いまでもぼくと一緒に歩いてますよ。


「犬」を夫の名に置き換えて読みます。すると気持ちがスッと中に入り込むのです。

そこに空白を感じているから私はいつでも夫を感じることができる。
「いない」と思う時こそ、そこにいる・・・慰められる言葉です。

夫のFacebookに今年も誕生日のメッセージが届いていました。
みんなの心に生きていられる夫は幸せ者なのでしょうね。

『ほぼ日』は以前は読んでいましたが、夫の病気の頃から読む時間が無くなってしまいました。内容が豊富過ぎますから。
これも何かの縁と、また読むことにしましょう。なかなか面白いサイトですよね。

Comment:8  Trackback:0
2018
09.13

誤解してた

然しもの暑さも秋風に席を譲ったようですね。
日なたを歩いてもそれほど汗ばむこともなく、風もここちよいです。
患者会の集まりできょうも亀戸に行ってました。
8月末、こむらがえりでひどい目にあってから2週間で上京4回目。築地での暑さが嘘のようです。

きょうは新しい患者さんはお見えにならなくて、いつもの顔ぶれだけの寂しい会が始まったのですが。
日頃はじっくり話をしたことのないメンバーでしたが、気づけば大いに語り合い時間も短く感じるほど。
積極的に活動していると見られているだろう私ですが、人見知り、悪く言えば好き嫌いの激しい性格が本当の姿。最初の印象で人を判断して、後まで引きずることのある嫌な性格と自覚しています。
けれどきょうは、目を見開かされました。人を第一印象だけで判断してはいけないと、当たり前のことを思い知ったのでした。
「ごめんね、私誤解してたわ」

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

帰りの高速バスで、料金を150円多く払わされました。あれ、と思ったのですが、他に乗客も多く、そこでやり合うよりはと何も言わずに降りました。
料金はSuicaで支払えば乗車券売り場まで行かずに列に並べます。急ぐときはとても便利です。
なのにSuicaが「ピッ」と反応せず、結局現金で支払ったのですが、150円のお釣りが返ってこなかったというわけです。
今後のことがあるので、営業所に電話してSuicaの支払いをよく聞いておかなければ。
しあさっては大阪に出張で、日帰りです。帰りは夜遅い高速バスに乗る予定なので、Suicaを使って簡単に乗りたいんですわ。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


似てる
全くきょうのことに関係がないけれど。
写真が出てきたのでご紹介します。

私の広島の孫です。

ウソです。が、よく似ています。
何事にも興味津々の顔がそっくりです。

新聞の絵本の紹介記事で見つけました。



Comment:6  Trackback:0
2018
09.11

ラジオ

Category: そのほか
東日本大震災を経験したくせに、いや、だからかも、何百年に一度の震災に再び遇うなんてもうないと、意味なく思ってしまします。
震災の時は、ガスは止まりませんでした。電気も水道も数日で復旧したので、自分が被災したことを忘れかけています。けれども、こう台風や地震の大災害が続くと、さすがに何かをしなければと思います。

今回の災害では関西も北海道も停電でご苦労があったと知って、ランタンと懐中電灯を見えるところに出しました。しまいこんでいざという時に役立たない過去を反省しました。
灯りの次は情報元になるラジオです。
震災の時には使えたラジオですが、その後一部不具合が出て、放っていたものを引っ張り出しました。
スイッチを入れたらなんと、NHKが聞こえました。けれど、ボリュームの調節ができなくて、音が大きすぎます。

私はこんな時、分解するのが好きです。壊れてもともとですから。
開けたところで何が分かるんでもないのです。埃と断線がないかを見るくらいです。
ボリュームつまみの軸についた軽い汚れと、スピーカーの埃を払う以外にできることはありませんでした。
元に戻して、トントンと叩いてみました。昔テレビを叩いたことってあったでしょ?
あれ、ビスが1本余っちゃった。
もう1度分解してようく見ながら組み立て直し、2度目は余りませんでした。

ラジオはどうなった? はい、ちょうどいい音量で聞こえるようになりました。
電池も入れ替えて、きょうからラジオはリビングと寝室を行ったり来たりさせることにします。
分解ラジオ

Comment:8  Trackback:0
2018
09.09

静かな朝

Category: そのほか
気づいたら3、4日、早朝の爆音がありません。私が音に慣れてしまったのかしら。
いや、慣れるような音ではないと思うけど、そうなのかしら。
ワレモコウ
もしかして私の呪いが効いて故障したのかな? 
台風の朝出ていったから、車高の低い車が(想像だけど)、どこかの道路で水没してマフラーに水が入ったとか。
改造にお金を掛け過ぎてガソリンが買えないとか(この頃ガソリン高いものね)。
車検に出したら通らなくて、静かなマフラーにするしかなかったとか。
うひひ、いろんなこと想像しちゃったわ。
って、喜んでると明日またがっかりするかもしれない・・・

吾亦紅 好きな野草です

ご近所さんが通報したのかな。隣の駐車場からさっき、パトカーが静かに出ていくところでした。関係ないかな。でもなんの用があってパトカーが来てたのかな。
分からないけど、しっかり戸締りして寝ましょ。

Comment:6  Trackback:0
2018
09.08

健康に良い

Category: そのほか
新聞の広告欄に、健康雑誌の広告が載ります。
提案される健康法が毎月毎月てんこ盛りなのに、なんで世の中病人が減らないんでしょう。痩せないんでしょう。
根気よく続けた人だけが笑うのでしょうか。
干しブドウ酢がいいと書いてあります。玉ねぎ酢もいいのだそうです。
私は両方無理です。酢が身震いするほど苦手です。
だから痩せないのか。

コーヒーはカフェインが体によくないと言われていたのに、なんと体に良いんですって?
私は点訳を始めた20年前ごろから、PC前に座るとコーヒーが飲みたくて、日にマグカップ5,6杯。
もう健康を保証されたも同然じゃないですか(うふふふ、話しだけね)。
夫は私がコーヒーを飲むと、嫌味を言いました。「きょう何杯目?」
なぜかコーヒーを目の敵にしてたんですよ。自分はコーヒーを飲むと胃がむかむかするとあまり飲みませんでした。
嫌いではなかったから、鉄の胃を持つ私がにくかったのかも。お布団に入る直前に飲んでも平気で眠れる鈍感な私です。

きょうは朝から出かけていたから、コーヒーは2杯しか飲んでません。
といって、もうこの時間(23時前)だし、近頃は夜は飲まなくなりました。


シュウメイギク
1週間前に咲いたシュウメイギク
夏の間は花が少なかった庭に 秋の花が咲き始めました

Comment:10  Trackback:0
2018
09.07

きょうの仕事

台風でも地震でも停電が起きて、被災地のみなさんは暗い中で不安な不便な生活を続けられているのですね。
徐々に復旧しているとのニュース、明るい光が待たれます。
東日本大震災の時、当地は2日間停電しました。ヒーターが点かなくて夜が寒かったですが、布団にもぐりこんで早くに寝たのでした。
キャンプ用品が豊富ですから、夜もガソリンランタンとガスランタンでそこそこに明るい暮らしができました。

ランタンきょう、物置でガソリンランタンを探したのですが、長いこと手入れをしてないのですぐに使うことはできないと思います。
ガソリンランタンには、灯りの部分(マントル)の取り付けと空焼きなど難しいメンテナンスがあります。なん10年も見ていたけれど、私にはできないと思う。
でも、いいものがあるんです。電池のランタンです。
これはテント内に持ち込めるので重宝しました。
LEDライトで明るさは2段階、オレンジの常夜灯も点きます。
単2乾電池4個を入れ替えました。

明日はまた出かけますが、日曜には食品類の点検をすることにします。


帽子来週から気温が下がる予報が出ています。夏の終わる頃、ようやく帽子を編みおえました。
ブログの友だち、まめままさんに教えていただきました。
簡単ですよと言われたのですが、なかなかどうして。何度も解きました。解くと撚りを元すのに時間と手間がかかります。泣きたくなりました。だって、編んでいくにつれて、虚無僧の編笠みたいになっちゃうんです。
でもがんばりました。頭でっかちの私が被ると、農作業のおじいさんみたいに見えますが、写真を撮りました。恥ずかしいですけど。

Comment:6  Trackback:0
back-to-top